THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

アバルトのホイール・サスペンション・ブレーキ・カーボンパーツetc 開発・販売

Produced by DUKES


製品情報

THREEHUNDREDのアルミシフトノブ

ただのシフトノブと思いきや、
今回はメチャクチャハマリました・・・

しかし出来上がりはカンペキです。
500系に2種類のシフトシャフトが存在していまして、、、
両方適合するように開発を完了しました(^^ゞ

明日のハコネで、
量産試作を見て頂けます!

メイドイントウキョウ。
美しいアルマイトの仕上がりは、
職人の技術が宿る高いアルミ削り出しの素材があってこそ。
正にTHREEHUNDREDクオリティであります(^_-)-☆

THREEHUNDREDロゴもさり気なくチョコットね。
車検用に、カーボン素材に印刷しのシフトパターンステッカーも付属します。
価格は¥22,000-(税込)を予定しています。
カラーバリエーションは、ゴールド、シルバー、ブラック、パープル、ブルー、レッドの6色展開。

8月末の出荷を目指して現在猛烈に進行しております(^^ゞ
ご希望の方は、明日のハコネで先行受注をお受けいたします。

まずは見てやってください!

押忍ッ。

スタンダードボディにもフィッティング

595/S4オーナーさんで、
そろそろソワソワしている方もいらっしゃるかと。
カーボンフロントグリルキット。

「いつから発売なんだよ!」

えーとですね、
来週から、
memberページで先行受注を開始しまする(^^ゞ

この商品、
バンパーの加工箇所が多いので、
開発現場と、実作業をする現場で実際に取り付け作業をしてもらって、
作業する環境で解釈や感覚が違ったりしないか、
それぞれ確認してもらいながら取り付けをお願いしました。

因みにデモカー309は開発現場、
今回ご紹介するマットな595はTHREEHUNDRED Factory。

それぞれの意見をフィードバックしてもらい、
取り付け方法や、
付属品の構成を考えます。

ワイドボディにも、
スタンダードボディにもニヤリなこの商品。

冷却効果も想像以上で、
見た目と、
機能を両立した商品です(^^)v

THAB1049 カーボンフロントグリルキット ¥137,500-(¥125,000-)
THAB1149 マットカーボンフロントグリルキット ¥174,900-(¥159,000-)
※掲載の車両はマットカーボンフロントグリルキットを装着しています

今月末から初品を発送出来る予定で進行しております(^^ゞ

押忍ッ。

正しい位置に

memberページではご紹介をしていましたが、ABARTHのフロントメンバーはなかなかルーズな取り付け穴でして、軽く左右で7~10mm程度ズレます。
リヤも同じで、左右でホイールの出ズラが違って悩んでいる方も多いかと。。。

DT3でお預かり作業して、アライメントがどうしても適正値に入らなかったり、LSD等を組む際にメンバーを脱着して、あまりにルーズな穴位置に???がイッパイでした(笑)

このメンバーセンタリングボルトでフロントメンバーとリヤのトーションビームを固定すると、各セクションを正しい位置で取り付けが出来ます。
左右でフェンダークリアランスが違ったり、メンバーが斜めにつく事も無くなりますので、車輛の各取り付け値を適正化する事が出来ます。
大したことないようなパーツですが、これが物凄く走りに効くんです(^^)/

ひとつひとつ削り出されたボルトは独特の形状と、長く安心してお使い頂けるように熱処理にも手間をかけています。
アライメントが適正化される事でタイヤの編摩耗等も改善出来ますので、広い目で見るといろいろな場所に影響があるパーツです。

THAB2030 THREEHUNDRED メンバーセンタリングボルト フロント ¥36,300-(¥33,000-)
THAB2031 THREEHUNDRED メンバーセンタリングボルト リヤ ¥39,600-(¥36,000-)
※画像上がフロント用、画像下がリヤ用です。

来週中にTHESTOREに掲載いたします。
ご検討の程、宜しくお願いします(^^ゞ

押忍ッ。

TuningECUについて

THREEHUNDREDといえば!?
「カーボンパーツかTuningECU」というイメージをお持ちのオーナー様も多いかと思います。

THREEHUNDREDのTuningECUは、実際に自社でABARTHを複数台数所有し、日々のアシとして使い、日本各地の高速道路やワインディング、サーキットをゼンカイで走らせながら開発を行っています。

ダイノパックで基礎DATAこそ作りますが、機械の上で回した結果と、実走とではいろいろ違います。
ウエで育ったヤマグチとしては、計測数値よりも実走にこだわっていまして、走行フィーリングや目に見て違いが分かるラップタイムや最高速をセッティングの基準にして、開発を進めています。
ABARTHにとって吸気温度はとても重要な要素で、春夏秋冬、もっと細かく言うと365日パワーが違うと言っていいクルマですから、その特性を理解した上でセッティングする事も大事です。

この8年間で2000台に届こうとしている施工実績は、ボクがゴチャゴチャいうよりも、Google先生に聞けば日本中のオーナー様の声が検索できると思います(笑)
ボク達もABARTHを日常使いしていますので、不満点や改善点はオーナーさんと同じです。
その不満点を改善し、手足のように操れる最高の相棒になるように作り上げたのがTuningECUで、今も更に上を目指すべく開発の手は緩めていません。

TuningECUは現在3つの商品に分かれています。

一番インストールの多いStandard Dataは、何方でも高い体感度で、低回転から軽快なレスポンスで乗って頂けます。
特に走り出しのモタツキ感を改善し、全ての回転域で燃料を見直していますので、走らせ方によってはパワーを獲得しながらも高燃費も期待できます。
全国のTHREEHUNDRED connect+、THREEHUNDRED取り扱い店舗、DT3、THESTOREからご購入頂けます。

人は慣れるもので、Standard Dataをご購入頂き大きな感動をして頂いても、時間が経つと慣れてしまうものです(笑)
そんな飽くなきモアパワーを追及するオーナー様向けに、Update Programをご用意しています。
これは今お使い頂いているDATAよりも更にハイブーストでハイレスポンスなセッティングとなっています。

去年の富士スピードウェイで発売を開始し、ブームがきていると言っていい程大人気の「バブリングDATA」
いわゆるスロットルオフ時に「パッパッパッパーーーーンッ!!」と音が出るDATAでして、基本のDATAはStandard Data、そこにバブリング機能を追加した商品になります。

Update ProgramとバブリングDATAは、THREEHUDRED connect+とDT3、イベント時の限定商品となっております。
この他にタービン交換車輛等の現車セッティングもお受けしていますので、お気軽にお問い合わせ下さい(^^ゞ

この春頃から去年の倍近くお問い合わせを頂戴しているTuningECU。
簡単に言いますと、いろいろご用意しています(笑)

直近ですと、7月22日に箱根ターンパイクの大観山駐車場でイベントがありますので、そちらでインストールして頂けます!
■ THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEイベント概要ページはコチラから

ご検討の程、宜しくお願い致します(^^ゞ

押忍ッ。

カーボンフロントグリルキット

コツコツ開発を進行しているABARTH595/S4用のカーボンフロントグリルキット。
今日は工場さんで量産サンプルのフィッティングでした。

この商品、
お問い合わせが非常に多く、
ほぼ毎日「いつから販売ですか?」とメールが届く程です。

えーと、8月初旬からいよいよデリバリーを開始します!
定価も決めました。


※この画像はクリア品を仮組しています

THAB1049 カーボンフロントグリルキット ¥137,500(¥125,000-)
THAB1149 マットカーボンフロントグリルキット ¥174,900(¥159,000-)

キットには左右のカーボンベゼル、オリジナルグリルが3点、取り付け小部品となります。
取り付けはバンパーの裏側をカットしますので、オリジナルには戻りません。
フォグはお好みで残せます。


※この画像はクリア品を仮組しています

7月に入りましたらmemberページのオーナー様と、THREEHUNDRED connect+から先行受注を開始します。
ご検討の程、宜しくお願いします(^^ゞ

押忍ッ。

選べるアシマワリ

ブランド発足当初は選択肢がありませんでしたが、
気が付けばTHREEHUNDREDには沢山のサスペンションが存在しています。
久々にそのひとつひとつをご紹介します(^^ゞ

■ ロワリングスプリング
大ヒット作のリバウンドストップラバーと専用リヤバンプラーをキットに付属した、ストリートユースの皆さんに向けた入門商品です。
とはいえ、特に現行595の純正ダンパーとのマッチングがとても良くて、かなりのオールラウンドな商品となっています。

低めの車高がお好みの方には通常品番のロワリングスプリング。
少し落としたいという方にはハーフダウンという商品をご用意しています。

物凄くいい意味で「最高に中途半端な商品です」(笑)

・THREEHUNDRED ロワリングスプリング商品ページはコチラから
・THREEHUNDRED ロワリングスプリング・ハーフダウン商品ページはコチラから

■ スポーツダンパーキット
いわゆるノーマル形状のダンパーです。
ABARTHのオーナーさんは様々な使用ニーズがありまして、お客様の声を具現化してきたTHREEHUNDREDとしては、ここは外せない商品でした。
なによりロワリングスプリングの販売量がソコソコありまして、スプリングをお使い頂いている皆様のステップアップ商品として検討をはじめたのがキッカケでした。

また、車高は変えたくないけど乗り心地の改善、もう少しスポーティー感を出したいなどの多様なリクエストから、セッティング#1/#2と二つの特性をご用意したのも特徴です。
中身はサスペンションキットPROの血統を引き継いでますので、オール日本製のパーツ構成や、オーバーホール・仕様変更にも対応しています。

・THREEHUNDRED スポーツダンパーキット・セッティング#1商品ページはコチラから
・THREEHUNDRED スポーツダンパーキット・セッティング#2商品ページはコチラから

■ サスペンションキットstreet
THREEHUNDREDのシャコチョーで大ベストセラーとなっているこの商品。
乗り心地と、美しいローフォルムを両立できるこの商品は、ストリートユーザーを中心に高いご指示を頂戴しています。

ABARTH専用に設計されたスプリングの恩恵は大きく、その乗り心地は常にフラットです。
20段の減衰力調整機構で、走りのシーンに合わせてフィーリングを変えられます。

車高もベタベタから、オリジナル状態まで再現できますので、まさにオールラウンダーという表現がピッタリな商品です。
余談ですが、この仕様でラジアルタイヤであればサーキット走行もカバーできます。

・THREEHUNDRED サスペンションキットstreet商品ページはコチラから

■ サスペンションキットwinding+
streetモデルをベースに、より走りに振ったセットアップになります。

乗り心地的にはstreetより僅かに締めあげられた感はありますが、そのハンドリングはベツモノです。
特にワインディングシーンでは、切り返しのレスポンスであったり、舵角に対してノーズがイメージ通りに向くフィーリングは、このダンパーならではだと思います。

伸び側のセットアップがモディファイされていますので、LSDを組んだ車輛や、スポーツ走行を中心とされている方に向いています。
winding+も車高の自由度が高く、見た目の追及と、車高をセッティングツールとしてご活用頂けます。

・THREEHUNDRED サスペンションキットwinding+商品ページはコチラから

■ サスペンションキットPro
その美しいアルミシリンダーを持つこのダンパーは、軽量と高品質・高精度をバランスしたTHREEHUNDREDのフラッグシップオートクチュールダンパーです。

ご注文時にオーナー様のリクエストをお聞きし、その走りに合わせたベストのダンパーセットアップを考え、ひとつひとつ減衰力をオーナー様のお好みに合わせて組み立てます。

リヤには独特な形状を持つサブタンクを設けております。
その美しい造形も特徴ですが、懐の深いストロークとセッティングの幅で、他のダンパーには無いフィーリングを実現します。

決して乗り心地を追及したダンパーではなく、軽快に、よりリニアにABARTHと会話する為のダンパーです。

「しなやかにビシッとする」

そんな表現がピッタリだと思うサスペンションキットPro。
是非いろいろご相談させて頂きながら、世界にひとつだけのセットアップをお作りしたいと考えております。

・THREEHUNDRED サスペンションキットPro商品ページはコチラから

以上になります。
長いッ(^^)!

サスペンションは高価な買い物です、
是非お気軽にお問い合わせ下さい。

DT3でも作業はお受けできます。
アライメントも含め、走りのシーンに合わせたベストなご提案をさせて頂きます(^^ゞ

押忍ッ。

塗分けの美学

そういえば、発売当初は心配になるくらい売れなかったカーボンボンネット。
ここのところフタケタ近く毎月コンスタントに売れ続けているバコモノ商品であります(^^)v

この商品は特に開発に時間が掛かり、苦節2年とチョットかな(^^)??
デルデル詐欺と言われ続け、数多くの失敗をを繰り返してようやく出来た商品であります。
その甲斐あってか、全国からアツイオーダー、本当にありがたい限りです。

DT3でも毎月何台も取り付けをさせて頂いております。
やっぱりこの仕様が一番多く、ホボ100%と言っていい程、ダクトを塗り分けされます。

問題は、新作のスムースタイプがまだノーコールな事(笑)
みなさ-ーん、在庫ありますかね(^_-)-☆

■ THREEHUNDRED カーボンボンネット商品ページはコチラから
■ THREEHUNDRED カーボンボンネット(スムースタイプ)商品ページはコチラから

押忍ッ。

2月7日までですよん!!

7周年だから「感謝の気持ちの7日間」

1日から今日までTHESTOREの受注がとも多く、日々佐川さんが悲鳴をあげています(笑)
皆さんTシャツが欲しいのか、ボクのメッセージカードが欲しいの、知らないでオーダーを頂戴しているのか分かりませんが、本当にありがたい限りです。

Tシャツの抽選は週明けに行いまして、当選された方には順次送らせて頂きます。
最初はシーーンッとしちゃって「Tシャツ余ってますけど・・・」とかスタッフに言われたらどうしようと思ってましたが、今のところチャント抽選になりそうです(^^ゞ
アニバーサリーカードは、毎日頑張って山のようなメッセージをカキカキしています(笑)
これはカードが無くなるまで続けますので、今月中はひたすらかけると思いまする。

そして、本日。
ここのところ人気モノのカーボンナンバーブラケットさん。
その新商品であるマットカーボン仕様が今日初入荷してきました。

ススケタ炭素感がステキすぎます(笑)
THESTOREに商品ページを作りましたので是非に(^^ゞ

■ THREEHUNDRED マットカーボンナンバーブラケット商品ページはコチラから

押忍ッ。

マットカーボンシリーズ続々と

なんだろう、ヤマグチの予想に反してスロースタートだったマットカーボンシリーズ(笑)
新しい商品なので、皆さん様子見だったのかも(^^)?

しかーし、今月に入りマットカーボンシリーズの在庫も増えた事もあり、
突然売れ始めました(^^ゞ

そして本日待望のマットカーボンインテリアパネル(左ハンドル)が入荷してきました。
これで左右ご用意が出来、今日現在在庫もアリッ!

■ THREEHUNDRED マットカーボンインテリアパネル(RH)商品ページはコチラ
■ THREEHUNDRED マットカーボンインテリアパネル(LH)商品ページはコチラ
■ THREEHUNDRED カーボンインテリアパネル(RH)商品ページはコチラ
■ THREEHUNDRED カーボンインテリアパネル(LH)商品ページはコチラ

マットカーボンも、クリアカーボンも、ドサッと入荷したので全部在庫OK。
さあポチッとな(^_-)-☆

押忍ッ。

まずは1Pローター仕様から

去年よりデモカー299でテスト走行を繰り返していたTHREEHUNDREDのAPキャリパーキットが遂に完成し、本日イギリスより商品分のキャリパーが届きました。

あの真板を踏んでいるような安心感のカタマリは、このキャリパーキットならではです。
ABARTH500/595系には、1Pローター仕様と2Pローター仕様の2品番で展開します。
今日はまず1Pローター仕様をTHESTOREにUPしまして、2P仕様は明日UPします。
現在ABARTH 124 Spider用も開発していまして、こちらは2月下旬頃の完成を予知しています。

取り付けは500/595系も124もボルトオン装着が出来ます。
デモカー309はBREMBOキャリパーが標準ですが、あの感覚が忘れられないので交換しようと企んでおります(^^ゞ

あ、純正BREMBOからこのAP Racingキャリパーキットへ交換も出来ますので、ヘンタイな方のお問い合わせお待ちしております(^^ゞ

■ THREEHUNDRED AP Racing キャリパーキット商品ページはコチラから

押忍ッ。