THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


THREEHUNDRED Best Custom Award 2017

THREEHUNDRED Best Custom Award 2017

■ THREEHUNDRED Best Custom Award 2017


2017年5月27日に富士スピードウェイで開催させて頂いたTHREEHUNDREDmeeting FujiSpeedWay 2017。

200台のABARTHからTHREEHUNDREDが2台のBest CustomされたABARTHを選びました。

この企画、イベント2週間前にワタクシヤマグチが突然思い立ちまして、スタッフをかなり混乱させましたが強行いたしました(^^ゞ

Customは究極の自己満足だと思うのです、その自己満足のカタチを同じABARTHを愛する仲間に自慢する場所があってもいいのではないか。

そんな想いから、このTHREEHUNDRED Best Custom Award 2017を設けさせて頂きました。



ABARTHという最高のベースをカスタムするという行為はもちろんなのですが、ABARTHとオーナー様の一体感や、並べ方、いろんな表現方法があって良いと思うのです。

ワタシも一人のイタリア車を愛するモノとして、カッコよくABARTHを乗りこなしたいし、常にシャレオツでありたいと思っています。






今回は初回という事もあり、突然の告知という事もあり、我々スタッフも勝手が分からない部分もありましたが、来年も開催するであろうTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayの会場で、第2回大会も開催したいと思っています。

いろいろな個性や表現方法があると思います、我々THREEHUNDREDスタッフを驚かせるような素晴らしいABARTHとオーナー様に出会える事を、今から楽しみにしております。

ここに、記念すべき1回大会のAwardを受賞されたステキな2台とお2人のオーナー様をご紹介させて頂きます。



■ ヤマグチが選ぶBest ABARTH595

ABARTH595


THREEHUNDREDのアイテムでもダントツの人気を誇るCARBON PARTS。

ワタクシヤマグチもそうですが、やっぱりCARBONにはRacing Fieldのニオイを感じさせる、特別な魅力がこの素材には宿っていると思います。

今回選ばせて頂いたABARTH595も、そんなCARBON PARTSが数多く装着されていて、会場でただならぬオーラを放っていた1台で、思わず「ォォォォッ!」と目線が釘付けになりました。

やっぱりABARTHにはCARBONが良く似合うなと思わせるCustomです。




■ ヤマジが選らぶBest ABARTH500

ABARTH500


ビアンコイリタードというABARTH500の初期モデルに存在した美しいパールホワイト。

程よく上品に落ちた車高がステキで、足元にはNeroScorpioneなes-02が大人のボディカラーにそっとアクセントを添えるイメージです。

ポイントポイントにCARBON PARTSをアクセントで装着し、THREEHUNDREDのブランドコンセプトにも近い、都会派オシャレ仕様に仕上がった1台です。










このエントリーをはてなブックマークに追加

« »