THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


10月

アメニモマケズ。。。

今日はABARTH仲間と富士スピードウェイにきてます。
残念ながら豪快な雨と濃霧、でもマケズニデモカー304でドリフトしながらチキチキ遊んだり、ハンモックで遊んだり、楽しくやってます。

先週のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAで大好評だったギンサイさんのプリンを今日頂いています。
う〜ん、やっぱりオイシイ♫

久々に走行会に参加させて頂いて、いろいろ勉強になります( ̄^ ̄)ゞ

オーナー様インプレッション

スミマセン、まだTHESTOREに商品ページをup出来ていないんですが、やってますABARTH 124 SpiderのTuningECU
オリジナルのモッサリした加速フィーリングを改善し、トップエンドまで伸びるDATAになっています。
ABARTH500/595系のようなキビキビ感で、痛快なFRスポーツを実現します☆

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場でテストインストールさせて頂き、スポーツ走行1本目はノーマルDATA、2本目をTuningECUを施工して走って頂きました。
そのパフォーマンスにご納得いただきまして、そのままご購入頂きました(^^ゞ
価格は¥150,000-と消費税になります、是非お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

—————————————————————————-

THREE HUNDRED meeting TSUKUBA ありがとうございました

ABARTH124Spider(AT)に乗り換え
ノーマルでワインディングを楽しく走れれば良いやと
595Compから乗り換えたのですが

ワインディングを少しハイペースで走るとアクセルのツキや
キックダウンのもたつき、頭の中のスピード感と実速度の違和感が

確かに良いエンジンですがATだと低回転のトルクが細いのは
カバーしてくれますが全体的に線が細い印象があり普通

それなりに走れるので良いかと思っていたら
あるじゃないですかTHREEHUNDRED ECU Tuning for 124!

さっそく筑波のミーティングでテストインストール

アバルト 124スパイダー ECU

走行会にも申し込んでいたのでフィーリングの違いを確かめるべく
走行1回目はノーマル、2回目はインストール後で走ってみました

ノーマルではやはり一般のワインディングを走っているときと同じ
特にサーキットではアクセルのツキが特に悪く感じました
(山口さんの304に2回ラップされたかな 笑)

インストール後では、皆さん二回目でペースが上がったのか
腕もヘボなので追い越しラインには入れず走行ラインの前走車に
着いて走ることになりワインディングをイメージし
走行感を重視し確認をすることに…

パワーアップ感(170ps25.5kg→192ps29.1kg)は
サーキット上ではなかなか背中に感じることは鈍感で難しかったのですが、
アクセルのツキは格段に良いと感じましたし
各ギヤの伸びが良くなっているのを確認できました

ちなみに走行2回目チューニング後に駐車していた濡れた芝生から出る時
チューニング前によりアクセルワークがシビア(滑る)になったのと
燃調のせいでレコモンの排気音が少し野太くなっていましたね

これでますますワインディングをオープンエアーで( ̄ー ̄)ニヤリですね

—————————————————————————-

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

シリーズ4の外装パーツ

オリジナルバンパーに被せであります。
ディティール若干変えてます。
全長10mm伸びます。

アバルト シリーズ4 カーボン

製品は綾織カーボンで、超絶カッコイイ予定です(^^ゞ
フロントは、カーボンリップスポイラーとカーボンリップカバーを先行して開発しています。
カーボンフォグライトカバーは今日から追ってマスターモデルの進行を進めています。
リヤディフューザーも開発をしていますが、まずはチョロット雰囲気を変えられるパーツを先に発売します。
それぞれ組み合わせてお使い頂けます。

カーボンインテリアパネルの問い合わせが物凄いです。
こちらも順次開発をしていますので、随時membaerサイトにお知らせしていきたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

Sabeltシートの背面保護フィルム

まだやってんのかよ!

と、言われそうですが、まだやってるんです。
エックスペルという保護フィルムの最高峰を使ってTestしてるんですが、型紙がイマイチ良くなくて、少し使うとキワが若干浮いてきちゃうんです。。。

折角の保護フィルム、出来るだけ保護する面を大きく取りたくて、オーナー様にも簡単に貼って頂けるようにもしたいので、その良い間をとるのに葛藤しています(^^ゞ

アバルト スリーハンドレッド Sabeltシート

先日キャンプに行った際に、気を付けていても荷物がコツコツ当たってしまい、保護フィルムが無かったら今ごろ傷だらけになっているところでした。
折角のカーボンシェル、いつまでも綺麗に乗りたいですよね。

今回のは大丈夫そうな気がするので、もう少し使い込んでOKならば製品化したいと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

とりあえず試作完成☆

THREEHUNDREDのGReddyタービンを取り付けるためにどうしても必要だったので・・・
既製品で上手くサイズが合わないので作っちゃいました。
どうせ作るならIHIタービンやギャレットタービン用にも作っちゃおうと思いまして♪

アバルト スリーハンドレッド

とりあえず試作品が完成してきたので、これから装着確認をしたいと思います。
イベント後、またしでもデモカー達は慌ただしく工場へ旅立ってしまったので、お客様のABARTHをお借りして取り付け確認をしようと思います(^^ゞ

■ THREEHUNDRED meeting TSUKUBA忘れ物情報
以下のサンシェイドとラバーマットとレジャーシートをお預かりしています。
弊社にご連絡いただけましたら送らせて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

THREE HUNDRED アバルトParts

そして来月はTHREEHUNDRED meeting OKAYAMA

昨日THREEHUNDRED meeting TSUKUBAが終わったばかりですが、来月の11月23日はいよいよTHREEHUNDRED meeting OKAYAMAを岡山国際サーキットで開催します!
関東同様にABARTH占有のmeetingエリアを設けておりまして、コース上では元気に走るABARTHを見ながら1日ゆっくり楽しんで頂けます。
デモカーも持ち込みますので、サーキットの近隣で新作のサスペンションキットを試して頂く事も可能です。
昨日の筑波サーキットでも好評だったTuningECUのテストインストールも行いますので、ご自身のABARTHにTuningECUをテストインストールして、そのパフォーマンスを体感して頂けます。

アバルト 124 エアロパーツ

当日は弊社も協賛させて頂いているアルファロメオチャレンジの中で開催させて頂きます。
他車と混走にはなりますがスポーツ走行とスプリントレースが開催され、ヤマグチはスプリントレースに参戦予定です。

THREEHUNDRED meeting OKAYAMAのイベント概要は近日中にご案内させて頂きますので、手帳にチェックだけ宜しくお願い致します(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

雨に負けなかった1日!

終日お天気には恵まれませんでしたが、本当に沢山の笑顔に恵まれた1日でした。
そこかしこで笑顔と笑い声の絶えないTHREEHUNDREDらしいイベントに出来た事を心から感謝申し上げます。
気が付けば70部用意した配布物は全てお配りし、60台を超えるスポーツ走行のエントリーを頂いておりましたので、130台ものABARTHにご来場いただき本当にありがとうございました。

アバルト スリーハンドレッド

ギンサイさんのケータリングは大好評で、皆さんから「美味しい!」のご評価を頂きとても嬉しかったです。
銀座の店舗もとても良いお店ですので、配布させて頂いた封筒にリーフレットが入っておりますので、是非お店にもご来店頂けたらと思います!

アバルト スリーハンドレッド

meetingは北は山形、西は福岡というスーパーワイドレンジなエリアからご参加頂きました☆
今回はスポーツ走行もmeetingも初めてお会いするオーナー様がとても多く、いろいろなカスタムをされたABARTHを拝見できてとても勉強になりました。
ヘアメイク&ネイルサロンは朝イチから大好評で、当日の予約がスタートして1時間で全て埋ってしまう事態に・・・
特にネイルとお子様の前髪カットなどは好評で、次回はネイリストさんを増員してもっとプロの技術でキレイになって頂けるように配慮したいと思います。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

スポーツ走行は全セッションフルウェットコンディションという悪条件でしたが、皆さんご自身のペースでABARTHを操る楽しさにニヤリでした。
ヤマグチもスポーツ走行①と②をデモカー304で走らせて頂いたのですが、今回女性の参加率も大変高く、また何名かの女性ドライバーを引っ張らせて頂いたのですが、初めてのサーキット走行にも関わらず、フルウェットという悪コンディションの中、物凄く一生懸命練習されて、最終的にはかなりのラップタイムで走れるようになり本当に驚きました。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

ご夫婦でドライバーチェンジをして楽しまれていたり、カップルで交代して走られていたり、ヤマグチが思い描いているサーキットアソビの雰囲気に少しずつ近くなってきてとても嬉しかったです。
THREEHUNDREDのスポーツ走行はベストラップより楽しんだヒトが勝ち、何名かのオーナー様に「とてもマナーがよく、安心して走れました」とお声がけ頂きました☆
もっともっと参加しやすい環境を作って、スポーツ走行を楽しんで頂けるように努力していきたいと思います。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

最後のパレードランは筑波サーキット・コース2000が1周ABARTHで埋め尽くされ、台数が多すぎててきより渋滞気味となり申し訳ありませんでした。
でもあの景色は最高でしたネ☆

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

来年はまた5月に富士スピードウェイでTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayを開催予定です。
秋にはTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAも予定していますので、スケジュールが確定次第ご案内させて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

今回のイベントを開催するにあたり、沢山の企業様にご協賛を頂きました。
この日の為に寝ずに製品を仕上げてくれた工場さん、当日お手伝い頂いたミナサマ、スタッフのミンナ、そして1日イベントを盛り上げて下さった全てのオーナー様に心から感謝いたします(^^ゞ

アバルト スリーハンドレッド

また次回企画も、THREEHUNDREDらしいアットホームなイベントを開催したいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します(^^ゞ
今日は本当にありがとうございました!

THREE HUNDRED アバルトParts

645モリヤ

初品はいろいろあるのがお約束でして、今回も朝からカーボンボンネットが締まらないというトラブル発生。
明日お手伝い予定のスティーレの上松さんにお願いして、急遽現場対応してくれました。
なんだかんだイベント前には必ずと言っていいほどアゲちゃんの助けをかりてます。
ホントありがとう☆

九州からわざわざ参加してくれるparc./山本さんの595も洗車完了してホテルへ無事に納車。

ふとYahoo天気を見ると、9時から16時まで雨予報が曇り予報に!
晴れろとは言わないので、何とか曇りで楽しくイベントを終わりたいです。

明日は645にモリヤ出発。
少し早めに着いて朝ラーで気合い入れて筑波を目指します( ̄^ ̄)ゞ

では明日、宜しくお願い致します。

ホンマルトウチャク(^^ゞ

キタッ!
構想2年、遂にTHREEHUNDREDがイメージする最高のレイアウトを持ったダンパーキットが完成しました☆
ABARTH500系のアシを研究し、追求し、全国の道を沢山走った結果が、今まさに行っているサスペンションキットのフルモデルチェンジです。

一足先にデリバリーがはじまったサスペンションキットは、ド定番のド真ん中をいくこれぞTHREEHUNDREDという最高のドッチツカズノ商品。
今回ご紹介するサスペンションキットProは、THREEHUNDREDというよりもヤマグチが欲しかった最高のカタチ。
構成パーツ全てがオールジャパンメイド、パーツとしての美しさ、魅力ある機構、セットアップはオートクチュールで、オーナー様のご意向を聞きながらひとつひとつダンパーを組み立てます。
こんなダンパー魅力ないですか?

アバルト サスペンション

何もかもがTHREEHUNDREDフルオリジナル。
フロントは正立式を採用し、ショックシャフトを特注しまし通常流通品より2倍近い太さになりました。
ダンパーも二回り大きくなり46Φピストンを採用し、内部構造は復筒式となりましたのでセッティングの幅が広がりました。
全長調整を採用するかは非常に悩んでいまして、容量を大切にしたいので全長調整は装備しない方向で検討しています。
その代わりスプリングを専用設計にしていますので、ベストなプリロードと車高で組めるように準備させて頂く予定です。

アバルト サスペンション

リヤはサブタンク付きフルアルミ削り出しケースになります。
ノーマルダンパー比で約2.5倍の容量を持ち、その加工精度は日本の職人技術の塊です(^^ゞ

まだ走らせていないので、まずはヤマグチ基本スペックをセットアップしたいと思います。
皆様へのデリバリーは12月頃からを予定しています。
明後日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAで現物をお披露目させて頂きます☆

THREE HUNDRED アバルトParts

今週末はTHREEHUNDRED meeting TSUKUBA

お天気が少々心配であります。。。
でも、なるべく雨風をしのいで頂けるように準備を進めています!

アバルト 筑波サーキット スリーハンドレッド

スポーツ走行のオーナー様はドキドキだと思いますが、今回は助っ人をお願いしました☆
埼玉県でTHREEHUNDRED connectとして活動してくれているスティーレの上松氏を1日拘束しました(^^ゞ
彼自身もエキスパートドライバーであり敏腕メカニックでもあります、THREEHUNDREDのデモカーは全てスティーレでパーツ取り付けメンテナンスをしていまして、上松氏とはヤマグチも20年近い付き合いで阿吽の呼吸であります。
スポーツ走行全エントラントの車両メンテナンスのお世話を上松氏が担当してくれる事になりましたので、内圧調整、ボルトの増し締め、現場でテスターを必要とする調整や整備、万が一トラブルがあっても最低限直せる準備をしておりますので、安心してスポーツ走行を楽しんで頂ける体制です。
ウェット走行の際には特にタイヤの内圧調整が重要ですので、ヤマグチか上松氏にお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

お馴染みミスタータイヤマン三鷹店の松本君、九州THREEHUNDRED connectのparc./山本氏、全国3拠点のTHREEHUNDREDconnectが揃いますので、スポーツ走行のオーナー様もmeetingへご参加のオーナー様も、是非お気軽に弊社スタッフ若しくはTHREEHUNDRED connectスタッフへお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

・THREEHUNDRED meeting TSUKUBA 会場レイアウトとタイムスケジュールダウンロード
・筑波サーキット場内図ダウンロード

今回は2クラスという事もあり、スポーツ走行のエントリーだけで60台を超えております。
天気予報が微妙ではありますが、会場はABARTHでギュウギュウになると思います。
多少会場スペースが窮屈で、駐車の際などご協力を頂く事もあるかと思いますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。、

meetingのオーナー様は、会場に到着されましたらTHREEHUNDREDテントにまずはお越し頂けたらと思います。
フラットアウトさんからご協賛いただいた携帯電話クリーナーと、非売品THREEHUNDREDステッカーをご来場頂いた全てのオーナー様にプレゼントさせて頂きます。

では週末、皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。
道中気を付けてご来場ください。

THREE HUNDRED アバルトParts