THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


04月

夢の企画をね☆

THREEHUNDREDはABARTHのカスタムパーツメーカーなんです。
でも、これからはパーツメーカーの枠をこえて、ABARTHと共にアソブいろんなニヤリを追及していこうと思っています。

ABARTHと過ごす生活が楽しくて、個人的にもいろいろなところにABARTHと共に出かけています☆
ABARTHという最高に楽しい相棒を通じて知り合ったステキなオーナー様との出会いも大切にしています。

ヤマグチは多趣味が趣味でして、意外とオーナー様にも同じアソビの思想をもたれている方が多いんです。
去年の秋頃に、ABARTHで「チャリンコとキャンプ」という企画を内輪でやりまして、Blogに掲載したところ多方面から「なんで誘わないんだ!」というありがたいお叱りのお声を驚くほど沢山頂き「なんだぁ、皆さんこの企画興味あるんだぁ」という印象を受けた事があります。

スリーハンドレッド アバルト

という事でやります「サンビャクキャンプ!」
以前からズットやりたかった企画だったのですが「誰もついてきてくれないだろう・・・」と思っていたのです。
しかし、9月23日の九州ツーリングと翌日阿蘇で開催するTHREEHUNDRED Test Drive Dayのロケーションがあまりにステキなので、宿泊をキャンプにしちゃいました!

最高のロケーション、満点の夜空?(見れるかな??)、ABARTHを囲んで、皆でキャンプしませんか?
ファミリーでも、カップルでも、オッサン一人でももちろんオッケー!!
ヤマグチはデモカー305とデモカー304にキャンプ道具とイベント機材を詰め込んで、九州・阿蘇に向かいたいと思います。

えーと、タブン荷物の積載に限界があると思われますので皆さん助けて下さいね(^^ゞ
詳細は追ってご案内させて頂きます。
因みにこの企画、関東でも今年やろうと思ってます♪
あー、楽しみだッ☆

クルマも、アソビも、ゼンカイ。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayのタイムテーブル

いよいよ開催まで1ヵ月を切ってきたTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way。
遅くなってしまいましたがタイムテーブルが出来上がりましたのでご案内させて頂きます。

当日はTHREEHUNDRED以外にも様々なユーロッパ車のイベントが開催されます。
パドックエリアは各イベント事に制限されていますので、以下URLよりパドックレイアウトをご参照頂き、会場へお越し下さい。
THREEHUNDRED meetingのパドックレイアウトは、全体の参加台数をもう少し把握してから組み立てたいと思います、まずはタイムテーブルと富士スピードウェイ全体のレイアウトからご案内させて頂きます。

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way イベント概要
THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way パドックレイアウト(全体図)ダウンロード

■ THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way タイムテーブル(2017年5月27日)
6:00  ゲートオープン
8:00      スポーツ走行参加者受付開始
8:50~9:20  ドライバーズブリーフィング(ミーティングルーム)
10:10~10:40 スポーツ走行1本目
11:00~11:10 開会のご挨拶
13:00~13:15 ABARTHパレードラン(全員参加)
14:10~14:40 スポーツ走行2本目
15:00     じゃんけん大会・アワード表彰・閉会式

※meetingは集合時間等の設定は特にありませんが、11:00を目安にお集まり頂けたらと思います。
※富士スピードウェイ入場には、スポーツ走行ご参加の方も、meeting参加の方も¥1,000/1人の入場料が必要です。

アバルト スリーハンドレッド

スポーツ走行①のエントリーは定員になりましたので期日前ですが締め切らせて頂きます。
スポーツ走行②はまだ若干名ではありますが参加枠が確保できますので、参加をご検討中のオーナー様は早めのエントリーをお願い致します。
既にエントリーを頂いているオーナー様への受理メールの送信ですが、連休明けから順次送らせて頂きますので、今しばらくお待ち下さい。

■ スポーツ走行にご参加の皆様へ
事前の車両メンテナンスは必ず行って下さい。
特にブレーキパット、ブレーキフルードの交換はマストで、慣れないオーナー様ほどブレーキを長く踏み続け熱が上がる傾向にありますので。
弊社商品で例えますと、TH200かTH300の装着をオススメします、ブレーキフルードもDOT4以上のものを推奨します。
またタイヤ管理も大切で、万が一クギ等がささっていて知らずの走行は大変危険です。
ブレーキ関係のメンテナンスと合わせて、各部の走行前チェック、油脂類の交換も行って下さい。

meetingは事前申し込み不要です。
沢山のABARTHで会場を埋め尽くしたいと思いますので、是非富士スピードウェイにご来場頂けたらと思います。
皆様にお会い出来る事を楽しみにしております(^^ゞ

新しいデモカー達はまだドノーマルが続いておりますがぁ・・・

THREE HUNDRED アバルトParts

明日から連休ですね☆

THREEHUNDREDは明日も絶賛オシゴトです♪
月末のカーボンパーツがワンサカ出来上がりますので、梱包・出荷業務です(^^ゞ
因みに手前どものゴールデンウィークってヤツは一応暦通りでして、3日~7日までお休みを頂きます。
でも5月終わりから怒涛のイベントラッシュが始まりまして、現在決まっているスケジュールを以下に記載します。
まだ調整中のイベントも沢山ありますので、決まり次第ご案内させて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

THREEHUNDRED Test Drive Day ROSSO Cars 2017.6.10~11
THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONE 2017.7.17
THREEHUNDRED Touring SHIKOKU 2017.7.22
THREEHUNDRED Test Drive Day ABARTH MATSUYAMA 2017.7.23
THREEHUNDRED Test Drive Day MITAKA 2017.9.3
THREEHUNDRED Touring KYUSYU 2017.9.23
THREEHUNDRED Test Drive Day ASO 2017.9.24

これに趣味のサーキット活動なんかも入ってきますので、今年の夏も北へ南へ楽しく過ごせそうです♪
現在北海道と仙台でのイベントを計画していますので、決まり次第改めてご案内させて頂きます。

これから年間のイベントスケジュールは、THREEHUNDREDのトップページに掲載していきますので、こまめにチェックをお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

TuningECUの定期確認作業

今日はデモカー305、デモカー299、オーナー様のギャレットタービン換装車両の体力測定をしてきました。
今まではローラーで計測をしていましたが、今回からより正確に計測する為にDynapackで計測しました。
IHI仕様は現在公表させて頂いているDATAとホボ同じ計測結果で、ギャレットタービン車両はローラーで上手く計測ができていませんでしたが、今回以下の数値を記録しました。

アバルト スリーハンドレッド

■ 計測車両 2017y ABARTH 595 competizione 外気温18℃
スタンダード 170.5ps/5039rpm 24.5kg/m/3930rpm
TuningECU 205.7ps/4653rpm 35.4kg/m/3714rpm

TuningECUを開発するにあたり、計測DATAは最終的な確認作業でしかなく、あくまで実走行とフィーリングに拘ってセットアップしています。
乗り易さだったり、加速フィーリングだったり、サーキットでテスト走行を繰り返し、データロガーが記録した数値を参考にセットアップをしています。

特にターボ車は実走行風と扇風機での計測で数字が異なり、実際の走行負荷でも厳密には変化します。
オーナー様からリクエストが多いので計測DATAを掲載しますが、あくまで参考値程度に考えて頂けたらと思います。
計測数字よりも、テストインストールで是非その圧倒的パフォーマンスをご自身のABARTHで体感して頂き、TuningECUを評価して頂く判断基準にして頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

新しいガレージ☆

ここ最近のTHREEHUNDREDはABARTHが溢れかえっていまして、デモカー3台、代車、開発等の一時お預かりABARTH、チャリンコ・・・・・
お引越ししたDT3も既に手狭状態になりつつある今日この頃です。。。

アバルト 新型595 スリーハンドレッド

昨日新しい駐車場を契約しました。
目立つ車が多いので青空駐車以外で探してたのですが、なかなか良い駐車場物件が無くて、でも切羽詰まっているので少し昭和の香りがするクルクルパーキングをゲット。
この時代のパレットは、真ん中の出っ張りがしっかり9cmありまして、9cmギリギリを狙ってるデモカー群にはなかなかアグレッシブなクリアランスです。

THREE HUNDRED アバルトParts

しばらくの相棒

久々にドノーマルのABARTH 124 Spiderに乗ってます。
しかもオートマです( ̄^ ̄)ゞ

アバルト スリーハンドレッド

いろいろ思うところはありますが、トルコンなのにダブルクラッチのような切れ味でバシバシギアが変わる感覚はステキです☆

今週はコイツと共に過ごしたいと思います♪

ボチボチ見納めかと・・・

ただいまTHREEHUNDREDに在籍中のデモカーさんは3台。
デモカー304はそこそこカスタムしていますが開発で工場をハシゴしまくりでして、DT3にはここ数ヵ月帰ってきていません。。。
TuningECUの開発にはディーラーさんの試乗車をお借りしている状況。

スリーハンドレッド アバルト

デモカー305とデモカー299は、オーナー様に「オーラーネーデモカーダナー!」と言われるくらいドノーマル状態。
ありがたい事ですが、オーナー様への出荷が最優先なのでデモカーに取り付ける製品が無い状態です・・・

しかしながらこのままスッピンでは流石にマズイので、今週からボチボチカスタムを開始したいと思います。
という事で、この感じの2台も見納めであります(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

久々にゼンカイ( ̄^ ̄)ゞ

今日は武闘派アバルト仲間と筑波サーキット・コース2000にてお取引先が主催する走行会にてチキチキバトルを楽しんできました。
ヤマグチも急遽ロワリングスプリングを組んだばかりのデモカー299で参加です。

アバルト サーキット

アバルトにはあまり嬉しくないけど、絶好のサーキット日和。
終始ホンワカムードのノンビリ走行会でして、皆さんマナーも凄く良くて安心して走れました。

デモカー299はノーマルのピレリタイヤでしたが、ロワリングスプリングの前後バランスがとても良くて、ブレーキングの姿勢さえチャント作れば、アンダーもオーバーも作り出せるとても乗りやすいスプリングに仕上がってます。
元々サーキットは視野に入れず開発をしていますが、ヤマグチのモットーである「ストリートで乗り易い車はサーキットでも速い」を今日のラップタイムで証明出来たと思います。

アバルト サーキット

タービンキットを組んだ595も走らせました。
こちらは5速がいきなり無くなるというプチハプニングが出ましたが、4速までしか使わず、7割くらいのペースでの走行でしたが、既にデモカー303のベストタイムとホボ同じタイムを記録。

水温も油温も安定していて、ここはハイパフォーマンスインタークーラーキットとオイルクーラー内蔵ラジエターの恩恵が大きいです。
専用TuningECUのセットアップも少しづつですが詰まってきました。
まだパワーを出すセットアップをしていませんので、これから燃料や点火を中心にパワーを絞り出して行きたいと思います。

アバルト サーキット

なにわともあれ、久々のサンデーサーキット。
アバルト仲間と楽しく過ごせた事に感謝(^^)

今年最後です( ̄^ ̄)ゞ

今日はお休みを頂いて、娘の友達家族と春スキーに来てます。
娘は人生2回目のスキー、子供の吸収は早いですね。
もおスイスイ滑れます。

リフレッシュ出来たので、明日からまたオシゴトガンバレます(^^)v

ご要望をカタチに☆

当初THREEHUNDREDでは製品化の予定はありませんでしたが、オーナー様と販売店様から熱烈なオファーを相当件数受けまして、昨年末からコツコツ開発していたカーボンエアコンパネル。
量産試作が本日完成しましてフィッティング確認を行いました、その仕上がりバッチリです(^^ゞ

エアコンパネル スリーハンドレッド

今回オートエアコン用とマニュアルエアコン用をデリバリします。
下の画像、それぞれ微妙に形状が異なるのが分かりますでしょうか?
マニュアルエアコン用には温度・外気内気・風量等の表記をレタリングして、そのまま貼りっ放しだとカッコ悪いので、クリア塗装でレタリングを閉じ込めて販売します。
なので少しマニュアルエアコン用の方が高くてゴメンナサイ・・・

スリーハンドレッド カーボン

THREEHUNDRED カーボンエアコンパネル オートエアコン用 ¥20,000-(税抜)
THREEHUNDRED カーボンエアコンパネル マニュアルエアコン用 ¥28,000-(税抜)

気になる発売時期ですが、販売店様より大量の受注を既に受けておりまして、大変申し訳ありませんが発売前からしばらくバックオーダー状態です。。。
マニュアルエアコン用は4月中旬よりデリバリーを開始します。

とりあえずご報告まで。

THREE HUNDRED アバルトParts