THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


05月

差し上げます(^^ゞ

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBA前に、ヤマジが4日くらいカンヅメで作り上げたTHREEHUNDREDのカタログ。
64ページに及ぶTHREEHUNDREDからのメッセージが詰まった作品になっています。
ヤマジ曰く「まだ大分ページが足らなかった・・・」との事。
こんなのを毎年作っていきたいなと。

アバルト スリーハンドレッド

このカタログには、ヤマグチが伝えたかった「THREEHUNDREDの世界観」が詰まっています。
渋谷区に拘り、クルマを愛し、ABARTHでつながった大切な絆のチカラを、是非見てやってください。

アバルト スリーハンドレッド

全国のTHREEHUNDRED connectでお配りしていますが、THESTOREで商品をご購入頂いた全ての方に差し上げています(^^ゞ
カスタムの可能性は無限大。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

愛情タップリな595

仕事柄沢山のABARTHに乗ります。
日頃からシッカリメンテナンスされている個体はやっぱり乗り味が違います☆

アバルト 595 スリーハンドレッド

このABARTH595は3年以上お付き合いさせて頂いているオーナー様で、お預かりする度に愛情がタップリ注がれているなと思います。
5万キロ走っているのに、乗った時のフィーリングが全然違いますし、物凄く軽快に走ります。

アバルト es wheel

そしてボディ同色に白のラインをいれて特別にお作りしたes-02もGoooodです(^_-)-☆
今回は前後パットをTH200からTH300へアップグレード、前後ローターをスポーツブレーキローターに変更されました。

いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

ザワザワしてきましたね☆

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでお披露目したTHREEHUNDREDのBody kit。
先週くらいからザワザワしてきました(^_-)-☆
いろいろお問い合わせ頂いております。

アバルト スリーハンドレッド ワイドボディ

アバルト スリーハンドレッド ワイドボディ

アバルト スリーハンドレッド ワイドボディ

9月16日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed WayではふくらんだABARTH500が何台か見られるかもです☆
ヤマグチ仕事が遅く、いろんな商品がTHESTOREに更新できていなくてゴメンナサイ。。。
今週中には全ての新製品をTHESTOREに更新させて頂きます。
Body Kitは以下のTHREEHUNDRED connectでお取り扱いをしていますので、取り付けも含めお気軽にご相談頂けたらと思います。

ロッソカーズ 〒997-0051 山形県鶴岡市荒井京田荒田248-8
ミスタータイヤマン三鷹店 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6
スティーレ 〒334-0056 埼玉県川口市峯216-1 048-229-2280
parc. 〒819-0001 福岡県福岡市西区小戸1-36-12 092-518-5264

もちろん弊社に直接お問い合わせ頂いても結構です。
宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

ヤテツデゴトシ

今日はお台場で現場作業員です。
只今ゴールデンタイムにき、湾岸をゼンカイで走り抜けるチューニングカーサウンドを聞きながらの設営作業。
遠い東の空は少し明るくなってきました。

お昼からはアバルト仲間のご自宅でBBQ。
ムスメとお邪魔する予定です。

人生は瞬く間に過ぎてゆきます。
アサビもシゴトもゼンカイ( ̄^ ̄)ゞ

ギリギリセーフ。

タブン、ここのコインパーキングの車止めの高さは都内でも高い方だと思います。
恐る恐るチャレンジしてみると…

アバルト スリーハンドレッド

ギリギリセーフ。
基本的には一般的な高さの車止めはクリア出来るように、なるべく地上高を下げないでカッコ良く見えるデザインを心がけています。

このカットだと、カーボンリヤアンダーファンの複雑なディティールが分かりますね(^^)

タイヘン目立ちます

今日は平塚までいつもお世話になっているオーナー様のABARTH 124 Spiderを引き取りに、デモカー306に乗って出かけました。
3月にDT3にやってきたのですが、まだ走行距離が350kmというドシンシャです。
先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAギリギリまで工場でトッカン作業していたからですね(^^)

アバルト 124 スリーハンドレッド

一度だけ通勤でチョロリと乗りましたが、306をチャント乗るのは初めてなヤマグチ。
とりあえず目立ちます、スゲー目立ちます。

目立ちすぎて、ギョーカイ関係の営業クンに厚木付近で捕獲されてコンビニでモグモグタイム。
そしてお預かりしたABARTH 124 Spiderは306レプリカをお作りする事になりました。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

磨りガラスの向こう。

エアコン入れずに窓を開けて仕事をしていましたが、ふと気づくと額から汗が噴き出していました。湿気がすごかったですね今日は。2階に降りるとハラダは冷房のガンガン効いた応接室で涼しい顔して梱包作業していましたけどね。

そんな午後、THREEHUNDRED立ち上げ初期からのお客様、というかもう色々とお世話になりすぎて「兄貴」と呼びたくなるような存在のO様がDT3のプチガーデンのお手入れにやってきてくれました。

正直に打ち明けると、用事がありガレージに入るとプランターのある磨りガラスの先に人影がチラリ。実はご近所のおじいさんが、よくプランターをずらしてデッキに腰掛け一休みしているのは知っていたので、一声かけて仲良くできないかなと覗いてみると、O様だったんです。

いつもホントにありがとうございます!

湿気のキツかった午後でしたが、ローズマリーの爽やかな薫りに気付いたらシャワーを浴びたような気持ちになれました。

 

愛ですね。愛。

 

Takeshi Yamaji

付属品もチャントネ

今日は午後から工場さんまわりです。
明日から初荷が出荷になる595シリーズ4用のカーボンディフューザーに使う付属品を永遠と梱包しています。。。
やっと半分くらい終わりました。

アバルト パーツ

THREEHUNDREDは製品はもちろんですが、こういった付属パーツの使い易さ、尚且つ可能な限り限り素材や見た目にもこだわった付属品を追求しています。
やっぱり見えないところも大切ですから。

押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

新しいカタチを

ヤバイです。。。
こいつばかり乗っていたら、今朝通勤で久々に乗ったデモカー305がサッパリで物足りなく思ってしまいました。

先日もご紹介してますが下回りのカーボンパーツ3点、新しいデザインのカーボンリップスポイラー、カーボンサイドスカート、カーボンリヤアンダーファンはスタンダードボディにも取り付けが出来ますし、これにカーボンリヤウィングを組み合わせてもらえると、なかなかニヤリなABARTH500になります。

今日、THREEHUNDRED connectのミスタータイヤマン三鷹店の松本クンが打ち合わせにDT3に来てくれていて、デモカー301をこの仕様に仕立ててくれることになりました(^^)

いま301はノーマルフェンダーで17x8Jという極太なes-03を履いています。
これに新作カーボンパーツ4点とカーボンボンネットでお色直しする予定です。
タブン超絶ニヤリな仕様になると思われます( ̄^ ̄)ゞ

完成しましたらまたお知らせしますが、詳しくは是非ミスタータイヤマン三鷹店までお問い合わせ頂けたらと思います。

新色追加です

ご好評頂いておりますABARTH 124 Spider用のマフラーテールフィニッシャーに新色のマットブラックテールが追加になりました。
es wheelの塗装で使用しているホイール用の粉体塗装を用いていますので耐久性もバッチリです。
両サイドにはTHREEHUNDREDのステンレスプレートが付属します。

アバルト 124 マフラーテール

アバルト 124 マフラーテール

アバルト 124 マフラーテール

■ THREEHUNDRED マフラーテールフィニッシャー マットブラックテール ¥43,000-(税別)

今後ステンレステールが追加予定です、グラデーションテール、マットブラックテール、ステンレステールの3色展開を予定しております。
差し込み寸法も調整出来ますので、純正バンパーからカーボンディフューザー装着車両まで、お好みのテールイメージをお作り頂けます。
レコードモンツァ、純正マフラー双方に取り付けが可能です。

ヤマグチの超個人的好みを申し上げますと、マットブラックテールが大変cooooolであります(^^ゞ
ご検討の程、宜しくお願い致します(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts