THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お天気に恵まれた最高のツーリング☆

お天気に恵まれた最高のツーリング☆

先ほど反省会を終え、無事に帰宅しました。
ご参加頂いた皆様に楽しんで頂けるルートやらチョットしたトラップやらを仕掛けて開催させて頂いた関東ツーリングが無事に終了しました
今回は募集2日で定員に達し、最初の方のエントリーはブログを更新して3分後というハイレスポンスでした。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

まずは集合場所の袖ケ浦海浜公園駐車場ですが、風速10mという強風のなか「防風林ってスゴイ!」という事を身をもって実感。
いろとりどりの元気なABARTHが沢山集まりました☆
風が強いせいもあってか、空気が澄んでいてサンライズは最高でした!

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

今回は参加台数が40台近いので先発隊と後発帯に分けてスタート。
ヤマグチは後発帯でスタートしたものの、駐車場を出て海越しの富士山があまりに綺麗すぎまして・・・
ご一緒したオーナーさんとはしゃぎ過ぎて、最初のコーナーでいきなりミスコースという大失敗をしでかしました。
後ろの皆さん大変失礼致しました!

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

最初の立ち寄りポイントは、ワイルドスピードのロケ地にもなった鋸山。
この鋸山、是非1回訪れてみて下さい。
凄いく良い場所で、自然の凄さ、山頂からの絶景、昔の人たちのパワーを感じる事が出来るスバラシイ場所です。
アップダウンとなかなかの階段がありまして、遠足のシオリに「スニーカーと体温調節の出来る服装が好ましい」という注釈を入れさせて頂いたのはここの事でした☆
息が辛そうな方、体力余裕そうな方、高いところにビビルヤマグチ、ミナサン表情は様々でしたが楽しそうでした♪

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

次の目的地は南房パラダイス。
千葉の山と海の景色を楽しみにながら約1時間程走り南房パラダイスで小休憩。
サスガ南房総?ここまでくると朝の強風が嘘のように穏やかになり、厚手のジャンバーは不要なくらいな気温に。
丁度菜の花が良い花を咲かせていまして、海沿いの景色と相まってステキな時間でした。
長居すると他の方の邪魔になるので最小限の時間で移動です。

次は最終目的地のシラハマ校舎。
60人近い大所帯ですので今日はTHREEHUNDREDで貸し切りでした。
色とりどりのABARTHと参加者全員でパチリ。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

お昼ゴハンは、イセエビカレーとパエリア、サラダにBBQッ!
炭とケムリを見ると血が騒ぐヤマグチ、焼き場でモクモクになりながらひたすら肉を焼いていました(^^)
お天気も最高、ロケーションもステキ、食も進みますしクルマ談議も盛り上がっていました。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

こうして過去最大規模のツーリングは無事に終了しました。
事前準備から当日の先導など、お手伝い頂いたオーナー様も多く、また当日もいろんなオーナー様にお気遣いを頂き本当にありがとうございました。
毎度申し上げていますがTHREEHUNDREDの原点はツーリングからスタートしています。
共通の趣味を持つ方々と、共通のクルマで遊ぶ時間はサイコーであります。

毎回学ぶことが多くツーリングは奥が深いです。
これからも安全に、心の底から笑って頂ける楽しいツーリングを企画していきますので、また次回企画も宜しくお願い致します。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

そして・・・
普通に帰るのではつまらないので、

道の駅に寄り道したり、ビワソフトクリーム食べたりしながら、今回もアクアラインで渋滞するならば「ハッピーな気持ちで帰ろうぜ」という事で東京湾フェリーに乗ることに。
ロケハンの時に「幸せの鐘」なるものを港で発見していまして「オッサン達で鳴らすの恥ずかしいよね」なんて冗談をいっていました。

今日は真面目な交際をされているABARTH乗りのカップルがいらっしゃいましたので、彼氏さんに「ユー、チカイノコトバイッチャイナヨ!」なんて言いながら、オッサン達に囲まれナイスなサンセットのなか「カーンッ、カーンッ」

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

THREEHUNDREDのツーリングでこんなおめでたいシーンがくるとは夢にも思いませんでした☆
お二人ともお幸せにッ!

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »