THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


02月

ふたつの方向性を視野に

いよいよ新しいオーナーの元に旅立つデモカー304.
昨日は最後のオシゴトとなるTuningECUの最終確認の為に、2日間304をダイノパックに乗せっぱなしで、ひたすら計測を繰り返しました。
THREEHUNDREDで過ごした約1年半の間に書き込んだ様々なテストDATAと、先日の富士スピードウェイで確認した2つの新しいDATAの検証をすべく、グラフを見ながら計測と補正を繰り返しました。

アバルト 124 スパイダー

ワインディングや走行会レベルであれば現在のTuningECUでも十分なパフォーマンスなのは自信を持って言い切れます。
ただABARTH 124 Spiderのオーナー層はABARTH500系と大きく違いまして、タイムアックやレースをされるコアなサーキットユーザーが多くいらっしゃいます。
そういった限られたトラックユースには現状のTuningECUのDATAではマージン多く残しており、そういったオーナー様にもお使い頂けるように、ABARTH 124 Spiderは2つのセットアップをご用意します。

500系で表現すると、デモカー298で挑戦中の「IHI最速伝説DATA」のような感じです。
マルチエアエンジンとマレリコンピューターという組み合わせはABARTH PUNTO EVOと同じパッケージですが、T-JETとボッシュに比べるとセッティングの難易度がかなり高く、MAPの作り込みがセオリーと全く異なり、ある一定以上のところを求めると非常に苦戦していたのも事実です。

Only ABARTHを掲げている以上、この壁を乗り越えなくてはいけないと去年から膨大なTuning Dataを作り、デモカー304にインストールしては実走という繰り返しを積み重ねてきました。
正直何度もT-JETに乗せ換えようかと思いましたし「フルコンにしちゃえば楽だな」とか「タービン変えちゃうかな?」とも思いました。

しかし出口の見えないトンネルの先に光が見えたのは、「クルマが嫁いで無くなる」という超がつく追い込まれた感が幸いだったのか、先日の富士スピードウェイでインストールした「逆転一撃のDATA」がキッカケで、昨日の計測Dataでは非常に良い数字を残す事が出来ました。
実走のフィーリングも過去に無い感じに仕上がっていますので、ひとまず安心出来たヤマグチです。

数字とフィーリングをもう少しまとめて、皆様へのインストールを開始したいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

関東ツーリング・みなさん編

あの日のオモヒデが昨日のようにフラッシュバックしてくるヤマグチです。
当日の写真をドッサリ頂きましたので、ご参加いただきました皆様全員分ではありませんが、ワタシの方でセレクトさせて頂きまして少しご紹介させて頂きます(^^ゞ

ではドーゾ♪
伊豆、房総とやりましたので、次は信州か那須方面ですかね。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンフォグライトカバー

コツコツ作り上げていた595シリーズ4用のカーボンフォグライトカバーが大分カタチになってきました。
ノーマルバンパーより10mm前に出して、ダクト部分にはルーバーをいれました。
フェイスの印象もかなりオトコマエになります。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

カーボンりっつプスポイラー、カーボンバンパーインサート(フロント)と合わせて取り付けすると、顔面フルカーボンになります(^^♪
4月上旬頃からデリバリーを開始できると思います。
価格は¥69,000(左右セット/税別)を予定しております。

取り付けは両面テープでカンタン装着です。

THREE HUNDRED アバルトParts

ラストラン。

今日は平日休みなABARTH仲間と、富士スピードウェイのスポーツ走行に行ってきました。
お天気も快晴で空気もキリリと寒く、絶好のサーキット日和であります。

ヤマグチは来週旅立つデモカー304に新たな試みを施しましたので、チェック走行を兼ねて最後のサーキット走行です。
やっぱりFRは楽しいです、常にピリッとした緊張感がたまりません。

来週旅立つので今日は7割くらいのペースで走行。
いろんなことを試しデータロガーで走行データを取りました。
ゼンカイならここから2秒は詰められます(^^)

デモカーの旅立ちはとても名残惜しいですが、新たなオーナーさんもクルマ好きなので安心です。
しばらくデモカーは500系だけで良いと思ってましたが、先程無意識にいつもお世話になっているアバルト所沢の店長さんに電話してました。
という事で、近いうちにTHREEHUNDREDに新たなABARTH 124 Spiderがやってきます。

押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

ABARTH 124 Spider x4

今日はいろんなABARTH 124 Spiderに乗りました。
ドノーマルのAT、THREEHUNDREDフルカスタムなMT、これまたTHREEHUNDREDフルカスタムなAT、そしてこれからTHREEHUNDREDフルカスタムになるナンバー着いたばかりのMT。
元は同じクルマですが、カスタムでいろんな個性を表現できて面白いなと思いました。

アバルト 124 スパイダー

昨日はビックリするほどABARTH 124 Spider用パーツの受注が多かった1日でしたが、実は今日も同じくらABARTH 124 Spiderの受注が多かったです。
去年までは外装系のパーツリリースが多かったですが、今年は走り系のパーツも企画していきたいと思います。

明日はデモカー304で最後の富士スピードウェイゼンカイです(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

なかなか。

僕らTHREEHUNDREDのイベントにご参加いただいている皆さん、もうそろそろお気付きかとは思いますがヤマグチはああ見えてなかなかの体育会系です。今回の関東ツーリングも例に漏れず、重々承知している僕ですら海っぺりの強風に体温を奪われた早朝の集合場所は、何の罰ゲームかよ!って感じでしたし。

その後道中での124Spiderの撮影で遅れて鋸山に到着すると、ゼエ・ハア息を切らしていらっしゃるお客様多数・・・。ふくらはぎにバンテリン塗ってらっしゃる方まで。

これ・・・ダイジョブデスカシャチョー?。

それでも最終目的地の南房総はふと、郷里の宮崎を思い出すようなポカポカ陽気でした。

こちらでも諸事情により遅れてハラ減らして到着すると当然、今日イチ楽しみにしていた「伊勢海老カレー」は跡形もなく殻すら目にすることなく消え去っていました。が、自由解散でお帰りになるお客様のお見送りでいただけた笑顔で満腹にさせていただきました。

最後までお付合いいただいた数名様には「フェリー」に拉致されるオマケまで付いたとか。

程よい疲れを残しての月曜日のDT3、スタッフ4人揃ってそんな思い出話に花が咲きました。こんなノリの僕らのツーリングですが、またご一緒していただけると幸いです。

 

Takeshi Yamaji

余韻に浸る・・・

朝から昨日の楽しかったツーリングのオモヒデを振り返りニヤリとしているヤマグチです。
いろんな素材を撮影しましたので、少しずつご紹介していきたいと思います。

アバルト スリーハンドレッド

まずはデモカー編で、昨日はデモカー304、305、298がツーリングに参加しました。
304は現役デモカーとしてはオフィシャルイベントラストランになりました。
菜の花越しや、道中のワインディングで撮影されたカットになります。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

やっぱりABARTHはどこに行っても絵になりますね(^_-)-☆

THREE HUNDRED アバルトParts

お天気に恵まれた最高のツーリング☆

先ほど反省会を終え、無事に帰宅しました。
ご参加頂いた皆様に楽しんで頂けるルートやらチョットしたトラップやらを仕掛けて開催させて頂いた関東ツーリングが無事に終了しました
今回は募集2日で定員に達し、最初の方のエントリーはブログを更新して3分後というハイレスポンスでした。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

まずは集合場所の袖ケ浦海浜公園駐車場ですが、風速10mという強風のなか「防風林ってスゴイ!」という事を身をもって実感。
いろとりどりの元気なABARTHが沢山集まりました☆
風が強いせいもあってか、空気が澄んでいてサンライズは最高でした!

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

今回は参加台数が40台近いので先発隊と後発帯に分けてスタート。
ヤマグチは後発帯でスタートしたものの、駐車場を出て海越しの富士山があまりに綺麗すぎまして・・・
ご一緒したオーナーさんとはしゃぎ過ぎて、最初のコーナーでいきなりミスコースという大失敗をしでかしました。
後ろの皆さん大変失礼致しました!

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

最初の立ち寄りポイントは、ワイルドスピードのロケ地にもなった鋸山。
この鋸山、是非1回訪れてみて下さい。
凄いく良い場所で、自然の凄さ、山頂からの絶景、昔の人たちのパワーを感じる事が出来るスバラシイ場所です。
アップダウンとなかなかの階段がありまして、遠足のシオリに「スニーカーと体温調節の出来る服装が好ましい」という注釈を入れさせて頂いたのはここの事でした☆
息が辛そうな方、体力余裕そうな方、高いところにビビルヤマグチ、ミナサン表情は様々でしたが楽しそうでした♪

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

次の目的地は南房パラダイス。
千葉の山と海の景色を楽しみにながら約1時間程走り南房パラダイスで小休憩。
サスガ南房総?ここまでくると朝の強風が嘘のように穏やかになり、厚手のジャンバーは不要なくらいな気温に。
丁度菜の花が良い花を咲かせていまして、海沿いの景色と相まってステキな時間でした。
長居すると他の方の邪魔になるので最小限の時間で移動です。

次は最終目的地のシラハマ校舎。
60人近い大所帯ですので今日はTHREEHUNDREDで貸し切りでした。
色とりどりのABARTHと参加者全員でパチリ。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

お昼ゴハンは、イセエビカレーとパエリア、サラダにBBQッ!
炭とケムリを見ると血が騒ぐヤマグチ、焼き場でモクモクになりながらひたすら肉を焼いていました(^^)
お天気も最高、ロケーションもステキ、食も進みますしクルマ談議も盛り上がっていました。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

こうして過去最大規模のツーリングは無事に終了しました。
事前準備から当日の先導など、お手伝い頂いたオーナー様も多く、また当日もいろんなオーナー様にお気遣いを頂き本当にありがとうございました。
毎度申し上げていますがTHREEHUNDREDの原点はツーリングからスタートしています。
共通の趣味を持つ方々と、共通のクルマで遊ぶ時間はサイコーであります。

毎回学ぶことが多くツーリングは奥が深いです。
これからも安全に、心の底から笑って頂ける楽しいツーリングを企画していきますので、また次回企画も宜しくお願い致します。

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

そして・・・
普通に帰るのではつまらないので、

道の駅に寄り道したり、ビワソフトクリーム食べたりしながら、今回もアクアラインで渋滞するならば「ハッピーな気持ちで帰ろうぜ」という事で東京湾フェリーに乗ることに。
ロケハンの時に「幸せの鐘」なるものを港で発見していまして「オッサン達で鳴らすの恥ずかしいよね」なんて冗談をいっていました。

今日は真面目な交際をされているABARTH乗りのカップルがいらっしゃいましたので、彼氏さんに「ユー、チカイノコトバイッチャイナヨ!」なんて言いながら、オッサン達に囲まれナイスなサンセットのなか「カーンッ、カーンッ」

アバルト ツーリング スリーハンドレッド

THREEHUNDREDのツーリングでこんなおめでたいシーンがくるとは夢にも思いませんでした☆
お二人ともお幸せにッ!

THREE HUNDRED アバルトParts

明日は快晴ッ!

明日はいよいよTHREEHUNDRED 関東ツーリングであります。
お天気も快晴予報ですが少々寒そうなので、ご参加の皆様は暖かくしてお出かけください。
キャンプ用の椅子なんかがあると少し疲れた時に座るのに便利かもしれません。

アバルト ツーリング THREEHUNDRED

最近サボリ気味だったイベント記念シール。
イベント常連様よりありがたいクレームを頂戴し「サイキンイベントキネンシールサボリスギジャナイ?(笑)」というありがたいお言葉を多々頂いておりまして・・・
嬉しい事に皆さん楽しみにされているようで、是非毎回作って欲しいとのリクエストでした。

本件についてはヤマグチも自覚しておりまして、トップシーズンになると毎週イベントですので、なかなか手が回らないというのは言い訳でして、今年は毎回お配りできるようにガムバリマス(^^ゞ

今回はヤマジフリーハンドのサソリさんとTHREEHUNDREDロゴであります。
では明日、集合が少々早いですが1日安全運転で、宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

イベントスケジュールのお知らせ [重要]

Blogやmemberページで事前告知させて頂いていた5月27日に富士スピードウェイで開催予定だったTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayですが、秋に開催されるFIA世界耐久選手権(WEC)が当初の日程から急遽1週間開催が変更になった事で、2018年の富士スピードウェイのイベントスケジュールが大幅に変更となりました。

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayもその影響を受けてしまい、5月27日から9月16日にイベントスケジュールを急遽変更する事となりました。
日程調整をして頂いたオーナー様、既に事前準備をして頂いている関係各位の皆様、本当に申し訳ありません。
THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayは9月16日(日)に富士スピードウェイで開催させて頂きます。

今回の変更を受けまして、10月15日に開催を予定していたTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを5月6日へ変更する事にしました。
春の富士と秋の筑波を今年は入れ替えて対応します。
今回ボディキットをはじめ様々な新商品を5月27日に向けて準備をしていましたが、5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAを充実したイベントにするべく、更なる仕込みを増やして皆様に楽しんで頂けるよう最大限努力させて頂きます。
まずは予定確保の程、宜しくお願い申し上げます。

アバルト イベント

現在決定している2018年のイベントスケジュールをご案内させて頂きます。
ここに各地のツーリングや試乗会、全国のABARTHディーラーさんでイベントを企画していますので、決定次第順次日程を追加してご案内してまいります。

2月18日 THREEHUNDRED KANTO Touring
5月6日 THREEHUNDRED meeting TSUKUBA
6月9~10日 THREEHUNDRED Test Drive Day ROSSO CARS
7月8日 THREEHUNDRED Driving Experience TSUKUBA
7月16日 THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONE
9月16日 THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way

ピンチはチャンスであります。
5月27日はキット雨だったんです(^^)

気持ちを切り替えてガムバリマス。

THREE HUNDRED アバルトParts