THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


イベント

来週末はアバルト所沢でイベントです!

来週の土日は、久々に関東でのディーラーイベントになります。
THREEHUNDREDの新車デモカーは全てここのグループから購入していまして、いわばお膝元ディーラーであります。
しかしなぜか今までイベントどころからパーツ販売など、商売っ気の無さすぎるヤマグチが全くオーファーしていなかった姿を見かねたハラダが、アバルト所沢さんに突撃して実現した企画になります(^^ゞ

デモカーは297と先日のTHREEHUNDRED meeting SUZUKAで初お披露目したデモカー308を持ち込みます。
新製品を中心にパーツも沢山持ち込む予定ですので、是非お手に取って商品を吟味して頂けたらと思います。

鈴鹿でもやっぱり大人気企画だったTuningECUのテストインストール。
ご自身のABARTHにTuningECUをテストインストールをして、ご自身のドライブでTHREEHUNDREDのパフォーマンスを確かめて頂けます。
そのまま購入も出来ますので、是非お気軽にテストインストールをご利用頂けたらと思います。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢イベント概要はコチラから

皆様のご来店を心よりお待ちしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

鈴鹿渋滞筋肉痛

なんてファンタスティックなコースなんでしょう。“聖地”スズカ。

個人的に楽しみにしていたTHREEHUNDRED meeting SUZUKA。ハラダ、ハシモトそしていつもご協力いただいているドーミーインのスタッフさんに現場任せっきりでヤマグチと二人、楽しませていただきましたスミマセン。。

久しぶりのサーキット、初SUZUKA、卸したてのデモカー308に3点シートベルト。振られる体を腕と腰で押さえつけていたら、情けないことに3周で息が上がりました。そして今日は全身筋肉痛です。

しかしココは・・・仲間から聞いていた話のとおり、通いたくなる楽しさですね!

 

走行枠とミーティングに関東のオーナーさん達もたくさん駆けつけてきてくれ、関西・関東合わせて100台超えのABARTHが揃いました。天気もなんとか保ってくれましたし。あちらこちらで聞こえて来る関西弁もなんだか新鮮で心地よく、これは今後、両地の良い交流の場になればいいなあと思った次第でした。

 

帰りは、ドライビングレッスンを手伝ってくれていた大谷君と東名3時間〜の渋滞に潔く飛び込み21時半に帰宅。フラフラの身体に鞭打って、先ほどDT3で今回の相棒308をピカピカに洗ってあげました。

行きに寄り道なんかもしちゃったため、行程1500キロ弱の二日間。コヤツと友人になれた気がします。

Takeshi Yamaji

スズカ、本当に楽しい1日でした(^^ゞ

昨日、無事にTHREEHUNDRED meeting SUZUKAを終える事が出来ました。
沢山の関東勢とともに、ツーリングのような状態で無事に帰宅しました。
憧れのスズカ、いろいろ勉強になりました。
改めてご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

いざイベントが始まってみると、全体の半分近くの方が関東からという驚くべき統計であります。
皆さん遠征がお好きですね(^_-)-☆

ヤマグチも21名のお馴染みのオーナー様とご一緒にドーミイン津さんにお世話になり、お伊勢参りにはじまり、夕食の松坂牛の焼肉、2次会と、イベント当日に負けないくらい前夜祭が盛り上がり過ぎて、ブリーフィングではガラガラ声で申し訳ありませんでした・・・

ほぼ初走行に近いスズカ、一言で言い表すならばで「最高でした!」
とにかく難しいし、とてもチャレンジングなコースで、リズム感と度胸が試されるコースでした。

スゴーとも違う峠感。
意外と路面がデコボコだったり、富士や袖ヶ浦に慣れている関東勢からすると、壁に囲まれた感じで視界がとても狭かったのが印象的です。

ヤマグチは298で走りましたがスズカにはサスペンションキットProのレートが足らず、ここに限ってはダンパーもスプリングも、もっと締め上げたレートが欲しくなります。

いろいろモディファイ後、初のドライでのゼンカイ。
1本目はコースを覚えるのと憧れの鈴鹿を走れるテンションMAXで、「なんだかいつもよりアンダーだなぁ・・・」と思いつつ帰ってくると、ついTTCのオールカットスイッチを押し忘れるという、超初歩的なミスをしでかしました・・・

足元を12Dにしてから、ドライでは初走行。
もおラジアルタイヤの概念を大きく超える超絶グリップでした。
タイムも計測していましたが、参加者の皆さんも「ズスカ初走行」という方が多かったので、一本目と二本目でタイムアップした喜びや、コース攻略について話し合う笑顔が印象的でした。
スポーツ走行もお陰様で満車になりまして、鈴鹿サーキットをサソリで埋め尽くる事ができて何だか嬉しかったです。
やはりアバルトはサーキットが似合います。

meetingにご参加のオーナー様方も、朝早くから沢山の方々にお集まり頂き、本当にありがとうございました。
小雨予報でしたが奇跡的に雨は降らず、鈴鹿サーキットさんに用意して頂いたスペースをゆったりと使えて良かったです。
鈴鹿サーキットはコースを走行する車以外をパドックにはなかなか入れて頂けないので、このようなチャンスはなかなか無かったと思います。

毎回人気のビンゴ大会は、小物が中心でしたがTHREEHUNDRED商品を沢山プレゼントさせて頂きました。
トリのドーミーインさんの無料宿泊券が当たるじゃんけん大会、ヤッパリ盛り上がりました。
皆さん獲物を狙う目が違いました(^^)

今回は鈴鹿サーキット初開催という事で、いろいろと至らない進行もあったかと思います。
毎年続けるイベントに育てていきたいと思いますので、また来年も宜しくお願い致します(^^ゞ

ご参加頂きまオーナー様、ご協力頂きました企業様、1日頑張ってくれたスタッフのミンナ、本当にありがとうございました!

THREE HUNDRED アバルトParts

発送完了であります(^^ゞ

今日はDT3にヒトリボッチのヤマグチであります。。。

2年くらい前まではヒトリでTHREEHUNDREDを切り盛りしていたので、余裕だろうと思っていましたが、やっぱりテンヤワンヤであります。。。
宅急便はくるは、電話は鳴りまくるし、入荷した商品の梱包、その商品たちを出荷、メールのお返事などなど・・・
改めてスタッフのミンナに感謝であります(^^ゞ

いよいよ来週末に迫ってきたTHREEHUNDRED meeting SUZUKAのパーミットとパドックレイアウトを本日郵送させて頂きました。
こんな日に限って誰もいないんです、封筒詰めから郵便局で別納郵便のスタンプ、いい汗かきました(^^)v

meetingのエントリー受付は今日までです。
まだご参加頂けますので、ご都合つくオーナー様はTHREEHUNDRED meeting SUZUKAのイベント概要からお申し込み頂けたらと思います。

このBlogを書きながら6月16日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAのイベント概要を仕込んでいるヤマグチであります。
こちらは過去最大規模の「筑波サーキット1日貸切り」であります。
全国の「サソリの輪」に支えて頂かないと成り立たないイベントで、今までにない試み、温め続けていた企画を沢山投入しますので、まずはスケジュールの確保をお願い致します!
絶対に終日ニヤリとさせてみますので(^_-)-☆

これから電車で工場にABARTH引き取りに行ってきます。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

今月もイベントが沢山であります。

気が付けば来週末は鈴鹿サーキットでTHREEHUNDRED meeting SUZUKAであります。
今週末にはmeetingとスポーツ走行にエントリーを頂いてるオーナー様に、パーミットと資料を郵送させて頂きます。

スポーツ走行のエントリーは明日が締め切りであと2名ほどお受けできます。
meetingもあと若干名お受けできますので、エントリーがまだのオーナー様は以下のイベント概要Blogをご覧頂きましてお申し込みをお願い致します。

■ THREEHUNDRED meeting SUZUKAイベント概要Blog

今回来場プレゼントとして、新作カタログとTHREEHUNDREDのオリジナル箱をご来場頂いた全てのオーナー様に差し上げます。
「プレゼントが箱かーいッ!!!」という突っ込みが沢山聞こえてきそうですが、ステッカーとか、カタログとか、Tシャツとかよりぶっ飛んでいて、実にTHREEHUNDREDぽいかなと(^_-)-☆

そして今月末はアバルト所沢さんで2日間のディーラーイベントであります。
デモカーの展示や、TuningECUのテストインストールも行います。
ヤマグチも2日間お邪魔する予定ですので、ジックリヘンタイトーク、ではなくアバルトトークを楽しめたらと思います(^^ゞ

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢イベント概要ページ

各所で皆様とお会いできる事を楽しみにしております!

スズカの募集締め切りが来週に迫っております(^^ゞ

都内の桜も徐々に満開であります。
本日CARBON工場に行く道中、世田谷の「桜坂」にてパシャリ。
カメラマンがあまり良くなくて、桜感があまりないですがぁ・・・

THREEHUNDRED meeting SUZUKAが着々と近づいてまいりました。
ヤマグチ、アタマが月末のドタバタと、明日からのスゴーでいっぱいです(^^)v

さて、諸々募集関係が4月5日で締め切りであります。
スポーツ走行はあと3~4台お受けできますので、ご検討中のオーナー様は早めにご連絡を頂けたらと思います。
meetingは残り20台くらいお受けできます。

■ THREEHUNDRED meeting SUZUKAイベント概要ページはコチラから

いつも大変お世話になってリフラットアウトさんから、豪華ビンゴ景品をご協賛頂きました。
ドーミーインさんのステキな宿泊券、THREEHUNDREDパーツ、なかなかの高額商品争奪戦であります☆

現在100台を超えるABARTHが鈴鹿サーキットに集まる予定です。
是非4月14日のご調整を頂き、ご参加頂けたらと思います。
皆様にお会い出来る事を、楽しみにしております(^^ゞ

※THREEHUNDRED meeting SUZUKAは、事前エントリーが無いと会場に入れませんのでご注意ください。

THREE HUNDRED アバルトParts

スズカ、速報であります。

皆さんスズカ、お好きなんですね(^^♪
決してあおるわけではありませんが、募集4日目ですがお受けできる枠がなかなかのスピードで埋まりつつあります。
残数をご報告しますので、ご検討中のオーナー様は早めのお申込みをオススメします。

・meetingの残り台数50台。
・スポーツ走行の残り台数11台。

特にスポーツ走行が間もなく満車になりそうです。
集まって頂けるかビビリまくっていた超アウェイのスズカも、とりあずはワイガヤ出来そうです(^_-)-☆
今日現在、エントリーを頂戴している皆様には順次受理メールをお送りしますので、少しお待ちいただけたらと思います。

以下に、イベント概要を再度リンクしておきますので、チェックがまだのオーナー様はご確認を宜しくお願い致します(^^ゞ
■ THREEHUNDRED meeting SUZUKA イベント概要ページはコチラから

THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢

久々の関東でのイベントはTHREEHUNDREDがお世話になっている、いやお世話している(^^)?アバルト所沢さんで遂に開催です。
何故こんな言い方をするかと言いますと、THREEHUNDREDの歴代デモカー全てがこのアバルト所沢を運営するファーストオートさんで購入しています。
もっと言うと、ヤマグチ個人の車や父親の車もファーストオートさんでお世話になっていたりします。
ここの事業部長とは20年近い付き合いでして、しかしながらそんな関係を元に商品の取り扱いをお願いするのも嫌だったので、ボクからはあえてシゴトのオファーはしていませんでした。

そんな関係を知ってか知らずか、点検のデモカーを引き取りに数回お邪魔したのは知っていたのですが、いつの間にかハラダが「所沢さんでイベントやる事になったよん」と・・・
という事で、埼玉県のオーナー様にはゴールデンウィーク突入前に物欲に駆られて頂きます(^^)v

デモカーは何を持っていくか悩やんでいます。
候補は297・298・306・308、全部皆さんに見て頂きたいし、遠くは無いから4台全部持って行ってしまうかな☆

関東のディーラーさんでは久々にTuningECUのテストインストールを行います。
ご自身のABARTHにTuningECUをテストインストールして、そのパフォーマンスを存分に体感して頂けます。
2日間のイベントになりますのでタップリ走って、そのパフォーマンスを体感して頂けたらと思います。

4月は新製品のデリバリーラッシュの月でもあります。
es-02 magにはじまり、新作カーボンパーツも多数持ち込みますので、いろいろ商品を見て頂き物欲メラメラして頂けると思います☆
人気のアパレルも持ち込みますよん♪
2日間ヤマグチもお邪魔する予定ですのでカスタムやセッティングのお話など、皆さんとコミュニケーション出来たらと思っております(^^ゞ

最近なかなか出来ていなかったのですがデモカーの試乗も出来ます。
THREEHUNDREDの世界観を是非ご自身のドライブで感じてみて頂けたらと思います。
タービンキットで250ps化されたデモカー298の圧倒的なパフォーマンスもヤマグチのドライブになりますが助手席で体感して頂けたらと思います。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢
場 所 ABARTH所沢
日 時 2019年4月27日(土)、4月28日(日)
時 間 10:00~18:00
住 所 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘6-711-1
電 話 042-929-1777

ファーストオートさんは6月16日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAにご参加頂ける事になっています。
当日の内容は後日お知らせしますが、アバルト所沢、アバルト大宮、アバルト埼玉の3店舗を運営されていますので、この3店舗でアバルトをご購入のオーナー様にはディーラーさんからお知らせが届くと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting SUZUKA

憧れのスズカで、遂にTHREEHUNDRED meetingを開催出来る日がくるなんて。
関係各位にいろいろとお力添えをして頂き、富士や岡山と変わらないTHREEHUNDREDらしいイベントが開催出来そうです☆
という事でヤマグチ、主催者なんですが思いっきり楽しみたいと思います(^^ゞ

大きくmeetingとスポーツ走行を開催させて頂きます。
THREEHUNDREDのイベントエリアには、デモカーの展示や新製品を中心にTHREEHUNDRED製品もお手に取って見て頂けます、es-02 magも持ち込みますので、その軽さにビックリして腰抜かして頂けたらと思います(^^)v
人気のTHREEHUNDREDアパレルも持っていきます♪

■ THREEHUNDRED meeting SUZUKA
日時 2019年4月14日 日曜日
場所 鈴鹿サーキット パドックエリア
時間 6:00-13:00

■ meeting(先着100台)※無料コンテンツ
鈴鹿サーキットのパドックエリア内に150台分のTHREEHUNDRED駐車エリアを設けています(50台はスポーツ走行参加車両)
meeting参加のABARTHと、スポーツ走行に参加のオーナー様に駐車して頂けるエリアになります。
今回meeting参加には以下のアドレスに事前エントリーのメールを送信して頂き、受付後に弊社からパドックに入場する為のパーミット(1台につき1枚必要、人は車両の乗車定員までご入場頂けます)をお送りします。
※このパーミットが無いとTHREEHUNDRED meetingエリアには入場できませんのでご注意ください。

> meeting参加申し込みメールアドレス event@threehundred.jp
・お名前(フルネーム)
・郵便番号
・ご住所
・ご連絡先
・車種
・ご来場人数

上記必要事項をご記入頂き、タイトルに「meeting参加申し込み」と明記して頂きご連絡ください。
メールを受付後、担当者よりご返信メールを送らせて頂きます。
イベント10日前頃にエントリー頂いた皆様にパドックレイアウトとパーミットをご郵送させて頂きます。
募集定員になりましたら締め切らせて頂きますので早めの申し込みをオススメします。

※2019年4月5日に募集を締め切らせて頂きます。

■ スポーツ走行(30分x2本:45台募集)※有料コンテンツ
F1も走る憧れの鈴鹿サーキットをゼンカイで走れるスポーツ走行です。
THREEHUNDREDの占有走行枠になり、憧れの鈴鹿サーキットをABARTHだけで楽しみたいと思います。

初めての鈴鹿、初めてのサーキットというオーナー様には、いつもTHREEHUNDREDのイベントをお手伝いしてくれている大谷君が、サーキット走行初心者の方を対象にドライビングレッスンを行うクラスを設けました。
「走りたいけど少し心配」というオーナー様は、レッスン付きクラスにエントリー頂けたらと思います。

スポーツ走行に参加をご希望のオーナー様は以下のエントリー用紙をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、弊社までFAX若しくはメール・郵送にてご連絡ください。
合わせてエントリー費用の送金をお願いします、エントリー用紙の確認と着金を頂戴した時点でエントリー完了となります。
募集台数に達し次第、締め切らせて頂きます。

> 参加費(30分x2本走行)
・スポーツ走行A(サーキット初心者を対象としたレッスン付きクラス)¥36,000-
・スポーツ走行B(レッスン無しの一般エントリー枠)¥33,000-
※両クラス混走での走行になりますのでダブルエントリーは出来ません。
※1本目の1周目は完熟走行を行います。
※エントリーリストはこのBlogで公開させて頂きます。
※2019年4月5日募集締め切りとさせて頂きます(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

> エントリー用紙ダウンロード
THREEHUNDRED meeting SUZUKA スポーツ走行エントリー用紙ダウンロード

>エントリー用紙申し込み先
郵送での申し込み (有)デュークス 〒151-0064 東京都渋谷区上原1-13-9
FAXでの申し込み 03-5738-7574
メールの申し込み contact@threehundred.jp
※タイトルに「THREEHUNDRED meeting SUZUKAエントリー申し込み」と明記をお願いします。

■ ビンゴ大会(無料コンテンツ)
今回も日本全国に店舗を展開するドーミインさんから豪華景品をご協賛頂いております。
ビジネスホテルの枠を超えたワンランク上のサービスと居心地の良いお部屋に加え、ビジネスホテルなのに温泉の大浴場や、各地のご当地グルメを楽しめたりする豪華朝食が魅力の宿泊施設です(http://www.hotespa.net/dormyinn/)
THREEHUNDREDからもカーボンパーツを中心に、ニヤリとして頂ける景品を用意させて頂きます(^_-)-☆

■ TuningECUテストインストール
THREEHUNDRED meetingではもっとも人気のある企画で、ご自身のABARTHにTuningECUをテストインストールして頂き、そのパフォーマンスをご自身のABARTHで体感して頂けます。
スポーツ走行に参加のオーナー様は、1本目はオリジナルDATA、2本目はTuningECUで走行というパターンもOKです。
現在TuningECUをお使いのオーナー様には、更なるパフォーマンスを追及したUpdateProgramもご用意しています。
この機会に是非TuningECUを体感して頂けたらと思います。

■ タイムテーブル
5:30 ゲートオープン
6:00 スポーツ走行受付開始
7:15~7:55 スポーツ走行ドライバーズブリーフィング
8:30~9:00 スポーツ走行 1本目
11:30~12:00 スポーツ走行 2本目
12:30 ビンゴ大会&イベントのご挨拶
13:00 解散

今回はスポーツ走行のスケジュールもあり、お昼で全てのプログラムが終了する進行になります。
時間がタイトなので開会式は行わず、12:30からご挨拶とビンゴ大会を行いたいと思います。
meetingへ参加のオーナー様は、9時半~10時頃を目指してパドックにお越し頂けると良いかと思います。
朝一からご来場頂いてももちろん大丈夫です!
スポーツ走行にご参加の皆様は、朝が早いですがドライバーズブリーフィングにご参加頂かないと走行が出来ませんのでご注意ください。

以上になります。
今年はまずは開催する事がはじめの一歩という事で練習ラウンドです。
沢山集まって頂けましたら、来年は更にいろいろな企画を検討出来ると思いますので、多くのABARTHとオーナー様にお会い出来る事を楽しみにしております(^^ゞ

ご不明な点等ございましたら、お手数ですが弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

雨にも負けずゼンカイ。

前日までの天気予報はどこへいったのか、集合場所の海老名パーキングに到着すると空からはポツポツと雨が・・・
瞬く間に一気に本降りとなり、富士スピードウェイは生憎のウエットコンディションに。

朝のブリーフィングでは雨の時にしか学べないセットアップや、大谷君のウエット路面での富士スピードウェイの攻略法など、悪コンディションを安全に、楽しく走って頂けるメニューに急遽変更。
今日はTOTAL30台くらいの参加台数でしたので、ほぼ全てのオーナー様とお話が出来たのがヨカッタです。

午前中のTHREEHUNDRED Driving Experienceは25分x2本の走行枠で、1本目は皆さん様子見ムードでしたが、2本目は大谷君のワンポイントアドバイス等で激的にタイムアップされた方、雨だけどセットアップをいろいろ変えて車の動きの違いを試されてる方、もくもくとゼンカイの方等、サーキットの楽しみ方はそれぞれでした。
ヤマグチは大切なオーナーカーをお借りしていましたので、何かあってはいけないので安全運転でゼンカイ(^_-)-☆

午後からはいよいよ2.5時間耐久がスタートです。
今年は4チーム、うち1チームは今年も女性ABARTHオーナーだけのチームを編成できました。

各チームキラッキラと笑顔です。
順位も大切ですが何よりイベント自体が和やかムードです、全体の参加台数も少なめでしたので、他車とあまりからむ事なく周回できるのが、比較的サーキット初心者の方でも楽しんで頂ける耐久レースです☆

皆さんモニターを見つめる後姿がステキです(^^♪

ジブンで作っておきながらなんですが、久々の299はとても乗り易く、ウエットコンディションでもとてもコントローラブルで、GReddyタービンの超高回転ハイパワーに慣れたカラダには、TuningECUをインストールされたIHIタービンの超絶レスポンスと低速から高回転までナチュラルなフィーリングが何だか新鮮でとても楽しかったです。

イベントの最後には耐久を共に戦ったABARTH仲間とパシャリ。
今年も無事にこのイベントを終える事が出来ました。
やっぱり耐久には独特の楽しさがありまして、速い遅いではなく、仲間と同じ目標を共有しながらそこに向かって力を合わせてゴールを目指します。
チェッカー後には何とも言えない達成感があり、言葉では簡単なんですが、やらなきゃ分からない独特の楽しさが耐久レースの魅力なんだと。
ヤマグチふと思いました「そうだ!ABARTHだけの、楽しい耐久レースが企画出来ないものか・・・」

本日ご参加頂いた皆さま、応援・お手伝いをして頂いた皆さま、寒い中ありがとうございました。
帰り道、皆でとんかつを食べながら今日の反省をして、先ほど家路につきました。

次は4月14日にいよいよスズカ!!
いよいよ聖地でTHREEHUNDRED meetingであります。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts