THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Takeshi Yamaji

SEMAから持って帰った頭の上の靄。

乾燥した空気と広い空。一歩ホールの人の波に飲み込まれると耳に飛び込んでくるのは多種の言語。まさにココはベガスではなく凝縮された“世界”なのでした。人と人の距離感。ビジネスのスタンス。カッコイイの定義。全てが多様です。けどそれらが丸っとバランシングされている感じ。で、全てが受け入れられている感じ。

「このディープリム、イイ仕事してんな!」「フェンダーの造形が見事だぜ!」「チリの合わせが上手いな!日本製か?」「おいおい!このカラーリング超クールだぜ!」「今日見た中でお前らの車が一番だよ!」「オーマイガー!なんてキュートでセクシーなクルマなの!?」「これドイツまで持ってこれるか?」「お前らなんでオーストラリアで商売しないんだ?バカなのか?」「年間の売り上げどれくらいだ?」「ショー終わったらこのまま売ってくれ」「カタログもっとくれよ」「この車の3Dデータ用意できる?」「俺が商売のレクチャーしてあげるよ」「メキシコで売る気はないかい?」「なんだこのチョコは?これも日本製か!?」「全部カーボンにしろよ」「これ何て車なんだい?」

SEMA SHOW終わって数日。何かが大きく変わった気がします。何か、は未だ解らないんですけどね。

三日目の夜、ホテルのバーでヤマグチとも話したんです。頭の中を掻き回された感覚はそのままで、うまく総括できず。英語を勉強し直そう!とか、このディティール(デザインのハナシ)は新しい!とか、細かな発見や気付きはそりゃあ沢山並べることはできるのですが、もっと絶対的なこと。いや相対的なこと??

結局、頭の上に靄が掛かったままなんです。が、それ晴らしてやろう!と言う強い意志は意識できています。僕の頭の中のちょい古くなった(←コレにも今回気付けました)CPUもバージョンアップしなきゃです。いっぺんに雪崩れ込んできた刺激やとんでもない量の情報を美しく整理できるように。

 

Takeshi Yamaji

ヤマジ、mac、カウ。

かなり悩みました。

服とか小さい買い物は超衝動買いヤローのヤマジ、
そこそこのブツは、
やはり、
スゲー慎重なフツーの大人であります。

mac book proが不調だったんです。
充電がどうにも不安定で1日約10%づつ減っていく状態。

大物広告〆切の迫る先週末でバッテリー残16%、

突然の新機購入にあたって、割安な整備済製品か2019モデルか悩み
DT3で目の前に座るヤマグチににご意見賜ったところ。。。

「何言ってんすか。最新モデルの最上位モデル一択っしょ!」、

と小市民の悩みを蹴散らされ、mac book pro 15  2.4 GHz Intel Core i9
8コア 32 GB 2400 MHz DDR4を購入することに。

鬼門の週末なんとかセッティングを終え、広告〆直前から使い始めましたが、
スゲー速イッ!!!

膨大な量の画像点数、かつ後のA1サイズ展開を見越しての
フルサイズでの画像加工もサクサクです。
これ、残16%の旧macで作業していたら、と思うともう。。。。

うちのシャチョーのお言葉は真に信頼足るものでございました。(^^)v

しかし高かった。。。。。

 

押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

 

Takeshi Yamaji

鈴鹿渋滞筋肉痛

なんてファンタスティックなコースなんでしょう。“聖地”スズカ。

個人的に楽しみにしていたTHREEHUNDRED meeting SUZUKA。ハラダ、ハシモトそしていつもご協力いただいているドーミーインのスタッフさんに現場任せっきりでヤマグチと二人、楽しませていただきましたスミマセン。。

久しぶりのサーキット、初SUZUKA、卸したてのデモカー308に3点シートベルト。振られる体を腕と腰で押さえつけていたら、情けないことに3周で息が上がりました。そして今日は全身筋肉痛です。

しかしココは・・・仲間から聞いていた話のとおり、通いたくなる楽しさですね!

 

走行枠とミーティングに関東のオーナーさん達もたくさん駆けつけてきてくれ、関西・関東合わせて100台超えのABARTHが揃いました。天気もなんとか保ってくれましたし。あちらこちらで聞こえて来る関西弁もなんだか新鮮で心地よく、これは今後、両地の良い交流の場になればいいなあと思った次第でした。

 

帰りは、ドライビングレッスンを手伝ってくれていた大谷君と東名3時間〜の渋滞に潔く飛び込み21時半に帰宅。フラフラの身体に鞭打って、先ほどDT3で今回の相棒308をピカピカに洗ってあげました。

行きに寄り道なんかもしちゃったため、行程1500キロ弱の二日間。コヤツと友人になれた気がします。

Takeshi Yamaji

マグに燃える。

雨の降り続いた昨日のFSW。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

ちょっと表に出ると上着がビショビショになるくらいの天候でしたが、ピット内だけは暖かい雰囲気に包まれていて気持ちよかったです。午前のTHREEHUNDRED Driving Experienceも、午後の耐久も皆さんの笑顔にホッコリできた一日でした。水煙を巻き上げながら疾走する20台超えのABARTH達もある意味新鮮で見とれちゃいました。アクシデントもなかったですしね。

 

そんな中、僕のスマホでのベストショット。

 

マグに萌える女子。

 

胸を貫かれました。素敵すぎました。

 

 

Takeshi Yamaji

ハラダ九州長崎アクティブワン

ハラダは九州です。今日明日で「THREEHUNDRED Test Drive Day Active1」を開催します。

僕も九州出身ですので、同行したかったのですが。。飛行機が苦手です。とても苦手です。実はハラダも苦手らしいのですが、昨日早朝虚ろな目をして出かけて行きました。

機内でこんな引きつった顔してたハズwww。

しかしこれ、海外展開も見据えた今後の僕らには致命傷にもなりかねません。お互い克服しなきゃなのですが、どなたか良い方法教えてもらえませんでしょうか。

 

 

今日の彼は長崎の地に降り立って、あのトーク力炸裂で皆さまをお迎えします。お近くの方は是非アクティブワンさんへお越しくださいね。麺が主食の彼に美味しいチャンポン屋さんを教えてあげてください。弱点はオシャレ飯です。

Takeshi Yamaji

 

【THREEHUNDRED Test Drive Day Active1】

日時 :2月23日(土)、2月24日(日)
場所 :Active 1
時間:10:00〜18:00
住所 :〒854-0072 長崎県諫早市永昌町11-12
電話 :0957-25-6269

シャチョーヤマグチ。

関東ツーリングご参加の皆さま、お疲れ様でした&ありがとうございました!

のんびり目に組んだプランでしたが、終わってみると楽しい時間はアッという間でした。帰りの道中はデモカー297をオープンにして、頭を冷やしながらハラダとプチ反省会。けれど結局、楽しかったハナシ、大笑いしたハナシ、ユニークなオーナーさんのハナシに終始してしまいました。

 

そんな中、ちょっと困ったのはJAXAで発症したうちのシャチョー「ヤマグチ」の持病。

これは言い出すよね、とは思っていましたが予想通りでした。「明日から宇宙飛行士になる!」目の輝きはまるで小学生の男の子のようです。

 

確か、数年前には「明日から石垣島で仕事する!」

半年ほど前の週末には「来週からハワイで仕事する!」

あ、先日のロス出張帰りには「来月からLAで仕事する!」

 

今回は、JAXAツアー中のガイドさんに諌められたのか、関東ツーリング解散間際には「やっぱり宇宙飛行士は諦める」なんて諦めてくれたので安心しましたけど。頼みますよシャチョー。。。数年、数十年後、宇宙旅行が始まったらそれでお願いします。

 

そんなシャチョーとは別行動で、解散後の締めは渋滞に挫けハラダと守谷でラーメン。

今日事務所に出社すると、お付き合いの深い方から「5周年」のお祝いでいただいた胡蝶蘭をハシモトが愛でているのを見て、戻ってきた日常にちょっとだけホッとしました。

 

Takeshi Yamaji

660cc。

2年ぶりに田舎で正月を過ごしています。

東京でのアバルト達から離れて、田舎の相棒はコチラの軽トラ。

タコメーターもパワーウィンドウもパワステもありません。

けれどスーパーローギアードな忙しさとやかましい風切り音、踏んでもなかなか加速しないもどかしさと跳ねるような乗り心地が意外に新鮮で楽しいです。

 

実家では絶えずまとわりついてくる姪っ子達。高く、抜けるような空。冬なのに強い日差し。そして夜空の綺麗な星。

こういう、小さいけれど山ほどある普段との違いが、リセットに大切だよなぁ。なんて思っています。

 

Takeshi Yamaji

大晦日、297と鴨南蛮。

24日のFSWから昨日の宇都宮まで、約700kmほど。年の瀬になってこの子との距離が一気に詰まった気のした数日間でした。ロワリングスプリングにちょっぴりラグジィな印象もある18インチes-06の組み合わせ。肩肘張らずに乗れる感じがすごく良いです。

そしてこの2018年、最後の仕事は297の洗車でした。

ハラダはいつも、大好物のホイールを最後にとっておきますが、僕は一番最初に洗います。この数日でボディに溜まったホコリも払い、ピカピカにしてやりました。ちなみに・・僕の好物はエントランスパネル。最後にココを綺麗に拭き上げると気分が上がります。

 

今年最後の仕事を終えたので、日の暮れかけた上原で早めの年越し蕎麦を頂きました。瓶ビールに焼き鳥、出汁巻で乾杯。締めは鴨南蕎麦でごちそうさま。

色々と変化の大きかった一年でした。来年もまたこの街で頑張りまっす!

 

Takeshi Yamaji

 

灰。High?

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayにご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

至らない点、反省点は多々あれど今、はたくさんの笑顔を見ることができて胸いっぱいです。

昨夜。皆さまをお見送りした後。会場で灰になった野郎三人。

足の裏がたまらなく痛いです。

 

そして今日の僕とヤマグチはまた、それぞれ別件にてFSW。原田&服部はアバルト西名古屋さんで開催のTHREEHUNDRED Test Drive Day NISHI-NAGOYA。

見かけたら、一声労ってやってくださいませ。元気100倍いただきます!

 

Takeshi Yamaji

 

職人と鰻とお茶。

ヤマグチと一泊での掛川・浜松出張でした。ホイール工場さんとの大切な打ち合わせです。数字が苦手な僕にはなかなか理解できない会話で盛り上がるヤマグチと工場の担当者さんでしたが、日が暮れる頃には僕もしっかり仲間に入れてもらいの大盛り上がりの夜になりました。(詳しくはヤマグチブログにて。

今日は浜松に移動し、現場の沢山の職人さん達とのコミュニケーション。中でもおそらく70代くらいの『THE 職人』な方が、一心不乱に作業中の研磨機からふと顔を上げ「どうだい兄ちゃん、アンタにできるかい?」って感じでニヤリとされたのは、もうココロ鷲掴みにされたような瞬間でした。

彼らの色んなコダワリや信念。そして今後の僕らの野望なんかを絡ませて色んな話をさせて頂きなんとも実りの多い時間です。やはりヒトやモノと直接触れ合うと沢山の刺激を受けますよね。まだ、明確に鮮明に!ではありませんがアイデアらしきものがモクモクと頭の片隅に立ち上がってきます。

 

しかし僕は初めて訪ねることができたこの工場さん。7〜8年前、個人的に旨い鰹を食べたいがために通っていたお寿司屋さんのすぐ近くだったのは驚きでした。

そしてつい先ほど、旅の締めに皆んなで美味しい鰻をいただいて解散となりました。

香ばしく肉厚な鰻はもちろんですが、水出し?なお茶の美味しさとその色の美しさにはぶっ飛びました。それをちょっぴり際立たせるグラスも素敵です。。。こういうコトだな。

Takeshi Yamaji