THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

アバルトのホイール・サスペンション・ブレーキ・カーボンパーツetc 開発・販売

Produced by DUKES


機能系パーツ

ピロアッパーマウントのご紹介

売れないときはパタリと売れないのですが、去年から急に人気者になったノーマルダンパー用のピロアッパーマウント。

リバウンドストップラバーの大ヒットが物語るように、500系のアッパーマウントは良く動き、この箇所のカスタムは大きな体感を得られます。
走っている時のアッパーマウントをボンネットからのぞくと、それはそれはビックリするような光景を見る事が出来ます(笑)

自動車メーカー的にはいろいろと理由があってこうなっている事も理解出来ます。
VWのゴルフ系でも同じような機構で、ダンパーとの相性や車内に入る微妙な作動音をコントロールしていたりします。
ただ走りやフィーリングだけで考えていくと、ここを固める事は走行フィールに大きなメリットとなります。

ダンパーの動きがよりリニアになり、乗り心地という面を改善できます。
ダンパーがストローク中には、アッパーマウントが動く事で激しく変わるアライメント変化を、適正内でストロークさせる事が出来るようになりますので、よりシャープな鼻先の動きになります。

よくピロ化される事での音を気にされる方がいらっしゃいます。
ゴムをかえしていた部分をダイレクトにするので、その分の作動音は確実に増えますが、不快なレベルではないと思います。
経年劣化は、デモカーで既に15万キロ近くサーキットから市街市を走らせていますが、まだ異音などでメンテナンスのレベルには達していません。

THREEHUNDRED製のダンパーには全てお取り付けが出来ますが、よく社外ダンパーへのお取り付けでお問い合わせを頂きます。
ノーマルアッパーマウントを無加工で装着しているダンパーには基本的にお取り付けが可能です。
今日在庫もございますので、ワンランク上の走行フィールを手に入れたいオーナー様にはオススメです(^^ゞ

■THREEHUNDRED ピロアッパーマウント(ノーマルダンパー用)商品ページはコチラ

押忍ッ。