THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


製品情報

THREEHUNDREDのアシ。

THREEHUNDREDではアバルト専用に開発した車高調整サスペンションを3種類ご用意しています。
俗に言う「名前変え」ではなくABARTHだけに開発した専用品です。

■ THREEHUNDRED サスペンションキットPro商品ページはコチラ

THREEHUNDREDのフラッグシップモデルで、一切の妥協無く作り上げたモデルがサスペンションキットProです。
素材も、構成も、スプリングも、とにかくこだわりぬいて開発し、セッティングはオーナー様に合わせてお作りするオートクチュールダンパーです。

フロントはアルミシェルケースを採用し、超軽量と高い放熱効果を誇るダンパーです。
ABARTH専用品なので、ご注文時にお使いになる車高やバネレートをお聞きして組みますので、ダンパー容量を犠牲にしてしまう全長調整機能は採用しませんでした。
ダンパーの容量を少しでも多く稼ぐ事で、より減衰力の恩恵を感じて頂けますし、セットアップの幅と懐の広い乗り味を実現しています。

構造は正立式ダンパーですが、特注の超極太ショックシャフトはダンパー剛性を確保し、あえての複筒式ダンパーはガス圧の影響を受けずらく、ダンパーオイルと特徴的なピストン形状からなる減衰力は、路面をつかんで離しません。
ボトムブラケットは専用カラーによりキャンバーを3段階に調整できます。
オプションでピロアッパーマウントもご用意しています。

リヤにもフロント同様アルミシェルケースを採用し、メインダンパーと一体形状のサブタンクを採用しています。
これによりリヤにもより多くの容量を実現し、チョコマカしがちなアバルト500系のフィーリング変えることができます。
前後ダンパー全てのフリクションパーツにWPC加工を施しているのも特徴です。


※黄色いスプリングは試作品です

サスペンションキットProは前後10段アジャストとしています。
これはサスペンションキットStreetやwinding+でもそうですが、ダンパーの機構的に10クリック以上あけていくと、減衰力の発生の仕方がルーズになり、ただ柔らかくなっていくだけになりがちです。
ストリートをターゲットにしていて調整の幅を持たせる必要があったり、乗り心地を求める10段以上なら良いのですが、サスペンションキットProはそういった妥協を一切取り除いていますので、あえて1クリックで明確な変化をもたらす10段クリックを選び、よりベストな減衰力を発揮するポイントだけを使える仕様にしました。
少し分かりづらいと思いますが簡単に機構をご説明すると、10ある幅を20で切るか、10で切るかの違いです。

サスペンションキットProは、ご注文を頂戴した際にオーナー様のリクエストをお聞きしながらダンパーを組み上げますので、オンリーワンなダンパーをお作りする事が可能です。

■ THREEHUNDRED サスペンションキットStreet商品ページはコチラ

サスペンションキットStreetはストリートからワインディング、時々サーキット走行というオーナー様に向けた、THREEHUNDREDでも最も売れている商品です。
車高調整の幅と、乗り心地を両立したサスペンションです。

自社で保有するデモカーを使い、日本の道、高速道路、ワインディン、サーキットを走り込み、いままで培ってきたABARTHカスタムの経験値をもとに、今考えられる走行のストリートスペックを兼ね備えた商品が、このサスペンションキット Streetになります。

おひとりでワインディングを楽しむフィーリングはもちろん、ご家族や荷物を積んで走る際のマナー、サスペンションを変えるという事は車高の自由度も大切だと思います。
日常のアシとしてもABARTHを使い込んでいるTHREEHUNDREDだからこそ気付く細かなポイントを含め、これらを丁度良く、上質にバランスさせた、ストリートサスペンションになります。

開発段階ではデモカー305でサーキットを走り込み、各サーキットのスポーツ走行やスプリントレースまで参加し、扱いやすいセットアップである事を確認しています。
ABARTH500/595系の最も多い使われ方である「日常のお買い物から、週末はワインディング、ラジアルタイヤでのスポーツ走行」というリクエストに、自信をもってオススメ出来る商品です。

20段階の減衰力調整機構を持ちますので、走りのシーンに合わせてサスペンションのフィーリングを変更して頂けます。
ワンクリックで明確に変わるダンパーフィーリング、お好みのフィーリングにピタリとはまった時の一体感は、サスペンションキットでしか味わえない痛快感覚です。

付属されるスプリングはTHREEHUNDREDがサスペンションキットの為に専用開発したものになり、ダンパーの特性に合わせて許容荷重と変曲点を考慮し、ベストフィーリングを目指しTHREEHUNDREDが開発したスプリングが付属しています。
フロントのバネレートは6kgと7kgが選択可能となりますのでオーダー時にご指定下さい。
6kgはストリートがメインのオーナー様、7kgはワインディングでよりクイックなハンドリング、強いブレーキングやロール量をコントロールしたいオーナー様に適しています。

■ THREEHUNDRED サスペンションキット winding+商品ページはコチラ

更なる走りの高みを追及した究極のストリートモデルがwinding+です。
フラットな乗り心地は確保したいけど、ワインディンでは更なるハンドリングを求めるオーナー様向けに開発した商品です。

Streetモデルより減衰力のセットアップをハード方向に振っていますが、サスペンションキットStreetのしなやかな乗り心地は残しつつも、明確にシャープになったハンドリングは速いコーナーで抜群に安定した姿勢を保ちます。
荒れた路面でのブレーキング時など、四輪が地面をつかむような接地感だったり、長く回り込んだコーナーでは微妙なアクセルのオンオフで意のままに車の姿勢を変える事が出来ます。

THREEHUNDREDのサスペンションキットは、自社で保有するデモカーを使い、日本の道、高速道路、ワインディン、サーキットを走り込み、いままで培ってきたABARTHカスタムの経験値をもとに、よりはh尻の質を求めるABARTHオーナーに向けた商品が、このサスペンションキット winding+になります。

ただ走りに振ってもそこはTHREEHUNDREDの商品。
ご家族や荷物を積んで走る際のマナーは大切にしていますので、乗り心地という面でも走りの質は追及しています。
また車高の自由度も大切だと思っていますので、スタンダード車高から低く構える車高まで、幅広い車高セットアップが可能です。

開発段階ではデモカー305でサーキットを走り込み、各サーキットのスポーツ走行やスプリントレースまで参加し、扱いやすいセットアップである事を確認しています。
20段階の減衰力クリックを15~20段辺りでお使い頂けば、サスペンションキットStreetに似たフィーリングでお使いいただけます。
10段~5段辺りのフィーリングはまさにニヤリで、タイヤのグリップを存分に使い切れるセットアップとなっています。

付属されるスプリングはTHREEHUNDREDがサスペンションキットの為に専用開発したものになり、ダンパーの特性に合わせて許容荷重と変曲点を考慮し、ベストフィーリングを目指しTHREEHUNDREDが開発したスプリングが付属しています。
フロントのバネレートは6kgと7kgが選択可能となりますのでオーダー時にご指定下さい。
6kgはストリートがメインのオーナー様、7kgはワインディングでよりクイックなハンドリング、強いブレーキングやロール量をコントロールしたいオーナー様に適しています。

winding+はフロントにヘルパースプリングを採用しています。
コーナーのターインや立ち上がりで、Streetモデルを凌ぐトラクションを確保しているのも特徴です。

以上であります。
是非全国のTest Drive DayやTHREEHUNDRED meetingで、デモカーのフィーリングをチェックして頂けたらと思います。
きっとお好みの乗り味がここにあると思います(^^ゞ

押忍ッ。

またまたABARTH 124 Spider

今日もABARTH 124 Spiderであります(^^)v
デモカー304が納車されたのが今から丁度3年前の9月中頃でした。
THREEHUNDRED meeting TSUKUBAに間に合わせるべく、夜なべして車を仕上げたのが懐かしいです。

その時に履いていたのがアバルトレットのes-04でした。
白いABARTH 124 Spiderに、まずは赤いホイールを履かせると決めていました。
お陰様であのパッケージはかなりの反響を頂きまして、同じ仕様を何台も作らせて頂きました。

今回ご紹介するオーナー様も同じアバルトレッドのes-04です。

黒いボディに赤いホイール。
カッコ悪いわけがなく、随所に赤いポイントがステキです♪

マフラーテールフィニッシャーやカーボントランクスポイラーなど、THREEHUNDREDのポイントとなるアイテムはしっかりインストールされており、綺麗にまとまった1台です。

余談ですが、ヤマグチも最後のABARTH 124 Spiderを先日勢いでオーダーしていまして、黒にRECAROシートなヤツをこっそり押さえていたりします(^^ゞ

オーナー様、ありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

マフラーテールフィニッシャー

瞬く間にTHREEHUNDREDの定番商品となったマフラーテールフィニッシャーシリーズ。
ABARTH500/595系とABARTH 124 Spiderで商品をご用意しております。
チタンテール、ブラックテール、ステンレステールの3種類からお色をお選びいただけます。

一番人気の500/595系のチタンテールが大量入荷してきました。

ABARTHのマフラーテールは全車共通で引っ込み気味であります・・・
THREEHUNDREDのマフラーテールフィニッシャーは取り付け位置を調整できますので、純正ディフューザーや社外ディフューザーに交換した際も、お好みの位置にテールエンドを調整出来ます。
オリジナルのパイプ径よりも一回り太くなりますので、取り付け位置と見た目の太さを変える事が可能です。

■ THREEHUNDRED マフラーテールフィニッシャー ABARTH500/595 チタンテール商品ページ
■ THREEHUNDRED マフラーテールフィニッシャー ABARTH 124 spider チタンテール商品ページ

取り付けも付属の工具で作業して頂けます。
ご検討の程、宜しくお願い致しまする(^^ゞ

ブレーキパットが続々入荷です

THREEHUNDREDはカーボンパーツのイメージが強いですが、走り系のパーツもいろいろ取り揃えております。
特にABARTH専用に開発したオリジナルブレーキパットは3種類の磨材をご用意しています。

TH100は、俗にいう低ダストパットというカテゴリーです。
純正ブレーキは洗車しても直ぐにホイールが真っ黒になったり、比較的初期タッチからカツカツ効いてしまうペダルフィールに違和感を感じるオーナー様もいらっしゃるかと思います。
初期フィールは穏やかに、オリジナルプラスアルファの制動力で、ストリートユーザーにはオススメのTH100です。
ホントホイール汚れません(^_-)-☆

TH200は丁度ミドルレンジ。
ストリートからワインディングをメインにされているオーナー様向けです。
真冬のキンキンに冷えている時の一発目から安心したペダルフィールで、ワインディングをガンガン走って頂いてもOKです。
サーキットスペックよりローターへの攻撃性も少なく、制動力と経済性を兼ね備えたスポーツパットです。

TH300+はTHREEHUNDREDのブレーキパットのフラッグシップモデルです。
ワインディングからサーキット等、温度域の高い走行向けで、どの温度域でも安定したペダルコントロールを誇ります。
ペダルタッチもカッチリ安心感のあるもので、サーキットを連続ラップして頂いても、安定した制動で車のスピードをしっかりと抜き取ります。
特にリリース時のコントロール性は抜群で、サーキットユースのオーナー様には是非一度お使い頂きたいパットです。

走りのシーンに合わせて、TH100・TH200・TH300+からお選びいただけたらと思います。
ご不明なことなどございましたら、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

THREEHUNDREDのインタークーラー

今日は工場さんでハイパフォーマンスインタークーラーキットの出荷前梱包の手伝いと検品作業をしてきました。
最近なかなか時間が取れずでしたが「100%現場主義」の精神は大切にしたいと常々思っております。
現場を知る事、現場と話す事で、いろんなアイデアが沢山湧いてきますし、思わぬヒントをもらう事も多々あります。

ご存知のオーナー様も多いかと思いますが、ABARTH500/595系のインタークーラー交換は効果が大きいです。
ギュウギュウに詰め込まれたエンジンルーム内は常に高温で吸気温度も高めです。
THREEHUNDREDのハイパフォーマンスインタークーラーキットはギョーカイ用語的に「前置きインタークーラー」というヤツで、左右にセパレイトされたスタンダード品をセンターに集約する事で、走行風を多くあてる事ができ、ABARTH500/595専用に開発したアルミコアは絶大な冷却能力を誇ります。

ピカピカにバフ加工した美しいアルミパイプは、ABARTHの高いブースト圧でもパイプ伸縮がなく、且つオリジナルのシリコンホースはノーメックスを採用していまして、こちらも高いブーストに耐える設計です。
これらの恩恵でニヤリなスロットルレスポンスを実現し、ワインディングやサーキットでの連続走行でも熱ダレを防ぎ、パフォーマンスを維持出来るようになります。

■ THREEHUNDRED ハイパフォーマンスインタークーラーキット商品ページはコチラから

なによりバンパーから覗くアルミ製インタークラーを眺めているだけでニヤリであります(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDREDのキーリング

久々にアクセサリー系の新商品です。
言われ続ける事4年くらい、ようやく新作キーリング作りました。

今回はイタリアンレザーを使った革の質感タップリなキーリング。
赤と白、黒と白というツートンカラーからお選びいただけます。

リング部分は雰囲気を出すために、わざわざショットをあてて艶消しに仕上げたヘンタイ仕様(^^)v
ボタンは取り外しが出来て、ベルトループに通してもらってもヨシ、そのままアクセントとしてもワンポイントとなっていてステキです。
アクセントにイタリア国旗をステッチで表現してみました♪

箱もカッコ良く作りましたので、お手元に届いた段階からニヤリであります(^^ゞ
価格は¥4,800-(税別)です。

■ THREEHUNDRED キーリング2019 RED 商品ページはコチラから
■ THREEHUNDRED キーリング2019 BLACK 商品ページはコチラから

本日大量に商品も届きました。
先ほどからTHESTOREに掲載を開始しましたので、明日から初荷を発送させて頂きます。
皆様のご注文を心よりお待ちしております(^^ゞ

THREEHUNDREDのライフスタイルアイテム発売開始

オシゴトは夏休み中がはかどります(^^)v

なかなか更新できていなかったTHREEHUNDREDのライフスタイル系アイテムをTHESTOREに更新しました。
まずはアロマセットとレザーポーチです。

車に乗り込んでほのかに良い香りのする車内って良いですよね。
走るシーンやライフスタイルに合わせた香りの変化を楽しむ、ファッションと合わせて車内の香りも選んでみる。

イタリア車を楽しむ。
走りも大切だけど、身なりだったり、自身の香りだったり、ABARTHアソビをトータルでご提案したいなと思っています。
何よりも、ジブンもシャレオツなオヤジでありたいと思っていますので(^^ゞ

■ THREEHUNDRED アロマセット商品ページはコチラから

■ THREEHUNDRED レザーポーチ商品ページはコチラから

これからコツコツといろんなアイテムを提案していきたいと思っていますので、是非楽しみにして頂けたらと思います。

es-02 mag x グリジオカンポポーロ

連休中に続々とes-02 magの装着画像が届いております。
今日ご紹介する595は、いつもお世話になっているオーナー様で、es-02 magの開発を着手した瞬間にオーダーを頂き、最も長くお待たせしてしまいましたが、出来栄えには大変喜んで頂けており、ホットしております(^_-)-☆

ホイールカラーはオーナー様のリクエストで、ボディ同色のグリジオカンポポーロに塗装させて頂きました。
ファーストロットはお得意様が多いので、レギュラーカラーのオーダーがホボゼロです(^^)
「貴方だけのオンリーワン」、バッチリお受けしますのでお気軽にお問い合わせ頂けたらと思います♪

ABARTH専用に開発されたes-02 magは、17×7.5J ET35のワンサイズ展開となっており、ホイール重量は驚異の5.8kg/1本であります。

■ es-02 mag(ABARTH500/595/695)
・17×7.5J ET35 4/98 CorsaBianco/NeroScorpione ¥89,000/1本
・17×7.5J ET35 4/98 GrigioMetallico ¥92,000/1本
※別途消費税
※BREMBOキャリパー対応

今後お声があれば、ABARTH 124 Spider、ABARTH PUNTO EVO系の設定もしていきたいなと。
THREEHUNDREDアルアルですが、商品ページより商品が先行するいつものヤツでして、既に在庫沢山入荷しております。
お休み明けから出荷できますので、ご注文心よりお待ちしております!

装着した瞬間から走りの違いを体感して頂けるアシモトですので、是非ご検討いただけたらと思います(^^ゞ
手前味噌ですが、ABARTH500系にes-02は良く似合いますね♪

押忍ッ!

THREE HUNDRED アバルトParts

es-02 mag 発進ッ!

遂にきました、初品が。
遅れる事4ヵ月、悪戦苦闘しまくりました。。。
ご注文を頂戴している多くのオーナー様に、納期でご迷惑をおかけしてゴメンナサイ。
しかし、オーナー様の目をみて心からオススメ出来る良いホイールが出来上がりました☆

いつもお世話になっているオーナー様から早速装着画像を頂きました。
普段履きにはes-04の特注仕様、サーキット用にはes-02 magの特注カラー「ゴールド」で納めさせて頂きました。
サスペンションキットProはスペシャルオーダー品、TuningECUでカット飛び仕様のMake your SCORPIONなこの1台。
カーボンボンネットもスペシャルカラーコーディネートで、愛とこだわりが詰まりまくってる595です。

因みにもう一台ABARTH 124 Spiderをお持ちで、そちらも特注仕様のes-03にサスペンションキット。
es wheelを3足お持ちであります(^_-)-☆

es-02 magは、何と言ってもそのホイール重量で、17×7.5Jで5.8kg/1本!という驚異の軽さを誇っております。
そして素材はモチロンですが、何より最新の熱処理技術の恩恵で、ストリートユースでも鍛造アルミと大差ない製品のライフが特徴です。
それをヤマグチが細かな細かなところまでABARTH専用に開発し、作り上げた商品になります。

マグネシウムホイールと聞くと、「割れる、エア漏れ、ライフが短い」という超ネガティブなイメージが先行する方も多いかと思いますが、実は去年の今頃までヤマグチも同じイメージでした(^^)v
工場を視察し、試作品を使い続け、es wheelとしてリリースしても問題ない事を自分で確認できたので、今回製品化をした次第です。
因みに縁石とかヒットすると思いっきり火花でますので注意が必要です(^^)
自分自身もマグネシウムホイールは憧れでしたし、ABARTHでホンキのマグネシウムホイールを履いて、ワインディングやサーキットをゼンカイで走りたいなと思いまして。

今頃ご紹介したオーナー様は、袖ヶ浦フォレストレースウェイでゼンカイ。
インプレがタノシミであります。

近日中にTHESTOREに商品ページを更新いたしまする。
オーナー様、いつもありがとうございます(^^ゞ

p.s.
THREEHUNDRED connect+のミスタータイヤマン三鷹店でも、今頃何セットかes-02 magを組んでいると思います。
試作品も展示していますので、気になるオーナー様は是非この連休にチェックして頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンコラムカバー発売開始

今年リリースする新商品の中でも、このカーボンコラムカバーは個人的にかなり満足度の高い商品であります。
とにかく綾織カーボンの折り目が美しく、装着前にしばらくリビングに飾りたくなるほどです(^^)v

フィッティングにもこだわり、上下に分かれたパーツが合わさる「合面」に、C-FRPとしてはなかなかの精度を求められるロジックを作りました。
常に目線に入るパーツなのでフィッティングにも気を使いまして、きっと皆さんにニヤリとして頂ける商品に仕上げられたと思います(^^ゞ

取り付けは付属の両面テープで簡単に取り付けて頂けます。
別売りのカーボンキーシリンダーパネルも取り付けて頂けますので、キーシリンダーにキーをさし込む際のウッカリ傷からカーボンコラムカバーを守る事も可能です。

■ THREEHUNDRED カーボンコラムカバー ¥45,000-

デモカー298に試作品を装着しています、来週のスズカでジックリと見て頂けたらと思います!
ご検討の程、宜しくお願い致します(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts