THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

アバルトのホイール・サスペンション・ブレーキ・カーボンパーツetc 開発・販売

Produced by DUKES


お客様紹介

人気衰えぬカーボンボンネット

いま思い返せば、デルデル詐欺と言われ続ける事2年くらい。
試作を作りすぎて予算オーバー、クラッシュテストでは上手く壊れず、当初沢山あけたダクトからは全く熱気が抜けず、大ハマリしたのがこのカーボンボンネット(^^)v

「中途半端な商品は絶対に作りたくない・・・」
お得意のデルデル詐欺を繰り返しながら、かなりモガキました(^-^;

コストオーバーは三菱UFJ銀行さんに助けて頂き、
クラッシュテストは樹脂と繊維を変えてクリア、
放熱は100円均一で買った温度計を沢山つけて勉強し、
空気の流れはボンネットに紐付けて第三京浜を走りながら、
後輩君に並走してもらい写真を撮ってナルホドなヒラメキでクリア。

なんて昭和な開発をしているんでしょうか(^^ゞ
そんな試行錯誤をしながら、苦節2年くらいでイメージ通りの商品がようやく完成しました。

十勝スピードウェイのイベントでお会いした若いABARTH595 Scorpioオーナーさん。
Rosso Cordoloなボディにカーボンボンネットを装着頂き、デモカー同様にダクト部分を塗分け。
カーボンボンネットをご購入頂く8割くらいの方がこの塗分けを選択されています(^_-)-☆

表参道の渋滞、首都高のトロトロ走行、富士スピードウェイのゼンカイ、いろんなシーンで走りまくって開発をしたホンキのカーボンボンネット。
ホンモノのクオリティと軽さを、ご自身のABARTHでニヤリとして頂けたらと思いまする。

押忍ッ。

■ THREEHUNDRED カーボンボンネット商品ページはコチラから

カーボンリヤウイング

SEMASHOWでお披露目したABARTH 124 spiderのカーボンリヤウイング。
トランクに穴あけという「覚悟」が必要なので、当初はスローペースでの販売と思いきや、発売前からセカンドロットまで完売という大好評に驚いているヤマグチです(^^ゞ

今月初旬からファーストロットのデリバリーが始まり、発売初日に数十件(^^)!とご注文を頂戴した皆様の納品が進んでおり、オーナー様から装着画像を頂戴しましたのご紹介させて頂きます。

毎度の事ですがROSSOなボディに綾織カーボンはステキであります。
大きすぎず、小さすぎず、オーナー様から「ウイングひとつでミニスーパーカーになりました」と嬉しいお言葉を頂戴しました。

ウイングの角度も調整出来たり、取り付けた後も楽しめるパーツです。
今後、このウイングをハイマウントするステーを開発していきます(^^ゞ

■ THREEHUNDRED カーボンリヤウイング ABARTH 124 Spider商品ページはコチラから

装着画像のご紹介

MAKE YOUR SCOPRIONで特注オーダーされた珍しいカラーのビコローレなABARTH595に、es-02グリジオメタリコを装着して頂きました。

サイズは17x7J ET33をチョイスして頂きました。
雰囲気も良い感じであります(^_-)-☆

グリジオメタリコは七分消しと言われるマットな塗装になり、現物はヌルッとした独特の光沢です。
どんなボディーカラーにも綺麗にマッチするので、es wheelの中でもっとも選ばれるカラーです。

合わせてes wheelの定番であるブラックホイールボルトも装着して頂きました。
キリリとシマッタ見た目と、経年劣化で錆びてしまう純正ボルトはホイールを汚してしまう事もあるので、ブラックホイールボルトはオススメです。

オーナー様、ありがとうございました。

イギリスのABARTHオーナーさん(^_-)-☆

フルTHREEHUNDRED仕様でカーボンパーツを装着して頂いているイギリスのAndyから、装着画像が送られてきたのでご紹介させて頂きます。
赤の595は日本ではなかなか珍しい色なので、綾織カーボンの見栄えもバッチリです(^^)v

THREEHUNDREDのアパレルも気に入って頂けているようで良かったです☆

カーボンピラーとドアミラーカバーのセットは日本でも人気の組み合わせです。

世界でも少しずつTHREEHUNDREDの輪が広がりつつあります(^^ゞ
イギリスは日本と同じくらいABARTHが売れている国であり、カスタム熱もとても高い国です。
最近現地からいろんなオファーがありまして、近くイギリスで凄いカスタムを施したABARTH595にTHREEHUNDREDのボディキットを組む予定です。

いろいろと楽しみが増えてきました♪

THREE HUNDRED アバルトParts

なんで販売していなかったのだろう・・・

今日から通常業務に戻りました。
1週間もDT3を留守にしていましたので、ご察しの通り全員で取っ散らかっております(^^ゞ

先日DT3でABARTH 124 Spiderのサイドストライプを施工させて頂きました。
このオーナーさんはまだお若いのですがカスタムにとても熱心な方なんです。

ご存知だと思いますが、デモカー306はサイドストライプのデザインが今まで販売しているサイドストライプと違います。
ツートンカラーの境界線を作る事を目的に、通常商品とディティールを変えているのですが、今回ご紹介するオーナー様は306のサイドストライプをご用命頂いた最初の方です(^_-)-☆
そういえば、なんで今までこのデザインのサイドストライプを販売していなかったのだろう・・・

ヤマグチも欲しかった1st Anniversaryのブラックなボディに、ガンメタ系の色をチョイスするというとてもCoolなチョイスであります。
ご本に曰く、ここからカーボンパーツとホイールをご検討されているという事です。

仕上がりがタノシミな1台です(^^ゞ

実はヤマグチも、
なにやら最後のABARTH 124 Spiderを、
黒でオーダーしてるとかしてないとか・・・(笑)

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

またまたABARTH 124 Spider

今日もABARTH 124 Spiderであります(^^)v
デモカー304が納車されたのが今から丁度3年前の9月中頃でした。
THREEHUNDRED meeting TSUKUBAに間に合わせるべく、夜なべして車を仕上げたのが懐かしいです。

その時に履いていたのがアバルトレットのes-04でした。
白いABARTH 124 Spiderに、まずは赤いホイールを履かせると決めていました。
お陰様であのパッケージはかなりの反響を頂きまして、同じ仕様を何台も作らせて頂きました。

今回ご紹介するオーナー様も同じアバルトレッドのes-04です。

黒いボディに赤いホイール。
カッコ悪いわけがなく、随所に赤いポイントがステキです♪

マフラーテールフィニッシャーやカーボントランクスポイラーなど、THREEHUNDREDのポイントとなるアイテムはしっかりインストールされており、綺麗にまとまった1台です。

余談ですが、ヤマグチも最後のABARTH 124 Spiderを先日勢いでオーダーしていまして、黒にRECAROシートなヤツをこっそり押さえていたりします(^^ゞ

オーナー様、ありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナーさまご紹介

徳島でABARTH 124 Spiderにお乗りのオーナー様をご紹介します。

ヘリテイジルックにTHREEHUNDREDのサイドストライプがステキなこの1台。
バンパーインサートとミラーの赤アクセントもcoool。

やっぱりABARTH 124 Spiderはオープンに限ります。
ボクも306に乗るときは、小雨くらいなら屋根開けて乗ってます(^^)v

リヤ周りはTHREEHUNDREDが企画するABARTH 124 Spiderのカーボンパーツで最も売れているカーボントランクスポイラーが程よい存在感がステキです。
因みにフロントリップスポイラー、サイドスカート、リヤディフューザー、そしてこのトランクスポイラーは全てドライカーボンで製作しています。
軽さ、強さ、薄さ、ホンモノのカーボンクオリティが誇るその存在感はニヤリであります(^^)v

個人的にはturboエンブレムが超ツボでした(^^)!

マフラーテールフィニッシャもチタンテールで、ビアンコなボディにその存在感がよく映えています。
次はes wheelですかね(笑)

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様ご紹介

ここのところ595/S4系のご注文がかなり増えています(^^♪
特に今回ご紹介するオーナー様のパッケージは、THREEHUNDREDの鉄板メニューであります(^^ゞ
オリジナルのディティールを大切にしながら、目立つところは目立ち、控えめなところは控えめにというコンセプトで開発をしています。

ここでひとつヤマグチからお詫び。
毎度本当に申し訳ありませんが、カーボンパーツの生産能力が追い付いていないので、フルキットでご注文を頂戴しても、分納になってしまっている状況です・・・
今回ご紹介するオーナー様も、数回に納品を分けてこの状態まで仕上げて頂きました。

量産効率は上げられるものの、やはりTHREEHUNDREDとして妥協できないポイントもかなりありまして。
もともと量産性という意味ではあまり効率的ではないカーボンパーツ。
納期については何卒ご理解をいただきまして、その代わりではありませんが、お手元にはニヤリの商品をお届けしたいと思っております。

グリジオカンポポーロにes-03のグリジオメタリコという、ヤマグチ的にも一番お気に入りの組み合わせです。
車高も程よく落ちて決まっていますね(^_-)-☆

コンペ系はもともとブラックの樹脂パーツが採用されています、エンブレム関係をカーボン化する事で印象は大きく変わります。
取り付けも両面テープで簡単に取り付けをして頂けます。

THREEHUNDREDのドアハンドルカバーは、オリジナルのディティールを拾うと2分割するのが見た目的に嫌で、一体成型となっています。
とてもスマートな見え方となり、且つハンドレイアップですが裏面の厚みをペーパーをかけてコントロールしているヘンタイ商品であります(^^ゞ

取り付けですが、車体側が両面テープのつきにくい素材になりますので、ここだけ唯一ボンドを使います。
頑張れば商品を外す事も出来ますし、ノリは手でこすればポロポロ取れてきます。

595/S4は様々なカーボンパーツをご用意していますので、カーボンパーツを使ったABARTHカスタムを楽しんで頂けたらと思います。
オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様ご紹介

栃木でABARTH595にお乗りのオーナー様からes-03の装着画像を頂戴しました。
超定番のグリジオカンポポーロにグリジオメタリコという組み合わせ。
初代デモカー301も、当時はes-02でしたがこの配色でしばらく楽しんでいました。

グリジオメタリコは濃いガンメタメタリック系のお色で、仕上げはハーフマットになっています。
どんなボディカラーでも相性が良いですし、es-03のスポーク感もシャープにみせてくれます。
間違いなくカッコイイこの組み合わせ、カスタムメイドが出来るes wheelsだからこその定番色もアリかと。

今回ご紹介させて頂いたオーナー様にはカーボンパーツも多くご注文を頂戴しておりまして、次はTHREEHUNDREDフルコンプリート状態でご紹介出来るかと思います。

オーナー様、ありがとうございます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様ご紹介

いつもお世話になっているABARTH695のオーナー様です。
旦那様が695、奥様が595という、サソリの魅力にドップリなご夫婦であります(^_-)-☆

この695に装着されるのはes-03(17×7.5)です。
塗装は、カタログには無いes wheelの裏メニューといえるブラックブラッシュドであります。
素地にペーパーをあてて引き目を作り、アルミヘアラインのような雰囲気を作ります。
そこに透け感のあるブラック塗装を吹き、クリアで仕上げます。
ご用命は、THREEHUNDRED connect+のミスタータイヤマン三鷹店にお問い合わせ頂けたらと思います。

ご提供は終了していますが、足回りはサスペンションキット by OHLINSのサブタンクモデルです。
現在ワンオフマフラー製作で車両をお預かりしておりまして、先日ニヤリな取り回しが設計できましたので、現在組み立て作業を行っています。
6月16日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでお披露目との事なので、このABARTH695を見つけたら要チェックです(^^ゞ

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts