THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


03月

マフラーエンドのオシャレ

去年の年末からコツコツ開発していたABARTH 124 Spider用のマフラーテールフィニッシャー。
簡単そうに見える商品ですが、いろいろ手間を掛けましてTHREEHUNDREDらしい商品に仕上がりました。

アバルト 124 マフラーテール

最も考えたのはその取り付け方法で、ビスやイモネジでギュッと押し付けて止めるのだけは嫌だったので、裏に当て板を作りそれが面であたるように作り込みました。
これにより取り付け位置を前後にアジャスト出来るようになり、ディフューザーに合わせてお好きな位置を決める事が出来ます。

アバルト 124 マフラーテール

THREE HUNDRED アバルトParts” rel=”noopener” target=”_blank”>■ THREEHUNDRED マフラーテールフィニッシャー ABARTH 124 Spider ¥39,800-

最初はチタンで作ろうかと考えていたのですが、取り付けの構成パーツ等を考えると現実的では無い上代になりそうだったので、今回はステンレス材にて作りました。
ピッカピカに磨き上げた商品をひとつひとつ手で焼き色を付けます。
着色の方が綺麗に色が出ますが、ここはあえて「手でひとつひとつ焼く」という手法を取りました。

初期ロットの30SET分はヤマグチが焼きました(^^)v
1台分4本なので120本!全て表情が違います。
「あいつどんなこと考えて炙ってたんだ!?」と思いながら取り付けして頂くと作りて冥利に尽きるなと。

本日よりTHESTOREに掲載しました。
出荷は4月10日よりバックオーダー順に発送させて頂きます。

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ギリギリ間に合った…

今日はなかなか生きた心地がしないスケジュールでした。
月末の年度末、何かとクルマ業はアタフタするタイミングであります。

明日は全国的にご納車とパーツ取り付けが多く、且つ月末という事で各工場さんから商品の納品が多い日。
1日でも早くお客様に発送する為、今日は関東を走り回りました。

4件の工場さんから各パーツを引き取りその場で梱包、近くの販売店さんには納品に伺いつつ、また工場さんをまわり、販売店さんに納品。

アバルト スリーハンドレッド

最後は都内では受付時間が遅くまで対応してくれる東雲の佐川急便さんに駆け込み、THESTOREでご購入頂いたオーナー様の商品をドサッと持ち込み、ヤマグチの年度末は今終了しました。

これから転勤で引っ越しをするパパ友の送別会に大遅刻ですがイッテキマス。

シゴトもアソビもゼンカイ( ̄^ ̄)ゞ

ABARTH595 x es wheel

今日のチャリンコ通勤は気持ち良かったです。
千鳥ヶ淵の桜は満開です。

アバルト 鍛造 ホイール

■ THREEHUNDRED es wheel商品ページ

先日のスゴー帰りのパーキングでのカット。
es-03、es-04、いまTHREEHUNDREDで最も売れている両モデルです。
メイドインハママツ製の鍛造ワンピースホイールを、オーナー様の細かなご要望におこたえしながらお作り致します。

皆様のワガママをお待ちしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ブーストメーターカーボンフードのススメ

タブン、綾織カーボンが最も美しく映える小物だと思います。
取り付もカンタン、運転していて常に見えるところなので、ニヤリ度の高めです。

アバルト ブーストメーター

■ THREEHUNDRED ブーストメーターカーボンフード ¥20,000-(税抜き)

発売開始当初はビックリするくらい売れませんでした(^^)
少したってようやくポツポツでしたが、最近ようやく人気者になってきました。

この形状をカーボン目がヨレずに作るのは大変でして、少々販売価格は高くなってしまいますが迷わずプリプレグを選びました。
「憧れのドライカーボン」まずはここからアイテムとしても人気です。
ブーストメーター移設キットと合わせてご購入頂くとニヤリは更に加速であります(^^ゞ

アバルト カーボン

THREE HUNDRED アバルトParts

ここ最近の売れ筋

久々ですね売れ筋をBlogで書かせて頂くの。
THREEHUNDREDもお陰様で5年目に突入しまして商品も相当増えました。
年度末なので直近の売れ筋アイテムを少し振り返ってみました。

アバルト スリーハンドレッド

ご注文の傾向的にはやはりカーボンパーツが安定して人気があり、急激に数字を伸ばしているのがサスペンション関係とホイールになり、車種別に注文数TOP5をまとめてみました。

ABARTH500
1位 リバウンドストップラバー
2位 カーボンフェンダーエッジ
3位 ブーストメーター移設キット・シリーズ4
4位 カーボンドアハンドルカバー
5位 ロワリングスプリング

ABARTH 124 Spider
1位 カーボンリップスポイラー
2位 カーボンテールレンズカバー
3位 カーボンディフューザー
4位 カーボンエンブレムカバー
5位 アルミフットレスト

単純に受注数だけでいったら少ないですが、サスペンションキットStreetは計画を大きく上回る売れ行きです。
デモカーでかなりセットアップを詰めましたので、その方向性が評価されたのかと思います。

es wheelも好調で、国内受注も好調ですが海外でも少しずつ人気が出始めました。
特にABARTH 124 Spider用のes-03はお問い合わせも多く、この春アジアとヨーロッパへ出荷させて頂きます。

この春も様々な新商品が発売になりますので、全ては5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでお披露目します(^^ゞ

商品のお買い求めはTHREEHUNDRED THESTOREでご用意しております。

見納めです・・・

悩みに、悩みましたが、デモカー298を変身させる事にしました。
この可愛らしい姿はこれで見納めになります。
5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでは、現在開発中のボディキットを身にまとい、かなりやる気なファイティングポーズで皆様をお迎えする事が出来そうです。

当初の予定から5月6日にスケジュール変更になった時点でボディキットのお披露目を諦めていましたが、作業工場さんが頑張ってくれてTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAにギリギリ間に合う事になりました!

アバルト スリーハンドレッド

足元には17x9Jに235という極太なes-03を履いて登場します。
そして筑波2000もゼンカイで走らせる予定です。
THREEHUNDREDのモットーは走ってナンボ、キッチリ作り込んでブッチギリに速いABARTHを目指します。

memberページで開発途中をコツコツ掲載していますので、お時間ある際に是非ご一読頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

スゴーはサソリにピッタリなサーキット

1泊2日の遠足も無事に終え、先ほど無事にスゴーから帰宅しました。
今回も去年と同じく大沼プランニングさんの走行会に参加させて頂き、4時間スゴーをABARTH仲間と楽しんできました。
到着すると目の前に広がる蔵王の山々に感動!

アバルト サーキット

まずはコロガシ用のes-04からサーキット用のes-03に履き替えです。
足元を履き替えるだけでかなり印象が変わります。

アバルト ホイール

アバルト ホイール

この走行会4時間走り放題なのでアウトインが自由です。
とにかく嫌というほど走れます。
因みにワタクシは33L、1周が約3.7kmなので122kmもゼンカイで走りました(^^)
一緒に行った仲間で一番走った方は59Lで218km!!

主催者に届を出せば同乗走行を出来るので、スゴー初心者の方にはヤマグチが同乗走行をして、コースの感じをつかんで頂いたり、いろいろとセットアップを変えながら走ってクルマの動きを勉強してもらったりと、時間はタップリあるので普段ではなかなか試せない事をやりながら走る事ができました。

久々にミンナと猛烈なチキチキバトルが出来てとても楽しかったです。
ベストラップも大切ですが、やっぱりコース上の駆け引きの方が断然楽しいです☆
1:45:369で去年のデモカー303より1秒近く遅かったですが、ここのところデモカー298での走行が多かったので、双方の違いを感じながら8割程度のペースでマージンをとりながら走っていたのでタイムには満足です。

宿泊はドーミーインEXPRESS仙台シーサイドさんにお世話になりました。
施設も新しいので館内はとても綺麗で清潔感タップリです。
ヤマグチはここのお風呂がとても好きで必ず夜と朝はいります(^^)v
ドーミーイン自慢の朝食はスバラシイの一言で、毎回食べ過ぎてしまいます。。。
ファミリータイプのお部屋もありますし、駐車場も広々なのでクルマ好きも安心して駐車出来ます。
仙台に宿泊の際には是非!

翌日の今日は当然まっすぐ帰るわけがなく・・・
直ぐ高速に乗って帰ればいいのに海岸沿いの下道をトコトコ走り、オッサン達で海を見たり、クルマを並べて写真を撮ってみたり、産直のお土産を買いに行ったり、お茶をしながらアバルト談義で盛り上がったりと、楽しい時間を過ごしながら東京に戻りました。

2日間の走行距離は845km、とても楽しい週末を過ごせてリフレッシュできました。
ご一緒したミナサマ、オツカレサマデシタ(^^ゞ
スゴーにわざわざいらして頂いたアバルトオーナーのミナサマ、ありがとうございました!

THREE HUNDRED アバルトParts

行ってまいります。

朝も早よから佐野パーキングにて朝ラーからスタートです。
スゴー合宿今日からです。
お隣さんとヨジハンにエレベーターでバッタリ。
箱根へゴルフだそうです、ヤマグチさんはスゴーにサーキットアソビです。

「これから車で仙台まで行かれるんですか?」

はいッ。
フツーの方からするとそうですよね。
でも自宅から350キロしかないんです。

では今週もホドホドにゼンカイで、アバルト仲間と楽しんできます( ̄^ ̄)ゞ

普通の朝ラーです。
普通の朝ラーです。。

es-04という選択肢

この春es wheelの受注が好調です☆
es wheelを展開した当初はホボ売れなくて、2年はかなり苦しみました(^^)
でも基本コンセプトであるメイドインハママツとABARTH専用設計だけは曲げずコツコツ積み上げてきた成果なのか、去年から今年に入って急激にご支持を頂けるようになってきました。
本当にありがとうございます。

特にes-04は「ABARTHはワンピースホイールでしょ!」という固定概念を覆し、3Pホイールの楽しさ少しでも多くのオーナー様に知って頂けたらと思い、いろいろな覚悟の元挑戦したオモヒデのホイールです。
ここ最近はありがたい事にヤマグチのアタマをグルグルさせる仕様のご注文を沢山頂き幸せな限りです。

アバルト 鍛造 ホイール

カスタムは自由であります。
es-07は「戦う3Pホイール」というコンセプトで現在開発を行っております。
新たな試みを盛り込んでいますので、製品が発表になる日を楽しみにしていて下さい。
これからもいろんな発想を大切に、カタにはまらない商品を作っていきたいなと思った日でした。

さて明日は「ゴジハンサノ」であります。
スゴーに行ってきます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

今度の土曜日はスゴーでゼンカイ

去年も参加させて頂いた大沼プランニングさんの走行会、今年も関東からABARTH仲間7台で1泊2日の遠足です。
先ほどまでデモカー305でいくかデモカー298で行くか悩みに悩んでいましたが、298をバッチリ洗車して荷物まで積み込みしましたが、今週はデモカー305でスゴーに向かう事にしました。
去年の同じ時期にデモカー303でマークした基準タイムと、いろいろ進化した?305を比較してみたいと思ったからです。

アバルト スリーハンドレッド

走行は13~17時でスポーツランド菅生の入場料をお支払い頂けたら何方でも観戦可能です。
ご都合合う東北エリアのオーナー様、是非お気軽にスポーツランド菅生にご来場頂けたらと思います。
11時前には現地に到着予定ですので、デモカーを見て頂いたりお話も出来ると思います。

問題は山積みのシゴトが金曜日の夜までに終わるかという・・・
ガムバリマス(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts