THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ABARTH x ABARTH x ABARTH

ABARTH x ABARTH x ABARTH

正直ここまでのABARTHが集まるとは夢にも思いませんでした。
8:30のイベントスタート前からチラホラABARTHが集まり始め、10時には50台の駐車場スペースが満車になりました(@_@)
ヤマグチ、8時から11時くらいまで軽いパニック状態でしゃべりまくっておりましたが、そこかしこで聞こえる笑い声と、皆さんの満面の笑顔はしっかりと拝見していました(^^)v
参加者分布は、北は茨城県、西はなんと福井県!からご参加頂き、各地のオーナー様にお集まりいただき感謝です。
かなりの数を用意したブランチとお飲み物も、2時間も経たずに終わってしまい、行き渡らなかったオーナー様には申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・(次回は100食以上用意します!)

アバルト スリーハンドレッド

急遽の招集にも関わらず、早朝5時にはこんなにも沢山のABARTHが終結。
ここから軽く高速道路と椿峠をツーリングして、イベントの目的地である箱根・大観山を目指しました。

アバルト スリーハンドレッド

イベントが始まり、まず驚いたのはTuningECUテストインストールのリクエストの多さ。
施工台数は、過去最高でした(^^)
ご自身のABARTHで、しかも箱根の山を試せるとあって、TuningECUのパフォーマンスを存分に体感して頂けたと思います
おかげさまで大盛況企画になり、ヤマグチが日本の道路とサーキットを命を懸けて走り込んでセッティングしたTuningECUが、とても高い評価を頂けて嬉しい限りでした。

そして今日の珍しいカット。
ABARTH PUNTO系が4台とFIAT PUNTOが1台!
ABARTH500系はもちろんですが、ABARTH PUNTO系も大歓迎ですので、是非お気軽にご参加下さいね☆

スリーハンドレッド アバルト PUNTO EVO

そして本日最も仕事をしたデモカー303号。
朝イチから試乗は大人気で、満タンで持ち込んだのですが途中燃料がなくなり給油。
お昼前に満タンにしたにも拘らず、イベント終了時にはガソリンレベルは帰宅ギリギリくらいの残量でした。。。
皆さん180psのABARTH595は気になられているようで、オリジナルをディーラーさんで試乗された方も多く「このクルマは別物だね」と。
特にスタンダードのターボラグは限りなく解消し、低回転のレスポンス向上、中・高回転のパワーは圧倒的です♪
サブタンクモデルのサスペンションキット by OHLINSも「上質なABARTHだね」と、こちらも高い評価を頂きました。
こうやって自分の作品がオーナー様に直接評価を頂け、その場でいろいろなご意見を頂ける事は、大変勉強になった1日でした。

スリーハンドレッド アバルト

お陰様で事故やトラブルなく、笑顔でイベントを終える事が出来てホッとしております。
定期的に開催するイベントに育てていきたいと思いますので、今回残念ながら参加出来なかったオーナー様は、次回企画で宜しくお願い致します。

アバルト スリーハンドレッド

会社にテントや機材を置きに戻り、ヤマグチのモットーである「その日の汚れはその日のうちに洗う」
次は8月20日に福岡県のスピードパーク恋の浦で開催する「parc. festival of speed 2016」
九州・中国地区のオーナー様、来月は宜しくお願い致します(^^)v

参加されたオーナー様、お手伝い頂いたオーナー様、本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »