THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


05月

これがやりたかった!

どうですか、なかなか雰囲気ありませんか!?
新製品のカーボンステアリングスポークカバーに、ヘアラインのTHREEHUNDREDステッカーを貼ってみました☆
ABARTHやスコーピオンロゴを貼ってもカッコイイと思います。
来週中にはTHESTOREの方に、THREEHUNDREDロゴ仕様のカーボンステアリングスポークカバーを発売しますので、もし良かったらご検討ください。

スリーハンドレッド アバルト

今日から全国一斉配送させて頂きました。
ファーストロッドは100SET製作しましたがお陰様で完売しました。
セカンドロッドは週明けに入荷になりますので、ホボお待たせしないで納品が出来ると思います。
オーナー様のセンス次第で、いろいろな楽しみ方が出来るスペースを作った商品となっています(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

ブレーキをメンテナンス

昨年の4月にTHREEHUNDREDへやってきたデモカー君。
そのブレーキに装着されるブレーキパットはTH200、ストリート・ワインディング・サーキット・スプリントレースという幅広いカテゴリーを楽しく走り、時にはレースという過酷な状況下でも安定したパフォーマンスを発揮してくれました。
昨日の時点で20500kmを走破し、新車から装着していたTH200がその役目を果たし残量ゼロになりました。

アバルト ブレーキ

TH200はロースチール材を採用していますので、決して激しい摩材ではありませんが、ABARTH500専用に絞り込んだブレーキパットですので、ブレーキに無理をさせず適正温度域内で常に使い続ければ、制動力はもちろんライフも伸ばす事が出来ます。

今回装着したブレーキパットはTH300の試作品です。
ハイスチールとセミメタ材の双方をTESTし、ABARTHに最も適したサーキット走行に的を絞った専用ブレーキパットを開発しようと思います☆

THREE HUNDRED アバルトParts

ニヤリとしてしまうプチチューニング

仲の良いABARTHディーラーのメカニック君、若いのにABARTH500を買って大事に乗ってるんです。
とても真面目で車が大好きな彼が、僕と会う度にキラキラした目でパーツの事を聞いてきてくれます。

彼は仕事柄、FIAT500やPanda2のデュアルロジックに触れる事が多く、その痛み方に疑問を感じていて、オイル管理や電気系統を日々研究しています。
自分なりにいろいろ考え、修理の方法や改善策を模索していて、その結果をいつも嬉しそうに話してくれます。
そんな彼からヒントをもらい、ABARTH500系のMTAアースが足りてない事に気付き、ありあわせの配線でアースをしてみると・・・・

スリーハンドレッド アバルト

これがなかなかの体感度♪
具体的にはエンジンかけてギアをNから1速に入れる時「ガッシャン」とギアが入るのが「ガシャ」。
駐車する時、1速からRボタンを押すと「一呼吸あってガッシャン」が「ポチ、ガシャ」。
シフトアップやダウンのラグもほんの少しだけど改善され、毎日使っていると「なんでかなぁ・・・」と思う所がホボ気になくなりました。

アースケーブル取り付け部分の、アースとバッテリーアース間の抵抗値を計測すると、最初は約15~22Ωあった抵抗値が、このケーブルを取り付けると0Ωになりました。
例え体感できなくとも、ミッションにはプラスなケーブルと言えると思います。

スリーハンドレッド アバルト

現在装着しているケーブルは試作品なので色や長さを見直して、もう少し実走テストを繰り返して市販化したいと思います(^^)/
エンジンかけてギアを1速に入れるのが楽しくなりました☆

かなりマニアックだけど確実にニアリと出来るこのパーツ。
MTAオーナーには必需アイテムになるかも。

THREE HUNDRED アバルトParts

次なる新商品

以前memberサイトの方ではご案内をしていましたが、カーボンドアハンドルパネルカバーの開発が最終段階に入りました。(お時間かかってしまい申し訳ございません)
画像は試作段階のマスターモデルで、カットラインなどはこれから仕上げますのでザックリ状態です。
ドレスアップパーツとしてはもちろんですが、気を付けていてもいつの間にか傷がついていてショックを受けたオーナー様もいらっしゃるかと思います。
ドアハンドルのインナー部分に両面テープで貼り付け、見た目と機能を兼ね備えた商品となっております。

スリーハンドレッド カーボン

カーボンドアハンドルカバーと合わせて装着すれば、双方の綾織カーボン目もビシリと揃う予定ですので、なかなかクオリティ感のある製品になると思います。(本商品も右ハンドル用と左ハンドル用の設定になる予定です)
6月上旬の完成を予定しておりまして、近日中にTHE STOREの方にも商品ページを更新させて頂きます。

THREE HUNDRED アバルトParts

いよいよ発送開始です☆

今週末より、カーボンエントランスパネルカーボンステアリングスポークカバーカーボンドアハンドルカバーをご注文順に発送させて頂きます。
暖かくなってからCARBONパーツのご注文が凄まじく、本当に申し訳ございませんがいつも以上に生産が追い付いておりません・・・。

スリーハンドレッド アバルト

THREEHUNDREDのCARBONパーツは量産性を追求していません。
ひとつひとつ丁寧に手作業で作り、磨き上げた商品です、たとえほんのわずかな気泡でも修正をして出荷していますし、カットライン等も細心の注意のもと仕上げを行っています。
半年に一回、型やカットラインンの確認の為に製品の装着確認と、デモカーに装着している製品を外し、現状確認しています。

製造工程は、もう少しペースを上げる事は出来るのですが、それによりゲルコートや樹脂層が不安定になったり、型が痛んだりしてフィッティングにも影響が出てしまう事があります。
最短で納められるよう製造工程の業務改善は急務だと重く認識しておりますが、どうかCARBONパーツの特性とTHREEHUNDREDのモノ作りを何卒ご理解いただき、納品までお待ち頂けましたら幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

サスペンションキット by OHLINSの価格決定

この商品の開発を着手してから間もなく10ヵ月くらい経ちますが、驚くべきはそのお問い合わせです。
件数も他の商品に比べると多いですが、皆さんメールの本文がかなりの長文です(^^)
私も負けじと倍くらいの長文でお返事を書きますが、またその倍くらいのお返事を頂きます(^^)/
それれだけサスペンションに関して悩まれていたり、ご検討されているオーナー様が多いように感じます。

私もOHLINSに対して最初に出したリクエストは、「ストリートやワインディングで軽快に走り、市街地での乗り心地も最低限確保し、サーキットでは自在に車を操れて、車高を限界まで低くしたい」というものでした。
そしてOHLINSからの回答は一つ返事で「ご要望にお応えする事は確実に無理です・・・」と。

そりゃそうですよね、ただここで折れては新しい商品は出来上がりませんし、良いモノは作り出せんません。
必死に食い下がる事3ヵ月くらいでしょうか、ひとつずつ問題点を潰しながらなんとか試作にたどり着き、そこから実走とリセッティングを繰り返し、思うようにならない事半年くらい、ようやくひとつの方向性が見えてきました☆

フト気が付くと、あらゆるパーツがTHREEHUNDRED専用品になっていて、理想の商品は出来たけど、今度は市販化に向けてコストとの戦いです。
細かなパーツを見直し、発注ロットを工夫し、流通を考え直した結果、価格設定が幾分高い商品になりましたが、THREEHUNDRED自信作のサスペンションキットが完成しました。

一言で表現するならば、良い意味で「どっちつかず」でしょうか(^^)
「あらゆるシーンに対応します」といううたい文句は誰でも書けるので、実際に体感して頂けるチャンスをこれから作っていきますので、是非ご自身で感じて頂けたらと思います。
20段ある減衰アジャスターが様々な路面状況に適合し、ワンクリックで明確にダンパーの特性変化を感じて頂けると思います。
車高も595ノーマルくらいからベタベタ車高までアジャスト可能で、しかも乗り心地は車高が低いからといって損なわれていないと思います。

ピンポイントを狙うオーナー様には、スペシャルモデルもご用意が出来ます。
フロントをピロアッパーにして欲しいとか、フロントやリヤにサブタンクを装着して欲しいとか、スプイングレートを指定したい、などなど。
こちらは都度お見積もりさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

アバルト サスペンション

THREEHUNDRED サスペンションキット by OHLINS ¥368,000-(税抜)

商品詳細と先行受注は明日THESTOREの方へ更新させて頂きます、ファーストロットの発送は6月下旬を予定しております。

本物を追求するABARTHオーナー様へ、全てが上質なサスペンションをTHREEHUNDREDからいよいよデリバリーです☆

THREE HUNDRED アバルトParts

ひょっとしたら‥

MTAオーナーだけのパーツになりますが、ひょっとしたら面白いパーツにらなるかも。
しかも数千円で、ラチェットひとつあれば簡単取り付け。
凄く当たり前でありふれたパーツだけど、日頃からMTAと過ごしてると、チョット気になる動作を改善できると思うんです。

image

image

構想(妄想?)は出来たので、明日試作品の製作依頼をかけてみます☆
以後、この話題が出なかったら、効果イマイチでボツになったと思って下さいね(^^)v

とりあえず買ってみた・・・

一昨日の事です、弊社にABARTH PUNTO SuperSportがやってきました。
ずっと気になっていて、たまたま良い個体と巡り合えたので即購入してしまいました☆
いろいろ開発で試したい事もあったので、タイミング的には願ったり叶ったりです。
ただ・・・、早くも周りの方々からロックオンされているので、長期所有とないかなそうですがぁ。。。

スリーハンドレッド アバルト

この週末は休みの相棒に引っ張り出していますが、なかなか良いクルマと言いたい所ですが、飛ばして積極的にアシを動かさないと、かなりヒョコヒョコした動きに驚きました。
シャコタン慣れした娘でも「このクルマ乗り心地悪いね・・・」と、それ以外は大方イメージ通りでした(^^)/

この先どんな展開が待っているのか、自分でも楽しみな1台です。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDRED Off Line Meeting DAIKOKU

お世話になっているオーナ様のお誘いをきっかけに、首都高速湾岸線・大黒パーキングエリアにてオフ会を開催します。
楽しいクルマ遊びをするためには「お休みの日中は家族・彼女さんサービス」という事で、前回とは逆の早朝に集合してみようと思います。

スリーハンドレッド アバルト

■ 日時 6月7日(日曜日)
■ 場所 首都高湾岸線・大黒パーキングエリア
■ 時間 7:30~10:30
※集合場所は追ってご案内Blogを更新させて頂きます

ご都合つくオーナー様で集まり、いろいろABARTHなお話させて頂き流れ解散的なユルイ企画です。
参加表明等は必要ありませんので、お時間内にフラリと大黒パーキングにお越し頂けたらと思います。

THREEHUNDREDデモカーの試乗もして頂けます☆
いよいよ6月下旬からデリバリーを開始するサスペンションキット By OHLINSの抜群の乗り味と、炸裂するTuningECUを首都高速で是非体感して頂けたらと思います^^)/

私はオフ会後にフラリ箱根にドライブに行こうと思っていますので、もしご都合つくオーナー様はご一緒しましょう!

皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

新幹線でGOッ!

今日は東宝九方面に出張です。
日頃飛行機が多いワタシ、久々の新幹線は足元広々で快適です☆
お高い席にはコンセントもついているとか。

アバルト カーボン

夕方からは都内で打ち合わせなので、急いで用事を済ませて東京に戻ります。