THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Footwork Parts

THREEHUNDRED アライメントシム セッティング#2

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2125
■商品名 アライメントシム セッティング#2
■適合車種 ABARTH500・595 ・695
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

ABARTH500系のリヤはご存知の通りトーションビームというサスペンション形式。
アライメントの調整幅は実質ゼロでして、強いて言えば取付ボルトを全て緩めて、ボルト穴の余裕を使って角度をつけたい方向に押しながら締めていくという原始的な方法くらい。

アライメントシムはリヤハブとトーションビームの間に挟み込み、キャンバー角とトー角を調整する商品です。
単純にキャンバーやトーをつける斜めのシムをハブに挟み込むと取付ボルトに負荷がかかりますので、反対側にも補正プレートをいれて、ボルトの座りを適正値にして締め込む設定になっています。

アライメントの数値を変更する事で走りの印象が変わり、ABARTH500系ではホイールを外に出してきたり、215幅のタイヤを履くとフェンダーとタイヤが干渉するトラブルを軽減させる効果もあります。
スペーサー等で純正ホイールを外に出したい方にもオススメです。

セッティング#2を組み込むことで現状のアライメントに対して以下の数値を足す事が出来ます。
この数値はTHREEHUNDREDのサスペンションキットでワインディングやサーキットを走る際にベストなハンドリングをもたらすセッティングになっています。
全国のサーキットをデモカーで走り、リヤタイヤの使い方を少しだけ変えたくて、トー角は変えずにキャンバーだけ調整したく、いろいろやった結果がこの数値になります。
戦うABARTHオーナーにオススメのセットアップです。

THREEHUNDREDのアライメントシムは超々ジュラルミンからの削り出しに拘り、1/100という加工精度で限りなく左右差がでない設計と、狙った数値をしっかり数値化出来る加工精度を追求しました。

・キャンバー角 -1.0°
・トー角 ±0

地味なパーツですがいろいろな活用用途があるアライメントシム。
装着するのがもったいなくなるTHREEHUNDREDクオリティでお届けします。

※表記価格は4枚1SETのになります。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED アライメントシム セッティング#1

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2025
■商品名 アライメントシム セッティング#1
■適合車種 ABARTH500・595 ・695
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

ABARTH500系のリヤはご存知の通りトーションビームというサスペンション形式。
アライメントの調整幅は実質ゼロでして、強いて言えば取付ボルトを全て緩めて、ボルト穴の余裕を使って角度をつけたい方向に押しながら締めていくという原始的な方法くらい。

アライメントシムはリヤハブとトーションビームの間に挟み込み、キャンバー角とトー角を調整する商品です。
単純にキャンバーやトーをつける斜めのシムをハブに挟み込むと取付ボルトに負荷がかかりますので、反対側にも補正プレートをいれて、ボルトの座りを適正値にして締め込む設定になっています。

アライメントの数値を変更する事で走りの印象が変わり、ABARTH500系ではホイールを外に出してきたり、215幅のタイヤを履くとフェンダーとタイヤが干渉するトラブルを軽減させる効果もあります。
スペーサー等で純正ホイールを外に出したい方にもオススメです。

セッティング#1を組み込むことで現状のアライメントに対して以下の数値を足す事が出来ます。
THREEHUNDREDのアライメントシムは超々ジュラルミンからの削り出しに拘り、1/100という加工精度で限りなく左右差がでない設計と、狙った数値をしっかり数値化出来る加工精度を追求しました。

・キャンバー角 -1.3°
・トー角 +0°05

地味なパーツですがいろいろな活用用途があるアライメントシム。
装着するのがもったいなくなるTHREEHUNDREDクオリティでお届けします。

※表記価格は4枚1SETのになります。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED サスペンションキット Street

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2310
■商品名 サスペンションキット Street
■適合車種 ABARTH500・595・595C・695・595シリーズ4
■販売価格 ¥298,000-(税抜定価)
■商品仕様
・減衰力調整  前後20段減衰力調整
・バネレート  Front/6kg or 7kg Rear/4kg
・ダンパー形式 正立式フロントダンパー
・車高調整   フロント/ネジ式車高調整・全長調整式
リヤ/ネジ式車高調整
・車高調整幅  フロント約-70mm(595純正車高より)
リヤ約-40mm(595純正車高より)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

 

THREEHUNDREDが自社で保有するデモカーを使い、日本の道、高速道路、ワインディン、サーキットを走り込み、いままで培ってきたABARTHカスタムの経験値をもとに、今考えられる走行のストリートスペックを兼ね備えた商品が、このサスペンションキット Streetになります。

おひとりでワインディングを楽しむフィーリングはもちろん、ご家族や荷物を積んで走る際のマナー、サスペンションを変えるという事は車高の自由度も大切だと思います。
日常のアシとしてもABARTHを使い込んでいるTHREEHUNDREDだからこそ気付く細かなポイントを含め、これらを丁度良く、上質にバランスさせた、ストリートサスペンションになります。

開発段階ではデモカー305でサーキットを走り込み、各サーキットのスポーツ走行やスプリントレースまで参加し、扱いやすいセットアップである事を確認しています。
ABARTH500/595系の最も多い使われ方である「日常のお買い物から、週末はワインディング、ラジアルタイヤでのスポーツ走行」というリクエストに、自信をもってオススメ出来る商品です。

20段階の減衰力調整機構を持ちますので、走りのシーンに合わせてサスペンションのフィーリングを変更して頂けます。
ワンクリックで明確に変わるダンパーフィーリング、お好みのフィーリングにピタリとはまった時の一体感は、サスペンションキットでしか味わえない痛快感覚です。

付属されるスプリングはTHREEHUNDREDがサスペンションキットの為に専用開発したものになり、ダンパーの特性に合わせて許容荷重と変曲点を考慮し、ベストフィーリングを目指しTHREEHUNDREDが開発したスプリングが付属しています。
フロントのバネレートは6kgと7kgが選択可能となりますのでオーダー時にご指定下さい。
6kgはストリートがメインのオーナー様、7kgはワインディングでよりクイックなハンドリング、強いブレーキングやロール量をコントロールしたいオーナー様に適しています。
※7kgをチョイスして頂いても、乗り心地への影響はホボ気にならない範囲だと思います。

別売りのリバウンドストップラバー(THAB2011)とスタビライザーリンク(THAB2212)を同時装着される事で、路面の入力をよりダンパーに伝える事が出来ますので、走りは更に上質なフィーリングへと変化します。

ピロアッパーマウント(THAB2118)も装着が可能となりまして、シャープなハンドリングを追求されるオーナー様にはオススメの組み合わせです。

スペシャルセッティングをご希望のオーナー様は、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED ロワリングスプリング ABARTH500/595

 

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2021
■商品名 ロワリングスプリング
■販売価格 ¥87,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH500・595・595C・695
<先行受注商品となります、6月上旬よりデリバリーを開始します>
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

▼ ABARTH500/595 Spec
スプリングレート Front:1.5kg Rear:1.75kg(最大値)
車高 Front:-30mm Rear:-35mm
スプリングカラー コルサホワイト
付属品:リバウンドストップラバー・リヤバンプストップラバー

THREEHUNDREDが今まで全国の道で学んできた経験を元に、ABARTH500/595の為だけに作り上げたロワリングスプリング。
いままで相当なお問い合わせを頂き続け、かたくなに製品化を拒んできたのには訳があります。

「お客様の目を見てオススメ出来る商品を作り上げる自信が無かったからです」

今回製品化に大きく舵をきったのは、THREEHUNDREDのモノ作りへの想いと、製品への並々ならぬ細かな拘りを理解してくれる一人の技術者と工場さんとの出会いがキッカケでした。

試作品がデモカーに組まれて帰ってきて、正直あまり期待しないで試乗をしたのですが、そのフィーリングに驚いた事を今でも鮮明に覚えています。
ホイールベースが短くトレッドも狭いABARTH500は、どうしてもチョコマカしhがちです。
それに付け加え、リヤのトーションビームは荒れた路面からの激しい入力は苦手で、振動とサスペンションの仕事量のバランスがドンドン合わなくない、最終的にはヒョコヒョコ感としてドライバーに伝わります。

ストリートユースでよくある少し荒れた路面が最も苦手だったABARTH500ですが、この辺りのマナーがとても上質で、且つ少し速い速度で流れる幹線道路や高速道路では、そのフィーリングは更に良い方向になります。
車高や細かな乗り心地のモディファイを繰り返し、THREEHUNDREDのブランドネームを付けても恥ずかしくない商品に仕上がりました。

LOWERING SPRINGはこんなコンセプトで開発しました。

・車高は上品なシャコタン
・価格はそれなりに張るけれどそれには訳がある
・ノーマルダンパーでも高い路面追従性としなやかな乗り心地を両立

ノーマル形状にしか表現できない「どんなシーンでもコントロール下にある心地よいロール感」を大切に、固くもなく、かといってフワフワでもなく、ストロークした時にスプリングのボリューム感を体感してもらえる商品に仕上がっていると思います。
ノーマルダンパーとの相性を追求していますので、車高を下げたからと言っても不快なフィーリングは感じないと思います。

キットには、THREEHUNDREDの大ヒット商品であるリバウンドストップラバーを付属し、ステアリングフィールと路面追従性を大幅に向上させつつ、リヤには専用開発のバンプストップラバーを付属させていおり、これに積極的にあてる流行りのセットアップを採用し、リヤの容量不足をバンプストップラバーを活用しながら補っています。

※価格はスプリング1台分と、リバウンドストップラバー、リヤバンプストップラバーを含んでいます。
※車高値は車両個体差により、記載の数値と異なる場合があります。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED スポーツローター BREMBOキャリパー用リプレイスメント

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2022
■商品名 スポーツローター
■販売価格 ¥78,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH595・695・純正オプションBrembo 2Pローター用
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

<先行受注商品です、5月20日頃を目途に出荷させて頂きます>

純正BREMBOキャリパーに採用されている2Pローターは補修設定がありません。
摩耗するとベルハウジングごとのAssy交換となり、非常に高価な買い物になってしまいます。
ワインディングやサーキットでの高温使用下ではジャダーの発生率が高く、ドリルドローターはヒートクラックが入りやすいデメリット要素を抱えていたりします。

THREEHUNDREDのスポーツローターは、ロータードーナツ部分を単品供給しますので、今お使いのベルハウジングはそのまま流用し、補修コストを抑える事が出来ます。
またオリジナルディティールとなるスリット加工は、見た目のみならず、パットのダスト除去効果と、リニアなペダルフィーリングを狙っています。

ローター自体の素材選定も走り込みを行いまして、日々のストリートユースからワインディング、サーキットの連続周回まで安定した制動をもたらします。
THREEHUNDREDのブレーキパットとの相性も良く、ノーマルパットでもそのフィーリングを体感して頂けると思います。

表面はパーカー処理を施しブラックアウトしていますので、防錆効果と見た目の雰囲気を大切にしました。
ブレーキをかければパットのあたり面の黒は剥がれてしまいますが、それ以外の部分は黒く残りますので、長くお使い頂く際の安心になると思います。

耐久テストでボビンはよほどの距離が出ているか、傷んでいない限り流用使用に耐える事を確認しています。
交換の際にはオプションで設定もさせて頂きます。

※表記価格は2枚1SETのになります。
※本商品にはベルハウジング、ボビンは付属しません。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED ピロアッパーマウント(ノーマルダンパー用)

アバルト ピロアッパー アバルト サスペンション ピロアッパー

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2118
■商品名 ピロアッパーマウント(ノーマルダンパー用)
■販売価格 ¥89,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH500/595/695 ノーマルダンパー/esseesse KONI等
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

<先行受注品となりまして、6月初旬よりデリバリーを開始します>

ノーマルアッパーマウントと比べると、そのフィーリングの差は歴然で、バンプとりバンプでしっかりとダンパーとスプリングの特性を使い切れるようになりますので、乗り心地も上質になり、且つステアリングフィールは数ミリのステアリング操作に敏感に反応する俊敏性を備えます。
ロワリングスプリングにピロアッパーマウントという組み合わせも良いかもしれません☆

ABARTH500系の走りをよりシャープな挙動へ、そして正確なステアリングインフォメーションへと変化させるピロアッパーマウント。
リバウンドストップラバーの恩恵を知っているオーナー様は、この車種のアッパーマウントカスタムがどれほど効果があるかご存知だと思います。

ピロボールと聞くとなかなかハードなパーツをイメージされる方も多いと思いますが、クオリティの高いピロボールと、組み合わされる周辺パーツをしっかりとした設計で作れば、作動音は皆無に等しく、ボディ側へもボルトオン装着が可能です。
製品は完全MADE in JAPANの高精度な超超ジュラルミン削り出しとなり、ウルトラハイクオリティな商品に仕上がりました(^^ゞ、

ピロアッパーマウントを装着する事で、ルーズなフロントアッパーマウントが固定されますので、ブレーキング時のトーやキャンバー変化が無くなり、ABARTH500が持つ本来の挙動でドライビングする事が可能となります。
ストリート走行でも、ダンパーが積極的に仕事をするようになりますので、車の印象はマイルドな乗り心地に変化します。

※本商品はノーマル形状ダンパー用となります
※他社製車高調にも取り付けが可能です(適合につきましてはお問い合わせ下さい)
※画像は試作品になりますので、量産品とは一部形状が異なります。

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED TH300 ABARTH500/595 ブレーキパット Rear

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2016
■商品名 TH300
■販売価格 ¥28,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH500・500c・595・595C
■取扱説明書ダウンロード TH300・ブレーキパット取扱説明書
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

 
スポーツラジアルタイヤでサーキット走行とワインディングをしっかり楽しみたいオーナー様向けのブレーキパットになります。
絶対制動ももちろんですが、高い温度域でもペダルストロークを感じながらブレーキングして頂けるようなイメージで、ブレーキリリースも含めフィーリングが良いブレーキパットに仕上がっています。
サーキットでの連続走行にも十分に耐えますので、走行会やスプリントレースでコンマ何秒を削れるようなブレーキパットとなっており、ABARTH専用にTHREEHUNDREDが開発したフラッグシップモデルとなります。

ABARTH500系のリヤパットの仕事量はかなり少ないです。
クルマを止める為の絶対的な制動力ももちろんなのですが、ブレーキング時の姿勢を作り出す補助的な役割といったイメージだと思います。
FFはブレーキを引きづりながらターインするようなシーンが多いと思いますが、フロント荷重になり過ぎればリヤはブレイクするかアンダーステアになりますし、荷重が無さすぎるとこれまたアンダーステア傾向になると思います。

ここを上手くバランスさせるのがリヤブレーキパットの仕事で、たまにお見かけしますがフロントには良いブレーキパーツを装着していますが、リヤはノーマルというオーナー様がいらっしゃいます。
是非リヤパットも変えてみて下さい、今までのクルマの動きとは少し違うシャープな挙動になると思います。

▽ 商品スペック
推奨シーン  ワインディング~サーキット
素材     ロースチール材
平均摩擦係数 0.37~0.41
対応温度域  50~650℃
パットカラー ブラック

スポーツ走行をメインとしていますが、パット素材にはロースチール材を採用していますので、ローター攻撃性も少なめな設計となっています。
ブレーキ鳴きはローター被膜の状態次第では少々鳴きます、ここは制動力の代償という事でご理解下さい。

※パットセンサーは付属しません。
※走られるサーキットや車重に応じた摩材もご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED TH300 ABARTH500/595 ブレーキパット Front

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2014
■商品名 TH300
■販売価格 ¥29,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH500・500c・595・595C
■取扱説明書ダウンロード TH300・ブレーキパット取扱説明書
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

 
スポーツラジアルタイヤでサーキット走行とワインディングをしっかり楽しみたいオーナー様向けのブレーキパットになります。
絶対制動ももちろんですが、高い温度域でもペダルストロークを感じながらブレーキングして頂けるようなイメージで、ブレーキリリースも含めフィーリングが良いブレーキパットに仕上がっています。
サーキットでの連続走行にも十分に耐えますので、走行会やスプリントレースでコンマ何秒を削れるようなブレーキパットとなっており、ABARTH専用にTHREEHUNDREDが開発したフラッグシップモデルとなります。

▽ 商品スペック
推奨シーン  ワインディング~サーキット
素材     ロースチール材
平均摩擦係数 0.37~0.41
対応温度域  50~650℃
パットカラー ブラック

スポーツ走行をメインとしていますが、パット素材にはロースチール材を採用していますので、ローター攻撃性も少なめな設計となっています。
ブレーキ鳴きはローター被膜の状態次第では少々鳴きます、ここは制動力の代償という事でご理解下さい。

※パットセンサーは付属しません。
※走られるサーキットや車重に応じた摩材もご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED TH300 ABARTH595/695 BREMBO用 ブレーキパット

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2015
■商品名 TH300
■販売価格 ¥31,000-(税抜定価)
■適合車種 ABARTH500・500c・595・595C
■取扱説明書ダウンロード TH300・ブレーキパット取扱説明書
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

 
スポーツラジアルタイヤでサーキット走行とワインディングをしっかり楽しみたいオーナー様向けのブレーキパットになります。
絶対制動ももちろんですが、高い温度域でもペダルストロークを感じながらブレーキングして頂けるようなイメージで、ブレーキリリースも含めフィーリングが良いブレーキパットに仕上がっています。
サーキットでの連続走行にも十分に耐えますので、走行会やスプリントレースでコンマ何秒を削れるようなブレーキパットとなっており、ABARTH専用にTHREEHUNDREDが開発したフラッグシップモデルとなります。

▽ 商品スペック
推奨シーン  ワインディング~サーキット
素材     ロースチール材
平均摩擦係数 0.37~0.41
対応温度域  50~650℃
パットカラー ブラック

スポーツ走行をメインとしていますが、パット素材にはロースチール材を採用していますので、ローター攻撃性も少なめな設計となっています。
ブレーキ鳴きはローター被膜の状態次第では少々鳴きます、ここは制動力の代償という事でご理解下さい。

※パットセンサーは付属しません。
※走られるサーキットや車重に応じた摩材もご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREE HUNDRED サスペンションキット サブタンクモデル

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2110
■商品名 サスペンションキット by OHLINS リヤサブタンクモデル
■販売価格 SOLD OUT
■適合車種 ABARTH500・595・595C・695
■商品仕様
・減衰力調整 前後20段減衰力調整
・バネレート Front/5kg Rear/4.85kg
・車高調整 フロント/ねじ式調整 リヤ/専用シムにて車高調整

・倒立マウントダンパー
・キャンバー調整機構(フロント)
・リバウンドストップラバー(フロント)
・調整式スタビライザーリンク(フロント)
・20段調整・サブタンク(リヤ)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

サスペンションキット by OHLINSをデリバリーし、その後も開発の手を緩めることなく常に上を目指し開発を進めてきました。
通常モデルでもそのパフォーマンスは十分ではありますが、さらなるハンドリングと上質な乗り味を求め開発されたのがこのサブタンク付きモデルになります。

フロントは従来のサスペンションキット by OHLINSと見た目こそ同じですが、減衰力の特性を別セッティングとして、従来モデルよりダンパーがストロークする際の特性を穏やかに、ストロークが伸びる際の減衰力を見直し、これらによりガス圧も変更しています。
従来モデルよりフラットな乗り味を実現しながら鋭い回答性を実現しています。

リヤには専用のサブタンクを装備しダンパー容量が格段に増えています。
ABARTH500系のリヤサスペンションはトーションビームを採用しており、少ないダンパー容量とストローク量、車高を落としてくるとダンパーが横を向いてマウントされる為、ダンパーには過大な負荷がかかります。

今回リヤをサブタンクにする事でいろいろな自由度が生まれ、まずは小さく容量の少ないメインダンパーにサブタンクを追加する事で、メインダンパーのフリーピストンをサブタンクに移す事が出来ます。
これでメインダンパーの容量を格段に上げる事が出来ます。

もともとサスペンションキット by OHLINSはリヤにネジ式車高調整機構を持たせておらず、これをする事で有効ストロークを削ってしまう事を嫌ってになります。
このサブタンクモデルにする事で、ベースモデルで確保したストロークを更に有効活用する事が出来、荒れた路面や大きな入力に対してダンパーのキャパが飛躍的に向上しています。
取り付け部の目玉ブッシュのサイズも大きく出来ていますので、ダンパーにかかる負荷を大幅に軽減しています。

容量が大きくなった事と、ストローク量を増やせた事、バンプとリバンプの減衰力を共に20段調整できますので、実に400通りのクリックによるセットアップが可能となります。
特にABARTH500系のリヤ周りは軽い事もあり、ワンクリックでの挙動の変化が確実に感じて頂けますので、ワインディングやサーキットでは、ご自身の好みに合わせたフィーリングを作って頂けると思います。

ABARTH500を全国のワインディングとサーキットで常に走らせ続けてきたTHREEHUNDREDのノウハウを詰め込んだサブタンクモデル。
減衰クリックを開けて乗って頂ければオリジナルKONIダンパーよりもマイルドに、ひとたびクリックを絞め込めばどんなシーンにも対応する、正にオールラウンドサスペンションとなっています。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください