THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


2017年

こころから、ありがとう!

この商売、出会いあれば分かれもあります。

たかがクルマ、されどクルマ。
僕はクルマは生きていると思っています。
デモカーたちがいなければTHREEHUNDREDの商売は成り立ちません。

アバルト パーツ カーボン

デモカーはだいたい1年サイクルで入れ替えを行っていまして、人気のあるうちが華なのかと。
ヤマグチ的にはデモカーの売却に利益はいらないんです。
大切に愛し続けてくれて、THREEHUNDREDのイベントに参加してくれて、デモカーとしての存在価値を大切にして下さる方にお譲りしたいと思っています。

アバルト パーツ カーボン

デモカー299は今年の春にTHREEHUNDREDにやってきて、5月のTHREEHUNDRED meething Fuji Speed Wayが初仕事でした。
チョット新しい事やろうと思い「es-05とABARTH RED」という組み合わせで、あえてロワリングスプリングで「ABARTHカスタム初心者の方は、ここからはじめては?」というコンセプト共に、ギョーカイにホンノ少しだけ新しい風を吹き込めたのではないかと思っています。

アバルト パーツ カーボン

そのデモカー299が本日旅立ちます。
嫁ぎ先は弊社の取引先社長様、車を愛してやまない方の元なので、大切にしてもらえる環境に安心しています。
イベントにも参加して頂けるとの事なので、引き続きTHREEHUNDREDデモカーファミリーとして活躍して頂けると思います。

299、
半年間だったけど、
ありがとう!

THREE HUNDRED アバルトParts

es-03試し履き☆

明日からサスペンションキットProをリセッティングする為にデモカー298が再び工場入りです。
それに合わせて15インチからデモカー305で使用しているes-03(RE-71R)に交換しました。
いつも見慣れた17インチですが、今まで15インチに見慣れていたせいか物凄くホイールが大きくなった気がします。
アッズーロレジェンダにグリジオメタリコもなかなか良い感じであります☆

アバルト ホイール 鍛造

■ es-03商品ページはコチラから

分かっていた事ですが、15インチと17インチで驚くほどフィーリングが違います。
乗り味がシャキッとしますし、今まで感じなかったダンパーのアラが大分出てきました。。。
15インチで感じた事、17インチで感じた事をまとめて、リヤスプリングが暫定版でしたので、出来上がってきた製品をつけて最終テストを行いたいと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

またやってしまった・・・

40になって、とたんに忘れ物が多いヤマグチあります。

先日のこと。
家を出て、
ドアのカギをさし、
そのタイミングでケータイが鳴り、
少し話した後、
鍵をドアにさしたまま、
鍵をしめずにエレベーターにのり、
駐車場で鍵がない事にハタと気付く。。。

アバルト 駐車場

またコインパーキングに朝からデモカーを入れ、
夕方にクルマがない事に焦り、
ハタとコインパーキングにクルマを入れっぱなしな事に気づき、
先日の失敗に引き続き半日駐車してエライ事に、
しかも今回は2台入れてたの大ダメージであります。

いろいろガムバリマス(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

サスペンションキットPro着々と

先日の富士スピードウェイでのテストでかなり好感触だったサスペンションキットPro。
これはTHREEHUNDREDのダンパーノウハウの集大成でありまして「ABARTH500系のサスペンションはこういうハンドリングで操りたい!」という商品です。

アバルト サスペンション

まずはスペックに拘りました。
フロントは正立式ですがダンパーシャフトは極太です。
内部構造は復筒式を採用し、ガス圧の影響を限りなく低減しピストン形状と減衰力のセットアップで勝負です。
ダンパーケースも従来品より二回り太くなり、ピストンサイズも45Φになり、ダンパー容量が格段に多きくなった異による恩恵は絶大です。
全長式を採用しなかったのは、オーナー様のリクエストをお聞きしてお作りするオートクチュールスタイルなので、希望の車高に合わせてスプリングやダンパーのストロークを決めますので、全長調整という汎用性は不要で、その分を容量にあてました。

アバルト サスペンション

リヤのトピックは何と言っても独特な形状をもつサブタンク機構です。
「アルミブラケットの中にオイルラインを切削で掘って、その中にオイルを通す」という、ヘンタイ魂が雄たけびを上げそうな日本が誇る切削技術のクオリティは、商品を手に取って頂ければ装着するまでしばらくお部屋に飾りたいくらいです♪
悪路やスピードレンジが上がった時のビタリと安定した走行フィールはニヤリであります(^^ゞ
前後ともスプリングは専用設計品を装備しています。

当初はワインディングやサーキットにターゲットを絞ったキワモノで企画していました。
今でもそのつもりですが実際に完成してみると、ストリートでも全く問題なく乗れてしまい昨日娘が「この水色なかなか快適だね」と言ったほどなので、タブンいけます(笑)

来月の発売を目指して猛烈に開発中ですので、今しばらくお待ち下さいませ。
ひとつだけお伝え出来る事は「現段階でも仕上がりニヤリであります♪」

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

シェイクダウン無事に終了

昨日は丹沢バンガローへ行く前に、朝イチのスポーツ走行をABARTH仲間とデモカー298で走ってきました。
海老名パーキングで朝から男子トークが盛り上がりすぎて、一本目に遅刻しそうになりましたが、何とか無事走行30分前に到着。

アバルト サーキット

2台で荷物をおろしてると、サーキットには全く関係ないキャンプ道具がでるわでるわ。。。
となりの方が「アバルトの積載能力凄いですね!」と驚かれていました☆

アバルト パーツ

今回デモカー298では初サーキット。
前のオーナーさんが取り付けされていた15インチのRSワタナベホイールと、風邪ひき気味の71R。
個人的にこのムチムチ感凄く好きです♪

ドタバタで準備をして、到着後早々にコースイン。
2周ほど確認走行をして、少しづつペースを上げてきます。
とりあえずブレーキが全くとまらないのでこれは要改善であります。

サスペンションキットProのフィーリングがスコブル良くて、アンダーもオーバーも荷重移動次第でどうにでも作り出せる感じは凄く好印象でした。
あまりにドッシリしすぎてる感じもあるので、ストリートの雰囲気ももう少し詰めたいので年内にもう一度リセッティングして走らせようと思います。

確認走行を終えてピットイン。
タイヤ内圧とダンパーのクリックを調整してピットアウト。
左ハンドルのMTAって慣れないなぁ。。。
と、ブツブツ独り言いいながらアタック開始。

フィーリングはグッドです。
ストレートも205kmとまあまあの速度。
シェイクダウンでぶつけたら嫌なので、少しマージンを残しながらのベストタイムが下の画像です。

次はサスペンションキットProをリセッティングし、IHI最速伝説用のスペシャルECU Data、ホイールをes-02に変更して再度走らせてみようと思っています。

昨日のタイム、去年記録したデモカー303のタイムと既にあまり変わらないという。。。
IHIタービンの可能性を改めて感じています(^^)v

そして、この週末はデモカー298と楽しく遊ばせてもらったので、その日の汚れはその日のうちに☆

アバルト 洗車

押忍ッ( ̄^ ̄)ゞ

第0回 300バンガロー

事の発端は、ヤマグチが新しい焚き火台を購入し、火遊びしたいと言い出した事がキッカケでした。

今日はABARTH仲間10人と丹沢で忘年会BBQからのバンガロー合宿です。
来年やろうと思っている300CAMP!!の練習も兼ねて、楽しくやってます☆

新しい焚き火台も絶好調であります( ̄^ ̄)ゞ

カーボンボンネット続々装着☆

以前es-04の超ディープリムを装着させて頂いた695 Tributo Ferrari.
開発段階からカーボンボンネットのオーダーを頂いており、ファーストロットで納品させて頂きました。
まずは美しい綾織カーボンを楽しむべくクリア塗装仕上げで装着。

アバルト カーボンボンネット

少しこの状態で乗られてから、今度はボディ同色に塗装予定です。
しかしこの存在感、言葉はいりませぬ・・・

アバルト カーボンボンネット

■ THREEHUNDRED カーボンボンネット商品ページはコチラから

オーナー様、いつもありがとうございます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

コツコツとデモカー298をね

いよいよデモカー298のIHI最速伝説への道のりがスタートしました。
試作品のサスペンションキットProを搭載し、まずはベース車両のポテンシャルを確認するために、今週末とりあえず富士スピードウェイを走ってきます。

これに合わせて各部の点検と油脂交換、カーボンディフューザーとmember限定のレーシングマフラーを装着。
夜遅くまでTHREEHUNDRED connectのスティーレさんに作業してもらいました☆

明日カーボンパーツを一通り装着して、デモカーぽく仕上がる予定です。
ホイールはes-02を製作中で、来週には交換予定です。
サスペンションの仕上がりもかなりニヤリであります( ̄^ ̄)ゞ

お待たせしました、間もなくデリバリー開始です(^^ゞ

595(シリーズ4)用のカーボンリップスポイラー、カーボンバンパーインサート(フロント&リヤ)が完成しまして、量産をスタートしています。
初期ロッドは年内ギリギリにDT3へ入荷してくる予定で、ヤマグチの頑張り次第では年内ギリギリ出荷させて頂きます(^^)v
お正月、是非あのフェイスで走り回って頂きたいので、何とか出荷出来るようにガムバリマス!

アバルト カーボン

今日からTHESTOREにて商品ページを展開させて頂きました。
年内入荷の初期ロッドは15SETと少なめですので、ご検討中のオーナー様はまずポチッと宜しくお願い致します!

■ THREEHUNDRED カーボンフロントリップスポイラー ¥79,000-
■ THREEHUNDRED カーボンバンパーインサート フロント ¥30,000-
■ THREEHUNDRED カーボンバンパーインサート リヤ ¥35,000-

カーボンディフューザーとカーボンフォグライトカバーも追って完成します。
これらは2月末頃語からのデリバリーになるかと思います。

これで年内の型モノ開発ラッシュが一息つきましたが、年始からは過去最大級の外装開発がはじまります。
型代との戦いは来年もひたすら続きまする・・・

THREE HUNDRED アバルトParts

年末年始の業務につきまして

2017年も残り後僅かになってきました。
皆さんはどんな1年でしたでしょうか?

THREEHUNDREDは今年の2月であっという間に4年目に突入し、全国のオーナー様に支えて頂きながら今年もスタッフ一同楽しく仕事が出来ています。
特に春の富士スピードウェイでのイベントが一番思い出に残っていて、ホームストレートを埋め尽くす200台を超えるパレードランの先頭で、嬉し涙がこみ上げてきた事が懐かしいです。
来年も5月27日の日曜日開催でスケジュールが決定しています、走行時間も2時間確保し、300台オーバーの台数を集めるべくパドックエリアも拡大して皆様をお迎えする予定です。
ここで5年目に突入したTHREEHUNDREDのビックプロジェクトを発表する予定です!
是非来年のご予定に組み込んで頂けたらと思います。

アバルト パーツ カーボン

前置きが長くなりましたが、以下の日程で冬期休暇とさせて頂きます。
やっと休めます(笑)、ここ数ヵ月スタッフもミンナゼンカイだったので、タップリ充電して来年から更なるパワーで頑張りたいと思います。

12月28日      最終営業日
12月29日~1月4日 冬期休業
1月5日       通常営業

ヤマグチはド年末に韓国出張と、残念ながら大みそかまでオシゴト決定であります。。。
本日勢い余ってとっても大きい衝動買いをしてしまったので、年末にやってくるブツを楽しみにガムバリマス(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts