THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


2017年

ツーリングとキャンプの最終お知らせです

午前中は筑波の方で打ち合わせをして、いま羽田空港で猛烈にシゴトしています(^^ゞ
これから九州に向かう飛行機を待っている所です。

アバルト スリーハンドレッド

明日はいよいよTHREEHUNDRED Touring KYOUSHUと300CAMP!です。
ツーリングは予定通り以下の場所に8時集合です☆

道の駅ゆふいん 8:00集合
〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北899-76

当日のルートなど詳細は現場でお伝えします。
ドタサンも受け付けますが、お昼ゴハンが同じものにならないかもしれませんが宜しければ是非に♪

300 CAMP!に途中合流するオーナー様は、三愛レストハウスのガソリンスタンドに16時集合としたいと思います。
食材は買い出しに行こうと思っていますが、ヤマグチクーラーボックスと2バーナーを忘れるという計画的犯行。
皆様の温かい差し入れ、大変に期待しております(^^ゞ

明日ご一緒する皆様、宜しくお願い致します!
ではこれからヒコーキに搭乗したいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAのエントリー状況とタイスケ

お問い合わせが多いので、今日現在のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBA・スポーツ走行のエントリー状況をお知らせします。
先日の募集開始から早くも各クラス定員の半分以上エントリーをお預かりしている状況です。
今回から2ヒート制にしたので前回より倍の受け入れキャパがありますが、締め切り前には定員になりそうな勢いでエントリーをお預かりしております。

アバルト スリーハンドレッド

本日ヤマジの方からエントラントの皆様にお配りするゼッケンのデザイン案が上がってきました。
このゼッケン正直かなりコストかかってるんですがヤマグチの拘りなんです!
こんか感じでイベントのオモヒデとして残して頂ける、THREEHUNDREDの想いが詰まったアイテムであります(^^ゞ

アバルト スリーハンドレッド

エントリーがまだお済でないオーナー様は早めに申し込みをお願い出来たらと思います。
イベント概要は下記に掲載させて頂きます、タイムテーブルもアップデートしていますので、ご参加のオーナー様はご確認をお願い致します。

■ THREEHUNDRED meeting TSUKUBA イベント概要はコチラから

昨晩はケータリングをお願いしている銀座の有機野菜イタリアン・Ginsai(http://eco-foods.jp/shops/ginsai/)さんにて、ご提供させて頂くお食事の試食をしてきました。
メインのお食事、小腹が空いたときにバッチリな軽食、珈琲やお飲み物、想像以上のクオリティに正直驚きました!
女性やお子様にも喜んで頂けると思います!タノシミにしていて下さいね☆
待ちきれない方は、銀座・GinsaiさんにディナーしにいかれてもOKです(笑)
お店の雰囲気も良く、お料理もとても美味しいです(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

いってらっしゃい(^^ゞ

昨日デモカー達が一足先に九州へ旅立ちました☆
先週までは台風が少し心配でしたが無事出航したようです。
今回はデモカー305と299を持ち込みます、まずは土曜日のツーリングからオシゴト開始です☆

アバルト スリーハンドレッド 九州

日曜日のTest Drive Day ASOは多くのオーナー様のご来場が予想されます。
朝から喋りまくる体制万全で伺いますので、ヤマグチを見かけましたらお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

デモカー試乗、TuningECUのテストインストール、順番でご案内していきますのでお気軽にスタッフまでお声がけ頂けたらと思います。
皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

サンデーレース☆

今日は6台のABARTH仲間と、富士スピードウェイで開催されたアルファロメオチャレンジに参戦してきました。
予報では台風の影響でウエットレースを覚悟していましたが、クルマにもカラダにも過酷なドピーカン☆

アバルト スリーハンドレッド

今回のライバルはTHREEHUNDREDパーツで武装した身内でした(^^)
THREEHUNDREDのタービンキットをインストールした2台のABARTHのトップスピードはストレートエンドで210kmを記録。
対してギャレットタービン+TuningECUの305は201km・・・
ラップタイムでは3~4秒も離されて、ヤマグチ的には相当悔しいのですが、パーツ的にはかなりセットアップが詰まってきた証拠でして、この暑い気候で2分7秒台を刻み続けられるのは優秀だと思います。
ようやくTuningECUのセットアップも詰まり、オイルクーラー内蔵ラジエターとハイパフォーマンスインタークーラーキットをかなり良いシゴトをしてくれています。

東海からは2台のABARTHが遠征してくれまして、見学のABARTHオーナーも何組か来ていただけて、午前中は走行時間も無く21番ピットは和気あいあいとした雰囲気でした。
午後からはいよいよ予選です、やるからにはホンキでして、305のアタックは3周と決めていました。
エンジンがあまり熱を持たない状態で、新品タイヤのうちにアタックする作戦。

アバルト スリーハンドレッド

アウトラップからタイヤとブレーキを温めながらゼンカイ。
新品のRE-71Rのグリップ力は絶大で「これはいけるかも♪」と思いながら1周目のアタック中、欲をかいたのか最終コーナーの立ち上がりで痛恨のシフトミス・・・
結構決まっていたのか練習より2秒早いタイムをマーク。
クリアラップを狙いつつも、更にペースを上げて3周回目の最後のアタックで2:11:209で予選終了。
他のターボ勢も暑くてパワーが出ず2秒近く遅かった中ではまあまあ健闘したのかも?
そんな中、タービン交換の2台は練習と同タイムの2分9秒台と2分7秒台をマークし、予選が終わってみればTHREEHUNDRED勢が総合1-2-3という予選結果☆

シグナルがブラックアウトしていよいよ決勝のスタート。
決勝は8周で争われ、ヤマグチと隣のチームメイトがなんとも微妙なスタートで、ルノー勢2台が好ダッシュを決めて前に出ます。
トップはチームメイトのABARTH500がペースをコントロールし、2位争いは595 vs メガーヌRS、3位争いは305 vs ルーテシアRSというイタフラ対決。

クルマのキャラクターで速い箇所が明確に違いまして、終始楽しいバトルをさせて頂きました。
一時は6位まで順位を落としてしまったワタクシ「これはヤバイ!」と、あの手この手を使いラスト2周で3位に返り咲いてチェッカーフラッグ。
全てはスタートを失敗した事が敗因でしたが、久々のレース、とても楽しかったからヨシ。

アバルト スリーハンドレッド

レースでも、新作サスペンションキットは限りなくニュートラルなステアリング特性でとても乗りやすかったです☆
タービンキットはまだまだ秘めたチカラを持っている事が分かり、更にパワーを絞り出せそうですがひとまずこれくらいでセーブしておこうと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

21番ピット

今日は富士スピードウェイにて、アルファロメオチャレンジにABARTH仲間と参戦してます。

予選 13:56から20分間
決勝 15:06から8周

お気軽にピット内にお入り下さいませ。
では、ガムバリマス( ̄^ ̄)ゞ

THREEHUNDREDのブレーキローター

今年の春に開催したTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayで発表させて頂いたTHREEHUNDREDのブレーキローター。
まずはBREMBOキャリパーに装着されている2Pローターの補修用パーツとしてデリバリーを開始しました。
ノーマルローターはベルとローターのセット交換となりまして非常に高価です。
このドリルドローターは、サーキットの連続走行やワインディング走行において、比較的早い段階でクラックがはいりはじめジャダーが発生したりもします。

アバルト ブレーキ

■ THREEHUNDRED レーシングローター商品ページはコチラ

THREEHUNDREDのレーシングローターは、ワイドレンジに対応できる素材と、特徴的なスリット形状で、耐摩耗性、コントロール性を追求したレーシングローターとなり、デモカーで全国のサーキットやワインディング、一般道を走りABARTHの為だけにTHREEHUNDREDが開発したディスクローターになります。

現在はBREMBOキャリーパー用ローターのみの適合ですが、来月からノーマルキャリパー用、リヤローターもシリーズに加えさせて頂く予定です。
現在デモカー305と299に試作品を装着して走らせていますので、各地で開催しているTest Drive Dayの際にはお気軽にご試乗頂き、その安定したフィーリングを是非お試し頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

アシモト変更☆

今週末は久々のレースという事もあり、微妙な雨予報という事もあり、今履いているタイヤが全くグリップしないという事もあり、今日は朝からミスタータイヤマン三鷹店さんにお邪魔して、アシモトをRE-71R(215/40-17)に変更して頂きました。
合わせて油脂類のメンテナンスもお願いして、タイヤ外れているついでにインナーフェンダーとキャリパーをミガイテ準備万端です☆

久々のナナイチであります(^^ゞ
どんなフィーリングになるかタノシミです☆
タービン交換勢に全くついていけないので、出来ればレースは雨が良いなと・・・ブツブツ

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED meeting TSUKUBA

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAのイベント概要になります。
今年も沢山のABARTHを囲みながら楽しい1日にしたいと思いますので、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

THREEHUNDRED meetingの基本的な趣旨は、オーナー様と弊社スタッフのコミュニケーションの場であります。
皆様と私たちが対面でお話しさせて頂く事で、貴重なご意見をお聞きしたり、より深い製品のお話が出来ればと思っております。
ご自身のABARTHをお披露目して頂く発表の場であり、クルマ好きが気軽に集える空気感を大切にしています。
そこにヤマグチの趣味であるスポーツ走行というコンテンツを併設しておりますが、イベントのメインは「集う事」でありますので、ユルク集えるイベント運営を目指しております(^^ゞ

開催場所の筑波サーキットコース2000の芝生エリアに並ぶズラリ並ぶABARTHの姿は圧巻です。
会場の周りでは元気いっぱい走り回るABARTHを見る事が出来ます。
美味しい食事をして頂きながら、製品やデモカーを見て頂きながら、1日楽しい時間を過ごして頂けたらと思います。

大人気企画のTuningECUテストインストールを行います。
ご自身のABARTHにTuningECUをインストールして、周辺道路にて体感して頂けます。
スポーツ走行に参加のオーナー様には、1本目はノーマル、2本目はTuningECUで走行なんて事も可能です。
テストインストールをご希望のオーナー様はお気軽にスタッフまでお声がけ頂けたらと思います。

・日 時 2017年10月15日
・場 所 筑波サーキット・コース2000(芝生エリア)
・住 所 〒304-0824茨城県下妻市村岡乙159
・備 考 タイムテーブルや会場レイアウトは追ってBlogにてご案内させて頂きます。

■ meeting(参加無料)
事前エントリーは不要で、ご自身のペースでフラリ筑波サーキット・コース2000の芝生エリアにお越し頂ければOKです。
後日タイムテーブルのご案内をする際に、駐車レイアウトもご案内させて頂きます。
会場ではスタッフの誘導に従ってお車の駐車をお願い致します。
今回は多くのオーナー様のご来場が予想されますので、多少間隔を詰めて駐車をお願いする場合がございますが、何卒ご協力の程、お願い申し上げます。

■ スポーツ走行(有料コンテンツ)
今回から2クラスに分けての走行にしました。
スポーツ走行①は、サーキットを初めて走る方、まだ数回しか走った事がなく、まだ少し走行に不安があるというオーナー様のクラスになります。
今回いつもレッスンをお願いしている大谷君がレース参戦でお休みなので、走行に不安のあるオーナー様をヤマグチとヤマジが一緒に走行してサポートさせて頂きます。
スポーツ走行②はサーキット走行経験者を対象としています。
走り足らない方はダブルエントリーをして頂いても結構です(笑)

走行時間は双方共通で20分x2本になります。
参加費用は両クラス共通で¥17,000-になります。、

以下にエントリー用紙をダウンロード出来ますので、必要事項をご記入いただき弊社までFAXかメールか郵送にてご連絡をお願い致します。
合わせてエントリー費のご送金を頂きエントリーの手続きが終了です。
受理メールは締め切り後に一斉送信させて頂きます。

◆ THREEHUNDRED meeting TSUKUBA エントリー用紙ダウンロードはコチラ

エントリー締め切りは10月6日となります。
走行には、肌が露出しない長袖・長ズボン・グローブ・ヘルメット(バイク用可)の着用が必需です。
走行に際してご不明な点、ご心配事などございましたら、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

■ ケータリングサービス(無料)
THREEHUNDRED meeting TSUKUBAでは、楽しい時間をお過ごし頂くためにお食事とお飲み物をご用意しています。
今回は銀座のGinsai(http://eco-foods.jp/)さんにケータリングをお願いしました。
有機野菜に拘ったイタリアンのお店で、ヤマグチも利用させて頂いておりまして、特にここのテリーヌが大好きです☆
美味しいお食事を頂きながら、ABARTHを眺めてのクルマトークは最高の時間です♪

※お食事・お飲み物の提供数には限りがありますので、無くなり次第終了とさせて頂きます。
※お食事はスポーツ走行のエントリー費に付帯するサービスではありません。

■ ヘアメイク&ネイルサービス(無料)
去年のこのイベントからはじめたヘアメイクとネイルサービス、最近では大人気企画になりましてブースは終日女性陣で賑わっております☆
そもそもTHREEHUNDREDのイベントは、ご家族やカップルでも楽しんで頂きたいという想いから「女性にも喜んで頂ける企画はないか?」というところからこの企画がスタートしています。

毎回お願いしている恵比寿・池尻大橋・青山・サンフランシスコに出店されているNepenji/unsartoのオーナーと20年来の友人でして、ここはサロン以外にもムービー、スチール等の撮影、女優さんやタレントさんのヘアメイクを担当しているメイクさんが所属されています。
毎回お願いしている市川さんはそんな現場で活躍するトップヘアメイクさんで、プロのシゴトを是非体感されてみては如何でしょうか?
旦那さん、彼氏さんはABARTHアソビでハッピー、奥様・彼女さんは綺麗になってハッピー、最高じゃないですか(^^)v

■ ビンゴ大会(無料)
これ、タブン一番人気だと思います、ドーミーインさんの無料宿泊券が当たるビンゴ大会!
ご協力頂いている企業様・弊社の仕入れ先様からご協賛頂いた豪華賞品をプレゼントさせて頂きます。
あまりにご協賛品が豪華すぎて、THREEHUNDRED商品がいつも地味に見えますが、弊社からもいろいろ出させて頂きますのでご期待ください!

■ パレードラン(無料)
イベント最後にはTHREEHUNDRED meeting TSUKUBA恒例の、ご参加頂いた全てのABARTHでパレードランを行います。
ここ最近は台数も多くなりまして、去年はABARTHの車列がコース1周つながりそうな勢いでした♪
ご同伴者の同乗OKです、サーキットを走るチャンスはなかなか無いと思いますので、このチャンスに是非ご参加頂けたらと思います。

以上になります。
まだ細々書ききれない事もありますが、そこは当日のお楽しみという事で(^^ゞ
皆様のにお会いできる事を楽しみにしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

少しだけね☆

凄く遅れていてゴメンナサイ。
でも、いま猛烈に進んでいます( ̄^ ̄)ゞ

アバルト スリーハンドレッド

プリプレグにしか出来ないディティール。
ホンモノのクオリティ。
そしてウルトラライトウェイト。

製品の基本コンセプトはABARTH500系と同等ですが、ABARTH 124 Spiderの走りというイメージを少し強く強調したデザインに仕上げます。

memberページに開発状況をポツポツ書いてますので、良かったら覗いてみてください🎵

※画像は開発段階のプロトタイプです、デザインはここから変化していきます。

サーキット日和☆

今日はタービンキットのテスト走行と、レース前練習にABARTH仲間と富士スピードウェイに行ってきました。
3月に納車されてからドライで一生懸命サーキット走行をした事が無かったデモカー305.
先日のスゴーはウェットだったし、THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayは終始先導に徹していたので、フルアタックは今日が初めてでした。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

今月末からいよいよデリバリーするサスペンションキットは基本ストリートスペックですが、実はサーキット走行もかなりいけちゃいます☆
現在デモカー305にはプロトタイプが装着されています。
今日はタイヤが少々辛かったですが、そのステアリングフィールとブレーキングの姿勢はなかなかのものです。
因みに今週末のスプリントレースは、このサスペンションキットで出場します。

アバルト スリーハンドレッド

タービンキットを装着した595は、データロガーを取りながら何度も現場でECU DATAを書き換え、今日はかなりのところまで詰まりました。
最終ヒートで少し乗りましたが、ベストタイムを更新しトップスピードも申し分ない数字でした。
運転しながら「イヤッホーーーーイ!!!」とついつい声がでてしまう溢れるパワー。
速いとか、遅いとか、そんなのどうでもよくて「これぞチューニングカーだぜッ!」といった感じです。
少々気難しい一面もまだありますが、クルマがドライバーに「お前、俺を乗りこなしてみな」みたいな感じがたまらなく楽しくて、操っている感はハンパないです。

この595のミッションはMTAで、ギア比を変更し、レブリミットを7000rpmまで上げてあり、ゼンカイシフトしていく時のフィーリングはまさにクロスミッションのドグを操っている感覚☆
いやぁ、ホント楽しかったです。

アバルト スリーハンドレッド

今日はお天気も良く、ホノボノサーキットアソビを堪能しました♪
帰りは御殿場のカーボン工場に立ち寄り、現在猛烈開発中のABARTH 124 Spider用エクステリアパーツのデザインディティールを打ち合わせしてきました。
後ほどmemberページにその様子を更新します(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts