THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


04月

久々のタツミ。

先日のイベント帰りに「いい時間」にこちらを通りかかったので、トイレ休憩ついでに立ち寄ってみました。
この時間のタツミは本当に久々で、国産から輸入車まで凄い台数が集まっていました。
いわゆるヤマグチも「ここ育ち」でありまして、あの頃のオモヒデが沢山よみがえりました(^^)

トイレを済ませてデモカー308に戻ろうとすると人だかりが・・・(笑)
直ぐに車に戻れる感じじゃなかったので、社会勉強ついでにパーキング内を少々お散歩。
あの頃と今では雰囲気が様変わりしていまして、ボクの時はもっと走り系の人が多かった印象です。
今は雰囲気組みといいますか、集まってオシャベリしてる感じですかね。

懐かしいあの空気、FCやFDもいてチョイト刺激を受けたヤマグチでした(^_-)-☆

THREE HUNDRED アバルトParts

es-02 mag 発進ッ!

遂にきました、初品が。
遅れる事4ヵ月、悪戦苦闘しまくりました。。。
ご注文を頂戴している多くのオーナー様に、納期でご迷惑をおかけしてゴメンナサイ。
しかし、オーナー様の目をみて心からオススメ出来る良いホイールが出来上がりました☆

いつもお世話になっているオーナー様から早速装着画像を頂きました。
普段履きにはes-04の特注仕様、サーキット用にはes-02 magの特注カラー「ゴールド」で納めさせて頂きました。
サスペンションキットProはスペシャルオーダー品、TuningECUでカット飛び仕様のMake your SCORPIONなこの1台。
カーボンボンネットもスペシャルカラーコーディネートで、愛とこだわりが詰まりまくってる595です。

因みにもう一台ABARTH 124 Spiderをお持ちで、そちらも特注仕様のes-03にサスペンションキット。
es wheelを3足お持ちであります(^_-)-☆

es-02 magは、何と言ってもそのホイール重量で、17×7.5Jで5.8kg/1本!という驚異の軽さを誇っております。
そして素材はモチロンですが、何より最新の熱処理技術の恩恵で、ストリートユースでも鍛造アルミと大差ない製品のライフが特徴です。
それをヤマグチが細かな細かなところまでABARTH専用に開発し、作り上げた商品になります。

マグネシウムホイールと聞くと、「割れる、エア漏れ、ライフが短い」という超ネガティブなイメージが先行する方も多いかと思いますが、実は去年の今頃までヤマグチも同じイメージでした(^^)v
工場を視察し、試作品を使い続け、es wheelとしてリリースしても問題ない事を自分で確認できたので、今回製品化をした次第です。
因みに縁石とかヒットすると思いっきり火花でますので注意が必要です(^^)
自分自身もマグネシウムホイールは憧れでしたし、ABARTHでホンキのマグネシウムホイールを履いて、ワインディングやサーキットをゼンカイで走りたいなと思いまして。

今頃ご紹介したオーナー様は、袖ヶ浦フォレストレースウェイでゼンカイ。
インプレがタノシミであります。

近日中にTHESTOREに商品ページを更新いたしまする。
オーナー様、いつもありがとうございます(^^ゞ

p.s.
THREEHUNDRED connect+のミスタータイヤマン三鷹店でも、今頃何セットかes-02 magを組んでいると思います。
試作品も展示していますので、気になるオーナー様は是非この連休にチェックして頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

快晴の中、絶賛イベント中。

今日はアバルト所沢さんでイベントやってます。
朝は大渋滞だったので、Googleセンセイを信じて自宅から下道で来ましたが、ホボ渋滞なしで到着出来ました。

デモカー308はショールームの中でオスマシ顔です。
まだお昼ですが、開店前から既に喋りまくりで喉がカラカラのヤマグチです(^^)v

夕方まで絶賛営業中ですので、お近くにいらしてる際には、是非お立ち寄り頂けたらと思います( ̄^ ̄)ゞ

無事に帰還、そして明日ガンバル。

先ほど、デモカー308がカーボン工場さんから無事にDT3に戻ってきました。
ここ数ヶ月、何だかんだドタバタしてまして、お客様のアバルトが優先なので、デモカーの回送が後手後手でした。。。

今日から開催しているアバルト所沢さんのイベントに明日持って行く予定だったのですが、スタッフが誰も動けないので、いつもお世話になっている杉田陸送さんにお願いしました。

積載で運ばれてくると何だかオーラが違うデモカー308。
何だか表情がいつもより凛としてる感じです♫

先ほどハラダから連絡がありまして、いきなり「明日の朝、会社寄ってからコッチこれるー?」でした(^^)
どおやら、前日にかなりの商品を持って行ったのですが、殆ど完売してしまったそうで、パシリ要請でした。

明日は渋滞も心配なので、早起きしてDT3で商品たくさん積んで、ヤマグチもアバルト所沢さんにデモカー308で伺いたいと思います。

沢山のご来店、お待ちしておりまする( ̄^ ̄)ゞ
押忍ッ!

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAのための宿泊プラン

昨日THREEHUNDRED meeting TSUKUBAのイベント概要を更新させて頂きました。
Blog更新して10分も経たずにスポーツ走行のエントリーを頂戴しはじめて、全国のオーナー様の熱い思いにヒトリDT3で感動しながら深夜の洗車をしていたヤマグチです(^^ゞ

一昨年くらいからTHREEHUNDRED meetingは「全国」と言って良いほど、様々なエリアからオーナー様にご参加頂けるイベントになってきました(本当にありがとうございます!!!!!!)
特に東海・関西・中国エリアのオーナー様からの参加も多く、しかし皆さん筑波サーキットと聞くと「首都高横断で遠いじゃん・・・」というイメージであります。

しかし、そんな事ないんです!最近では圏央道も開通して、海老名ジャンクションから都内に入らず筑波サーキットへアクセスして頂けるんです。
そんなヤマグチのアタフタした状況を察して頂いたdormy innさんが、THREEHUNDRED meeting TSUKUBAにご参加頂くオーナー様向けに、特別な宿泊プランを用意して下さいました(^_-)-☆

今回特別な対応なので、予約サイト等からではなく、宿泊プランの最後に掲載する「dormy innさんの予約センター」に、必要事項をご記入頂き直接予約をお願いするスタイルです。
ではその宿泊プランをご紹介します。


※画像は、以前名古屋のドーミーインさんにお世話になった際のカットです、懐かしいッ(^^)!

—————————————————————-

■ドーミーイン後楽園
(https://www.hotespa.net/hotels/korakuen)
(1泊朝食&駐車場付)

ドーミーイン後楽園は首都高からドアトゥドアで筑波サーキットまで約1時間30分くらいです。
近隣には東京ドーム、電車に乗って10分も行けば銀座・丸の内エリアです。
30分くらいお散歩したら皇居に敬礼できます。
そして、ヤマグチの自宅の近くでもあります(笑)

ドーミーイン後楽園さんは「通常の客室」と、「キャビンタイプ」というドーミーインが新しく掲げるチョッピリ「秘密基地」的なお部屋で構成されています。
とても魅力的なお宿でして、ホテルの立地も、お部屋も楽しいと思いますので、前泊にも後泊にもオススメです♪

☆ダブルベッドルーム(1ベッド)
①6/15(土)御1泊
1名様12,000円
2名様15,000円

②6/16(日)御1泊
1名様12,000円
2名様15,000円

◎ちょっぴりお得な2連泊プラン
③6/15(土)~(日)2連泊
1名様11,500×2泊=23,000円
2名様14,000×2泊=28,000円

☆ツインベッドルーム(2ベッド)
①6/15(土)御1泊
2名様18,000円

②6/16(日)御1泊
2名様18,000円

◎ちょっぴりお得な2連泊プラン
③6/15(土)~(日)2連泊 2名様17,000×2連泊=34,000円

——————————–

☆キャビンルーム(1名様)
①6/15(土)御1泊 8,000円
②6/16(日)御1泊 8,000円

◎ちょっぴりお得な2連泊プラン
③6/15(土)~(日)2連泊 7,500円×2連泊=15,000円
——————————–
※駐車場サイズが全高1m57cm、最低地上高13.5cmになります
 入らない車両は近隣駐車場へのご案内となり別途お支払いとなります。
——————————–

—————————————————————-

■グローバルキャビン横浜中華街
(https://www.hotespa.net/hotels/gc_yokohama)
(1泊朝食&駐車場付)

グローバルキャビン横浜中華街さんは、ホテルから筑波サーキットまで朝ならドアトゥドアで約2時間くらいの立地です。
ここはその名の通り横浜中華街のど真ん中にありまして、目の前が関帝廟という立地です。
前泊して横浜で遊んでから筑波に行くもヨシ、後泊で中華街やみなとみらいの野毛で飲んだくれるもヨシであります(笑)

ここは全室キャビンタイプなのですが、シングル・ツイン・ファミリーと、お部屋のタイプが選べる全国でもここにしかないスタイルであります。
コスパも良いですし、独特の「秘密基地」感も楽しんで頂けると思います(^_-)-☆
ヤマグチ個人的にオススメであります。

キャビンルーム
(シングル・ツイン・ファミリー各種)
①6/15(土)御1泊
1名様 6,000円
2名様 8,000円(お一人様4,000円)
3名様11,000円(お一人様3,666円)
4名様14,000円(お一人様3,500円)

②6/16(日)御1泊
1名様 5,000円
2名様 7,000円(お一人様3,500円)
3名様 8,000円(お一人様2,666円)
4名様10,000円(お一人様2,500円)

◎ちょっぴりお得な2連泊プラン
③6/15(土)~(日)2連泊
1名様 5,250円×2泊=10,500円
2名様 7,000円×2泊=14,000円(お一人様7,000円)
3名様 9,000円×2泊=18,000円(お一人様6,000円)
4名様11,000円×2泊=22,000円(お一人様5,500円)
——————————–
※最低地上高14cm以下の車両は提携駐車場へのご案内となり別途お支払いとなります。
——————————–

■ 予約方法
以下の必要事項をご記入頂き、予約センターにメールでオーダーをお願い致します。
メールを確認ましたら、追ってオペレーターより返信があります。

・お名前
・ご住所
・ご連絡先
・宿泊日
・宿泊場所
・宿泊人数
・dormyinn-gp@dormy.co.jp

—————————————————————-

という感じであります。
ここで皆さん気になられたのが駐車場の最低地上高ではないでしょうか(^^)?
都内は駐車場事情がとても過酷でありまして、ヤマグチが自宅近くに借りている駐車場にドーミーインさんと近いコンディションの駐車場がありますので計測してきました。

看板には最低地上高12cmとあります。
実際に計測すると9cmでした。
安全に入庫出来る車高が12cmという意味なんでしょう。

因みにデモカー308はフェンダークリアランス指1本と少しで最低地上高9.3cm(アンダーパネルの一番低い場所)であります。
今回ドーミーインさんの駐車場は13.5~14cmの最低地上高表記ですので、500や595/S4のスタンダード車高なら入れるのではと思います。
595 competizione系やABARTH 124 Spider系はギリギリかNGだと思われます。。。
ここは現場で「ご自身の判断」にてお願いします、決して無理にパレットにいれてゴリゴリゴリとお腹を擦らないでくださいね。
車高の目安として参考にして頂けたらと思います(^^ゞ

では、ドーミーインさんのご利用、何卒宜しくお願い致します!

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting TSUKUBA

今年最大規模のイベントとなるTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを、6月16日(日)筑波サーキットで開催します。
しかも、今回は筑波サーキット・コース2000を終日貸し切りッ!!!
大風呂敷広げちゃいました・・・(^^)v

筑波サーキットを丸1日ABARTHだけで埋め尽くしたいと思っていますので、全国のABARTHオーナー様、是非ご友人などをお誘い頂きイベントにご参加頂けたらと思います。

さて今年のTHREEHUNDRED meeting、内容超盛沢山であります。
相当な長文Blogになりますので、宜しくお付き合い頂きたく(^^ゞ

■ THREEHUNDRED meeting TSUKUBAイベント概要
日 時 2019年6月16日(日)
場 所 筑波サーキット・コース2000
住 所 〒304-0824 茨城県下妻市村岡 乙159
時 間 6:00~16:00(タイムテーブルは追ってご案内します) 
備 考 入場無料(ABARTHオーナーを対象としたイベントになります)

■ meeting(無料コンテンツ)
このイベントの醍醐味であるABARTHが数百台と集まるmeeting。
個性あふれるABARTHが全国からやってきて、筑波サーキットの至る所にABARTHをズラリ並べて頂けます。
今回はいつもの芝生エリアを全てmeetingエリアとし、Bパドック(仮)も全てmeetingエリアとしてお使い頂こうと思っています(パドックレイアウトは後日ご案内します)
ABARTHであればどなたでもご参加頂けます。

■ スポーツ走行(有料コンテンツ)
「THREEHUNDREDのスポーツ走行は初心者でも走りやすい」とご好評を頂いているスポーツ走行です。
今回はスキル別に4クラスに分けました。
THREEHUNDREDのイベントではお馴染みの、今年もスーパー耐久で活躍中の大谷君・吉岡君が講師としてレッスンを担当してくれるクラスになります。
運転の基本であるドライビングポジションから、サーキットの心得、サーキットの走り方等を丁寧にレクチャーさせて頂きますので、サーキット初心者のオーナー様でも安心して走行して頂けます。

今回はご経験別にスポーツ走行を2クラスに設けました。
経験の浅い方はスポーツ走行③、複数回サーキットを走られている方はスポーツ走行②をオススメします(事務局判断で、申告クラスを変えさせて頂く事があります)

これはヤマグチが昔から温めていた企画で、今回から女性ABARTHオーナーだけのレディースクラスを設けました。
スポーツ走行をご夫婦で楽しまれていたり、年々女性オーナーが増えている事から「女性だけでゆったりと走って頂けたらいいな」と思っておりまして、今回レディースクラスを設けさせて頂きました。

ご自身のペースに合わせていろいろなクラスを選んで頂けますので、いつも以上に筑波サーキットを楽しんで頂けたらと思っております。
もし走られるクラスに迷われた際には、弊社までお気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

> 走行内容 各クラス20分x3本(タイム計測付き)
スポーツ走行① レッスン付きクラス ¥30,000-
スポーツ走行② 筑波コース2000を1分20秒以下で走られる方 ¥27,000-
スポーツ走行③ 筑波コース2000を1分20秒以上で走られる方 ¥27,000-
レディースクラス 女性限定枠 ¥27,000-

※走行にはヘルメット・肌の露出しない服装・グローブが必要です(レーシングスーツ・ハンスを推奨)
※エントリー費は税込みです
※エントリーリストは弊社webで一般公開させて頂きます

THREEHUNDRED meeting TSUKUBA スポーツ走行参加申込書ダウンロードはコチラ

上記申込用紙をダウンロード頂き、必要事項をご記入の上、弊社にメール・FAX・ご郵送でお申し込みください。
合わせて所定の口座にエントリー費のご送金をお願い致します(今回よりご入金口座が変更になっております)
申込用紙、ご送金を確認した上でエントリーが完了となります。
申込期限は6月5日、定員になったクラスより募集を期日前に締め切らせて頂くことがあります。
エントリーが完了しましたら、担当者よりメールにてご返信をさせて頂きます。

>申込用紙送り先
・メールアドレス event@threehundred.jp
・FAX 03-5738-7574
・郵送 (有)デュークス 151-0064 東京都渋谷区上原1-13-9

■ ドーミーインさんのケータリングサービス(無料コンテンツ)
全国に店舗を展開するビジネスホテルチェーン「dormy inn」さんがケータリングを提供して下さります。
dormy innさんと言えば天然温泉付きのビジネスホテルという特徴と、何より素晴らしく豪華な朝食もウリのひとつであります。
今回は全国83棟からこの日の為に新作メニューをご提案頂き「ケータリング王頂上決戦」と題し、社内で1次審査、2次審査をパスした4店舗が、THREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場で皆様にランチを振る舞います。
お食事頂きました皆様に、どこの店舗のランチが最も美味しかったかを投票して頂き、ナンバーワンを決めるイベントを開催します。
見事優勝した店舗のメニューが、今後全国のドーミーインで提供されます。
何だか凄い事になっています、なのでお昼は4食たべてくださいネッ(^^)!

※お食事はエントリー費に付帯するサービスではありません。
※提供数は余裕をもってご用意をしておりますが、無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。

■ デモカーゼンカイ同乗走行&サーキットサファリ(無料コンテンツ)
今回から初の試みとなるTHREEHUNDREDデモカーのゼンカイ同乗走行と、その際にコース上をマイクロバスに乗って探検できる「サーキットサファリ」を開催します。

同乗走行は、ワタクシヤマグチと大谷君、吉岡君がドライブするデモカーの助手席に乗って頂き、THREEHUNDREDデモカーのゼンカイパフォーマンスを筑波サーキット・コース2000で体感して頂ける滅多にない企画であります。

サーキットサファリは、デモカーの同乗走行をしている時間中にマイクロバスでコース上を探検して頂く企画です。
流石にバスでゼンカイとはいきませんが、お子様や奥様、何方でも乗って頂け、横をゼンカイで抜いていくデモカーを大迫力で見て頂けます(^^)v
なかなかコース上をバスで走れる機会も少ないと思いますので、筑波サーキットの思い出に参加して頂けたらと思います。

デモカーの同乗走行及びサーキットサファリは、時間の都合上、ご参加頂ける人数に制限があります。
開会式の最後に、希望者を募ります、募集定員を超える場合はジャンケンで人数を決め、整理券をお配りします。

■ 毎回人気の癒しのスペース(無料コンテンツ)
今回から癒しの里(http://hogushinosato.net/)さんにご協力を頂き、ヘッドスパやマッサージなどのサービスコーナーを設けます。
毎回人気のプロのヘアメイクさんによるスタイリングコーナーもやります。
スタイリングや前髪カット、メイクのワンポイントアドバイス等、奥様やお嬢様、オジサマも大歓迎であります(^_-)-☆
スポーツ走行をされた後に、髪形をセットしてもらってマッサージ、なんて贅沢なんでしょう(^^♪

■ フリマやります!(出店無料/ABARTHオーナー限定)
今回で3回目のフリーマーケット。
回を重ねる度に少しづつ浸透してきたのか、出店していただけるオーナー様が増えてきています。
ヤマグチもお宝をミスタータイヤマン三鷹店のフリマブースに出させて頂いています(笑)
今年もいろいろ出品しますのでお楽しみに♪

出店スペースは全体の出店数によって変わりますが、レジャーシートを敷いて、隣にABARTHを置いて頂けるくらいは確保させて頂きます。
スペースは無料ですが、ABARTHオーナー様で個人様の出店に限らせて頂きます(業者さんはご遠慮頂いています)
出店をご希望のオーナー様は、お名前・ご住所、連絡先を明記頂き、タイトルに「フリマ参加希望」と明記して頂きevent@threehundred.jpまでエントリーをお願い致します。
追って担当者よりご返信させて頂きます。

■ ビンゴ大会!(無料コンテンツ)
今回とってもとっても凄い豪華賞品をご用意出来ると思います!
THREEHUNDREDからも太っ腹商品と、いつもお世話になっている関係会社様から様々なご協賛を頂戴しております。
ドーミーインさんからも超豪華無料宿泊券もご協賛頂いておりますので、是非ご参加頂けたらと思います。

■ パレードラン(無料コンテンツ)
THREEHUNDRED meetingのパレードランにご参加頂き、サーキット走行に目覚めたオーナー様も沢山おられます。
これを楽しみにTHREEHUNDREDのイベントにご参加頂いているオーナー様も沢山いらっしゃいますネ♪

今回全体の参加台数が400台越えを見込んでおりまして、全台数がパレードランをするのは難しい状況です。
ただヤマグチとしては1台でも多くのABARTHオーナー様にパレードランをして頂けるように現在猛烈に調整しております。
2回パレードランを開催する方向で検討しておりまして、まずはmeetingにご参加のオーナー様を優先的にパレードランを行い、2回目に希望者全員がパレードランして頂けるように調整をしております。

パレードランの詳細は、タイムテーブル・パドックレイアウトともに改めてご案内させて頂きます。

■ コースウォーク(無料コンテンツ)
イベントの最後には、ご参加頂いた全てのオーナー様にABARTHと共に筑波サーキット・コース2000に出て頂き、整列したいと思います。
そこで時間を取りますので、コースを1周歩いて頂くもヨシ、ABARTHと記念撮影をして頂くもヨシ、オシャベリスルモヨシ、思い思いの時間を過ごして頂けたらと思います。
サーキットを歩けるチャンスは滅多に無いと思います!!!

■ 筑波サーキットは遠くない!(お知らせ)
東海・関西エリアの皆様!
「今年は筑波かぁ、遠いなぁ・・・」と仰っているそこのアナタ、ドーミーインさんのご厚意で、THREEHUNDRED meeting TSUKUBAにご参加のオーナー様を対象に、スペシャル宿泊プランをご用意しています。
今日ここに案内を出すと、長文に重ねて長文になるので、明日のBlogで宿泊プランをご案内させて頂きます(^^ゞ
前泊、後泊、連泊、いろいろ選べる宿泊プランですので、是非「遠足気分」でTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAにご参加頂けたらと思います。

長々失礼しました、アウトラインとしては以上になります。
まだまだ細かなこと、お伝えしたい事が沢山あるのですが、現場でビックリして頂く方が良いかなと(^_-)-☆

タイムテーブルとパドックレイアウトは連休明けにご案内します。
まずはスポーツ走行のエントリー受付を開始するとともに、皆様是非、ゼヒ、ぜひ、スケジュールの確保を宜しくお願い致します。

2019年最もオモヒデに残る熱い1日にしたいと思います。
ご不明な点や、ご質問などございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。

皆様にお会い出来る事を、楽しみにしております(^^ゞ

※イベントの模様や走行シーンは、弊社Blogやカタログで使用させて頂きます。

THREE HUNDRED アバルトParts

今週末はアバルト所沢であります(^^ゞ

連休前、いや連休中ですね!
今週末(4/27~28)はいよいよアバルト所沢さんでTHREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢であります。
持ち込むデモカーは297(両日)と308(日曜日だけ)になります。


※画像はアバルトなにわさんでのイベント風景です

ワタクシヤマグチは、土曜日にどうしてもDT3で抜けられないお仕事がありまして、日曜日に308と共に参加致します。
デビューしたばかりのワイドなヤツをジックリ見て頂けたらと思います。
そして、多くのオーナー様とヘンタイアバルトトークが出来たらと思っております(^_-)-☆

関東エリアでは、TuningECUのテストインストールはがなかなか出来ていなかったので、ご検討中のオーナー様は是非一度テストインストールでTHREEHUNDREDのパフォーマンスを体感して頂けたらと思います。
キットニヤリであります(^^)v

先ほどハラダが大量の商品を持って一足先にアバルト所沢さんに向かいました。
当日は沢山の商品をお手に取って見て頂けると思います。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH所沢イベント概要ページはコチラ

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

大切なお知らせです

THREEHUNDREDはブランド発足当初から定価販売を徹底してきています。
製作工場さんはもちろん、私たちも適正利益を頂戴して、会社組織として健全経営に取り組み、THREEHUNDRED meetingや全国で開催しているイベント、アフターサービスなどでオーナー様に還元するというサイクルを大切にしています。

先日、THREEHUNDREDの商品をオンラインで激安販売しているサイトを発見したと弊社に連絡を頂きました。
調査したところ悪質なフィッシング詐欺サイトである事が分かりました。
本当に残念ですが、THREEHUNDRED商品をお値引き若しくは激安で販売するWedサイトは、全国の正規販売店舗にはありません。
このようなサイトは詐欺サイトである可能性が高いので、十分にご注意下さい。

現在、THREEHUNDREDのWebサイト及びTHREEHUNDRED connect+、正規取扱店様のWebサイトから画像、商品説明等を無断で使用している“偽サイト”の存在を複数確認しています。

THREEHUNDREDの商品につきまして、自社Webサイト(http://www.threehundred.jp/)または、THE STORE(http://shop.threehundred.jp/)、THREEHUNDRED connect+、正規取扱店様以外では、販売を行っておりません。
正規取扱店様につきましては、近日中に当社Webサイトに掲載をさせて頂きます。

当サイトの文章、画像等につきましては、いかなる理由でも弊社に申告を頂かない限り無断使用はできません。(オークションサイト、フリマアプリ等も含む)

ご不明な点や、ご心配事項がございましたら、お手数ですが弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

デモカー308とともに

今日は朝イチから、御殿場の工場さんで既存製品のフィッティング確認と、いよいよ来月から開発を着手するABARTH 124 Spider用ボディキットのディティール打ち合わせでした。

ヤマグチあるあるなんですが、この段階では具体的なイメージがフワフワなんです。
あれもいいなぁ、これもカッコイイなぁ、ではいつスイッチが入るのか?

開発車両を工場に持ち込む道中なんです。
運転しながらアバルトから何かを感じ、パーキングで眺めたりして「しばらくの間お別れだね」みたいな感情が出てくると、急激に脳ミソフル回転し始めるんです(^^)v
ヘンタイですよね、でも本当なんです。

1月に納車されてから、チョイ乗り以外デモカー308をチャント乗ったのは今日が初めてです。
普段は298ばかりだったので、その雰囲気の違いに改めていろいろ刺激を受けてます。
ボディキットも、ボディカラーが変わるとかなり印象が違いますね。

これから高速バスで東京駅を目指しまする( ̄^ ̄)ゞ

オーナー様ご紹介

仙台にお住いのABARTH 124 Spiderさんです。
お問い合わせを頂いた当初は、ロワリングスプリングとサスペンションキットで悩まれておられました。
双方の特性をご説明しまして、最終的にはサスペンションキットをお選び頂きました。

価格はそれなりにしてしまいますが、見とれてしまうほど美しいジュラルミン削り出しのシェルケースは非常に軽量であり、長距離ドライブでも放熱効果が抜群で、ダンパーのタレも限りなく抑えられています。
乗り味も懐の広いしなやかの乗り味にになり、オーナー様にも気に入って頂けました。

—————————————————————-

すべてディーラーさんでセッティングしていただき、装着完了いたしました。
車高が下がって、ずいぶんとイメージが変わりましたが、乗った感じも変化に驚きました。

ロール量が減ったのだと思いますが、少々の高速でカーブに入っていっても怖さがなく、スルッと走り抜けてしまうような感じです。

また、純正のときにあった下からドアをノックされているような感覚が減ったのはそうなのですが、むしろ、路面にピタッと張り付いて走っているような感じが強くなりました。
まだ、峠道を走る機会を作れていないので、時間を作りたいと思っています。

—————————————————————-

マフラーテールフィニッシャー/ブラックテールもステキです☆
白黒で綺麗にまとめられたABARTH 124 Spiderです。

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts