THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

アバルトのホイール・サスペンション・ブレーキ・カーボンパーツetc 開発・販売

Produced by DUKES


Akito Yamaguchi

オーナーさまご紹介

前回はサイドストライプの施工でお預かりしたABARTH 124 Spider。
今回は遂にフルエアロとなりました(^_-)-☆

実はデモカー310をオーダーする際に、シルバーにするか凄く悩んだのです。
シルバーはカーボンパーツが映えますし、綺麗にまとめると凄く存在感あるABARTHに仕上がるからです。
このABARTH 124 Spiderも凄く綺麗にまとまってると思います☆

うーん、カッコイイ!!
いつもありがとうございます(^^ゞ

■ THREEHUNDRED ABARTH 124 Spider商品ページはコチラから

適合確認オッケーッ!!

大人気のカーボンナンバーブラケット。

アバルト500系用のパーツとして開発してましたが「他の車種に取り付けできませんか?」とお問い合わせも多数頂いてまして。。。

ABARTH PUNTO EVOは取り付け確認を済ませていましたが、ABARTH 124 Spiderにも取り付け確認して、問題なく取り付けして頂けます。

ただ純正のナンバーベースが大きいので、そのバランスが僕的にアレなので、純正のナンバーベースを外してつけたらカッコイイんじゃないかなと(^^)

因みにこの画像はナンバーをいっぱいまで上に上げて取り付けるように調整しました。

■THREEHUNDRED カーボンナンバーブラケット商品ページはコチラ

おす。

フジに負けるな、九州2Days!!!

イベントの告知が富士にかぶってしまい、分かりづらかったかと思いますのでもう一度。

大きな声で、
10月3日と4日は九州でイベントやります!!!!!!!(笑)

10月3日は、THREEHUNDRED Touring KYUSHUです。
福岡空港の近隣駐車場をスタートして、阿蘇の白川水源までツーリングです。
ワインディングを走り、ゴハンを食べ、いろいろ見学する1日です。

最新デモカー309と296がお供します。
309はツーリングの時はバブリングDATAを入れていきますので、気になる方は後ろを走って見て下さい(^_-)-☆
圧倒的な迫力サウンドをドーゾ♪

ツーリングへの参加申し込みは、以下のイベント概要から行っておりますので、沢山のABARTHと一緒に走りましょう♪

■ THREEHUNDRED Touring KYUSHUイベント概要がコチラから

ツーリング翌日の10月4日(日曜日)は、熊本のHSR九州でTHREEHUNDRED meeting KUMAMOTOです。
先日コースを下見に行きまして、とても素晴らしいコースでイベントを出来る事に興奮しています。
パドックの設備も、コースも、コース全てを見張らせるピット上の展望デッキはサイコーの一言です☆

広いパドックエリアにABARTHだけの駐車スペースを確保しています。
ここでズラリABARTHを並べてmeetingを開催します。

デモカーの同乗走行、ドーミーインさんのご協力で実現したサーキットサファリ、イベントの最後にはご参加頂いた全てのABARTHでパレードランを行います。
これらのコンテンツは全て無料で提供させて頂きます。

コース上では、レッスン付きのスポーツ走行と、サーキット走行経験者の方に向けたスポーツ走行を行います。
ヤマグチのサークル活動による、ABARTHワンメイクレースも行いますので観戦だけでも楽しいと思います。

THREEHUNDREDのイベントでは定番となったTuningECUのテストインストール。
フジで大盛況だった新商品のバブリングDATAをお試し頂けます。
いろいろなDATAをご自身のABARTHでお試し頂けますので、是非スタッフまでお気軽にお声がけ下さい。

■ THREEHUNDRED meeting KUMAMOTOイベント概要はコチラから

新生活スタイルで、皆さんと楽しい週末に出来るように、全力で準備をしております。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お会い出来る事を楽しみにしております(^^ゞ

押忍ッ。

あれ、この前きたな。。。

じゃーん(^^)

今日も富士スピードウェイにきてます。

先日の興奮と、
疲れがまだ抜け切ってませんが、
朝からスポーツ走行をストイックに走りまくり。

本日の相棒はこの子。

はじめて12D、
71RSとはまた違う動きで楽しいですね⭐︎

テストメニューが山盛りなので、
午後も集中して走ります( ̄^ ̄)ゞ

競技系の練習日なので、
いろんな知り合いに会います^ ^

押忍ッ。

改めて、デモカー309です

7月にTHREEHUNDREDにやってきたデモカー309.
THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way 2020でお披露目するために、かなりの短時間で仕上げました。

2020yモデルのABARTH595 competizioneで、毎回ベースグレードにしようと思いながらコンペ買っちゃいます。
このABARTHはボクがイメージするコンプリートカーのプロトタイプモデルになる予定です。
コンプリートカーは2モデル展開を計画していまして、StradaleとPISTAというモデルです。

309はPISTAというグレードのプロトタイプになる予定です。
ワイドボディにロールケージ、内装にも手を加えながらアルカンターラに張り替えて仕上げます。
エンジン系はインタークーラーやタービンキットを組んで、専用のECUで出力を向上させます。

足回りにはサスペンションキットPROや専用のLSD、ブレーキ周りにもチューニングを施し、PISTAという名の通りいつでも戦える仕様なんですが、ストリートでも乗れてしまう懐を併せ持ったスペシャルなABARTHに仕立てます。

これから専用のシリアルプレートも作りますが、コイツのシャーシNoは000にしよう♪
000ってナンカカッコイイ(^_-)-☆
そういえば、ボクのツールボックスも#000

先日のフジで発表しましたが、デモカー309に装着されているカーボンパーツは全て新作のマットカーボンです。
凄く少量生産なので、納期はお待たせしてしまうと思いますが、THREEHUNDRED connect+とTHESTOREで順次販売をしていきます☆

なんだかワクワクしてきた(^_-)-☆
次の目標に向かって、ガムバリマス!!

押忍。

THREEHUNDRED Best Dressup Custom Award 発表ッ!!

今回お昼にTHREEHUNDREDティッシュをお配りしながら、ご参加頂いた全てのABARTHを見て回りました。
テクテクパドックを歩いてると「Awardですか??」とお声がけ頂き、過去にないくらい沢山のオーナーさんとお話し出来ました。

ホント面白かったです!!
ティッシュ配り、シャイなヤマグチのコミュニケーションツールには凄く有効だなと思いました(笑)

さてTHREEHUNDRED Best Dressup Custom Award対象車両の発表です。
いやいや425台も集まると、それはそれは個性的な子が多くて悩みに悩みましたが、章典別にご紹介していきます。

■ Best of THREEHUNDRED
もおね、オーナーさんがとにかくオモシロイ(^^!(そこかよ/笑)

とにかくTHREEHUNDRED愛がハンパない!!
ナミダチョチョ切れそうなくらい小技効いててスゲー良かったです。

カーボンボンネットをはじめ、様々なカーボンパーツを要所要所で装着していて、白とミントグリーンと薄い紫のコンビネーションはチャラシブ系(^^♪

カスタムオーダーのサイドストライプに、es-05もカッコイイし、何よりポイントポイントでTHREEHUNDREDデカールがステキだと思いました。

内装にはグリーンのRECAROでコーディネート。
「クルマ好きなんだなぁ」と、見てる方がニヤリとする1台でした。

次お会いした際には、更に進化している事でしょう。
おめでとうございます(^_-)-☆

■ Best Cool ABARTH
歩いていて「オッ!!」と目が止まりました。
シンプルなんだけどスゲーカッコイイ。
303の頃、正にこの佇まいを目指していました!

特注カラーのes-04とビアンコガーラの組み合わせがステキです☆
車高も良いし、大口径のシングル出しマフラーも超Coooool!!
最近魔改造ばかりのヤマグチ、チョイトピリリト定番のカッコ良さをオサライした感じです!!

おめでとうございます(^_-)-☆

■ Best Cool ABARTH
1台に絞れなかった・・・(笑)
この595もスゲーイイッ!!!
ABARTH Lifeを楽しんでいる感が物凄く伝わってくる1台。

ボクもいつしかルーフキャリアにサーフボード載せて、愛犬連れて海でノンビル1日過ごすような日を憧れていまして、なんだかそんな休日のお供にしたら最高に幸せそうな1台です☆

ABARTHの魅力は、操る楽しみ、魅せる楽しみ、使う楽しみ、その表現方法は無限大であり、どれもカッコイイという事。
そんな広がりを凄く感じる1台で、ビビッときてしまいました。

おめでとうございます(^_-)-☆

■ Yamaguchi Pick
最近デモカー296に乗りはじめてABARTH PUNTOの素性の良さを改めて感じているところに、このPUNTOが目に入りガツーンときた感じでした!(^^)!

クルマってオーラが大切だと思うんです。
もおバッチリ!!

フロントリップもカッコイイし、ADVANさんのホイールも車格に凄く合っていて、黒と黄色のコーディネートが超Cooool。

ヤマグチど真ん中のカスタム!
おめでとうございます(^_-)-☆

■ Yamaji Pick
候補は20台ほどに膨れあがっちゃいまして、悩みに悩みましたが、僕はこの一台。
ビアンコのボディにマットブラックのルーフ。バランスよく散らされた差し色の赤が映える個体でした。決して遠くらも目立つって訳ではないですが、なんとなく気になって近づいてしまった一台です。

なんと言ったらいいのか・・・こうだったらもっとイイ!とか、ちとココはやり過ぎかも、みたいなネガを感じないコーディネートの上手さを感じます。
表参道でサラリと女性が降り立っても、新緑眩しい森の中を木漏れ日跳ね返しなから走り去っても、荒涼とした砂漠に埃まみれで佇んでても絵になりそうだなあと思えたんです、このクルマ。

おめでとうございます(^_-)-☆

——————————————-

以上になります。
いやいや、他にも沢山カッコイイABARTHあったんですが、スゲー悩みましたが今回ご紹介したABARTHに決めました。
あらためてTHREEHUNDRED Best Dressup Custom Awardを受賞したオーナーさま、おめでとうございます!!!

該当のオーナーさんには景品をご用意しておりますので、お手数ですがcontact@threehundred.jpまでご連絡下さい。

いやぁ皆さんのカスタム魂に刺激されまくったので、ボクも負けてられません(^^ゞ

押忍ッ。

再会、笑い、感動、そして学びの1日

やって良かった。
いまは心からそお思えています。

正直ですね、5月30日の日程を延期して、富士側から代替え日程を頂いた時には止めようと思っていたんです。

しかしながら、いろんな先輩方からアドバイスを頂き「こんな時だからオマエに出来る最善を考えて、お客様を笑顔にするんだよッ!」とアタマ引っぱたかれて「ハッ!!」としました。

そこからはいつものヤマグチ大暴走劇場のはじまりです(笑)

僕たちに出来る新生活スタイルを考えに考えて、限られた予算の中で、いや、大幅に飛び出ましたが、昨日の大舞台の日をむかえました。

「告知したはいいけど、誰も参加してくれなかったらどうしよう・・・」

根っからのラテン野郎ですが、ボクにしては珍しく弱気でした。
ゴジエビナでは、普通を装ってましたが、いつもの蕎麦カレーセットが食べれなくて、サンドイッチでした(笑)
会場に到着するまでは、ドキドキ過ぎて本当に逃げ出したい気持ちでイッパイでした。

それが、ひとたび富士のゲートをくぐり、パドックに到着すると自然と肩の力が抜けていきました。

ドンドンやってくるABARTHの音を聞きながら、いつものメンバーや、はじめましての方々にご挨拶をしていると、あっという間に怒涛のタイスケが進行です。
15分間隔で5ヶ所のドラミをかけもち、5分後には自分のレースの練習走行。
これでスイッチが入りました(^_-)-☆

気が付くと、パドックにはスゴイ台数のABARTHがドンドンやってきます。
今回スポーツ走行は110台弱のエントリーと、予定よりかなり少なかったのですが、その代わりmeetingが多かったです!

目標の500台には届きませんでしたが、425台ものABARTHが富士スピードウェイのレーシングコースに集まりました。
もお、感謝しかありません。

コース上では元気に駆け抜けるT-JETとマルチエアの音しかしません。
パドック一面にはABARTH!ABARTH!!ABARTH!!!
もおヤバーーーイ(^^♪

毎回ご参加頂く方々が特に口にされていたのが「女性とお子さんがとても増えましたね!」と。
ご夫婦やご家族、彼女さん連れでも楽しんで頂ける空気感作りは、何より気を使っているのでこれは嬉しかったです。

THREEHUNDRED beautyも大人気で、毎回開始早々に夕方までの予約がイッパイになってしまいます。
チビッ子も楽しんでくれていたようで良かったです。

ドーミーインさのバックアップで行った、サーキットサファリは大人気でした。
このカラーリングのバス2台は、物凄い迫力でした!!
コース上を走るデモカーを見つつ、富士スピードウェイの広さに驚いている方も多かったです。

デモカー同乗走行は「皆さんのABARTHはこんなにもスゴイマシンなんです」
まさにそれを体験する企画で、こんなスピードで曲がれるの!、こんな速度で止まれるの!!、信じられナーーーイ!!!という声を聞くと、更にペースを上げたくなるのがレーシングドライバーの特性でして(笑)

お昼の抽選会も初の試みでした。
Webと上手く連携出来てなんとかカタチにはなりました。
景品も全ての方に行き渡りホッとしました。
新しいイメージもつかめたので、ここは凄く勉強になりました(^^ゞ

大谷君率いるレッスンクラスも、新たな感覚をつかんで頂けたオーナーさまが多かったようで、走行が終わった後のニコニコ笑顔がとても印象的でした。
今後レッスンクラスにはチカラを入れていきたいと考えていますので、初心者の方でもどんどん参加して頂ける企画を立てていきますね!

ヤマグチ趣味の企画THREEHUNDRED Circuit Circleのヨーイドンも楽しんで頂けたのではないでしょうか?
30台以上のABARTHが一気にスタンディングスタートするのはTHREEHUNDREDならではの大迫力です。

女性オーナーも4名レースクラスに参加していまして、男性ドライバー顔負けの方もいらっしゃいます。
8周にわたり最高の駆け引きを存分に楽しむ事が出来ました。

ヤマグチも久々のレースで、イベントそっちのけで楽しんじゃいました♪

そしてパドックではいろんな光景がありました。
ご家族で楽しまれる方、アウトスペックさんやRACさんのご出展、THREEHUNDRED cafeスペースでは楽しそうな笑い声が絶えませんでした。

そして圧巻はやはり最後のパレードランです。
今年は時間を多く取れたので、ストレートに出て頂き15分くらいはコース上で自由時間が作れたのは良かったです。

全員で記念撮影をしたり(みんな3のポーズ分かりますかね??)
お散歩したり、各々日頃絶対に味わう事の出来ないコース上で楽しい時間を過ごされていました。

あの光景を見ると、この日までスタッフ全員で残業しまくった疲れが吹き飛びます。
この日のために、ギリギリまで作業をしてくれたFactoryのミンナ、全ての業者さんに心から感謝です。

そして何より、全国から参加してくれたABARTHオーナーの皆さんに心から感謝です。
本当に、ホントウニ、ほんとうに、心からありがとう!!!

押忍ッ(^^ゞ

当選番号発表ッ!!!

お待たせしました!!!

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way 2020にご参加の皆様、
入場チケットの番号をご確認ください。

以下の番号が当選番号となります。
該当された方は、チケットをTHREEHUNDREDテントにお持ちください(^^ゞ

■ Present from thteehundred
003 010 016 021 047 056 078 079 081 110
133 178 191 221 300 331 378 394 421 478
777 981 1001 1101 1221 1289 1311 1398 1418 1454

■ Present from RAC
017 033 064 094 145 166 487 500 562 891

■ Present from FLATOUT
066 198 397 576 888 905 955 1108 1277 1341

Present from ABARTH TAKAMAE
022 091 491 764 843 911 1211

おめでとうございます(^^ゞ

絶賛イベント中!

富士スピードウェイをサソリでジャックしてます。
いやぁ、既に沢山のアバルトにご来場頂いてます。

本当にありがとうございます!!!

今日はTHREEHUNDREDの新作、
マットカーボンシリーズ発表の日♪
デルデル詐欺じやありませんよ^ ^

プライスリストはこんな感じです。

THREEHUNDRED マットカーボンシリーズ価格リストダウンロードはコチラから

気になる方は、THREEHUNDREDテント、アウトスペックブースでお問い合わせ下さい。

おはずかしながら・・・

遠征組のみなさま、お疲れ様です。
御殿場は早くもABARTHで溢れているようです♪

関東・近郊の皆様、今日は早く寝ましょう(笑)
ボクはまだ絶賛DT3でオシゴトです(^^ゞ

いつもお世話になっているドーミーインさん、
これからTHREEHUNDREDとして、
新たな挑戦をさせて頂きます(詳しくは明日のチラシを是非に!)

雑談?
インタビュー??

少しだけ語りました(^^)v
思い起こすと、
あっという間の7年間でした。

SEMA SHOWに続き、
明日,
またひとつボクの夢が実現しようとしています。

富士スピードウェイをABARTHで完全ジャック!!!

もお、今から涙腺緩んでます・・・

DOMINISTYLEオフィシャルBlogにてヤマグチカタリチュウ・・・はコチラから

オスッ。