THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ディフューザーを考える

ディフューザーを考える

THREEHUNDREDのカタログでもご紹介している595 Competizione Scorpioにお乗りのオーナー様が、カーボンディフューザーを装着されたのでご紹介させて頂きます。

ボディキットを装着してワイドになったスタイルですが、あえてサイドスカートやアンダーフィン等は装着せずに、フェンダーとリヤウイングだけでシンプルに主張するスタイルです。
実はこのスタイルをご指名頂くオーナー様が最近は多かったりします。

カーボンディフューザーもあえてフィン無しを選択し、ここもシンプルにまとめています。
マフラーはmemberページのみで販売をしているレーシングマフラーを装着していまして、90Φのステンレスシングルテールがステキです☆

センターのメッシュ部分にはF-1を連想させるLEDのバックフォグを埋め込んだりと。
小技もきいていてとてもcoooolです。
前期モデルのディフューザーはカーボンフィンを後から追加も出来ますので、少しずつ好みのスタイルをお作り頂く事も可能です。

■ THREEHUNDRED カーボンディフューザー商品ページはコチラから
■ THREEHUNDRED カーボンディフューザー カーボンフィン商品ページはコチラから

因みにシリーズ4はこんな感じです。
車はホボ同じなんですが、バンパー形状が違うだけでこんなに印象が違います。
カスタムのカタチは無限大であります(^_-)-☆

オーナー様、いつもありがとうございます!

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

« »