THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ブログ
ブログコンテンツでは、THREE HUNDRED・山口明人がABARTHな世界観を中心に、車にまつわるLifeStyleや次期開発商品等の思いを書いていこうと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

9月2日のイベントは

今日はミスタータイヤマン三鷹店のマツモト君が諸々の打ち合わせDT3に。
9月2日のTHREEHUNDRED Test Drive Day MITAKAでは、何やらRE-71Rをはじめ、ブリヂストンタイヤをスペシャル価格でオファーしてくれるそうです♪

ワタクシもデモカー298と307用のRE-71Rを早速お願いしました(^^ゞ
THREEHUNDREDからは限定復刻Tシャツをご購入のお客様全員にプレゼントさせて頂きます。

デモカーの試乗、TuningECUのテストインストール、いろいろな企画をご用意していますので、是非9月2日はミスタータイヤマン三鷹店にご来店いただけたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

ナツヤスミ。

結局1日しかお休み出来なかったけど、今日は娘の友達家族と千葉の海に海水浴でした。

何年振りだろうか、久々の海遊び。
日焼け止めMAX塗ったけど、日焼けMAX…

朝から散々遊んで、今晩は近所のお家でBBQ。

明日からオシゴト頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

THREEHUNDREDのサスペンション

ヤマグチがサボっていただけなんです・・・
既に商品は完成していまして、口コミのオーナー様には販売していたりします・・・
シゴト遅くてゴメンナサイ。。。

ジブンで言うのもなんですが、ヤマグチがダンパーに対する拘りはハンパなく、タイヤホイールと同じくらいクルマの要となるパーツがダンパーだと思うのです。
そのセットアップ次第では別次元のクルマになり、失敗すれば残念なクルマにもなります。
だから全て自分で感じ、自分が納得するまで走りこみ、エンジニアと徹底的に話し、完成したのがサスペンションキットシリーズです。

THREEHUNDREDが提案する、サスペンションキットStreet・winding+・Proという3つの選択肢。
これらに共通することは、全て自社デモカーに装着し、私をはじめ全スタッフが日常のアシとして使い、時にはヨメや子供からもダンパーの評価を聞いたりしています。
走りに関しては、プロドライバーの意向は全く取り入れていません。
ヤマグチが実際に全国のサーキットやワインディングを走り込み、オーナーレベルのスキルでどお感じ、どお操れるかを大切にしてセットアップしています。
プロドライバーのセットアップは間違いなく速いですが、ジブン達にはとうてい操れないレベルにある事も多く、THREEHUNDREDはそれをヨシとしていません。

当初はひとつのダンパーでオールラウンドをカバーしようと思っていましたが、在庫リスクと開発コストをTHREEHUNDREDが頑張ればいいだけの事なので(笑)、あえて3つのシーンに振り切った商品構成としました。

詳細は各商品ページをご覧頂けたらと思いますが、アウトライン的には以下のイメージです。

・Street 家族が乗るような普段使いから、日常の高速道路やワインディングを気持ちよく走りたい。
・winding+ 家族も乗るけど、週末のワインディングや高速道路は気持ちよく走りたいし、たまにはサーキットも行きたい。
・Pro 機能美にニヤリとしたい、サーキットでタイムを狙いタイヤを上手に使いたい、自分好みのダンパーを作りたい。

この3つのサスペンションが、THREEHUNDREDがABARTHを散々乗り倒して導き出した答えです。
因みにデモカー305はwinding+、デモカー307はStreet、デモカー298にはProが装着されています。
3つのダンパーに共通している事、見た目は大事なので車高の自由度はしっかり確保しています。

ダンパーは金額も張るので、カスタムパーツの中でも最も悩む買いものだと思います。
ご不明な点などございましたら、是非お気軽に弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。
リクエストに対してベストなアドバイスをさせて頂きます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

戦う3P wheel絶賛迷走中ッ!

午前中はデザインのオシゴトで、ヤマジといつもお世話になっているクライアント様にお打合せ。
お昼からはDT3でes-07の打ち合わせをしていますが、どうにもヤマグチの直感にパキーツッとこなくて、折角持ってきて頂いた図面を白紙撤回する暴挙にでました・・・

でも今日は基本お休みなんです。
スーパードライでランチミーティング、脳ミソをリフレッシュしたら良い感じのアイデアが浮かびまして、いま目の前で猛烈に図面ひいてくれています♪

ノミュニケーションはタイセツです。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

次期3P wheel

今日は終日工場さんで汗かいていました。
やっぱり現場は楽しく、皆さんとランチしている時に、雑談の中から商品のヒントをもらい盛り上がりました。

明日は今週最大の山場で、ホイール工場さんがお休み返上でDT3にやってきます。
「ABARTHに3P wheelなんて!」という固定概念をひっくり返し「ABARTHに3P wheel結構いいじゃん!」の風を作ったes-04。
その後、ヒットとまでいかないですが地味にコツコツ売れているes-05。

そしてホンマルになるかな?
ヤマグチ的に一番期待をしているes-07の最終ディティールを明日決定する予定です。
このホイールを17x8Jマイナスオフセットでデモカー307に履かせ、9月16日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでお披露目します。
コンセプトは「戦う3P wheel」いろんな小技を仕込んで発表しますので、楽しみにしていてくださいね(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts