THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ジブンの歴史を刻む革

ジブンの歴史を刻む革

298を愛してやまなかったのは、
中古車をベースとしていたからだと思います。

綺麗に掃除をしたり、
ヤレているところを直したり、
ジブンの使い勝手に仕上げたり。

新車より手間がかかる分、
カワイイのかもしれません(^^)

今回ご紹介するアイテムは、
THREEHUNDREDのライフスタイル系ブランド「cloTHing」からご提案するアイテムです。

はいッ、
ノートです(^_-)-☆
なんでノート??

背表紙はレザーポーチと同じイタリアンレザーを使いまして、中身のノートがいっぱいになりましたらルーズリーフを切って頂き、新しいノートに入れ替えてお戻しします。
つまりです、裏表の革は一生使えるんです。
「THREEHUNDREDを一生忘れないでね」本意はそうではないですが、気に入ったモノを使い込むって良くないですか(^^)?

革をドンドン使い込んでジブン仕様にしていく。
一生モノのTHREEHUNDREDのノート。
このノートを使い込んでいくと、298を仕上げた時の気持ちに似ているんです。

なんだよ、
結局オモエの寂しいに、
全国のお客様を巻き込んでるだけか(^^)!

そうなりまする(^^ゞ
押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

« »