THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お客様インプレッション

es-02 magの走行インプレッション

es-02 mag。
ヤマグチが軽いとか、熱処理がどうの、ABARTH専用だからなんとか・・・

日頃ズラズラ書いていますが、実際にご購入頂いたオーナ様のコメントが一番ヨイと思いまして(^^♪
大変イメージをつかみやすいインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

————————————————————–

サーキット走行を控えてタイヤとホイールの準備を考えていた時期に検討したのはリム幅7.5Jのものでした。
215/40R17タイヤを使いたかったので太めのリム幅が必要な為、一般的な7.0Jではなく7.5Jを選択しています。
交換前に使用していたのは同じ17インチのes-04に205幅タイヤの組み合わせとなります。
threehundred製で7.5Jは重くなりがちな3ピースのものかes-03 になります。
そんな中、そういえばes-02のマグネシウムバージョン(今回購入のes-02(Mg))が出るという話があったことを思い出し問い合わせをしたところ使いたい時期に間に合いそうだということがわかり発注を決めました。
es-02をベースとしていますが7.0J→7.5Jにリム幅が広くなっています。

ホイール単品での重量は5.8kgと軽量で片手で楽に持ち上げられる重さです。

タイヤ込みの重量は16.0kgで交換前のes-04が18.8kgなので1本当たり2.8kgの軽量化となります。
色は標準色ではなく特注でゴールドにしてもらいました。
ボディがブルーなので相当悩みましたがサンプルの色板を作っていただき自然光下で比べることができたので特注色でも安心して頼めました。

装着後に一般道、高速、サーキットを走りに行ったインプレッションは以下となります。

一般道ですが信号待ちからのスタートで出足が軽くなった印象です。
路面の凹凸をより感じるようになりましたがサスがいい仕事してるなって感じで乗り味が向上しました。
タイヤも変えているのでそちらの影響もありそうです。

高速道では正直そんなに違いはないかと予想していましたが見事に裏切られてしまう結果となりました。
特にETCゲート後の再加速や合流での加速が俊敏になり楽にスピードが乗っていきます。

サーキットですがそもそも走るの久しぶりで前に走った時は違う車(車種は同じ595です)だったので比べてどうかは不明です。
開発の段階でサーキット含めてハードに走ってますので安心して走行出来ました。
なお久しぶりに走りましたが前車でのベストタイムは更新できました!

今回タイヤはブリヂストンのRE-12Dとの組み合わせで基本的にサーキット走行を前提とした導入となります。
サスの減衰やアライメントによって印象は変わると思いますがホイールが軽量なのでそれらの調整がダイレクトに反映されている印象です。

長文になりましたがホイールとして本当に良い物だと感じました。
ありがとうございました。

————————————————————–

オーナー様、いつもありがとうございます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション

よくお問い合わせ頂くのですが、TuningECUは施工するグレード、装着されているタービン、ミッション形式(MTかMTA)等で細かくセットアップを分けています。

今回ご紹介するオーナー様は、TuningECUのセットアップの中でも、個人的に好みなフィーリングに仕上がっている595/S4のベースグレードになります。
タービンはS3までのIHIタービンと同じですが、ECU本体がS4から進化していまして、この新しいECUとIHIタービンの相性がとても良いんです☆

出力的な違いはさほど無いのですが、全体的に細かな制御に変わっているのでTuningDATAの作用が大きく、質の高いフィーリングになっています。

一番初めは、書き込んでも、書き込んでも、何も変わらなくてとても苦労しましたが・・・(^_-)-☆

———————————————————

145PSモデル用のTunig ECUを施工して頂きました。
停止からの加速がスムーズになり、その後の加速は凄いですね。

体感的にはノーマルモードが以前のスポーツモードよりもパワーアップしている感じがします。
非常に乗りやすくなり、楽しい車になりました。
ありがとうございました。

———————————————————

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様ご紹介

仙台にお住いのABARTH 124 Spiderさんです。
お問い合わせを頂いた当初は、ロワリングスプリングとサスペンションキットで悩まれておられました。
双方の特性をご説明しまして、最終的にはサスペンションキットをお選び頂きました。

価格はそれなりにしてしまいますが、見とれてしまうほど美しいジュラルミン削り出しのシェルケースは非常に軽量であり、長距離ドライブでも放熱効果が抜群で、ダンパーのタレも限りなく抑えられています。
乗り味も懐の広いしなやかの乗り味にになり、オーナー様にも気に入って頂けました。

—————————————————————-

すべてディーラーさんでセッティングしていただき、装着完了いたしました。
車高が下がって、ずいぶんとイメージが変わりましたが、乗った感じも変化に驚きました。

ロール量が減ったのだと思いますが、少々の高速でカーブに入っていっても怖さがなく、スルッと走り抜けてしまうような感じです。

また、純正のときにあった下からドアをノックされているような感覚が減ったのはそうなのですが、むしろ、路面にピタッと張り付いて走っているような感じが強くなりました。
まだ、峠道を走る機会を作れていないので、時間を作りたいと思っています。

—————————————————————-

マフラーテールフィニッシャー/ブラックテールもステキです☆
白黒で綺麗にまとめられたABARTH 124 Spiderです。

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

TuningECUオーナー様インプレッション

ダイブ褒めすぎな感じがしますがぁ・・・(^_-)-☆
ホンキでABARTHと向き合って、とことん走り込んで作り上げたTHREEHUNDREDのTuningECU。
商品に込めた想いが、こうやってオーナー様のコメントとして返ってくると、この仕事をしていて本当に良かったと思い、
本当に感謝しかありません。

THREEHUNDREDを選んで頂いてありがとうございます。
これからも期待を裏切らない、徹底的にオーナー様のご意見に耳を澄ませた商品を作り続けたいと、改めて硬く思いました。

———————————————————–

主に通勤がメインで乗っているので約1週間くらい乗った感想になります。

率直な感想。
走りながら、ニヤケル顔を抑えるのに苦労しました(笑)。

私の鈍感な感覚での事なので…違う感覚な人もいると思います。
1500~3000回転くらいがふけ上がりが良く乗りやすいです。

パワーの上がり方がスムーズになっているので
明らかな今までの「ドカン」ってくる感覚が和らいでいます。

アクセルを踏み込んで加速すると、あたかも「スポーツモードだったっけ?」って感覚になりました。
意図的に3000回転くらいでアクセルを離すとアフターファイアします。
これは今まででは起こせなかったので…燃料調整しているのかな?が実感できます。
高回転まで引っ張るとアフターファイアは出なかったような気がします。

ホント…
実用回転域での調整がなされていると感じています。

スポーツモードにすると…化け物になっています(笑)。
踏み込めば踏み込んだだけ反応して…とことんふけあがっていきます。

私の感覚では「ノーマルモードに更にふけあがりをプラスして…高回転域まで回してしまう」って感じでした。
路面状況で踏み込みすぎはホイールスピンしてしまいます。

何れにしろ、期待していた「ECU Tuning」を実現する事ができました。
ホント完成度が高い「ECU Tuning」と感じました。

他カーボンパーツを少し取付けていますが、どのパーツも完成度と精度がよくとことん調べつくしていると思いました。
これからも、心をくすぐるパーツを宜しくお願いします。

———————————————————–

オーナー様、ありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

es-03 NeroScorpione x GrigioCampovolo

いつもお世話になっている九州のオーナー様からes-03の装着画像を頂戴しました。
最近では定番になりつつあるesロゴオプションもバッチリです。

嬉しいコメントも頂きましたのでご紹介させて頂きます♪

——————————————————————-

軽量高剛性に偽りなしでした。
ギャップの乗り越えが軽くなったのはすぐに分かりましたが、さらにスピード上げると、加速もブレーキもコーナリングも一段階速くなってます。
これまでイロイロな軽量アルミホイール履いてきましたが、こんなに違いを感じたのは初めてのことです。戦闘力上がり、富士に乗り込めます~\(^o^)/

——————————————————————-

9月16日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayに九州からわざわざご参加頂けるとの事。
全国のオーナー様とのこういった交流、本当に嬉しい限りです(^^ゞ

オーナー様、いつもありがとうございます!

THREE HUNDRED アバルトParts

TuningECU Update Program インプレ

先日のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEで、TuningECU Update Programをインストールして頂いたオーナー様から頂いたインプレで、凄くわかりやすい表現のインプレをご紹介させて頂きます。
読ませて頂き短い文章ですが「確かにその通り!」と、ついPCに突っ込んでしまったヤマグチデス(^^ゞ

——————————————————————-

アップデートプログラム、ヤバイです「坂道が平地です」
別の表現を追加しますと「一段高いギアでもモリモリ加速する」です。

アバルト スリーハンドレッド

2016の箱根で入れて頂いたベースプログラムに慣れてしまい、有り難みが薄れてきた所に、新鮮な感動でした。

——————————————————————-

オーナー様、ご夫婦でいつもイベントにご参加頂きありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

Tuning ECU Update Program

先日のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEから投入したTuningECUの新商品「Update Program」
これは既存のTuningECUをインストールして頂いているオーナー様を対象とした商品で、更なるパワーとトルクを手に入れる事ができます。
ただProgram的にはスタンダードより攻めていますので、僅かですがリスクが増えている事は確かです。
インストール前に弊社スタッフとオーナー様の間でディスカッションさせて頂き、商品の特性をご納得頂いた上でインストールさせて頂きます。
通販や販売店さまからのオーダーは受けておりません。
全国のTHREEHUNDRED Connectか弊社イベントのみインストールして頂ける商品になります。

インストールして頂いたオーナー様からインプレッションを頂戴していますので、ご紹介させて頂きます。

——————————————————————-

7月16日の箱根でギャレットECUのアップデートをして頂いたギャレット595オーナーです。

アバルト スリーハンドレッド

まず走り出してすぐ下からトルクが出ているのに気付きます。
そこからアクセルを踏めば息つぎする事なく一気にパワーが炸裂します。
期待以上の変化に終始ニヤケっ放しでした…帰り道は流して帰ったのですが下からトルクが上がっているのでコーナーの立ち上がりが1つ上のギアでもスーッと加速していきます。

ガンガン攻める人はもちろんですがのんびり走りたい人にもオススメですね。超完成度高いです。
関西からこのために参加させて頂きましたが大満足でした。
ありがとうございました(^_^)v

帰りの燃費も御殿場ー大阪 無給油で変わらず?でした。

——————————————————————-

オーナーさま、いつもありがとうございます(^^ゞ

595シリーズ4のカーボンパーツ好評です☆

大阪で595シリーズ4にお乗りのオーナー様から装着画像とインプレッションを頂戴しましたのでご紹介します。
カーボンリップスポイラーカーボンバンパーインサート(フロント)カーボンテールレンズパネルカーボンフェンダーエッジ、そしてロワリングスプリングというTHREEHUNDREDの鉄板アイテムで固めた595シリーズ4になります。

ノーマルホイールでもカーボンパーツと低く構えた車高で、ここまでステキな雰囲気なります。
やはり500系はオリジナルのディティールが良いので、カスタム映えもバッチリであります(^^ゞ

———————————————————————-

THREE HUNDREDさんの製品はカーボンフェンダーエッジ、カーボンテールレンズパネルが最初でした。
値段は少々お高いですがその品質や精度の高さを考えると納得の価格です。
その後、装着したロワリングスプリングは前後共約30mmのダウンで少し腰高感があった595がきれいにローダウンされました。

アバルト カーボン シリーズ4 595

アバルト カーボン シリーズ4 595

また驚くべきは巷によくあるローダウンスプリングは車高こそ下がるものの、乗り心地が悪化したり、突き上げ感が増したりしますが、THREE HUNDREDさんのロワリングスプリングは車高は下がるが乗り心地は悪化せず、逆にコンフォート性が増した気さえします。
そして最近発売されたカーボンリップスポイラー、カーボンバンパーインサートですが、これはもう素晴らしいの一言ですね。

アバルト カーボン シリーズ4 595

アバルト カーボン シリーズ4 595

製品の品質、精度もさることながら、ノーマル然としたデザインでありながら圧倒的な存在感を醸し出してます。
春にはリアカーボンディフューザーもリリースされるとのこと。
こちらも大変楽しみです。
これからもTHREE HUNDREDさんらしい製品のリリースを期待しております。

———————————————————————-

オーナー様、ありがとうございます。
次はカーボンディフューザーですね、楽しみにしていて下さい(^^)v

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンフロントリップスポイラー続々と!

先日の出荷開始から595シリーズ4用のカーボンリップスポイラー、カーボンバンパーインサートが大変ご好評いただいております。
本日沢山再入荷しましたが、ありがたい事にDT3はタッチアンドゴーで通過して、全てオーナー様の元に旅立っていく予定です。

早速カーボンリップスポイラーとバンパーインサート(フロント)をご購入頂いたオーナー様から装着画像を頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ビアンコなボディに美しい綾織カーボンがとても良く映えています♪
フィッティングも気に入って頂けて良かったです。

■ THREEHUNDRED 595シリーズ4系のパーツはコチラから

——————————————————————-

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

私はこの車の可愛らしいデザインも好みですので、
スタイルが大きく変わるパーツは好みません。

見る人が見れば判る! そんな、さりげなくお洒落でカッコイイ
パーツ、これからもリリース宜しくお願いします。

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

——————————————————————-

オーナー様ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

お客様インプレッション [TuningECU]

ストリートからサーキットを楽しまれているABARTH595オーナー様に、TuningECUのインプレッションを頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ギャレットタービン車の低回転モッサリと、全域でのピックアップ感がポイントのTuningECU。
その辺りも体感して頂けていてとても良かったです。

——————————————————————-

アバルト コンピューター

○ノーマルモード
低回転から高回転まできれいに回ります。
チューニングECUの方が低中回転のトルク、特に中回転域が増している様に感じました。
また、低回転からのブーストの立ち上がりが良くなったのでレスポンスが良くなり、街乗りでは扱いやすくなりました。
燃調データを変更しているので、低回転でかぶったりしないか心配でしたが、
書き換え前と変わらず安定していて渋滞でも問題無かったので、安心して乗っていられます。
中回転域でのトルクが増しているので、高回転ではパワーの出方は穏やかに感じます。

○スポーツモード
全域でパワー・トルクが増しています。
シグナルスタートで高回転まで引っ張ってみましたが、中回転域のトルクを強く感じます。
TTCをOFFにして2速で踏み込むとノーマルタイヤではホイールスピンする程です。
街乗りでは十分過ぎるパワーで、力強い加速は自分の体を慣らす必要があると思いました。
高速道路での追い越しはストレス無く、前より運転が楽になりました。
マフラーを変えているせいか、シフトアップ時にアフターファイヤーが出ているようです。

以前はスロコンを使用していましたが、アクセルを戻しても回転の落ち方が不自然など、ぎこちない感じが好きになれませんでした。
サーキットではエンジンの警告灯も点灯してしまったので、ディーラーでエラー解除後にスロコンは外しました。

チューニングECUは純正と変わらず自然で、運転していて違和感はありません。
スロコンもまあまあな値段しますから、最初から書き換えECUを選んでおけば良かったなと、ちょっと後悔してます。
費用対効果が大きいと思うので、もしスロコンと悩んでいたら、こちらをお薦めしたいです。
サーキット走る方にもお薦めです。

次のステージとしてインタークーラーキットを入れてECUによるエンジンの性能を引き出し、レスポンス向上を目指します。
どの様に変わるのか、今から楽しみです。

——————————————————————-

オーナー様ありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts