THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


2018年

懐かしい画像

今日は早朝から自宅でオシゴト。
PCの古いファイルを整理していたら、凄く懐かしい画像が出てきました。
2016年5月16日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでのワンカット。
久々にこの時のBlogを見たら参加台数55台ッ!
今はヤマグチのLINEグループ「THREEHUNDRED Circuit Circles」のメンバーだけで30台を超えています。
楽しくABARTHアソビをさせて頂いている事に感謝です(^_-)-☆

デモカー302と303のランデブーです。
カワイイですね(^_-)-☆
気が付けばデモカーシリーズは来月で308に突入。
アンダーグラウンドシリーズでは297まで番手が進んでいます。

今日はオフィシャルイベントの企画を練り始めています。
ヤマグチ的には相当チャレンジングな規模で開催しようと思っているエリアもあり、ワクワクというか心臓バクバクであります。。。
週明けには諸々にGOを出す予定でありまして、日程は早めにご案内出来るようにさせて頂きます。

THREE HUNDRED アバルトParts

大反響につき(^_-)-☆

先日ご紹介したこのABARTH595/PP。
海外からの反響がハンパ無くて「もう少しいろんな角度で紹介しろッ!!」という事で、丁度ご入庫頂いていますので改めてご紹介します(^^ゞ

フロント周りは、カーボンリップスポイラーカーボンアンダースポイラーを取り付けています。
ヤマジお手製のイエローラインがステキです☆

足回りはサスペンションキットStreetですが、サーキットを走るオーナーなのでセットアップはwinding+とStreetの中間位というスペシャルセッティングです。
ブレーキはTH300で、TuningECUはアップデート版をインストール。
超絶速いです・・・(^^)v

ホイールはes-03でサイズは17×7.5J ET35という定番サイズに、走りのシーンに合わせてスペーサー対応しています。
お色は黄色のボディに抜群の相性となるグリジオメタリコです。
マフラーはmember限定のレーシングマフラー(ステンレステール)で快音を奏でています♪

このパッケージは595/S4系の新たなブームになりそうな予感です(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

es-07のファーストロットが続々出荷☆

9月16日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでお披露目したes-07.
ありがたいことに会場で沢山のオーダーを頂戴しました。

超軽量の「戦う3Pホイール」をコンセプトに掲げたこのホイールですが、最後の最後で開発につまずいてしまい出荷が遅れておりまして申し訳ありませんでした。
軽量を追及していることから、最後の強度評価でNGを連発しましたが、何とか修正を繰り返しイメージ通りの6kg台で着地できました(^^ゞ

先日から無事にファーストロットの出荷がはじまりまして、いの一番にオーダーを頂いたABARTH 124 Spiderオーナー様から装着画像を頂戴しましたのでご紹介します(因みにデモカー306ではありません 笑)

サイズはフロントが17x8J ET39 4/100 スタンダードディスク、リヤが17x9J ET39 4/100 スタンダードディスクになります。
オプションのブラックピアスボルトと特注カラーでお作りしました。

実にステキです(^_-)-☆
商品ページがまだ更新できていませんが、近日中にTHESTOREに公開させて頂きます。

THREE HUNDRED アバルトParts

赤いボディに良く似合う☆

es-03はes wheelの中でも一番人気のデザインです。
最近ではカスタムカラーでの受注がとも多い状況ですが、レギュラーカラーのグリジオメタリコはどんなボディカラーにも合わせやすいオールラウンダーなお色になっています。

今日はロッソ・オフィチーネにグリジオメタリコという、ヤマグチ的にはテッパンな組み合わせでお取り付け頂いた595をご紹介させて頂きます。
サイズは17X7.5J ET30になり、サイス的には少し攻めた数字になっていまして、タイヤサイズは215/40-17になります。
このくらいのサイズになってくると、見た目も良い感じのツラ具合になってきます(^_-)-☆

■ es-03 商品ページはコチラから

カーボンリップスポイラーType-2も相まって、迫力ある595に仕上がりました(^^ゞ
オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

ありがとうデモカー307(^_-)-☆

去年のMYSでオーダーして、注文から納車まで約7ヵ月待ってTHREEHUNDREDにやってきたデモカー307.
グリジオピスタというヤマグチ的にドストライクなボディカラーに、あえてのシルバーキャリパー、そしてタバコSabeltという渋い仕様でした。
それをTHREEHUNDREDのワイドボディキットにes-07という今までのTHREEHUNDREDのデモカーとは一味違う雰囲気に仕立てました。
ヤマグチ的にも、とても気に入っている1台でしたが、分かれは突然やってきました。

THREEHUNDRED立ち上げ当初はオフィスなんて構える余裕もなく、TuningECUのインストールは自宅のガレージにお越し頂いて施工させて頂いていました。
その頃からお付き合い頂いているオーナー様が、先日タービン交換のご相談をしにDT3にお越し頂き、カスタムプランをいろいろとご提案させて頂いていました。

ただ良いモノを追及するとナカナカオトコマエなお見積りになってしまい、非常に良いコンディションのABARTH595でしたが、5年5万キロという状態でしたのでオーナー様もカスタムするか乗り換えるかを悩まれていました。。。
ご縁やタイミングというのは不思議なもので、このオーナー様なら間違いないとフト思い、デモカー307をお譲りするご紹介をさせて頂いたら、今まで悩まれていた雲は一気に吹っ飛び、一つ返事で喜んで頂けました。
ヤマグチ的にはデモカーの嫁ぎ先にはかなり慎重でして、THREEHUNDREDを愛して下さっていて、長く大切にお乗り頂ける方にしかお譲りしたくないのがホンネです。

デモカー307はTHREEHUNDREDに在籍している時間より、納車待ちの時間の方が長かったです(^^)
もともと走り系に振るつもりはなかったのでフルコンプリート状態ではなかった307.
ここは次期オーナー様が愛とコストをかけて、フルコンプリート仕様にカスタムをしてからご納車させて頂く事になりました。

しかも来季のご提案になりますが、走行距離が出て少々お疲れのエンジンに対して、オーバーホール+カスタムプランのご提案を計画していまして、そのサンプル車両としてもご活躍頂く予定です。
現在エンジンをバラバラにしてまして、いろんな箇所の計測と適正化をしています。
エンジン単体でもモアパワーと壊れにくい仕様に仕上げる予定で、タービンキットと合わせてバランスの良いカッ飛びABARTHに仕立てる予定です。

デモカー307が海外に与えたインパクトは絶大でした。
このABARTHを製作してから、いろんな扉が開いたことは間違いありません。
新しいオーナー様の元に嫁いでも、かなり近い存在なので安心であります。
デモカー307、短い間だったけどありがとう(^^ゞ

そして年末にはデモカー308がTHREEHUNDREDにやってきます。
実は次もご縁あってグリジオピスタなんです。
ヤマグチ307未練タラタラであります・・・

押忍ッ!

THREE HUNDRED アバルトParts

おやおやおや(^^♪

全国にTHREEHUNDREDのデモカーと同じ仕様のABARTH500やABARTH124Spiderが存在しています。
これが嬉しい事にかなりの台数いらっしゃいます(^^)v

先日オーナー様から1枚の画像を頂きました。
お作りしたABARTHの単独での画像は多々拝見しますが、2台並んでの画像は初めてでした☆
先日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでオーナー様同士をご紹介したご縁で、その後お住いのエリアも近いことからコミュニケーションされているようです。

なんだか嬉しいですね(^_-)-☆
お二方、いつもありがとうございます!!

THREE HUNDRED アバルトParts

カッコ良すぎるッ!!!

THREEHUNDREDの新しい提案として今年から発売をスタートしたカーボンリップスポイラーTYPE-Ⅱ(500/S1~S3)カーボンアンダースポイラー(595/S4)ですが、ここのところこのスポイラーが人気でして(^_-)-☆
いろいろ作り込みすぎて販売価格がイメージより高くなってしまっているのが申し訳ありませんが、そのクオリティや雰囲気はキットご満足頂けると思います。

最近myブームなラインアクセントもステキです。
この595/S4は最近お作りさせて頂いた中で一番のお気に入りなABARTH。
オーナーさまのリクエストをお聞きしながら作り上げた1台です。

カスタムのカタチは無限大。
これからもいろんな表現方法でABARTHカスタムをオーナー様と一緒に楽しみたいと思います。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ホンジツ富士スピードウェイにて

今日は絶好のサーキット日和の中、ABARTH仲間8台で富士スピードウェイを走ってきました。
この土日でイベントがあるのか、コース上は物凄い台数のヴィッツと86が走っている事に加え、通常のスポーツ走行の車両も多く、朝イチから60台の満車で大混雑の富士スピードウェイです。

デモカー298は今年のはじめから謎のトラブルを抱えまくり、まともに走っていませんでしたが、バラバラにする事数えきれないくらい(笑)、ようやく長いトンネルの出口が見えてきました☆
昨日までのダイノパックでのセットアップでは、パワーが240ps/5700rpm、トルクが30kgm/5300rpmという超高回転な特性ではありますが、ここから更にセットアップを詰めて、皆様に安心してお乗り頂ける状態に仕上げます。
同じ日に計測したギャレットタービンのノーマル595が155ps/21kgmという数字なので、298のスペックはなかなかのハイスコアであります(^^)v

THREEHUNDREDのタービンキットは、「ヨシこれで世に出せる!」と思ったら何か起こり、直して「これで大丈夫!!」と思ったら、違うトラブルが出てを繰り返しておりまして、正にヤマグチお得意のデルデル詐欺で申し訳ありませんでした。。。
現在3台の車両で開発テストを行っていますが、トラブルが集中的に起こるのはデモカー298ばかり。
他の2台は快調に走っていまして、MTとMTAの特性や、MTA独特の制御も分かってきましたて、そろそろイケル感じがしてまいりました(^_-)-☆

今日のデモカー298は大混雑のコース上を右へ左へグリグリかき分けて走って2:06:301、最高速度は208kmでした。
MT仕様の方は2:04秒台に入っていますので、タービンキットのセットアップもいよいよ大詰めになってきました。
日々のお買い物や通勤にも使え、時にはサーキットでタイムアタックまでカバー出来る懐を持ち合わせるTHREEHUNDREDのタービンキット。
ゼンカイ時には「これぞチューニングカー!!!」という加速でニヤリなのはオーナーだけの特権であります。

コース上ももちろん楽しかったのですが、パドックでコーヒーを飲みながら仲間とクルマ談議で盛り上がるのもまた楽しい時間。
前回はコーヒー豆の選択を失敗し、ミンナから大ヒンシュクを頂戴しましたので、今回は安定のブルーボトルを仕入れてきて万全の体制☆
と思ったら、コーヒーを淹れる道具を忘れるというヤマグチらしいミス・・・
「どーせお前のやる事は何となくそーぞーしてるから」(笑)と察して下さったオーナー様が道具を持ってきてくれているというミラクルに救われました(^^)v
今日は久々にシゴトモードを抜けて、楽しいサーキットアソビが出来てとても幸せでした。

先ほど帰宅して、これからムスメとプールでバトルです(^^ゞ
ご一緒したミナサマ、お疲れ様でした。
次は12/30の袖ヶ浦フォレストレースウェイで走り納です♪

THREE HUNDRED アバルトParts

ABARTH PUNTO系もね☆

今更ですが、ABARTH PUNTO/ABARTH PUNTO EVO系のホイール選択肢、なかなか合うものが無くて皆さん苦労されると思います。
es wheelはABARTH専用設計ですので、ABARTH PUNTO/ABARTH PUNTO EVOにもモチロン製作可能であります。

ABARTH PUNTO ホイール

車格的なものなのか、オーダーの殆どがes-03に集中していますがぁ。。。
定番は7.5J ET35ですが、先日は9Jをいれたりもしました(^^)v

マッチングもノウハウありますので、是非ご気軽にご相談頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

関東を西へ東へいったりきたり

今日の相棒はすごく久々にFIAT500C-1.2pop。
出勤はデモカー297だったので、アバルトとフィアットのオープンモデルを乗り比べの日です(^^)v

ファイアエンジンの軽くどこまでも回っていくフィーリングは、アバルトのT-JETにはない感覚で、これはこれでステキです☆

午後からは来年の関東ツーリングの打ち合わせをしてきます。
今回はご家族でもかなり楽しんでもらえそうな企画を考えてますので、楽しみにしていて下さいね。

どこに行くのかですか?
えーとですね、ヤマグチが行きたいところ、見たいところに、皆さんを巻き込む感じであります( ̄^ ̄)ゞ

押忍ッ。