THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


07月

愛媛・高知をサソリの群れで駆け抜ける

先ほどTHREEHUNDRED Touring SHIKOKUを無事に終えました。
今回は14台のサソリさんが集結し、絶景のワインディングを駆け抜けました(^^ゞ
いやぁ、こちらは本当にロケーションが最高でして、カメラ片手に1日フラフラしたら相当良いカットが撮影できそうです☆

朝8:30から松山自動車道・石鎚山SAに集合。
約半分のオーナー様が四国外からのご参加で、遠くは横浜や福岡からもご参加頂き、サーキット仲間のビックリドタ参なんかもあり、朝から一人盛り上がるヤマグチ(^^)v

ご挨拶も早々に終わらせて、次は第二集合場所である南国SAに移動です。
こちらの高速道路は見通しが良くて、クルマが少ないのでとても走りやすいです。
南国SAで数名のオーナー様と合流し、全員集合☆

お昼は高知県の須崎にある道の駅・「かわうその里すざき」にてチョット早めのお昼ご飯。
クルマ話に夢中になり過ぎてシラスゴハンの撮影を忘れてしまうという大失敗・・・

お腹もイッパイになり、本日のお楽しみにであるワインディング区間と高知カルストへ向けて出発です。
道中とにかく景色が最高で、標高が上がるにつれて気温も下がりABARTHもドライバーもとても過ごしやすかったです♪

ワインディングをお腹いっぱい走り、地元の人しか通らないような細い山道をグリグリ上り、遂に高知カルストに到着です。
「高知のスイス」というキャッチが個人的にササリマシタ、標高が高いのか雲が低いです!

残念ながら雲が多くて絶景とはいきませんでしたが、関東には無いスバラシイ景色にシバシウットリ。。。。
「休憩には甘いものがつきものでしょ!」という事で少し移動して、牧場が経営するソフトクリームを食べに。

出てきたソフトクリームのでかい事!
「こういうの食べるとき、必ず落とすヤツいますよね~」とはしゃいでいたら、自分が落とすという大失敗を・・・
まぁヤマグチらしいといいますか、皆さんの笑いをとれたからヨシ。
心優しい定員さんが新しいソフトクリームを下さるという神対応☆

松山のホテルを出て、既にオドメーターには330kmという数字を記録。
今日も299はストリートな皆さんに大人気で、ツーリング道中にいろんなオーナー様にそのパフォーマンスを体感して頂いたからか、ガソリンが足らなくなり、昭和感あふれるアットホームなガソリンスタンドに心癒され、先ほどABARTH松山さんに無事に戻ってきました。

初の四国でのツーリング。
はじめましてのオーナー様から、いつもお会いするオーナー様まで、熱く、暑い、1日を過ごさせて頂きました。
今後このエリアも定期的にツーリングを開催していきたいと思っていますので、今回残念ながら参加出来なかったオーナー様、次回企画の際にお会い出来る事を楽しみにしております。

おして明日はABARTH松山さんで朝からTHREEHUNDRED Test Drive Day MATUYAMAを開催します。
デモカー一気乗りから、TuningECUのテストインストール、全アイテムではありますんが商品も持ち込んでいますので、お時間ありましたら是非ABARTH松山さんにご来店頂けたらと思います(^^)/

ご参加された皆様、お疲れ様でした!

THREE HUNDRED アバルトParts

まとまらないはなし。

先日のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEにてブヨに足をヤられました。未だに痒いです。そうそう持ち込んだ124の新しい足、フロント es-03 17X8J    リア 17X9J  プラスADVAN Neovaのグリップは鮮烈で、僕の未熟な峠レベルごときでは全くブレイクしませんでした。まさにオン・ザ・レール感覚。かと言って超軽量es-03ですから、8J-9Jからイメージする〝重い〟足下に引っ張られる感覚は皆無です。ご試乗いただけたお客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか?

当日は新型595とグレッディタービン装着車両の集中するのかな・・と思いきや、124ご試乗の依頼も多く嬉しい限りでした。

そんな感じで夏場はイベント寄りのお仕事が増えるのですが、特に今年はデュークスとして受けているクリエイティブ系のご依頼で外出が多い印象です。

結果、焼けます。刺されます。ちょっと痩せます。例年になく真っ黒です(ヤマグチには及びませんが)。

箱根イベント後もバタバタと外仕事が続き今日、久しぶりにDT3に出社しました。遅れていたTシャツデザインを詰め、ヤマグチは午後には四国へ飛び立っていきました。僕は今週末はお休みをいただき、THREEHUNDRED conectでもあるスティーレさんのチームから毎年何かしらのカタチで参加させていただいている茂木での12耐に行ってきます。

スタートドライバーですって。。。。。 はぁ。レース中に足の痒みに襲われたらどうしたらいいですかね。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

ではワタクシモ( ̄^ ̄)ゞ

松山に向けて飛んできます!

そういばウチの娘、今日からヤッホッホー夏休み🎵
どおりで空港はチビッコが沢山いるわけですね☆

アバルト スリーハンドレッド

週末はお天気も良さそうなので、四国のワインディングを存分に楽しんできます。
デモカー3台あるので、どれで走るか迷いますね(^^)v

では、週末お会いする皆様、宜しくお願い致します。

一足先に、いってきます。

今週末はいよいよ松山2days.
地方イベントにデモカーを3台持っていくのは初の試みです。
関東発のTHREEHUNDREDですが、全国のオーナー様に少しでも楽しんで頂けたらと、気合い入れて頑張りました( ̄^ ̄)ゞ

アバルト スリーハンドレッド

ヤマグチは明日のフライトで松山に出発です。
この週末に沢山のオーナー様にお会い出来る事を、楽しみにしております。

進化を続けるということ

THREEHUNDREDは商品開発の過程で、常に次のステップを模索しています。
お客様の声を具現化する事はもちろんですが、次期開発や定番商品にも常にアップデートの努力を重ねています。
特にカーボンパーツは紫外線はあまり喜ばしい相手ではありませんし、長年車両に装着をすれば経年劣化はどうしても避けられません。
現状の商品でも自社基準はクリアしているもの、もっと商品を良くする事は出来ないか?と、使う樹脂や製造工程を日々研究しています。

そしてそのカーボンパーツに、7月デリバリー新商品から新たな挑戦を開始しました。
圧倒的なクオリティと、誰もが「イイネッ!」と言って頂ける商品力をつけるために、ブランド発足当初からやりたかったハンドレイアップの「ウラツル仕様」を遂に実践投入しました。
いきなり全部の品番へ展開するのは難しいですが、新規商品からコツコツ投入していきたいと思います。

スリーハンドレッド アバルト カーボン

通常ですとひとつの型にCARBONやFRPを積層して脱型しますが、THREEHUNDREDの試みは表型と裏型を製作し、それぞれのパーツを製作し、それらを重ね合わせる製作方法を実現しました。
これによりハンドレイアップではなかなか難しかった製品厚のコントロールがより細かく管理でき、両面テープの定着も安定できますし、何より製品がキレイです(^^ゞ
因みに製品厚が既存商品より厚くなる事はありません☆

ヤマグチ的な事をお伝えすると型代は単純に倍かかりますが、工数は増えるので確実にコストアップではあるのですが、良い製品を作り上げるためにはこの投資は惜しみません。
こういう細かな積み重ねが、THREEHUNDREDをご指示頂けるオーナー様への満足度への貢献だと信じていますし、更にコツコツ研究・開発をしていきたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

今週末は愛媛県は松山に集合☆

毎度ヨメから拝借する日焼け止めの効果は薄く、ハコネのお日様に照らされてまたしても日焼けMAXのヤマグチです。。。

今週末は松山2daysです!
土曜日はTHREEHUNDRED Touring SHIKOKUを開催します。
エントリーの締め切りをが過ぎていますが、レストランの予約を7/20に行いますので「急に行けるようになっつた!」というオーナー様は是非ご連絡ください。

・参加表明先 contact@threehundred.jp お名前と参加人数をご連絡ください。
※メールタイトルは「THREEHUNDRED Touring SHIKOKU参加連絡」でお願い致します。

アバルト スリーハンドレッド 四国

遅ればせながら概要を固めましたので、以下に改めてご案内致します。

■ THREEHUNDRED Touring SHIKOKU 概要
日  時 2017年7月22日(土曜日)
集合場所 松山道・石鎚山SA(上り線)
集合時間 8:30~9:00(出発)

初日は松山から高知にかけて、ワインディングと高速道路を中心にTHREEHUNDRED Touring SHIKOKUを開催致します。
ツーリング中にもTuningECUのテストインストールを行いますので、ワインディングや高速道路でそのパフォーマンスを体感して頂けます(ギャレットタービン車両は除きます)
サーキットや試乗イベントだとなかなかジックリお話しできる時間が無いですが、ツーリングは1日皆様と行動させて頂きますので、製品の事から、ABARTHのセットアップ、商品の開発裏話などなど、ガッツリコミュニケーションさせて頂きます。
ツーリングルートは、石鎚山SAから途中休憩を挟みながら、前半戦は高速道路を中心に高知を目指します。

昼食会場は須崎・道の駅「かわうその里すさき」(〒785-0022 高知市須崎市下分甲263番地3)を予約させて頂きました。
メニューはワタシの方で「よこなみ/¥1,620-」をオーダーさせて頂きます、万が一アレルギーや食べれないもの等ございましたら、お手数ですが弊社にご一報頂けたらと思います。

昼食後、ワインディングを走り、休憩を挟みながら四国カルストを目指します。
ここで小休憩した後、15時頃を目処に現地解散する予定でツーリングを企画しております。
THREEHUNDRED部隊は松山に宿泊予定ですので、帰りの方面が同じオーナー様は帰路もご一緒しましょう☆

————————————————————————–

そして、翌日の7/23はABARTH松山さんでTHREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH MATSUYAMAを開催します。
THREEHUNDREDデモカーを3台持ち込みますので、ご自身のドライブでTHREEHUNDREDのパフォーマンスを体感して頂けます。
大好評企画のTuningECUテストインストールも行います、ご自身のABARTHで圧倒的フィーリングを是非感じて下さい。
商品も出来る限り持ち込みますので、是非現物をチェックして頂きそのクオリティを確認して頂けたらと思います。

■ THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH MATSUYAMA 概要
日時 2017年7月23日(日曜日)
場所 ABARTH松山
住所 〒791-1101 松山市久米窪田町846-4
電話 089-975-0695
時間 9:00~18:00

当日はフラリとご来店頂いてOKです!
ヤマグチは最終の飛行機で東京に帰りますので、それまでガッツリサソリのお話出来ます(^^ゞ

この週末、皆様にお会い出来る事を楽しみにしております♪

THREE HUNDRED アバルトParts

標高1,011mの集い

今日はTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEをMAZDAターンパイクで開催させて頂きました。
思い返せば去年の今日、憧れのターンパイクで自社イベントが出来る喜びと、どうなるんだろうというドキドキで、前日は寝れなかった事を今でもハッキリ覚えています。

あれからあっという間の1年、今年も同じ日にこのイベントを開催出来た事をとても嬉しく思います。
前年と同じく「ゴジヒラツ」からスタート、気軽に声掛けしたら、20台を超えるABARTHが集まり、少々準備不足なジブンに反省。。。
ミンナ朝からテンション高めで、朝から色とりどりのABARTHが集まり既にワクワクムードMAX。
小田原厚木道路、真鶴旧道、椿ラインと、通常ルートより少し遠回りをして大観山を目指しました。

会場には少し早めの6:30頃に到着。
この時点で30台を超えるABARTHが既に大集結。
北は山形、西は大阪から、数えきれないほど多くのABARTHが大観山の駐車場にお集まり頂きました☆

ご家族連れ、ご友人と、カップルさん、お一人様、そして何より今回嬉しかったのは女性ABARTHオーナー様が数組いらして頂けたこと、前回よりも奥様のご参加が格段に多かったこと♪
チビッ子も数名遊びにきてくれていて、友達と海に行く約束よりもTHREEHUNDREDのイベントを選んでくれたと聞いた時は「この部品、なんでも持って行って良いよ!」と言いそうになりました(笑)

チビッ子と女性が参加してくれる、これヤマグチ的にはとても大切な事なんです。
特に女性が過ごしやすいイベント作りを目指してまして、オトコが遊べる環境はもちろんですが「大人になったらTHREEHUNDRED」を実現するには、奥様のご理解はとても大切ですし、THREEHUNDREDに対しての印象は良いにこしたことはないですから(^^ゞ

去年はデモカー303が1台で試乗を頑張っていました。
今年は3台のデモカーと、タービンキットを組み込んだオーナーカーの4台が試乗対象でした。
やはり実際に見て頂いて、乗って頂くという事はとても説得力がありまして、ブレーキのフィーリングだったり、サスペンションの感触等、文字では伝えきれない感覚を多いに刺激させて頂けたのではないでしょうか?
4台のデモカー全てが給油するという大活躍で、去年は303が1台だったと思うと、この企画の人気の高さがうかがえます♪
TuningECUのテストインストールも大好評で、これまた女性オーナー様にテストインストールからご購入頂けた事がとても嬉しかったです!

今回は前回の倍の朝食をご用意させて頂きましたので、ご参加頂いた皆様にお召し上がり頂けたかと思います。
食事があるだけで、急にイベントの雰囲気が柔らかくなるから不思議ですね☆

思い返せば去年は実質ヤマグチ一人で切り盛りしていました。
今年からはイトウがおりますのでかなり楽ですし、来月から入社予定のハラダも研修の意味と皆様へのご挨拶にやってきました。

THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEは今年で2回目の開催になります。
ターンパイクの営業さんにも「去年より随分盛況ですね」と言って頂けましたし、来年の予約もチャッカリ完了しました。
3回目の来年は、場所は同じでも皆様に新鮮に感じて頂けるような新たな企画と、オモシロイデモカーを準備して、また開催したいと思っております。

そして、その日の汚れはその日のうちに落とす!
デモカーはTHREEHUNDREDの大切なメンバーです、感謝の気持ちを伝えながらパートナーを隅々まで綺麗に洗いました。

設営からあと片付け、会場の交通整理まで、ご参加頂いたオーナー様に沢山お手伝い頂き、本当にありがとうございました。
いつも皆々様に支えて頂いている事に心から感謝です。

また来年も同じ海の日に企画したいと思いますので、また宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

デモカーのオシナガキ

明日はいよいよTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEです。
タブン全てのオーナー様とお話しできないと思いますので、明日持ち込むデモカーのスペックをここでご紹介させて頂きます。

■ デモカー304(ABARTH 124 Spider)
ABARTH 124 Spiderのベーススタイルとなる仕上げになっています。
ホイールとサスペンションをまず交換するというオーナー様と、フロントリップスポイラーとトランクスポイラーをまず装着されるオーナー様に二分されている印象です。

サスペンションキットは「上質」という表現がピッタリで、20段減衰力がカバー出来る調整幅が広いので、様々なニーズにお応えできる仕様だと思います。
もともとモッサリ気味のマルチエアエンジンですが、THREEHUNDREDが全国のワインディングとサーキット走行、そして何より大切にしている街乗りで鍛え上げたTuningECUは、これらのシーン全て上手くバランスしたフィーリングに仕上がっていると思います。
走りの部分は是非デモカーを試乗していただき、そのパフォーマンスを体感して頂けたらと思います。

アバルト スリーハンドレッド

es-03 17X8J ET35 4/100 ネロスコルピオーネ 215/40-17 ADVAN Nepva
es-03 17X9J ET35 4/100 ネロスコルピオーネ 235/40-17 ADVAN Nepva
サスペンションキット(F/10kg R/4kg)
TuningECU(192ps/29.1kg/m)
TH200 Front
TH200 Rear
スポーツブレーキライン
カーボンフロントリップスポイラー
カーボンドアミラーカバー
カーボンエンブレムカバーセット
カーボンロールゲージカバー
カーボンテールレンズパネル
カーボントランクスポイラー
サイドストライプ(ガンメタリック)

■ デモカー305(ABARTH 595 Competizione)
デモカー303で散々詰めたTuningECUのセットアップは、炸裂するギャレットタービンのパワーフィーリングにニヤリとして頂けると思います。
サスペンションキットは次世代へと進化していまして、デモカーはこれからのサーキット走行を少しだけ視野に入れたフロント6kgというスプリングを組んでいて少々シッカリ気味のマナーですが、通常スペックの5kgを組めばここはピタリと路面に吸い付くフィーリングとなります。
リヤサブタンクの恩恵もありますが、THREEHUNDREDのリヤダンパーはノーマルスペックでも十分な容量を確保していますので、リヤの挙動はドッシリです。

アバルト スリーハンドレッド

es-04 17X7J ET27 4/98 ビックキャリパーディスク ジアロモデナ 205/40-17 PS3
es-04 17X7J ET26 4/98 スタンダードディスク ジアロモデナ 205/40-17 PS3
スタッドボルト&ナットセット
サスペンションキット(サブタンクモデル F/6kg R/4.85kg)
ピロアッパーマウント
TunigECU
TH300 Front
TH300 Rear
スポーツブレーキローター Front
スポーツブレーキローター Rear
スポーツブレーキライン
トランクフレーム(アイボルトモデル)
カーボンフロントエンブレムカバー シリーズ4専用品
カーボンドアミラーカバー
カーボンリヤエンブレムカバー
カーボンゲートハンドルカバー
カーボントランクスポイラー
カーボンテールレンズパネル
カーボンエントランスパネル
カーボンリヤワイパーカバー
カーボンキーシリンダーパネル
カーボンピラー Aパーツ
カーボンピラー Bパーツ
サイドストライプ(マットガンメタリック)

■ デモカー299(ABARTH 595 Competizione)
ABARTH500/595系の最も多いカスタムのお手本的な仕様です。
ロワリングスプリングはお陰様で大好評を頂いておりまして、程よく落ちた車高と乗り心地のバランスは、まさにTHREEHUNDREDクオリティだと自負しております。
カーボンパーツも最も装着率が高いアイテムを中心に取り付けしていて、TuningECUはIHIタービンならではの低回転からのピックアップと中間加速は絶品だと思います。
是非THREEHUNDREDのベーシックスタイルをご試乗で体感して頂けたらと思います。

アバルト スリーハンドレッド

es-05 17X7J ET26 4/98 スタンダードディスク ABARTH RED 205/40-17 コンチネンタル・MC5
ロワリングスプリング
スタビライザーリンク
スタッドボルト&ナットセット
TuningECU(192ps/34.1kgm)
レーシングマフラー チタンテール
TH300 Front
TH300 Rear
スポーツブレーキローター Front
スポーツブレーキローター Rear
スポーツブレーキライン
トランクフレーム(アイボルトモデル)
カーボンフロントエンブレムカバー
カーボンフロントインテークカバー
カーボンドアハンドルカバー
カーボンリップスポイラー
カーボンリヤエンブレムカバー
カーボンゲートハンドルカバー
カーボンディフューザー
カーボンキーシリンダーパネル
カーボンピラー Aパーツ
カーボンピラー Bパーツ
ブーストメーターカーボンフード
サイドストライプ(レッド)
アルミフットレスト

以上になります。

明日の試乗にあたりTHREEHUNDREDからのお願いです。
「試乗車なんだからしょーがねーだろ」と言われたらそれまでなんですが、最近試乗の際に少々デモカーの扱いが乱暴なオーナー様を見受けます。
最近ホボes-04はホイールが曲がって帰ってきますし、フロントスポイラーは全車割れるか裏はズサズサです。
通常使用であればホボありえない事で、ものすごい勢いで段差や縁石を踏めば鍛造ホイールも曲がる事がありますし、段差を気にせずゼンカイでジャンプしたり、駐車場等の入口の段差をこれまた何も気にしないで勢いよくいけば、フロントスポイラーが干渉する事もあります。
ご自身の大切なABARTHでこのようなドライビングはなされないのではと思います。

デモカーはTHREEHUNDREDスタッフ全員が大切にしているABARTHです。
私たちの愛するABARTHをいろんな方にお乗り頂くので、それなりの覚悟はしてはいますが、今一度クルマを愛する同じオーナーとして、気持ちの共有をして頂けたら幸いです。

それでは明日、皆様と会い出来る事を楽しみにしております(^^)/
道中お気をつけてMAZDAターンパイクまでお越し頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

間にあった…

毎度ヒヤヒヤさせられます新作のローンチ。
かなり事前から準備をしてるのですが、どうしても新作は遅れがちであります。。。

アバルト ホイール

今回はes-03のワイルドサイズのデビューです。
明後日のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEに持ち込み、デモカー304にパツパツで履いていきますので、是非見てやって下さい。
新しいトライである、ブランドロゴのレーザー彫刻も入ってます!

位置間違えみたいですが…汗
仕上がりイマイチですが…汗

製品では修正します!
押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

ゴジヒラツカ

サソリヨ、

7ガツ17ニチハ、

ゴジヒラツカパーキングシュウゴウ。

アバルト スリーハンドレッド

ダイカンザンマデ、

ショウキボツーリングヲジッシスル。

オダアツ、マナズルキュウドウ、ツバキニテ。

オッスッ(^^)v