THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


06月

THREEHUNDREDのデモカーをいつでも見れます☆

先ほどデモカーナンバー301号(笑)が新しいオーナーの元に旅立ちました。
お嫁に行った先は、いつもお世話になっているミスタータイヤマン三鷹の松本店長の愛車として嫁ぎました。
7月からTHREEHUNDREDアイテムの店頭販売も開始して頂け、デモカー301号はここで元気に過ごす予定です。
パーツも現車に装着している状態で見れますし、デモカーの試乗もして頂けると思います(試乗は要問い合わせ)

スリーハンドレッド アバルト

ミスタータイヤマン三鷹店
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6 TEL:0424-82-8231

カーボンパーツの取り付けはもちろん、サスペンションやTuningECUの施工もTHREEHUNDRED認定店として作業して頂ける環境を整えていく予定です。
その他カスタムの相談にものってもらえると思いますので、ABARTHオーナーの新たな憩いの場所としてご活用頂けたらと思います。

ヤマグチもタイヤ交換はミスタータイヤマン三鷹さんにお願いしています。
とても丁寧な作業で安心して作業を任せられるので、松本店長にドシドシ問い合わせをして頂けたらと思います。

p.s.
いつも街でABARTHとすれ違うと、手をあげて挨拶して下さるオーナー様が凄く多いですが、今日からあの子はヤマグチドライブではありませんが、気さくな良い方なので引き続き宜しくお願い致します(笑)

ご好評頂いております、MTAアースケーブル

発売以来、ご好評を頂いておりますMTAアースケーブル
「こんなケーブル1本で本当に変わるのかい?」と殆どのオーナー様が思うと思います。
でも大きな変化ではありませんが、普段使いをしているオーナー様ほど「ニヤリ」と出来るアイテムとなっていると思います。

オーナー様からインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。
「MTAミッションにチョット良い事しませんか?」

————————————————————-

まず最初に驚いたのはTHREEH UNDREDから届いた黒い箱‥

スリーハンドレッド アバルト

こんな立派な箱に入ってくるような物は頼んでないので真っ先に注文間違えた!と思いました。
この為、返却する際の事を考えて慎重に箱にキズをつけないようにシールを外して中を見ると‥
間違いなくMTAアースケーブルでした!
本当に格好よすぎです!THREEH UNDREDさん!心臓に悪いです‥!

で、本題ですが同封されている取説もカラー写真を多用して接続先をわかりやすく書いてあり

スリーハンドレッド アバルト

何の問題もなく‥と言いたいのですが当方のアバルトはボディ共通アースのナットが真赤に塗装
されており、尚且つ他のケーブルが真上を配線されており発見するのに5分程かかってしまいました。

スリーハンドレッド アバルト

そのボルトとバッテリーのマイナス端子を配線するだけなので後はいたって簡単!しかもこのアース
ケーブルの端子の大きさがベストサイズで綺麗にボルトにはまり他の配線の邪魔にもなりません。
更に、バッテリーから共通アースまで断熱を考えながら仮ルートに合わせると‥さすが専用品!
ケーブル長が測ったようにピッタシ!‥て当然だ〜!とお叱りを受けそうですが‥

スリーハンドレッド アバルト

まるで、チューニングショップで配線してもらったような綺麗な配線ルート!
しかもこの後、試乗した時の感動ったら‥
最初は半分気持ちの物と思ってたんですが実際に走りだす為に1速に入れた瞬間、今までは
ガチャッ!‥コンてな感じでギヤが入っていたのが今回はトン‥だけでスッと前に出ていく‥
そのまま2速でも3速でもAUTOでもMANUで上まで引っ張っても同じ感じですごく静か‥
たったこれだけでこんなにも変わるなんて‥恐らく個体の差もあるでしょうがうちのアバルト
で言えば、まるでミッションオイル交換した状態がいつまでも続く感じです!

アバルトのMTA乗りはギヤチェンジの際のショックだけはどうにもならないと今まで思って
きたのですがこのケーブル1本で本当に運転がうまくなった感じです。
当然変速ショックが少ないと言う事はミッションにかかるストレスも減ってる訳で、ミッション
も長持ちする本当にいい製品です!
更に言えば、バッテリーのマイナス端子からボディアース間の抵抗も減りますのでバッテリーへの
負担も減る本当にいい事づくめの製品です。

————————————————————-

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

晴れ時々雨

昨日は新しい製品のTEST走行がメインであったのですが、初代デモカーのサーキットラストランでもありました。
午前中はホボドライ、午後はウエットという両方の路面コンディションで走れ、とても収穫の多い1日でした。

新しいブレーキ摩材のTH300はとても安定したフィーリングで、ブレーキをいじめるような連続走行や、オーバーヒート気味で走ったり、いろいろと試しましたが概ねイメージ通りでした。
ただブレーキリリース時のコントロールが少し難しかったので、ここは要改善ポイントだと思います。
サスペンションについては、今後の展開イメージがかなり出来ましたので、概要をまとめて改めてご報告させて頂きたいと思います。
ECUはニヤリな収穫がありましたよ☆

スリーハンドレッド アバルト

最後の走行枠では、雨の中3台で抜きつ抜かれつのチキチキ走行を楽しんできました。
とても練習になったし、いろいろと比較も出来ました。
サーキットは同じくらいのタイムの車と一緒に走ると楽しいですね(^^)/

そして初代デモカーでのラストラン。
たかがクルマ、されどクルマ、仕事柄乗り換えのタイミングは早い方で慣れてるはずなんですがぁ・・・
最後の走行枠を終え、コントロールラインでゴールランプが点滅した時、なんだかこみ上げるものがありました。。。
今のTHREEHUNDREDを一緒に作り上げてきた大切な相棒。
ピットに戻り一通りのDATAを計測し終えると、なんともいえない寂しい気持ちになったので、「こいつをよろしくね」という意味も込め、ドライとウェットのLapTimeを次のオーナーにその場で報告しました。

相棒の顔はタイヤカスとムシで汚れていましたが、なんだかいつもより微笑んでいるように感じました。

THREE HUNDRED アバルトParts

今日は富士スピードウェイ

雨降ってません、むしろ良いコンディション(^^)v
今日はこなすメニューが沢山あるので、いろいろ試しながらの走行です。

スリーハンドレッド アバルト

久々の練習、アバルト仲間と楽しい時間を過ごしています☆
8番ピットにおりますので、お近くの方は是非お立ち寄りくださ~い。
これから1本目を走ってきます。

THREE HUNDRED アバルトParts

さようなら、そしてはじめまして。

memberサイトでは少し前にお伝えしていましたが、1年3ヶ月共にしたTHREEHUNDREDデモカーが今月いっぱいで新しいオーナーの元へ旅立ちます。
THREEHUNDREDのベースを作ってくれた初代デモカー、日本全国の道やサーキットを共にした思い出が沢山詰まったクルマでした。

スリーハンドレッド アバルト

嫁ぎ先は後日ご紹介しますが、これからTHREEHUNDREDにとって大切なパートナーとなる販売店さんのデモカーとして活躍する事が決まっています。
これからはフルTHREEHUNDREDのABARTH500がいつでも見れる環境が出来ますので、商品をご検討中のオーナー様お気軽にお店を訪れて頂けたらと思います。

そして新しいデモカーは既に発注済みで、入れ替わりでABARTH500がTHREEHUNDREDにやってきます。
昨日のBlogでファーストステップとセカンドステップとう表現をしたのは、デモカーの入れ替えがポイントでして、2代目デモカーでは新たな展開を打ち出していきたいと思っています。

久しぶりのドノーマルABARTH500。
自分のセンサーを改めて調律する意味も込めて、少しの間そのまま乗ってみようかと。。。

THREE HUNDRED アバルトParts

愛してやまない自動車趣味生活

AlfaRoemoは新型車両がARESEの新工場で発表(現地時間24日)になるのでザワザワしてますね☆
先ほどイタリアから発表前の現車画像が送られてきましたが、予想通り?デザイン画とはかけ離れたディティールに少し残念な気持ちです。。。
ABARTHも新型がいよいよスタンバッテいるようで、500のマイチェンとどう前後するか分かりませんが500XのABARTHモデルが来年には登場するようですね。

ブランドヒストリー的には良いか悪いか個人差があるところだと思いますが、世界的なマーケットで言えばチビッコSUVはかなり期待できる市場なのかと。
先日500Xの現車を見ましたが、想像以上の大きさとお値段に少し驚きました。

スリーハンドレッド アバルト

しかしながらヤマグチはABARTH500が大好きです、このコンパクトサイズに溢れるパワー。
いじればいじるだけ個性が出ますし、おとなしく走れば燃費だってかなりの優等生。
最近のお気に入りは、サスペンションキットbyOHLINSを装着してからワインディングが凄く楽しくて、夜こっそり出かけてはABARTH500を楽しんでたりします(たまに目撃メールを頂きます(笑)

まだまだカスタムしたいポイントも沢山ありますので、これからもTHREEHUNDREDはABARTH500で攻め続けます♪

THREE HUNDRED アバルトParts

量産イメージはこちら☆

先日よりご案内しているスタビライザーリンクですが、量産イメージが固まりましたのでご案内します。
当初はカーボンの中空パイプで設計していましたが、いろいろな使用状況があると思いますので、今回はスチールパイプに中空カーボンを通した形で製品化をします。

カッコ良くないですかカーボンスタビライザーリンク♪

スリーハンドレッド アバルト

長さのアジャスト機構も、リンク可動部の適正化も、良い形で設計に落とし込めました。
ノーマルと同じ長さでご使用いただいても、そのフィーリングの違いにニヤリと出来ます☆

あとは作るのみです、楽しみにしていて下さいね(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

こんなところが・・・

飛びました。。。

先日の事です。
ガレージにABARTHをしまおうと駐車パレットが上がってくるのを待っていると・・・

いつもは「ボクのABARTHはいつ見てもカッコイイなぁ♪♪」と自己満足Timeのはずなんですが、

今回は「なーんかいつもは黒いはずのところが、ボディ同色なんです・・・」

スリーハンドレッドレッド アバルト

はい、無いです。。。

こんな所パクル人もいないだろうし、手で簡単に取れるものでもなさそうだし。
どこかの工場で外したか?はたまた友達のイタズラか??

なんだか気持ち悪いのでヨーク見ながら洗車をしていると、手でこすっつたら消えちゃうくらいでしたが、ボディにパーツがコンコンと当たって飛んでいったような形跡を見つけました。

こんなところ飛ぶんですね。
久々にビックリしました、因みにパーツ代は数千円。

THREE HUNDRED アバルトParts

オンリーワン製作

そう言えばなんですが、昨日いつもお世話になっているオーナー様からお問い合わせを頂き、あれこれカスタムのご相談を受け、「THREEHUNDREDのカーボンパーツを塗装ベースのFRPで製作可能ですか?」という内容でした。
オーダーを頂いてからお作りしますので、納品までお時間を頂ければ製作は可能ですし、カーボンを使わなくなりますのでお値段も幾分お安く提供が出来ます(都度お見積もりさせて頂きます)

スリーハンドレッド アバルト

カスタムは個性をだしてナンボの事ですから、例えお品書きに無い商品でも、出来る事は細かく対応させて頂きたいと思っています。
何かご要望がありましたら、まずはお気軽にご相談頂けたらと思います☆

THREE HUNDRED アバルトParts

商品インプレッションの紹介

大反響を頂いておりますMTAアースケーブルですが、初荷をお届けしたオーナー様よりインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます(^^)/
タブンMTAオーナーじゃないと分からない本当に些細な変化だと思いますが、こういった簡単に取り付けが出来て、変化が楽しめる商品がカスタムの原点なんじゃないかと。。。

ヤマグチはこういったコツコツ系パーツがいがいと好きだったりします☆

商品紹介URL MTAアースケーブル
—————————————————————————

装着はほんと簡単。ショートラチェットさえあればほんの1~2分で装着可能。
さっそくエンジンを始動してみると、ブログで山口さんが書かれていたように「あれ?いつもと違う」とすぐに気づきました。
実際に走り出してみても、普段は結構うるさくガチャガチャ言っているMTAがいつもに比べて明らかに静か。
まったく音がしなくなったわけではないですが、明らかにガチャガチャ音は激減しました。

スリーハンドレッド MTAアースケーブル

スリーハンドレッド MTAアースケーブル

装着後、家の近所を回っただけなのですが、ブログに書かれていた通り、ニヤリとしっぱなしでした。
MTAユーザーには心の底からオススメしますし、これアース強化という観点からみるとマニュアル車にも効果あるのでは?
個人的にカーボンパーツに興味がないため、これが初のTHREE HUNDRED製品となりますが、
こういった機能を向上させるパーツ、今後とも期待しております。

—————————————————————————

次の機能向上パーツはカーボンスタビライザーリンクになるかと思います☆

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts