THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Akito Yamaguchi

THREEHUNDRED Driving Experience Fuji Speed Way&300CAMP!

決して隠していたわけではありません(^^)
ツクバと重なると、分かりにくいかなと思いまして。
実は今年も富士スピードウェイでのイベントがあるんです!

今年は過去のイベントとチョット違いまして、富士スピードウェイのショートコースとP2と言われる駐車場を2日間貸し切りという形でお願いしました。
心臓に大変宜しくありませんが、今年は「貸し切り」という言葉がキーワードですかね。

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでもお声が大変多かったのですが、

「サーキット走行には興味があるけどチョット怖い」
「サーキットは走った事はあるけど、もう少し上達したい」
「サーキットはよく走るけど、もっと上手になりたい」
「ABARTHのセットアップをもっと実践を通して感じてみたい」

やはりABARTHという車は元気に走らせたいオーナー様が多く、ボクもそうですがモット運転が上手くなりたいという向上心のある方が多いのかと。
サーキットでいろんな挙動にチャレンジするのはリスクがありますし、流石に深夜の埠頭にいくわけにもいきません。

P2(大きな駐車場)で、パイロンスラロームやフルブレーキング、高速スラロームやウエット路面でのマシンコントロールを座学も踏まえながら学び、そこで得た感覚をショートコースでゼンカイ。
その中で、ヤマグチが全国のワインディングとサーキットでハイオク燃やしてきたセッティングノウハウなんかもお話ししながら、ご自身のABARTHで実践してみたりして。

例えば車高調をつけてるオーナー様で、減衰力を変える事で車の挙動がどれほど変わるかを感じた事がある方がどれだけいらっしゃるか?
タイヤ内圧の変化や、もっと言うとABSを体感した方も少ないのでは?
もっともっと言うと、TTCの効果、案外間違った解釈をされている方も多かったりします。

ヤマグチが前々から「個人的に受けたかった企画」を、ジブンでやっちゃおうと思いまして、またしても勢いで富士のショートコースとP2を2日間も貸切るという暴挙にでました(笑)
しかし、違うんです、本当にやりたかったのは、富士スピードウェイの場内でキャンプをするという事ッ!!!

土日で借りてますが、なんと土曜日の夜は富士スピードウェイの場内(ショートコース周辺)でオフィシャル企画としては九州・阿蘇以来の「300 CAMP!」を開催します。
昼間は散々走って、夜は焚火をかこみながら仲間とABARTHトークと美味しいゴハンとお酒。
ウヒョー楽しみすぎるぅ(^_-)-☆

■ 8月24日(土曜日)
・ドライビングレッスン(ショートコースとP2)とセッティング講座(3グループにクラス予定して進行予定)
・コースウォーク(ショートサーキット)
・走行終了後、夕方から富士スピードウェイでの300CAMP

■ 8月25日(日曜日)
・ショートコースでのスポーツ走行(5~7クラスに細かく分けて走行予定)
・デモカー同乗走行
・P2(駐車場)にてmeetingを開催予定(ABARTHをズラリ並べましょう♪)

あ、もちろん「レディースクラスまたやります」(^^)v
土曜日だけでもOK、300CAMPだけでもOK、日曜日だけでもOK、meetingだけでもOK、全部参加してもOK!
こんなスタイルで行きたいと思います。

場 所 富士スピードウェイ・ショートコース&P2(駐車場)
日 時 2019年8月24日(土)~25日(日)
備 考 CAMPは車中泊でもOK

meetingは無料コンテンツです、いつものTHREEHUNDRED meetingのように集まって頂けたらと思います。
キット楽しいイベントになると思います、富士スピードウェイでCAMPはなかなか出来ません、皆でワイガヤして夏の最後を楽しみましょう♪

細かな概要はもう少し詰めますがアウトラインは上記の内容になります。
取り急ぎ、スケジュールの確保をお願いしまする(^^ゞ

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

THESTOREにupしました(^^ゞ

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場でもご好評を頂いておりました、カーボンオイルレコードプレートとカーボンナンバーマスクをTHESTOREにupしました。
在庫もタップリありますので、新しいアパレルなんかと合わせてご購入頂けたら嬉しいです(^^)v

■ THREEHUNDRED カーボンオイルレコードプレート商品ページはコチラ
■ THREEHUNDRED カーボンナンバーマスク商品ページはコチラ

さて、先日のイベントで忘れ物です。
以下の3点をお預かりしておりますので、持ち主の方がいらっしゃいましたらcontact@threehndred.jpにご一報ください。
送りいたします(^^ゞ


デモカーの近所に落ちていたセンターキャップ。


受付に届けられたハンカチ。


芝生エリアの椅子にかけたあったジャンパー。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

こころから、ありがとうの気持ち。

去年の暮れだったと思います。
筑波サーキットさんから1日貸切りのオファーを受けて、勢いヤローのヤマグチでも流石に正直即答出来ませんでした。。。
6月16日というギリギリ梅雨のはじまりという日程、終日貸し切りというコスト、中国・関西・東海エリアの皆様からみた筑波サーキットという立地。
悩みに悩み、最終的には「やってみなきゃ分からない!」という、いつもながらの勢い的な判断で今回のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを決意しました。
そして最高の笑顔。

イベント1週間前の天気予報を見た時、正直絶望感でいっぱいでした・・・
初心者の方が多いスポーツ走行でのリスク、meetingのオーナー様がどうやったら快適に過ごして頂けるか、悩み始めた頃に僕を救ってくれたのが、ドーミーインチームのボスからの電話でした。
凄まじいい起点で、雨でもオーナー様に楽しんで頂けるように瞬間的な切り替え、ホテル業ならではのオモテナシの心、とても勉強になりました。

そして昨日、天気予報は見事にひっくり返り、抜けるような青空でドピーカン!
雨用の準備は結果的に皆さんを紫外線から守る居場所となり、事前に準備したも雨対策は違う形でいろいろと活用できました。

そもそも手弁当ではじめた(今も手弁当ですが・・・)THREEHUNDRED meeting。
当初はボクの趣味の延長で「シゴトでサーキットアソビが出来たら良いな」という何とも安直な気持ちからスタートしている訳ですが、今となってはTHREEHUNDREDとオーナー様を直で結ぶ大切なコミュニティの場になりました。

デモカーを見てもらったり、商品を手に取って頂いたり、THREEHUNDREDスタッフとお話し頂く。
この場で得た貴重なご意見や感覚は、直ぐに商品や体制に反映し、もっともっとオーナー様に愛して頂けるブランドに成長できればと思っております。

今年も沢山の笑顔とお会い出来ました。
去年に引き続き、Tシャツを着て頂いているオーナー様がメチャクチャ多くて涙チョチョ切れそうでした。

初の試みとなった同乗走行とサーキットサファリ。
同乗走行では皆さん大喜びして頂き、少々ドキドキしていた298ですが、練習・予選と走ってその上に1時間も同乗走行で連続ラップできたのはいい経験になりました。

ドーミーインさんと筑波サーキットさんのご協力で念願かなったサーキットサファリ。
サーキットをバスで走るというあまり経験できない体験。
凄く昔にヤマグチも富士スピードウェイでサーキットサファリを体験した時に、とても楽しかった思い出があり、皆様にも是非と思い温め続けていた企画でした。
同乗走行中にドーミインさんのインコバスをコース上で抜くという違和感、とても楽しかったです(^^♪

そして圧巻だったサソリの群れ。
パドックにも、芝生エリアにも、溢れんばかりのサソリさん。

朝イチ、オーナーさんと立ち話をしていた時「最高だね、この雰囲気、ゆっくり温泉にきているような感じだね」
ボクもまさにそう思いました。
なんともゆったりとした空気感、笑顔で談笑する皆さんのスガタ、少し無理したけれども、頑張って貸し切りにしたからこそ見えた世界がそこにはありました。

去年開催した富士スピードウェイでのTHREEHUNDRED meeting Fuji Seed Wayでも思いましたが、今年は更にご家族での参加、奥様や彼女さんと一緒にいらして頂いてる光景を目にしました。

何よりも嬉しかったのが、スポーツ走行で女性だけの走行枠「レディースクラス」を設けさせて頂き、ここに14台もの女性アバルトオーナーが参加して下さった事。

サーキットというと、どうしても男臭いイメージがありますが、THREEHUNDREDのイベントは全くそんな事なく、一度THREEHUNDRED meetingの入場ゲートをくぐれば、そこには何とも言えないニヤリなTHREEHUNDREDの世界があります。
今回も沢山笑顔の学びがありました、来年はモットモット笑顔でお帰り頂ける企画がモリモリわいてきていますので、今後実現していきたいと思っています。

至らない進行や段取りもあったかと思います。
把握している事は次回の課題として、即対応していきたいと思います。

まずは昨日ご参加頂きました全てのオーナー様、協力して下さった全ての企業様、ギリギリまで生産を続けてくれた仕入れ先様、ドライバーのミンナ、そして夜を徹して準備に頑張ってくれたスタッフのミンナ、、、

心から感謝申し上げます、ありがとうございました!!!
そして、また来年。

余談ですが、昨日の参加台数が303台、いろいろとご縁を感じます☆
押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

絶賛イベント中!

サソリさん、続々と集まってきてます!
スポーツ走行は100台のエントリ、ミーティングエリアも現在150台くらいでしょうか。

これから開会式です!
筑波サーキットでお待ちしております( ̄^ ̄)ゞ

復活ッ!

デモカー298が、メカニックのスーパーファインプレーで組み上がりました(^^)v
ぁぁぁ、良かった。

しかも新しいサスペンションキットProはメチャメチャ良いフィーリング、クラッチもグッドです☆
明日が楽しみです。

本日2回目のブログを書いたのは、今日DT3に出社していたら、かなり多くのお問い合わせを頂いたので、ご案内しておきます。

駐車エリアが異なりますが、アバルト以外の車でも参加していただくことは可能です。
「車検やメンテナンスで車が間に合わなかったんです、他の車でも大丈夫ですか?」こんな感じのお電話がとても多かったです。
もちろんオッケーですし、受付で配布物もゲットして下さいね。

僕のイベントは、今日でやりきった感じです(^^)
明日はオーナーさんと一緒に楽しむのみ。

では明日、よろしくお願いしまする( ̄^ ̄)ゞ

サソリニツグ。
アシタハ、ゴジジュウゴフンニモリヤシュッパツ。
オス。

THREEHUNDREDよりイベント前最後のお知らせです

やった、明日晴れですね!!!

全国のオーナー様が集うTHREEHUNDRED今年最大のイベント「THREEHUNDRED meeting TSUKUBA
いろんな方から、「テルテルボース作ってるから大丈夫!」「ガンカケで、傘は絶対にもってかないから!」「毎日トイレ掃除してるから大丈夫!」!ん?

いつもお世話になっているオーナー様の奥様から、こんな泣ける画像頂きました。
沢山のオーナー様に愛されているTHREEHUNDRED、シアワセすぎます(^^ゞ

という事で、明日は熱くなりそうです。
水分補給、日傘、日よけ、事前準備をお願いします。
特にスポーツ走行されるオーナー様は、水分補給だけはこまめにお願いします。

THREEHUNDREDから明日のイベントについて諸注意とご説明があります。
明日筑波サーキット・コース2000に参加されるオーナー様はご一読頂きたく。

■ タイムテーブルはコチラ
■ パドックレイアウトはコチラから

※紙での配布はありませんので、各自ダウンロードをお願い致します。

■ 入場について
ゲートオープンは6時です。
スポーツ走行のオーナー様は事前に配布させて頂きましたパスをゲートでお見せください。
受付は入場と同時の6時からスタートしますので、ゼッケンやトランスポンダーを配布します。
ドラミが各クラス7時から始まりますので、時間には余裕をもってご来場頂けたらと思います。

meeting参加のオーナー様はパスは不要です、9時~9時半頃を目指してご来場頂けると良いと思います。
イベント限定ステッカー(凄くカッコイイですよ!)や、RE-71Rのプレゼント応募券、ナンバー隠しなどが入った配布物がありますので、ABARTHを駐車されましたらまずはTHREEHUNDREDテントにお越しください。
4月のスズカで配布を始めたTHREEHUNDREDのカタログ、あ、もといヤマグチの写真集も同封しています(笑)

■ 同乗走行とサーキットサファリ
10時からの開会進行とあわせてじゃんけんで選出します。
同乗走行はヘルメットが必要ですがTHREEHUNDREDでご用意をしております、ご自身のものがあればお持ちください。
ストレート1回通過でデモカー297(吉岡)、デモカー298(山口)、デモカー301(黒岩)、デモカー308(大谷)という4台で行います。
募集人数は28名で、当選された方は順番でご案内しますのでデモカーの指定は出来ません。
※無いとは思いますが、車両トラブル等で万が一乗れなかった場合は何卒ご容赦ください。

サーキットサファリはドーミーインさんのバスを使いまして、18名を3グループ走らせます。
こちらは観光気分で乗って頂けますので、なかなか出来ない体験ですので、是非じゃんけんで勝ち取ってくださいネ。

※保険の関係で、同乗走行及びサーキットサファリの整理券に、誓約事項を記載しています。
 こちらにサインを頂きますので、事前のご用意もありますが筆記用具の準備にご協力をお願い出来たら思います。

■ デモカーの展示について
今回10台の歴代デモカーをTHREEHUNDREDテント前に展示します。
これらの殆どがオーナーカーになります、皆さんとても大切に乗られていますので、ボディに触る、ドアを開けて着座するなどの行為はご遠慮ください。
もし車両の事で質問や、もう少し見てみたいなどのリクエストがありましたら、THREEHUNDREDスタッフにお声がけください。
皆様のご理解、何卒宜しくお願い致します。

■ 撮影について
当日はスチールカメラマンチーム、動画撮影チームがイベントの模様を終日撮影しております。
撮影した素材は、THREEHUNDREDのカタログやWEB、販促物の一部で使用します。
またドーミーイン(株式会社共立メンテナンス)の「ケータイリング王日本一決定戦」に模様を撮影しております。
本企画の社内販促物や、同社の求人活動媒体等で撮影された素材が使用されます。
お顔やナンバープレートの写り込み(配布物にナンバー隠しを同封しております)には配慮しますが、これらの媒体で撮影素材が使用されます事ご了承ください。

■ パレードランとコースウォーク
今回のパレードランは基本的にABARTHのみとします。
パレードランは2回行いまして、1グループ目は芝生エリアの皆様、2グループ目はグランドスタンド裏と入口付近の皆様になります。
コースインにつきましては、誘導スタッフの指示に従って下さい。
開始10分前には車両に乗車した状態で待機をお願いします、隊列に並んで頂けないとコースイン出来ない場合がございます。
走行中は2台並走、追い越し禁止、全車との車間をあける等の行為、車外に降りる事は禁止です。
台数が多いのでスピードを出すというよりも、コース上をABARTHでお散歩するイメージです。
※当日の台数次第では、現場判断でABARTH以外の車両もパレードランに参加して頂けるように努力はさせて頂きます。

イベントの最後に、全てのABARTHを筑波サーキット・コース2000に並べ、コース上を歩いて頂けます。
最前列で記念撮影をさせて頂きますので、車両を停車されましたらまずは最前列にお集まりください。

ご案内は以上になります。
THREEHUNDRED meetingはTHREEHUNDREDのファン感謝DAYでありABARTHを愛する方々のコミュニケーションの場であり、
全国のオーナー様に支えて頂きながら規模を大きくしてきたイベントになります。
至らない事は極力無いように準備をしていますが、ご参加頂いた全員で楽しむイベントにしていきたいので、皆様のご理解とお力添えの程、またご意見、何卒宜しくお願い致します(^^ゞ

では明日、筑波サーキット・コース2000でお会いしましょう!!!
あっ、71Rの応募用紙にもご記入事項がありますので、筆記用具はお忘れなく!
あっ、日焼け止め買いに行こっと(^^)v

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

明日はアバルト長野さんでテストインストールをッ!

今月怒涛のイベントラッシュで飛ばしまくってるTHREEHUNDREDです。
スタッフ全員の机がメチャクチャに取っ散らかっています(^^)v

日曜日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAの前に、明日はアバルト長野さんでTuningECUのテストインストールを行います。
ご自身のABARTHにTuningECUを施工させて頂き、そのパフォーマンスを存分に体感して頂けます。

デモカーも308と297を持ち込みます。
特にデモカー297はIHIタービンのUpdateProgramの更なる高みを目指したDATAがインストールされています。
まだ市販はしていませんが、ギャレットタービン車両にも負けを取らない驚くような低回転トルクと、トップエンドまであっという間にフケあがるフィーリングを是非ご試乗で体感して頂けたらと思います。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABART NAGANO
場 所 ABARTH長野
日 時 2019年6月15日(土)
時 間 10:00~17:00
住 所 〒381-2215 長野県長野市稲里町中氷鉋457
電 話 026-285-6688

cloTHingの新作も持ち込んでいますので、是非アバルト長野さんで商品をチェックして頂けたらと思います。
皆様のご来店も、心よりお待ちしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

小物投入ッ!

少し前にお知らせしたかもしれません。
ズットやりたかったカーボンを使った小物シリーズ。

まずはこのオイルレコードプレート。
油脂交換の記録をカッコ良く残せるヤツであります(^^)v
しかもリアルカーボンを切り出しまして、そこにプリントをして、トップコートをしました。
記録を書き込み記入シートは6回分の付属させていますので継続してお使い頂けます。

■ THAB3016 オイルレコードプレート ¥2,900-/1枚(税別)

オフ会でABARTHを置いたり、サーキット走行する際にナンバープレートを隠すカーボンプレートを作りました。
デモカーではかなり前から使っていまして、オーナー様から販売を望むお声をズット頂き続けながらも、長々とヤマグチがサボり続けておりましてサーセンッ!

こいつもリアルカーボンにロゴ等をプリントし、フロントはインタークーラーが見えるようにナンバープレートの半分くらいの大きさで作ってみました。
厚みはカーボン1プライなので約0.8mmで極薄ではありますが、質感はグッドです。

■ THAB3015 カーボンナンバーマスク ¥12,000/2枚1SET(税別)

今日ご紹介した2品番、今週末のTHREEHUNDRED meeting TUSKUBAの会場で先行販売させて頂きます。
カーボン好きにはたまらない小物パーツ、ニヤリなクオリティを是非チェックして頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

これね、hoodie 2019 street

今年の最初にリリースしたhoodie 2019は、THREEHUNDRED愛を前面に押し出すコテコテのカンジ。
これはこれで良いと思うのです。

しかし、
今年はもうヒトデザインいきますッ!

その名も「hoodie 2019 street」
バリバリのstreet仕様であります(^^)v


※注)着用サイズLサイズ、モデルさんは海外の方です(笑)

ポケットには、牽引フックをチョイト引っ掛けたイメージのTHREEHUNDREDロゴ。
以前関東ツーリングでお配りした記念ステッカーでデビュー済みではありますが、バックプリントにはTHREEHUNDREDの新マスコットとなるサソリをワンポイントに(^_-)-☆
これからコヤツをいろいろ展開していくことにしました、カワイイッ!!!!

ボディはhoodie2018と同寸であります。
今日入荷しましたので、週末のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAに間に合いまする。

■ THREEHUNDRED hoodie 2019 street商品ページはコチラから

皆様のオーダー、お待ちしております(^^ゞ
明日、更なる小物をupします、オタノシミニ。

THREE HUNDRED アバルトParts

美しきワイドなスガタ。

デモカー299、今はお取引先のシャチョー様が大事に乗ってくれています。
メンテナンスもこまめにしてくださり、カスタムも着々と進行しておりまして、今回は日々のメンテナンスとマニアックな足回りパーツを投入させて頂きました(^_-)-☆
何をしたかは日曜日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAにて。

それにしてもFERRARIのBianco Fujiにオールペンした299、赤いes-05と各アクセントがステキです。
この1年で20台近くワイドボディを作らせて頂きましたが、コイツは特にお気に入りの1台です(^^ゞ

明日は現在着々と進行しているABARTH 124 Spider用ワイドボディーのディティール確認のため、朝一から現場で打ち合わせであります。

THREE HUNDRED アバルトParts