THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

アバルトのホイール・サスペンション・ブレーキ・カーボンパーツetc 開発・販売

Produced by DUKES


Akito Yamaguchi

[重要連絡] オフィシャルイベントのお知らせ

いつもTHREEHUNDRED製品をご愛顧頂きありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況をうけ、第一にイベントにご参加されるユーザーの皆さま、運営スタッフの健康・安全面を最優先で考慮した結果、以下のイベントを中止若しくは日程調整させて頂く事になりました。

4月19日 THREEHUNDRED meeting SUZUKA [イベント中止]
※スポーツ走行にエントリーを頂いているオーナーさまにはエントリー費をご返金させて頂きます
※ご送金時の振込手数料はご返金対象とはなりません

5月17日 THREEHUNDRED SUPER TROFEO 2020 Rd:1 in TUKUBA [イベント中止]
※Rd:2/10月11日 Rd:3/11月22日は筑波サーキット・コース2000で開催します

5月30日 THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way [9月へ日程変更で調整中]
※日程が決まり次第、Blogにて新し日程をご案内させて頂きます

新日程へ変更後も新型コロナウイルス感染症による状況を考慮し、イベントの中止または延期、イベント内容の変更などの判断させていただく場合がございます。
今後の状況次第でそのような判断をさせていただく場合には、本ホームページなどにてお知らせさせていただきます。

スタッフ全員で楽しみにしていたイベントなだけに本当に残念でなりません。
1日も早く新型コロナウイルスの感染が終息する事を願いつつ、更に企画を充実させてイベントを開催したいと考えております。

ご不明な点等ございましたら、お手数ですが弊社までお問い合わせをお願い致します。

見えるところからコツコツカーボン化

現在THREEHUNDREDには現役デモカー4台が全て揃っている珍しい状態であります(笑)
好きなABARTHに乗りたい放題の、まさに職権を振り回しているヤマグチ。
真っ先に鍵を取ってしまうのはコイツなんです。

地味派手はデモカー308、いつでもやる気満々なファイティングポーズ、ギリギリホテルのエントランスにもいける上品さ・・・(^^?
そんなオールラウンダーなABARTH595がやっぱりボクは好きです。
今デモカー296(ABARTH PUNTO EVO)にも手を付け始めていますして、かなりアツイホットハッチバックに仕立てる予定です。
こいつが出来たらライバル出現ですね(笑)

ABARTH500/595系はTHREEHUNDREDも主力な車種でありまして、とりわけカーボンパーツの品番数はなかなかです。
その中でも特にシリーズ4はアイテム数が多く、インテリアのフル炭素化はテッパンメニューであります。
例えば、カーボンインテリアパネルは真っ先に投入したいアイテムですし、エントリー商品のカーボンエアコンパネルはご注文が多すぎて半年以上お待ち頂いている人気商品です(お待たせしてサーセンッ!)

そんな数あるカーボンパーツの中でもヤマグチお勧めなのがこのカーボンコラムカバー。
なんでしょうか丸みのあるパーツって、綾織カーボンが特に綺麗に見えるんです。
取り付けも簡単ですし、常に視界に入るポイントでもありますから、満足度は高めのニヤリパーツです。
カーボンキーシリンダーパネルと合わせてお使い頂けますと、ステアリング周りの炭素化はカンペキであります。
右ハンドルも、左ハンドルも、共通パーツとなっております。

是非ご検討頂けたらと思います(^^ゞ

■ THREEHUNDRED カーボンコラムカバー商品ページはコチラから

■ THREEHUNDRED カーボンキーシリンダーカバー商品ページはコチラから

新しいマスコット

ヤマジに「THREEHUNDREDのマスコットを作りたい」と伝えのが去年のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを開催した頃だったと記憶しています。
オフィシャルロゴの他に、少し柔らかく遊んだ印象を持ってもらえるようなロゴが欲しかったのです。
アパレルであったり、これから商品を充実させようとしているライフスタイル系のアイテムであったり、このスコーピオンロゴをオシていきたいなと。

なんかブスカワイイ感じしませんか(^^?
ヤマグチ的にはヒジョーに気に入っておりまして、是非可愛がってやって下さいね♪
今日からTHESTOREに商品を掲載しました。

■ THREEHUNDRED スコーピオンデカール商品ページはコチラから

在庫もあります(^^ゞ
押忍ッ。

年度末。

業種的にテレワークがなかなか難しい弊社。
スタッフ全員最小限の外出と、感染予防で元気にシゴトをしています。

ボクは朝も早からまた苦手なシンカンセン。
先日アバルト仲間から教わった、東北新幹線の乗車アプリで楽勝でした(^^)v
これから宇都宮の大先輩のところに行ってきます。

そういえば昨日の夕方にupしたTHREEHUNDREDのツールボックス。
なんと予想に反して一晩でボクの想像を超えるご注文を!
いやぁ嬉しい、アクセサリーでここまで反響頂けるなんて(≧∇≦)
時間かかったけど、納得の出来る商品が完成したので、自信をもってオススメ出来ます。

調子に乗って、ドンドン暴走企画を実現していきまする!

押忍ッ。

ABARTHに似合うがテーマ。

1年くらいズルズルやってたと思います。
デザインを変えたり、寸法を見直したり、素材を変えたり。
なかなか納得のいく雰囲気を作り上げるのが難しかったですが、ようやく良い雰囲気のツールボックスが完成しました。

やっぱりイタリア車に乗るのだから、身の回り品もカッコ良くないと。
ABARTHで遊ぶをテーマにいろんなライフスタイルの提案をしているTHREEHUNDREDですが、ヤマグチ的にはホンマルといえるのがこのツールボックス。

上質なイタリアンレザーを使い、日本の革職人がひとつひとつ仕上げた商品になります。
トランクには縦でも、横でも、リヤシートの後ろでもピッタリのサイズ感は、ABARTH屋がABARTHオーナーの為に作ったツールボックスです。
工具を入れても、クルマ関係の小物を収納しても、使い方はいろいろであります。

スケドーニのツールボックスに憧れているヤマグチ。
やっぱりお色はタンレザー!
そしてシリアル番号を入れてお届けします。
ボクのツールボックスは#000(笑)

価格は¥39,800-(税別)
ゴールデンウィーク明けから納品を開始します。

ご検討の程、宜しくお願い致します(^^ゞ

■ THREEHUNDRED ツールボックス商品ページはコチラから

この状況だから、改めて気づけた大切な事。

先ほどご参加予定の皆様にはご連絡させて頂きましたが、関東ツーリングを中止にする事にしました。
関係各所の皆様、全国のオーナー様方からも助言を頂きながら開催しようと努力をしていました。
しかしながらここ数日の状況から判断すると、開催を断念せざるを得ないと判断し、ツーリングの中止を決定致しました。

しかし、凄く悔しい・・・
THREEHUNDREDのイベントの中でも、THREEHUNDRED meetimgの次にお集まり頂ける一大イベントに成長した関東ツーリング。
1日も早くこの状況が終息し、出来る事なら年内に関東ツーリングを再度企画する事を目指したいと考えています。

そしてここ数日改めて思った事。
THREEHUNDRED、そしてボクは、日本全国のとても多くのオーナー様に支えられているという事。
こんなにメッセージを頂戴したのははじめてだし、ボク自身も、皆さんも経験した事ないこの事態に、いろいろな助言を頂きました事に心から感謝しています。

こんなにも多くの方々が気に留めて下さっている事に正直驚きました。
改めて自分の影響力であったり、期待されているという事を受け止め、今まで以上に広い視野と感覚を持ち、全国のアバルトオーナーにニヤリを届けなくてはいけないなと強く思った次第であります。

いつもありがとうございます(^^ゞ

押忍ッ!

色を悩む・・・

かれこれ工場に2ヶ月くらいこもりっぱなしのデモカー296。
296って言われてもピンとこない方も多いくらい、まだミナサマの前には登場回数が少ないルーキーであります。
デモカー305と入れ替えでやってきたABARTH PUNTO EVOでして、今となってはカタログ落ちモデルではありますが、根強いファンが大切に個体を守っている希少車種であります。

6万キロの個体をヤマグチが引き継ぎまして、リフレッシュしながらTHREEHUNDREDらしいカスタムを施していこうと考えています。
ABARTH PUNTO EVOはAlfaRomeo MITOの兄弟車輛でもあり、サスペンションやエンジン、ミッションは共用パーツが多かったりします。
ABARTH500とはサイズも走りも全くキャラクターが違うので、ボクにはとても新鮮な感じがします。
特に走りのおいては、何をしてもドッシリしていまして安定感は抜群です。
裏を返せば500/595系のようなジャジャウマ感覚は少なく、この辺りの表現方法がボクのシゴトなのかと思っています。

まずは経年劣化が進んだいろんな純正パーツを磨いたり、交換したりする作業をしています。
合わせて当初からサスペンションキットが組まれていたのでO/Hと仕様変更をして、マフラーと駆動系関係の見直し、シートの交換、そしてボディカラーを変えようと企んでおりまする♪

ボディーカラーは只今絶賛悩み中であります(^^ゞ
完成が楽しみです。

押忍ッ。

トランクフレーム

ABARTH500はハッチバックにしては非常にバランスの取れたボディ剛性のクルマです。
トランクフレームはそのバランスを壊すことなく、トーションビームのフロア剛性を上げる事でサスペンションの動きを改善します。
リヤダンパーがよりしなやかに動くような挙動となり、クルマ全体の軽快感が向上する印象を受けて頂けると思います。

アイボルト付きモデルはサーキットユースのABARTHオーナーに向けた商品で、4点式や6点式を装着するためのアイボルトを装着しています。
キットにはフルハーネスを取り付けるための金具や、シートベルトのワーニングキャンセル用のダミーキャッチまで付属しています。

走りと実用機能を両立した商品となっています。
ご注文が集中してしまい現在在庫が切れておりますが、只今清算中ですので4月上旬には潤沢に商品がご用意出来る予定です。

是非、ご検討下さい(^^ゞ

■ THREEHUNDRED トランクフレーム商品ページはコチラから
■ THREEHUNDRED トランクフレーム(アイボルト付き)商品ページはコチラから
■ THREEHUNDRED ダミーキャッチ商品ページはコチラから

ステッカー特集

その昔ギョーカイのセンパイに、

「この商売な、オリジナルステッカーが1枚でも売れるようになってやっと半人前だ!」
「オリジナルステッカーが欲しくて、わざわざステッカーだけを買いにきてもらえるようになってやっとヨチヨチ歩きだッ!!」と。

えーとセンパイ、最近は両方できてますッ(^^!

本当にありがたい事に、THESTOREやイベント会場でステッカーを買って頂けるようになりました。
ショージキな事言いますと、ワタクシヤマグチあまりステッカー好きじゃないんです。

あ、正確には好きじゃなかった。
ここのところヤマジがとてもカッコイイデカールをデザインしてくれるので、今までとは少し考えが変わりました。
THREEHUNDRED meetingのゼッケンなんて、イベント終わってしばらく貼りっぱなしだし、ジブンのPCにステッカー貼ったりしています。
今までではゼッタイに無かった事でして(^_-)-☆

最近はイベントにステッカーをお持ちしていたのですが、THESTOREの方では展開出来ていませんでした。
本日朝からパシャパシャ撮影して、今までにないデザインのデカールを掲載しました。
現在THESTOREのトップページはステッカー特集を組みましたので、是非一度ご覧頂けたらと思います。

■ THREEHUNDRED THESTOREはコチラからご覧ください

在庫も沢山ありますので、是非商品と合わせてポチッとお願い致します(^^ゞ

押忍ッ。

THREEHUNDRED meeting SUZUKA

ここ数ヶ月、物凄く多くのお問い合わせを頂戴し「今年のスズカはどおなりますか?」
このような社会情勢のなかのイベント開催、いろいろ悩み、各所へ相談、調整を致しました。
検討した結果、私たちに出来る最大限の感染予防の努力をして、聖地スズカでのTHREEHUNDRED meeting SUZUKAを今年も開催する事に決めました。

昨年は各地からご参加頂き「スズカのパドックに入れるなんてサイコーだね!」と数名の方からお声がけ頂きました。
やはりスズカには特別な空気が流れています(^_-)-☆
ヤマグチも去年はじめてコースを走りましたが、間違いなく日本のどのコースよりチャレンジングで緊張感のあるコースでした。
今年はどのデモカーで走るかまだ決めていませんが、これから楽しみであります!

イベント内容ですがmeetingとスポーツ走行を開催させて頂きます。
THREEHUNDREDの占有イベントエリアには、現役デモカー、歴代デモカーの展示、最新のTHREEHUNDRED製品をお手に取って見て頂けます。
人気のTHREEHUNDREDアパレルも持っていきますので、是非試着しながらご検討下さい(^^ゞ

■ THREEHUNDRED meeting SUZUKAイベント概要
日時 2019年4月19日 日曜日
場所 鈴鹿サーキット パドックエリア
時間 6:00-13:00
費用 入場無料(事前登録が必要です)
備考 スポーツ走行は有料コンテンツになります

■ meeting ※無料コンテンツ
鈴鹿サーキットのパドックエリア内にABARTH専用の駐車エリアを設けています。
meeting参加のABARTHとスポーツ走行にご参加のオーナー様に駐車して頂けるTHREEHUNDRED占有エリアになります。
ご参加頂いた全てのオーナー様に、記念ステッカーとカタログを差し上げます。
会場に到着されましたら、まずはTHREEHUNDREDテントにお越しください。

meeting参加には以下のメールアドレスに事前エントリーのご連絡が必要です。
メール受付後に弊社からパドックに入場する為のパーミット(1台につき1枚必要、人は車両の乗車定員までご入場頂けます)をご郵送します。
このパーミットが無いと鈴鹿サーキット・THREEHUNDRED meetingエリアには入場できませんのでご注意ください。
※スポーツ走行にエントリーのオーナー様はmeetingに申し込みは不要でず。

> meeting参加申し込み専用メールアドレス event@threehundred.jp
・お名前(フルネーム)
・郵便番号
・ご住所
・ご連絡先
・車種
・ご来場人数
※募集締め切りは4月7日とさせて頂きます(定員になり次第締め切ります)

上記必要事項をご記入頂き、メールタイトルに「meeting参加申し込み」と明記して頂きご連絡ください。
メールを受付後、担当者よりご返信メールを送ります。
イベント5日前頃までにパドックレイアウトとパーミットをご連絡頂いたご住所へご郵送させて頂きます。
募集定員になりましたら締め切らせて頂きますので早めの申し込みをオススメします。

■ スポーツ走行(30分x2本)※有料コンテンツ
F1も走る憧れの鈴鹿サーキットをゼンカイで走れるスポーツ走行です。
THREEHUNDREDの占有走行枠になり、憧れの鈴鹿サーキットをABARTHだけで楽しみたいと考えています。

初めての鈴鹿、初めてのサーキットというオーナー様には、いつもTHREEHUNDREDのイベントを手伝ってくれている大谷君が、サーキット走行初心者の方を対象にドライビングレッスンを行うクラスを設けました。
「走りたいけど少し心配」というオーナー様は、レッスン付きクラスにエントリーください。
スポーツ走行に参加をご希望のオーナー様は以下のエントリー用紙をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、弊社までFAX若しくはメール・郵送にてご連絡ください。
合わせてエントリー費用の送金をお願いします、エントリー用紙の確認と着金を頂戴した時点でエントリー完了となります。
募集台数に達し次第、募集を締め切らせて頂きます。

> 参加費(30分x2本走行)
・スポーツ走行A(サーキット初心者を対象としたレッスン付きクラス)¥36,000-
・スポーツ走行B(レッスン無しの一般エントリー枠)¥33,000-
※両クラス混走での走行になりますのでダブルエントリーは出来ません。
※1本目の1周目は完熟走行を行います。
※エントリーリストはこのBlogで公開させて頂きます。
※募集締め切り4月7日(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

> エントリー用紙ダウンロード
THREEHUNDRED meeting SUZUKA スポーツ走行エントリー用紙ダウンロード

郵送での申し込み (有)デュークス 〒151-0064 東京都渋谷区上原1-13-9
FAXでの申し込み 03-5738-7574
メールの申し込み event@threehundred.jp
※タイトルに「THREEHUNDRED meeting SUZUKAエントリー申し込み」と明記をお願いします。

■ ビンゴ大会(無料コンテンツ)
イベントの最後に豪華景品が当たるビンゴ大会を開催いたします。
ムフフな景品をドーンと出しますので、是非イベントを最後まで楽しんでください。

■ TuningECUテストインストール
THREEHUNDRED meetingでもっとも人気のある企画です。
ご自身のABARTHにTuningECUをテストインストールして頂き、そのパフォーマンスをご自身のドライブで体感して頂けます。
スポーツ走行に参加のオーナー様は、1本目はオリジナルDATA、2本目はTuningECUで走行というパターンもOKです。
現在TuningECUをお使いのオーナー様には、更なるパフォーマンスを追及したUpdateProgramもご用意しています。
この機会に是非TuningECUを体感して頂けたらと考えています。
詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

■ THREEHUNDRED meeting SUZUKAタイムテーブル
5:30 ゲートオープン
6:00 スポーツ走行受付開始
7:15~7:55 スポーツ走行ドライバーズブリーフィング
8:30~9:00 スポーツ走行 1本目
11:30~12:00 スポーツ走行 2本目
12:30 ビンゴ大会&イベントのご挨拶
13:00 解散

お昼で全てのプログラムが終了する進行になります。
朝は時間がタイトなので開会式は行わず、12:30からご挨拶とビンゴ大会の進行を行います。
meetingへ参加のオーナー様は、9時半~10時頃を目指してパドックにお越し頂けると良いかと思います。
朝一からご来場頂いてももちろん大丈夫です!
スポーツ走行にご参加の皆様は、朝が早いですがドライバーズブリーフィングにご参加頂かないと走行が出来ませんのでご注意ください。

以上になります。
ご不明な点等ございましたら、お手数ですが弊社までお問い合わせください。
今年も皆さまとお会いできますことを、スタッフ一同、心より楽しみにしております。

<大切なお知らせ>
THREEHUNDRED meeting SUZUKAでは新型コロナウイルス感染症による感染拡大の影響を考慮し、イベントの中止または延期、イベント内容の変更などの判断させていただく場合がございます。
今後の状況次第で、そのような判断をさせていただく場合には、本ホームページなどにてお知らせさせていただきます。
あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

弊社ではイベントにご参加されるオーナーさま、そして運営スタッフの健康・安全面を最優先に考慮し、イベントを運営してまいります。
まことに勝手ではございますが、ご理解の上、お申し込みいただけますようお願い申し上げます。