THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


THREE HUNDRED Tuning ECU FOR GarrettTurbine

THREE HUNDRED Tuning ECU FOR GarrettTurbine

 

 

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2107
■商品名 Tuning ECU FOR GarrettTurbine
■適合車種 ABARTH595・695・SpecialSetting
■オーダーシートダウンロード Tunig ECU オーダーシート
※ECUを弊社にお送りいただく際、必ずオーダーシートに必要事項をご記入をいただき、ECUと合わせてお送りください。
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

 
これまで沢山のTuning DATAを、ストリート、ワインディング、高速道路、サーキット、お盆の東名渋滞50kmなどなど、いろいろなシーンで試し走行してきました。
デモカーのABARTH500は、毎日の移動手段として元気に都内を走り回っていますので、ABARTH OnlyのECU DATAをとことん追求する事が出来る環境が、他のECU DATAと大きく違う所かと思います。

■ 計測車両 2017y ABARTH 595 competizione 外気温18℃
スタンダード 170.5ps/5039rpm 24.5kg/m/3930rpm
TuningECU 205.7ps/4653rpm 35.4kg/m/3714rpm

ABARTH595&695系のGarrettTurbineは、ピークパワーこそ圧倒的な加速フィールですが、低回転のピックアップ不足やターボラグ、ピックアップ不足を不満に思うオーナー様は多いはず。
まずはここに重点を置き、ストリートでの乗り易さをセッティングしました。

そしてタービンが回ってからの圧倒的な更なるパワーです。
ゼンカイスタートダッシュを決めると、2速後半までトラクションコントロールの警告灯が点滅し、圧倒的な加速で異次元のスピード領域へ突入します。
低速・中速のレスポンスとトルクを積み増ししていますので、より乗り易くアクセル開度に応じたパフォーマンスがTuningECUのセールスポイントであります。

THREE HUNDREDが理想とするECU DATAは、絶対的なパフォーマンスも大事なのですが、車全体が軽快に感じられて、ドライバーと一体感が生まれるようなフィーリングを目指してきました。
例えば街中をトロトロ走る時など、タービンがまわらないとドンクサイNAですが、その状態でもキビキビ走る事であったり、タービンのピックアップを良くして実馬力よりも車全体が軽快に感じてもらえるようなフィーリングであったり、ターボが効きはじめて、その加速感がターボなのに高回転域まで気持ちよく維持できる特性であったりと。

でも実用車なので燃費は気になるし・・・。
パワーと燃費という、相反する難しい理想を追求しながら様々な道路を走り回り、全てが理想のバランスできたのがTHREE HUNDREDのTunig ECUだと思っています。
乗って頂ければ、その完成度の高さに数百メートルで気づいて頂けると思います。

■ 保証と必ずご確認いただきたい事
製品保証はTunig ECUをインストールした日から1年間となります。
ディーラー等のサービスアップデートでノーマルに戻ってしまった場合、保証期間中1回に限り無償で再施工させていただきます。
それ以降の再インストールにつきましては別途施工費用をいただきます。(要お見積)

Tuning ECUは車両の限界性能を狙うようなセッティングは行っていません。
通常使用では十分なキャパシティを確保した上で開発を行っていますが、Tuning ECUインストール後の使用過程におけるエンジン、各センサーなどの故障による不具合は保証の対象とはなりません。
使用過程におけるチェックランプの点灯、エンジントラブルやブロー、駆動系やトランスミッションの故障や不具合、クラッチのすべりや破損、各ホースの破裂やタービンの焼き付きや破損、ブレーキの不具合などについても保証の対象とはなりません。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »