THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


スズカ、本当に楽しい1日でした(^^ゞ

スズカ、本当に楽しい1日でした(^^ゞ

昨日、無事にTHREEHUNDRED meeting SUZUKAを終える事が出来ました。
沢山の関東勢とともに、ツーリングのような状態で無事に帰宅しました。
憧れのスズカ、いろいろ勉強になりました。
改めてご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

いざイベントが始まってみると、全体の半分近くの方が関東からという驚くべき統計であります。
皆さん遠征がお好きですね(^_-)-☆

ヤマグチも21名のお馴染みのオーナー様とご一緒にドーミイン津さんにお世話になり、お伊勢参りにはじまり、夕食の松坂牛の焼肉、2次会と、イベント当日に負けないくらい前夜祭が盛り上がり過ぎて、ブリーフィングではガラガラ声で申し訳ありませんでした・・・

ほぼ初走行に近いスズカ、一言で言い表すならばで「最高でした!」
とにかく難しいし、とてもチャレンジングなコースで、リズム感と度胸が試されるコースでした。

スゴーとも違う峠感。
意外と路面がデコボコだったり、富士や袖ヶ浦に慣れている関東勢からすると、壁に囲まれた感じで視界がとても狭かったのが印象的です。

ヤマグチは298で走りましたがスズカにはサスペンションキットProのレートが足らず、ここに限ってはダンパーもスプリングも、もっと締め上げたレートが欲しくなります。

いろいろモディファイ後、初のドライでのゼンカイ。
1本目はコースを覚えるのと憧れの鈴鹿を走れるテンションMAXで、「なんだかいつもよりアンダーだなぁ・・・」と思いつつ帰ってくると、ついTTCのオールカットスイッチを押し忘れるという、超初歩的なミスをしでかしました・・・

足元を12Dにしてから、ドライでは初走行。
もおラジアルタイヤの概念を大きく超える超絶グリップでした。
タイムも計測していましたが、参加者の皆さんも「ズスカ初走行」という方が多かったので、一本目と二本目でタイムアップした喜びや、コース攻略について話し合う笑顔が印象的でした。
スポーツ走行もお陰様で満車になりまして、鈴鹿サーキットをサソリで埋め尽くる事ができて何だか嬉しかったです。
やはりアバルトはサーキットが似合います。

meetingにご参加のオーナー様方も、朝早くから沢山の方々にお集まり頂き、本当にありがとうございました。
小雨予報でしたが奇跡的に雨は降らず、鈴鹿サーキットさんに用意して頂いたスペースをゆったりと使えて良かったです。
鈴鹿サーキットはコースを走行する車以外をパドックにはなかなか入れて頂けないので、このようなチャンスはなかなか無かったと思います。

毎回人気のビンゴ大会は、小物が中心でしたがTHREEHUNDRED商品を沢山プレゼントさせて頂きました。
トリのドーミーインさんの無料宿泊券が当たるじゃんけん大会、ヤッパリ盛り上がりました。
皆さん獲物を狙う目が違いました(^^)

今回は鈴鹿サーキット初開催という事で、いろいろと至らない進行もあったかと思います。
毎年続けるイベントに育てていきたいと思いますので、また来年も宜しくお願い致します(^^ゞ

ご参加頂きまオーナー様、ご協力頂きました企業様、1日頑張ってくれたスタッフのミンナ、本当にありがとうございました!

THREE HUNDRED アバルトParts

« »