THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


01月

サスペンションキットPro

去年から開発を続けているサスペンションキットPro。
既に沢山のオーナー様にお待ち頂いている中での開発、お時間かかっており申し訳ありません。

大変なプレッシャーを感じながら日々セットアップ活動とトラブルシューティングを行っております。
ズットハマっていた作動音の原因も追究出来まして、イマイチだったフィーリングも改善し、あとは細かな部分の仕様変更を行っておりますが、全体的な部品構成はOKとなりました。

アバルト スリーハンドレッド サスペンション

今回新たな試みの極太正立復筒式ダンパーは今までに経験のしたことのないフィーリングに仕立てる事が出来ました。
アルミシリンダーからなるダンパーは直径もピストン系も大容量タイプになりTHREEHUNDREDのオリジナルスプリングが付属します。
ノーマルアッパーマウントかピロアッパーマウント(オプション)からお好きなアッパーマウントをお選び頂けます。

アバルト スリーハンドレッド サスペンション

リヤは独特な形状を持つアルミシリンダーのサブタンク式。
余裕なストロークとダンパー容量からなる懐の広さは、悪路やサーキットの連続走行でも常に安定した減衰力を発揮します。
車高調整はネジ式になりミリ単位の車高調整が可能となりました。

アバルト スリーハンドレッド サスペンション

現在量産に向けての最終準備をしております。
ご興味のあるオーナー様は是非お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。
試作品はデモカー298でご試乗して頂く事も可能です。

宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

Go! 298!!!

先日の富士スピードウェイで、現デモカー303オーナーさんが撮影して下さいました。
ステキデアリマス☆

アバルト スリーハンドレッド サーキット

アバルト スリーハンドレッド サーキット

今回はタイヤを2セット持ち込んでましてes-02にはV700、es-03にはRE-71Rを履いていました。
タイヤ特性でダンパーセットアップがどう変わるか確認をしながら走らせました。
サーキットでのハンドリング方向にかなり振りましたが、昨日のアバルト高前さんでご試乗頂いた方からは、拍子抜けするほど乗り易いと高評価を頂いております。
ヤマグチも実際同じ印象でして、クルマを受け取った際には何か間違ったかな?とクリックを確認してしまったほどです。

アバルト スリーハンドレッド サーキット

ABARTH500カスタムはまだまだ奥が深いです(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

Black body x CARBON = Cooool

昨日のABARTH高前さんでのカット。
ABARTH 124 Spiderが多かったのは昨日のBlogでお知らせしましたが、ありがたい事にパーツもそれなりに動きまして、特にカーボンパーツは人気でした☆

アバルト 124 カーボン

Abarth 124 spider 1 Year Anniversary。
実車を見るのは初めてでしたが、とにかく全部真っ黒なABARTH 124 Spiderは何とも言えない迫力でした。
個人的に、黒いボディにカーボンという組み合わせはかなり好物でして、このお車にもカーボントランクスポイラーとエンブレムカバーセットをお取り付けさせて頂きました。

アバルト 124 カーボン

アバルト 124 カーボン

ステキであります(^^ゞ
次のデモカー入れ替えの時には黒いボディをチョイスしてみようと密かに企んでいるヤマグチです♪

THREE HUNDRED アバルトParts

今年最初のイベント無事に終了です

この週末は群馬県のアバルト高前さんでイベントでした。
最終日の今日は昨日同様に想像以上のご来店を頂き朝から大盛況で、駐車場も常に満車状態でした。
遠くは仙台や近県からのご来店も多く、ナンバープレートはとてもバラエティに富んでいたのが印象的でした。
何よりABARTH124Spider率が大変高く、全国のディーラーさんの中でもとても珍しい光景でした!

アバルト スリーハンドレッド

毎度の事ですがTuningECUのテストインストールのご成約率はとても高く、圧倒的なパフォーマンスに皆さん驚かれていて「これ、戻す理由ないでしょ!」というお言葉を頂けた方が数名いらっしゃったのが嬉しかったです。
去年年末のアバルト天白さんでのイベントと同じくサスペンションキットの評価が非常に高く、初お披露目となるサスペンションキットProは、ご試乗頂いた全てのオーナー様から「とても乗り易くて驚きました!」という高評価でした☆
頑張ったかいがありました(^^ゞ

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

デモカー3台も常に試乗で大忙し、あまりにショールームにいないので「今日はデモカー無いんですね・・・」と質問を頂戴されたことも。。。
3台並んだ写真を撮ろうとチャンスを狙っていたのですが、一向に3台揃う気配が無いので仕方なく昨日と同じカットにて。

ヤマグチも朝からイベント終了まで昼食無しで終始喋りっぱなしでした。
イベント後も試乗車の595(シリーズ4)がTHREEHUNDRED仕様になっており、ご試乗頂けますのでお気軽にご来店頂けたらと思います。

アバルト スリーハンドレッド

イベントにご参加頂いた皆様、アバルト高前のスタッフの皆様、ありがとうございました。

最後に我が家のムスメにお土産を頂いたオーナー様方、ありがとうございました!
先ほどオヤジが着服することなく、確かにムスメに渡しました!
「なになに、こんな沢山のプレゼントなんで?なんで??なんでもらえるの???」と申しておりました☆
そして「また次も貰えるかな!?」と・・・
チャッカリしてやがります、まったく親の顔が見たいもんです。。。

オヤジも、ステキなABARTHブランケット頂きました♪

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

極寒の富士スピードウェイ

今日はABARTH仲間と富士スピードウェイに行ってきました。
昨日御殿場のお取引先に恐る恐る「イマ、ゴテンバサムイデスカ?」と電話してみると「イマネ、マイナスロクド」と衝撃のお返事を頂き、道の心配をしつつもガレージから298を引っ張り出してサムイヨワーニング点灯。
ナント東京も既に-0℃ではありませんか・・・

アバルト サーキット

そんな寒さを吹っ飛ばすかのように「エビナシチジ」組と合流し朝食。
大井松田を越えたあたりから、東名高速は凍結防止剤が散布してあるのか真っ白い道路です。
意外だったのは御殿場は都内より残雪が少ないですがやっぱり気温は更に寒い!

アバルト サーキット

ピット内は8台のABARTHでギュウギュウです☆
こんな光景も何処となくカワイイのが500の愛されるところでしょうか。
今回3名のABARTHオーナーさんがコースライセンスを取得され、スポーツ走行デビューをされました。

アバルト サーキット

美味しい珈琲を飲みながらクルマ話で盛り上がり、コース上では久々のチキチキバトルを楽しみ、導かれたようにたまたま同じタイミングで給油しに行った4台で記念撮影してみたり、ABARTHを卒業したけど今でもお付き合いのあるオーナー様とバッタリ遭遇したり、楽しい時間を過ごせました。

アバルト サーキット

さてIHI最速伝説を作るべく、もがきまくってるデモカー298ですが今回非常に良い方向にセットアップが決まり、長いトンネルの出口が少し見えてきました♪
ダンパーのセットアップはかなり満足のいくところまで仕上がり、いざアタックをしようとV700からRE-71Rにタイヤを履き替えている際にビックリトラブルを発見してしまい走行するか悩みましたが応急処置をしてコースイン。
流石のヤマグチも相当慎重な走行でしたが298での自己ベストは更新できました。

アバルト サーキット

今の仕様と今のお古タイヤで7秒台の手応えはありましたので、目標であるこの冬7秒台あわよくば6秒台という数字も見えてきました。
帰りがけにミスタータイヤマン三鷹店の松本君に居残りしてもらい、トラブル個所を直してもらって無事先ほど帰宅しました。

アバルト サーキット

そして今日からアバルト高前さんでイベントを開催しています。
土曜日にも関わらず多くのお客様にご来店頂いたと現場スタッフから報告を受けております。
寒い中ありがとうございました。
明日はヤマグチも10時の開店からお邪魔する予定ですので、皆様とコユイABARTHトークが出来る事を楽しみにしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

冬こそオープンエアッ!

先日の残雪で日陰はまだウルトラアイスバーンな場所が若干残る都内。
そんな寒い日ですが明日からのアバルト高前さんでのイベントへ出動するべく、デモカー304を自宅ガレージから引っ張り出してきました。
改めてそのシルエットを見てながら、ジブンで作っておいてなんですが、デモカー304は超絶カッコイイと思います♪

アバルト 124 スパイダー

アバルト 124 スパイダー

最近は国内よりも海外からのオファーが多いABARTH 124 SPIDERですが、明日からのアバルト高前さんのイベントではデモカー304はもちろん、デモカー305もご自身のドライブでTHREEHUNDREDのパフォーマンスを感じて頂けます。

「おいおいヤマグチ、文字ではデケーこと書いているけど、実際のところはドーなのよ?」という方、是非デモカー達の完成度を感じて頂けたらと思います(^^ゞ

皆さまにお会い出来る事を楽しみにしております☆

THREE HUNDRED アバルトParts

帰ってきたデモカー298☆

本日デモカー298がリセッティングから戻ってきました。
今回の変更点はサスペンションキットProのリセッティング、スポーツブレーキローターの装着、プラグの交換、アライメントシムの取り付け、トーションビームの調整です。

実はこのトーションビームの調整が大事だったりして、リヤのホイールとフェンダークリアランスが左右で違ったりしませんか?
THREEHUNDREDの歴代デモカー達は大体左にずれてました。
これをトーションビームを緩めて位置出しし直し、左右のフェンダークリアランスと前後方向もかなり動くので合わせてベストな位置に調整しました。

27日の富士スピードウェイが楽しみです。
大勢のABARTH仲間と一緒に走りますので、見学だけでも楽しいかもです(^^)

大渋滞…

今日はクルマと電車を使い、自宅→所沢→三郷→磯子→DT3→帰宅というスケジュールでした。
先日の雪の影響で首都高が未だに一部通行止の箇所があり一般道路は激しい渋滞でした。

アバルト 道路

通常1時間で着くところが3時間以上かかったり、Google先生に聞きながら裏道グリグリ行こうとすると今度は激しい残雪道路。。。
アポイントに遅れまくって、皆さまに迷惑をお掛けてしまいました。

明日も終日外出なので、今日の教訓を生かして道の選択をしっかりしてから出掛けようと思います。

押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ABARTH 124 Spiderのカーボンディフューザー

ポツポツご用命を頂き始めたABARTH 124 Spider用のカーボンディフューザー。
このクルマのスポーティーキャラもあり、今回ディティールをかなり攻めてデザインで開発を行いました。
という事は、実用性も少々気になったりするのは当然でして、実際にジブンで普段使いをしていても気になっていたので、先日の下見ツーリングでいろんなところに駐車して、輪留めのサイズを計測してみました。

開発当初から輪留めのサイズは計算して開発をしていましたが、いざ実用になると路面が凹んでいたりして、輪留めの寸法以上のイレギュラーも多い事に気づきました。

アバルト スリーハンドレッド カーボンディフューザー

ヤマグチ的なモノサシで言うとこの輪留めは高い方だと思います。
タイヤサイズは235/40-17で、車高はノーマルから75mm下げた状態の感じです。
輪留めの高さは14.5cmです。

アバルト スリーハンドレッド カーボンディフューザー

結果から言うと、14.5cm以上の輪留めはあまり存在していなくて、強いて言えば古めのコインパーキングの輪留めで15cm近いものがありました。
よほどの事が無い限りデモカー304の低い車高でもカーボンディフューザーが輪留めに干渉するシーンはありませんでした。

アバルト スリーハンドレッド カーボンディフューザー

■ THREEHUNDRED カーボンディフューザー商品ページはコチラから

代々木上原は銀世界

DT3の前は井の頭通りという大きな通りで、普段はかなり交通量が多い道路ですが今日はかなり静かです。
関東地方は全域で降雪のようで、会社さんも早仕舞いのところが多いようです。
弊社も早く帰りなさいとスタッフに言っているに、ハラダは隣でネットサーフィンしてます(^^)

スリーハンドレッド アバルト

皆さん今日は開店休業中なのか、いつにもに増してコユイお問い合わせメールが多いです☆
ヤマグチは最悪雪遊びをしながら歩いて帰ろうと思っているので、まだまだシゴトをやってから帰ろうと思います♪
あっ、実家からマウンテンバイクだしてチャリンコで帰ってみようかな☆

皆さま帰宅と明日の朝はお気を付けください(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts