THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Akito Yamaguchi

安定のes-02

今週は事務仕事祭りのヤマグチであります(^^)v
午前中からDATAファイルをサーフィンしてたら懐かしい画像を発見。
まだ初々しいデモカー301です(^_-)-☆

つい数ヶ月前まではes-03とes-04ばかりでしたが、ここのところご注文とお問い合わせがes-02に集中しています。
やっぱり安定のこのデザイン、ありがたい事にファンも多くなってきました。

■ eswheel es-02商品ページはコチラから

先日まで素材在庫を切らしてしまっていましたが一昨日ドカーンと入荷です。
ご注文後約3週間で貴方だけのes-02をお作りする事が可能であります。

皆様のご注文を、心よりお待ちしておりまする。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

フロント周りのカーボン化

世の中、間もなくボーナスってヤツですよね。
残念ながらボクにはありませぬ。
どちらかというこの時期決算なので納税であります・・・

ABARTH595/S4用のフロント周りのカーボンパーツがお陰様で好評でして、この三段構えのオーナー様が全国に増えつつあります。
見た目ほど最低地上高は低くならないので、そこまで気を使わなくて良いのがABARTH595の良いところでもあり、少々考えて開発製作した甲斐がありました(^^♪

カーボンリップスポイラーカーボンバンパーインサートカーボンアンダースポイラー、コツコツ揃えるもヨシ、ドーンと三点一気に揃えるもヨシ、カスタムのスタイルはそれぞれであります。

来週末ABARTH静岡さんで開催するTHREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH静岡さんに、デモカー308を持ち込みますので、装着イメージを確認出来ますので、是非ご来店頂けたらと思います。

間もなく入荷です

大変ご好評を頂いているマフラーテールフィニッシャー(マフラーカッター)ですが、ABARTH500系は申し訳ありませんが全品番でバックオーダーとなっていましたが、今週末にステンレステールとブラックテール、来月上旬から中旬にかけてチタンテールが入荷してきます。
ご注文を頂戴しておりオーナー様におかれましhては、お待たせして申し訳ございません。

レコードモンツァよりもテール径が太くなり(65Φ)、フィニッシャーの位置も前後に調整が出来ますのでディフューザーとの雰囲気もご自身でお好みの位置に調整可能です。

次回入荷分も残り数セットとなっておりますので、ご検討中のオーナー様は早めのご注文をお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

久々のダイコク

通りすがりのものです(^^)

久々に日曜日の大黒パーキングに寄り道してみました。
そういえばその昔、ここでオフ会したなと。

続々といろんな車好きが集まってきて、驚いたのは年齢層がとても広いです。
日本のカーカルチャーも海外に負けずに頑張ってる感じがして、なんだか嬉しかったです。

夢はかなう

父の影響もありましたが、小さい頃から車が大好きでした。
中学校くらいの頃からカスタムカーというカテゴリーを知り、興味の対象が「自分だけのスタイルを追求する」という方向に向いてきました。

当時はGT-RやZという国産ターボカーが好きだったと思います。
免許を取る頃にRX-7といいますか、アマさんのセブンに強い憧れを抱き、毎日毎晩バイトしたお金と、祖母と母親から借金して富里のグライフの門を叩きました。

あれから15年くらい経ち、THREEHUNDREDを立ち上げました。
とにかくトータルでカッコイイクルマを作りたい、速いとか遅いとかそんなことよりも、五感にうったえかけるクルマを作りたい。
そのベースにはABARTHが最適でした。

ボクの中でTHREEHUNDRED 5ヵ年計画があります。
最初の5年はとにかく人が面倒くさがること、嫌がる事をコツコツ積み上げてきました。
そして出来る限り即行動を心がけ、全国のABARTHオーナーと交流をしてきました。
シゴトいうか、人が好きというか、ABARTHに乗りたいというか、何も考えず気が付いたら行動していたらこうなったという感じですかね(^^)

最初はこんな事になるとは思ってもいなかったTHREEHUNDRED meetingは、全国のオーナーやお取引先に支えて頂き、ABARTHワンメイクスで300台以上集まるイベントに成長しました。
ブランド発足から5年で「300台集まるイベントを作りたい」という目標がありましたから、これは4年目の去年開催させて頂いたTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayと今年のツクバで達成でき、とても嬉しく思っています。

そして今年。
以前からヤマグチの夢であった世界最大のカスタムカーのイベント、アメリカはラスベガスで開催されるSEMASHOW 2019に出展させていただく事が決まりました。
ここにデモカー306とデモカー308の2台を持っていく予定で現在準備を進めています。
今までメディアの取材は一切受けず、国内のショーからオファーはありましたがお受けせず、全てはSEMASHOWに目標を定めていました。
ここでお話しするとスーパー長文になるので、是非イベントなんかでお会いした時にボクに直接聞いてみて下さい。
考えに考えたTHREEHUNDREDのメディア戦略がありまする(^^)v

ご自身のABARTHについているパーツメーカーが、イベントなんかで比較的ジブンに近い存在であって、そのブランドが日本から世界に出て活躍する(できるかな(^^)??)チョット嬉しくないですか?
ヤマグチ的には、全国のお世話になっているオーナー様全てのお名前をスーツケースに刻んでラスベガスを目指したいくらいの気持ちであります。

よく勘違いされるんですが、ボクは日本のマーケットがあってこその海外です。
海外で更にビジネスを拡大させるとかではなく、日本人が作り上げる繊細なABARTHカスタムを世界に周知したいなと。
商品に興味をもたれ情報を知りたい、商品や車を買いたいと思うなら、日本という国とTHREEHUNDREDを勉強してから、日本の言葉と日本の感覚で買って下さいなと。

この秋、THREEHUNDREDは遂に夢の舞台に立ってきます。
SEMASHOWに出展する効果はイメージ出来ていません、ただヤマグチが出展したかっただけなんです。
でも、男の子には夢は必要です、その夢に向かって突っ走るのも悪くはないなと。

最後のパレードでは絶対に泣いちゃうな(^_-)-☆
現場差し入れ大歓迎であります、ラスベガスでお会いましょう♪

いつもありがとうございます。
全ての方々に心から感謝しています。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED Test Drive Day MITAKA 日程変更のお知らせ

先日ご案内しましたTHREEHUNDRED Test Drive Day MITAKAですが、9月7~8日で日程を組んでおりましたが、ワタクシヤマグチが急遽海外出張が入ってしまい、大変申し訳ありませんがイベントの日程を1週間早める事となりました。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day MITAKA
日時 2019年8月31日(土曜日)~9月1日(日曜日)
場所 ミスタータイヤマン三鷹店
住所 東京都調布市深大寺東町8-15-6
電話 0424-82-8231
時間 9:30~19:00

ワタクシ都合で大変申し訳ありません。。。
毎年ありがたいことに沢山のサソリさんにお集まりいただきまして、駐車場が朝から夜まで常に満車状態です。
今年は初の2dayでのイベント開催となりますので、土日のご都合宜しいタイミングでご来店頂けたらと思います。

デモカーの展示、THREEHUNDRED商品の販売、TuningECUのテストインストール、そしてこの2日間THREEHUNDRED商品をご購入頂いた全てのお客様に、ご購入特典をご用意させて頂きます。

ヤマグチも2日間終日店舗におりますので、コユイABARTHトークで盛り上がれたらと思います(^^ゞ
皆様にお会い出来る事を楽しみにしております♪

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH静岡

先ほどフト気が付きました。
7月から9月まで週末は殆ど全国でイベントのTHREEHUNDREDです。
まず先日決まったディーラーイベントのご紹介です。

以下の日程でABARTH静岡さんにて、THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH静岡を2日間開催させて頂きます。
東海エリアのディーラーさんでは初の開催となります。

両日デモカー297はご試乗が可能です、TuningECU、es-06とロワリングスプリングという、ストリートユースのオーナー様のお手本となる仕様となっていますので、是非ご自身のドライブでTHREEHUNDREDのフィーリングを体感して頂けたらと思います。
合わせてデモカー308もショールームで展示させて頂く予定です、70mmワイドなABARTH595の迫力、現物でチェックして頂けたらと思います。
商品も持ち込みますので、商品をお手に取ってTHREEHUNDREDアイテムをご確認いただけます。

そして大人気企画のTuningECUのテストインストールも開催させて頂きます。
ご自身のABARTHにTuningECUをインストールさせて頂き、周辺の道路をご自身のドライブで走って頂けます。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH静岡
場 所 ABARTH静岡
日 時 2019年7月6日(土)~7月7日(日)
時 間 10:00~18:00
住 所 〒424-0064 静岡県静岡市清水区長崎新田120
電 話 054-347-0055

静岡エリアのオーナー様は是非ABARTH静岡さんへご来店頂けたらと思います。
沢山のサソリさんのご来店を心よりお待ちしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED Driving Experience Fuji Speed Way&300CAMP!

決して隠していたわけではありません(^^)
ツクバと重なると、分かりにくいかなと思いまして。
実は今年も富士スピードウェイでのイベントがあるんです!

今年は過去のイベントとチョット違いまして、富士スピードウェイのショートコースとP2と言われる駐車場を2日間貸し切りという形でお願いしました。
心臓に大変宜しくありませんが、今年は「貸し切り」という言葉がキーワードですかね。

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでもお声が大変多かったのですが、

「サーキット走行には興味があるけどチョット怖い」
「サーキットは走った事はあるけど、もう少し上達したい」
「サーキットはよく走るけど、もっと上手になりたい」
「ABARTHのセットアップをもっと実践を通して感じてみたい」

やはりABARTHという車は元気に走らせたいオーナー様が多く、ボクもそうですがモット運転が上手くなりたいという向上心のある方が多いのかと。
サーキットでいろんな挙動にチャレンジするのはリスクがありますし、流石に深夜の埠頭にいくわけにもいきません。

P2(大きな駐車場)で、パイロンスラロームやフルブレーキング、高速スラロームやウエット路面でのマシンコントロールを座学も踏まえながら学び、そこで得た感覚をショートコースでゼンカイ。
その中で、ヤマグチが全国のワインディングとサーキットでハイオク燃やしてきたセッティングノウハウなんかもお話ししながら、ご自身のABARTHで実践してみたりして。

例えば車高調をつけてるオーナー様で、減衰力を変える事で車の挙動がどれほど変わるかを感じた事がある方がどれだけいらっしゃるか?
タイヤ内圧の変化や、もっと言うとABSを体感した方も少ないのでは?
もっともっと言うと、TTCの効果、案外間違った解釈をされている方も多かったりします。

ヤマグチが前々から「個人的に受けたかった企画」を、ジブンでやっちゃおうと思いまして、またしても勢いで富士のショートコースとP2を2日間も貸切るという暴挙にでました(笑)
しかし、違うんです、本当にやりたかったのは、富士スピードウェイの場内でキャンプをするという事ッ!!!

土日で借りてますが、なんと土曜日の夜は富士スピードウェイの場内(ショートコース周辺)でオフィシャル企画としては九州・阿蘇以来の「300 CAMP!」を開催します。
昼間は散々走って、夜は焚火をかこみながら仲間とABARTHトークと美味しいゴハンとお酒。
ウヒョー楽しみすぎるぅ(^_-)-☆

■ 8月24日(土曜日)
・ドライビングレッスン(ショートコースとP2)とセッティング講座(3グループにクラス予定して進行予定)
・コースウォーク(ショートサーキット)
・走行終了後、夕方から富士スピードウェイでの300CAMP

■ 8月25日(日曜日)
・ショートコースでのスポーツ走行(5~7クラスに細かく分けて走行予定)
・デモカー同乗走行
・P2(駐車場)にてmeetingを開催予定(ABARTHをズラリ並べましょう♪)

あ、もちろん「レディースクラスまたやります」(^^)v
土曜日だけでもOK、300CAMPだけでもOK、日曜日だけでもOK、meetingだけでもOK、全部参加してもOK!
こんなスタイルで行きたいと思います。

場 所 富士スピードウェイ・ショートコース&P2(駐車場)
日 時 2019年8月24日(土)~25日(日)
備 考 CAMPは車中泊でもOK

meetingは無料コンテンツです、いつものTHREEHUNDRED meetingのように集まって頂けたらと思います。
キット楽しいイベントになると思います、富士スピードウェイでCAMPはなかなか出来ません、皆でワイガヤして夏の最後を楽しみましょう♪

細かな概要はもう少し詰めますがアウトラインは上記の内容になります。
取り急ぎ、スケジュールの確保をお願いしまする(^^ゞ

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

THESTOREにupしました(^^ゞ

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場でもご好評を頂いておりました、カーボンオイルレコードプレートとカーボンナンバーマスクをTHESTOREにupしました。
在庫もタップリありますので、新しいアパレルなんかと合わせてご購入頂けたら嬉しいです(^^)v

■ THREEHUNDRED カーボンオイルレコードプレート商品ページはコチラ
■ THREEHUNDRED カーボンナンバーマスク商品ページはコチラ

さて、先日のイベントで忘れ物です。
以下の3点をお預かりしておりますので、持ち主の方がいらっしゃいましたらcontact@threehndred.jpにご一報ください。
送りいたします(^^ゞ


デモカーの近所に落ちていたセンターキャップ。


受付に届けられたハンカチ。


芝生エリアの椅子にかけたあったジャンパー。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

こころから、ありがとうの気持ち。

去年の暮れだったと思います。
筑波サーキットさんから1日貸切りのオファーを受けて、勢いヤローのヤマグチでも流石に正直即答出来ませんでした。。。
6月16日というギリギリ梅雨のはじまりという日程、終日貸し切りというコスト、中国・関西・東海エリアの皆様からみた筑波サーキットという立地。
悩みに悩み、最終的には「やってみなきゃ分からない!」という、いつもながらの勢い的な判断で今回のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを決意しました。
そして最高の笑顔。

イベント1週間前の天気予報を見た時、正直絶望感でいっぱいでした・・・
初心者の方が多いスポーツ走行でのリスク、meetingのオーナー様がどうやったら快適に過ごして頂けるか、悩み始めた頃に僕を救ってくれたのが、ドーミーインチームのボスからの電話でした。
凄まじいい起点で、雨でもオーナー様に楽しんで頂けるように瞬間的な切り替え、ホテル業ならではのオモテナシの心、とても勉強になりました。

そして昨日、天気予報は見事にひっくり返り、抜けるような青空でドピーカン!
雨用の準備は結果的に皆さんを紫外線から守る居場所となり、事前に準備したも雨対策は違う形でいろいろと活用できました。

そもそも手弁当ではじめた(今も手弁当ですが・・・)THREEHUNDRED meeting。
当初はボクの趣味の延長で「シゴトでサーキットアソビが出来たら良いな」という何とも安直な気持ちからスタートしている訳ですが、今となってはTHREEHUNDREDとオーナー様を直で結ぶ大切なコミュニティの場になりました。

デモカーを見てもらったり、商品を手に取って頂いたり、THREEHUNDREDスタッフとお話し頂く。
この場で得た貴重なご意見や感覚は、直ぐに商品や体制に反映し、もっともっとオーナー様に愛して頂けるブランドに成長できればと思っております。

今年も沢山の笑顔とお会い出来ました。
去年に引き続き、Tシャツを着て頂いているオーナー様がメチャクチャ多くて涙チョチョ切れそうでした。

初の試みとなった同乗走行とサーキットサファリ。
同乗走行では皆さん大喜びして頂き、少々ドキドキしていた298ですが、練習・予選と走ってその上に1時間も同乗走行で連続ラップできたのはいい経験になりました。

ドーミーインさんと筑波サーキットさんのご協力で念願かなったサーキットサファリ。
サーキットをバスで走るというあまり経験できない体験。
凄く昔にヤマグチも富士スピードウェイでサーキットサファリを体験した時に、とても楽しかった思い出があり、皆様にも是非と思い温め続けていた企画でした。
同乗走行中にドーミインさんのインコバスをコース上で抜くという違和感、とても楽しかったです(^^♪

そして圧巻だったサソリの群れ。
パドックにも、芝生エリアにも、溢れんばかりのサソリさん。

朝イチ、オーナーさんと立ち話をしていた時「最高だね、この雰囲気、ゆっくり温泉にきているような感じだね」
ボクもまさにそう思いました。
なんともゆったりとした空気感、笑顔で談笑する皆さんのスガタ、少し無理したけれども、頑張って貸し切りにしたからこそ見えた世界がそこにはありました。

去年開催した富士スピードウェイでのTHREEHUNDRED meeting Fuji Seed Wayでも思いましたが、今年は更にご家族での参加、奥様や彼女さんと一緒にいらして頂いてる光景を目にしました。

何よりも嬉しかったのが、スポーツ走行で女性だけの走行枠「レディースクラス」を設けさせて頂き、ここに14台もの女性アバルトオーナーが参加して下さった事。

サーキットというと、どうしても男臭いイメージがありますが、THREEHUNDREDのイベントは全くそんな事なく、一度THREEHUNDRED meetingの入場ゲートをくぐれば、そこには何とも言えないニヤリなTHREEHUNDREDの世界があります。
今回も沢山笑顔の学びがありました、来年はモットモット笑顔でお帰り頂ける企画がモリモリわいてきていますので、今後実現していきたいと思っています。

至らない進行や段取りもあったかと思います。
把握している事は次回の課題として、即対応していきたいと思います。

まずは昨日ご参加頂きました全てのオーナー様、協力して下さった全ての企業様、ギリギリまで生産を続けてくれた仕入れ先様、ドライバーのミンナ、そして夜を徹して準備に頑張ってくれたスタッフのミンナ、、、

心から感謝申し上げます、ありがとうございました!!!
そして、また来年。

余談ですが、昨日の参加台数が303台、いろいろとご縁を感じます☆
押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts