THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


05月

右ハンドルABARTHの必需品

発売から大好評を頂いておりますブーストメーター移設キット。
左ハンドルは良い位置にブーストメーターがありますが、右ハンドルはいかにも取ってつけたような位置に・・・
ブーストメーター自体の視認性は良いですが、ドライビングポジション次第では視界に入り、前方視界の妨げと感じる事もあるかと思います。

アバルト スリーハンドレッド

このブーストメーター移設キット、簡単に作ればいくらでも出来るんですが、ここはTHREEHUNDREDらしくカーボンの2P構造で製作しました。
ブーストメーターが低く手前にきますので、前方視界も広がりますし、メインメーター周りと一体感もでます。
なにより機能系カーボンパーツはニヤリであります♪

アバルト スリーハンドレッド

■ THREEHUNDRED ブーストメーター移設キット商品ページ
■ THREEHUNDRED ブーストメーター移設キット・ナビモデル商品ページ
■ THREEHUNDRED ブーストメーター移設キット・595シリーズ4商品ページ

皆様のご注文を心よりお待ちしております(^^ゞ

>納期情報
発売当初はかなりお待たせしていましたが、前期モデルに関しては生産型を増やしましたので、ホボお待たせしないで納品が可能です。
ただシリーズ4は現在ご注文から10ヵ月待ちとなっております・・・
フル生産で製作を続けていますが、大変長らくお待たせして申し訳ございません。

THREE HUNDRED アバルトParts

ノートイエナイニホンジン

オーナー様から熱烈オファーを頂戴しまして・・・
お願いされるとお断りできなくて・・・
タブンこの1SETしか売れない気もしますがぁ・・・

es-05 ホイール 鍛造 アバルト

作っちゃいました♪

es-05の16インチバージョン☆

6月中には量産モデルが完成する予定です♪

出来ることはします。
出来ないことも、
出来る限りガムバリマス。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンボンネットッ!

先日カーボンボンネットをご購入頂いたオーナー様から装着画像を頂きました。
嬉しいコメントも頂戴していますので掲載させて頂きます☆

——————————————————

アバルト カーボンボンネット

この度はありがとうございました。
Abarth500にカーボンボンネットを装着し楽しんでおります。
今回はUVカットクリアーで塗装しました。
後日、車体色に変更する楽しみを残しておきます(笑)

アバルト カーボンボンネット

——————————————————

■ THREEHUNDRED カーボンボンネット商品ページはコチラから

デモカー305も今はカーボン柄で装着していまして、そろそろボディ同色に塗装しようと思っていたところで、このメールを頂戴しまして、なんだかとても嬉しかったです。
こういったカスタムの楽しみ方、最高です(^^ゞ

オーナー様、ご購入ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

チェンジ。

スタバでMac広げてオシャレにパチパチやりたかったですが、今回も憧れのマッキントッシュはまたお預けであります。。。

またしてもThinkPad X1 CARBONであります。
こやつ、今まで使ってきたWindowsの中では、軽いし、小さいし、堅苦しい感じのデザイン以外はグッドです。
CARBONがチラリとでも見えたら更にいいのですがぁ・・・

アバルト スリーハンドレッド

なかなか移行する時間がなく、購入して1ヵ月半は放置でした・・・
今日は朝からPCは使わないと決めて、1日かけてPCの移行を完了しました。

全く同じスペックのPCなので変わった感じがしませんが、気持ちも新たにガムバリマス(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

Grigio Campovolo x Carbon Bonnet x2

ヤマグチの予想に反して売れ続けているのがこのカーボンボンネット(^^)
開発には2年以上の時間がかかりました、開発費も開発時間もTHREEHUNDRED商品の中で最も費やした商品です。

ボンネット中央の大きなアウトレットは停止時や低速時にエンジン内部の熱気を抜き、サイドのアウトレットは走行中にボンネット内の空気を引き抜く効果があります。
裏も表もプリプレグ(ドライカーボン)を採用していまして、その重量はストライカーや金具を含めたトータル重量で3kgを下回ります。

アバルト スリーハンドレッド

■ THREEHUNDRED カーボンボンネット商品ページはコチラから

裏面にはエアダクトの蓋が付属していまして、通常走行や保管時には裏をつけて頂けば雨水はエンジンルームに直接落ちる事はありません。
ゼンカイ走行時にはこの蓋を外して頂けば、大きな開口部となりますので放熱効果を期待できます。

THREEHUNDREDが作り上げたホンキのカーボンボンネット。
かなりのニヤリ間違いなしです。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

新作カーボンパーツ更新完了(^^ゞ

昨日ヨナベして、新作カーボンパーツをTHESTOREに掲載しました。
THREEHUNDREDのボディキットや、今注文殺到中のカーボンリヤウイングも掲載しました。
お時間ある際に是非覗いて頂けたらと思います(^^ゞ

■ THREEHUNDRED THESTOREはこちらから

アバルト スリーハンドレッド ボディキット

アバルト スリーハンドレッド ボディキット

そして今日はアバルト高前さんでTHREEHUNDRED Test Drive Dayを開催しています。
TuningECUのテストインストールや商品の販売もしています。
デモカー298もショールームの中で皆さんに見て頂けますので、是非お気軽にご来店頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting TOKACHI

2年くらい前からズット計画はしていましたが、なかなか実行が出来なかった北の大地でのイベント。
十勝インターナショナルスピードウェイさんのご協力の元、遂にTHREEHUNDRED meeting TOKACHIを開催出来る事になりました。

初の北の大地でのイベント。
皆さんにお集まりいただけるかかなり不安であります・・・
でもやります!
出来る限りオーナー様に喜んで頂けるようにいろいろ持っていきますので、是非参加して頂けたらと思います(^^ゞ

アバルト スリーハンドレッド

■ meetingとTuningECUのテストインストール
THREEHUNDRED占有の駐車場スペースをお借りする事が出来ましたので、フラリ参加OKのmeetingも開催させて頂きます。(meetingは事前エントリーはありません)
関東からフェリーにABARTHを載せていきますので、テントと小物商品くらいが限界ですが、少しでもTHREEHUNDREDを知って頂けるように準備をしたいと思います。
会場ではTuningECUのテストインストールを行います。
ご自身のABARTHにTuningECUをインストールし近隣の道路を実際に走って頂き、THREEHUNDREDのパフォーマンスを実際に体感して頂く事が可能です。
是非この機会にTHREEHUNDREDの人気商品であるTuningECUを体感して頂けたらと思います(その場でご購入も可能です)

アバルト スリーハンドレッド

■ スポーツ走行(30分x2本 ¥22,000/1台)
THREEHUNDREDが十勝インターナショナルスピードウェイ(クラブマンコース)を1時間貸し切りまして、ABARTHだけの占有走行枠を確保させて頂きました。
今回関東から7台、仙台から1台のABARTH仲間が一緒に走りますが、女性ABARTHオーナーもお二人いらっしゃいます。
ラップタイムよりもABARTHだけで仲良く楽しめる走行枠にしたいと思いますので、サーキット走行に興味のある初心者のオーナー様でもご参加頂ける走行枠になっております。
参加方法は、以下のリンクからエントリー用紙をダウンロード頂き、メールかFAXにてエントリー用紙を送信してください。

■ THREEHUNDRED meeting TOKACHIエントリー用紙ダウンロードはコチラ

エントリー用紙送付先
・メール contact@threehundred.jp
・FAX   03-5738-7574

※ABARTH 124 Spiderもロールゲージ無しで走行可能です。
※スポーツ走行になりますので、ヘルメット・長袖・長ズボン・グローブの装備が必要です。
※受理書は締め切り後にメールでご案内させて頂きます。
※定員になり次第、募集を締め切らせて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

■ THREEHUNDRED meeting TOKACHI暫定タイムテーブル(若干変更の可能性ありです)
日 時 2018年6月30日(土)
場 所 十勝インターナショナルスピードウェイ
住 所 〒089-1537 北海道河西郡更別村字弘和477

9:00      スポーツ走行参加者集合
9:45~     ドライバーズブリーフィング
10:30~11:00 スポーツ走行1本目
12:30~13:00 スポーツ走行2本目
14:00     じゃんけん大会とイベントのご挨拶
14:30     解散

※十勝インターナショナルスピードウェイへの入場料¥1,000-が必要です

デモカーはワイドになった298を持ち込む予定で、もちろんヤマグチもトカチをゼンカイで走ります!
沢山のABARTHが元気いっぱい走る姿もなかなか見られないと思いますので、是非お時間をご調整頂き十勝インターナショナルスピードウェイにご来場頂けたらと思います。

翌日は帯広周辺からスタートのツーリングを企画しています。
こちらは現在ルートを考えておりますので、ある程度決まった段階でご案内させて頂きます。

皆様にお会い出来る事を、楽しみにしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ワイドに満載☆

今週の土曜日はTHREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH高前であります。

「えー、聞いてないよ!」というオーナー様もいらっしゃると思いますがぁ・・・

急に決まったんです(^_-)-☆

7月8日に筑波サーキット・コース2000でABARTH高前さんの走行会がありまして、そのイベントがTHREEHUNDREDが企画・運営させて頂くんです。
当日と事前レクチャーという2日制のイベントになっていまして、26日の18時からいつもTHREEHUNDREDのイベントを手伝ってくれている大谷君のドライビング講座が2Fのカフェスペースであります。
これはエントラントの方を対象としていまして、まだ走行会に空きがあるようなので、是非参加をご希望のオーナー様はABARTH高前さんに問い合わせて頂けたらと思います!

折角お邪魔するならイベントにしゃちょう!
という事でTuningECUのテストインストールを行います。
しかも自社イベント以外では初のイベント参加となる、THREEHUNDREDのボディキットを装着したデモカー298を持っていきます(^^ゞ
今回ヤマグチはムスメの運動会準備委員というやつに抜擢されていまして残念ながら参加できませんが、ハラダが皆様をお迎えさせて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

ヤツ、欲張って298に商品詰め込みまくっています・・・
物販も行いますので、是非お気軽にご来店頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

差し上げます(^^ゞ

先日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBA前に、ヤマジが4日くらいカンヅメで作り上げたTHREEHUNDREDのカタログ。
64ページに及ぶTHREEHUNDREDからのメッセージが詰まった作品になっています。
ヤマジ曰く「まだ大分ページが足らなかった・・・」との事。
こんなのを毎年作っていきたいなと。

アバルト スリーハンドレッド

このカタログには、ヤマグチが伝えたかった「THREEHUNDREDの世界観」が詰まっています。
渋谷区に拘り、クルマを愛し、ABARTHでつながった大切な絆のチカラを、是非見てやってください。

アバルト スリーハンドレッド

全国のTHREEHUNDRED connectでお配りしていますが、THESTOREで商品をご購入頂いた全ての方に差し上げています(^^ゞ
カスタムの可能性は無限大。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

愛情タップリな595

仕事柄沢山のABARTHに乗ります。
日頃からシッカリメンテナンスされている個体はやっぱり乗り味が違います☆

アバルト 595 スリーハンドレッド

このABARTH595は3年以上お付き合いさせて頂いているオーナー様で、お預かりする度に愛情がタップリ注がれているなと思います。
5万キロ走っているのに、乗った時のフィーリングが全然違いますし、物凄く軽快に走ります。

アバルト es wheel

そしてボディ同色に白のラインをいれて特別にお作りしたes-02もGoooodです(^_-)-☆
今回は前後パットをTH200からTH300へアップグレード、前後ローターをスポーツブレーキローターに変更されました。

いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts