THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


03月

SAKURA x ABARTH595

年度末、月末、明日からSTARTする新サービスの準備で、かなり忙しない時間を過ごしていますが、いつもお世話になっているオーナー様よりホッと一息つける画像が送られてきましたのでご紹介します☆

暗くて良く見えませんが(笑)、カーボンリップスポイラーフロントエンブレムカバーリヤエンブレムカバーカーボンゲートハンドルカバーTH200ブレーキパットなどなど、THREEHUNDRED商品がてんこ盛りのABARTH595です。
その他にもカスタマイズパーツが多く装着されていて、綺麗にまとまった1台だと思います(^^)/

スリーハンドレッド アバルト

ワタシのABARTH500は、先日の袖ヶ浦で派手にコースアウトしてしまい、ホイールが飛び石で残念な感じになりましたので、以前から計画していて全然実行出来ていなかったイメージチェンジを行いたいと思っています。
4/19の中部ツーリングでお披露目出来るかな・・・・??

さてさて、そろそろ現実に戻りたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

サンデーサーキット日和

昨日はABARTHな皆様と、袖ヶ浦フォレストレースウェイのスポーツ走行枠を走ってきました。
お天気も快晴で絶好のサーキット日和です。
そういえば昨年末のTHREEHUNDRED meeting以降、ドライでサーキットを走るのは久々です(笑)

アバルト スリーハンドレッド

休日のスポーツ走行枠とあって、コースはほぼ毎回満車状態での走行でしたが、仲間と一緒に走ったり、苦手コーナーを練習しすぎて飛び出したりしましたが、パドックでは楽しいABARTHトークに盛り上がりました。
久々にゆっくりとしたサーキット走行を楽しめ、良い車趣味時間を楽しむ事ができました。

アバルト 袖森

ヤマグチは袖ヶ浦がとても苦手なようです・・・
タイムを出しに行くとどうしてもフロントタイヤをやっつけてしまい、今回もほぼ新品のZⅡを恥ずかしいショルダーにしてしまいました(^^)
なんとかギリギリ目標タイムは記録できたんですが、いろいろ修行が足らないので練習ガンバリマス☆

THREE HUNDRED アバルトParts

RECORD MONZAを研究してみました

暇な分けではありませんが、最近の純正オプション系のマフラーは素晴らしい出来栄えだと思っていまして・・・
ジャーマンなヤツで恐縮ですが、BMW Performanceの内部構造は本当に凄くて、A45 AMGのマフラーは4気筒ターボユニット音なのかと驚くほど素晴らしい快音を奏でます。
排ガス・騒音規制を高いレベルでクリアする為に、各メーカー相当にエグゾースト系は作り込んでいる印象です。

アバルト マフラー

さてさて我らがRECORD MONZAですが、素材はスチールで通常の量産品としては狙ったのかそうなったのか分かりませんが、パイプの肉厚が1.5mmと1.2mmが混在しています。
良く思えば音質を狙って響かせるところは響かせて、強度をもたせるところは補強するという考えだとは思うのですが、イタリアンに考えますと(笑)単純にパーツが作り易かっただけかもしれません(^^)

気のせいなのかもしれませんが、いま装着しているモデルと同じスチールのRECORD MONZAでも、音質が異なる方が数台いるように記憶しています。
ステンレスモデルがあるのは知っていますが、それとは明らかに違う音質なんです。

アバルト マフラー

マフラーに内視鏡をいれていろいろ研究をしましたが、排気バルブは弁を開け閉めという感覚ではなく、切符の半分くらいのフラップがパイプの中でパカパカしているだけで、サイレンサー側の排気と、直管側の排気をほんの少し整流している程度のものでした。
全開でバルブが動いても直管側に流れる排気は全体の半分くらいのイメージでです。
個人的にはアイドリングがやたらろうるさくて、バルブがついてるのになんでこんなに音量あるんだろうと思っていましたが、スローの排圧付近では直管側に排気が流れたがるからのようです。

スポーツマフラーとしてのパフォーマンスはどうなのか?
ここに関しては昨日の今日で、現状の街乗りレベルではほぼ変化を感じれませんでした・・・
排気温度もブーストも変化は無しで、明日久々にABARTH仲間と袖ヶ浦フォレストレースウェイを走りますので、そこでサーキットパフォーマンスをチェックしたいと思います。
全開で踏み続けた時の排気音は迫力があり、ハッチバックボディなのに室内に音がこもらないし、後ろの方だけで排気が吠えてる感じはきらいじゃないです(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

マフラーを交換してみました

新製品の開発の為に、リヤマフラーを純正オプションのRECORD MONZAに交換しました。
ヤマグチ的には車検をパス出来るマフラーの中では、このマフラーが一番バランスが良いと思うのと、圧倒的な装着率なので、このマフラーに合わせて作れば間違いないかと(^^)/

アバルト マフラー

「いったい何を作るんだい?」

この企画はかなりのチャレンジでして、企画自体がボツになる可能性もありますので、まずはプロトタイプが完成して、方向性が固まったらご報告しますね。
実現できたら、二つお約束出来る事があります。
それは皆さんが確実にニヤリとするパーツで、胸を張って「車検適合品です☆」と言える事ですかね。

お楽しみに♪

THREE HUNDRED アバルトParts

おやおや??

ABARTH500は愛しています。
お陰様でTHREEHUNDREDも大分物流が出てまいりまして、納品とかで荷物を積む事が多くなり、仕事で使うとなると500のラゲッジスペースが少し辛いと思ってしまう事も・・・
いやいや、ヤマグチのモットーは「自分のライフスタイルを車に合わせる」なので、荷物の量を減らせば良いですが、そうもいかない事もたまにあるんです。

でもあの微笑むお顔は大好きです♪
本国で走り始めたオニーちゃん(500X)に、まだまだ噂段階ですがどうやらサソリの仕様がでるとかでないとかザワザワしているようです(^^)
結果はどおであれ、しばらく新型の話題が無かったので、こういった話はいろんな妄想も膨らむし、情報収集も楽しいので良いのではないかと個人的には思ってワクワクしています。

スリーハンドレッド アバルト

そしてイタリアのサイトでこんなCG画像を見つけた瞬間「ウォッ!」とつい声が出てしまった自分が、改めてクルマバカなんだなと思いました。。。

さてと、溜まりに溜まったデスクワークをもう少し頑張ってから・・・
昨日ガレージに、大きいお届け物が届いたので・・・
今晩は、ジャッキとスパナを使って・・・

THREE HUNDRED アバルトParts

今日はメカニック♪

ここ最近クルマに乗ろうと思うと雨で、セッティングを変更しようと思うと急な要件が入り、延び延びになっていた試作品の確認作業を行いました。
ワタクシ、タイヤが外れてジャッキアップされているmyABARTH500の姿が大好きなんです。
リフトじゃダメなんです、四輪外れてウマにかかってる姿が大好きなんです♪(ヘンタイでスミマセン・・・)

スリーハンドレッド アバルト

さて、まずはTEST中のスタビライザーリンクのロット長調整。
595の車高でもスタビライザーリンクのロット調整をした方が乗り味は良いと思います。
ヒョコヒョコしている感じが消えますし、よりサスペンションがスムーズに動く印象です。
ロットを設定値より極端に短くして、車の雰囲気と異音の確認を行っています。
車高に対してロット長のDATAが大分取れてきたので、リンク長は車高別に製品の説明書に添付しようと思っています。

次はサスペンションキットの車高調整。
今週末に袖ヶ浦フォレストレースウェイを走る予定なので、フロントの車高を5mm上げて旋回性能を高める車高バランスに変えてみました。
ダンパーセッティングは決まったのですが、新しいバンプラバーと新設計のリヤダンパーの特性確認をしています。
今月いっぱい走行距離を稼いで、デリバリーを開始したいと思います。
結局スプリングもストロークを稼ぎ車高を落とすという相反した要望をクリアする為にABARTH500専用設計品を製作し、リヤダンパーも容量と作動音を消すためにABARTH500専用設計品に・・・
かなり突き詰めた商品になりました☆
しなやかで路面をつかんで離さない走行フィールは「これぞOHLINS!」と言いたくなる特性です。

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンステアリング

今月の終わりに、カーボンステアリングが大量入荷してきます。
オーダーを頂いているお客様、大変お待たせ致しました。

カーボンステアリング アバルト

以下のカーボンステアリングはカスタムオーダーでお作りした商品になります。
特注カラーや特注ステッチ、本革からアルカンターラに素材を変えたり、センターリボンの配色を変えたりと、その選択肢は様々です。

スリーハンドレッド カーボン

スリーハンドレッド アバルト

車を運転してい最も目につき、触る部分のクオリティアップの満足感はとても高いです(^^)
今日現在、若干数ですがマニュアル・MTA共に直ぐご用意出来る商品がございますので、ご検討中のお客様がいらっしゃいましたら、弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

THREEHUNDRED 中部ツーリング募集開始ッ☆

だんだん暖かくなってきて、今週は桜の開花も予想されていますね。
ABARTHを連れ出してウズウズしているオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?
先日お伝えした中部ツーリングの概要がホボ固まりましたのでご案内させ頂き、参加募集を開始したいと思います。

アバルト ツーリング

アバルト ツーリング
※前回の中部ツーリングの模様はコチラから 

今回は春の信州を存分に走り、蕎麦打ち体験をして、美味しい珈琲を頂くのんびりツーリングを企画してみました(参加人数次第では若干コースを変更する可能がございます)

開催日時 2015年4月19日(日曜日)

8:30  中央自動車道 屏風山PA(上り線)集合
9:00  屏風山PA 出発
10:00  中央自動車像 駒ヶ岳SAにて休憩
11:00  中央自動車道 伊那ICを下り、みはらしファームにて蕎麦打ち体験と昼食
13:30  みはらしファームを出発
14:30  カフェビィエント(中津川)さんにて休憩
16:00  現地解散

道路状況にもよりますが、以上の内容で中部ツーリングを企画しています。
伊那のみはらしファームにて、蕎麦打ちを体験し、自分で作ったお蕎麦をその場で食べる事が出来ます(参加費用は現在交渉中で、追ってご案内致します)
もちろんプロが作ったお蕎麦も食べれますので、ご自身の作ったお蕎麦と、プロが作ったお蕎麦を比較する事も出来ます。
その後、信州の景色を楽しみながら中津川のカフェビィエントさんにて休憩。
こちらで歓談し、現地解散を予定しております。

予約の都合上、4月13日(月)までに以下の必要事項を明記頂き、弊社メールアドレスにご連絡頂けたらと思います。
折り返し確認のメールをご返信させて頂きます。

・お名前
・参加人数
・車種
・ボディカラー

申し込み先 contact@threehundred.jp 

今年初のツーリングです、沢山のオーナー様と交流が出来たらと思っていますので、お気軽にご参加頂けたらと思います。
関東からの参加歓迎です(笑)
ワタシは前泊予定ですので、もし良かったら前日からツーリングしましょう(^^)/

ご不明な点や、ご心配事などございましたら、お気軽にご相談ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております☆

THREE HUNDRED アバルトParts

暖かくなってきました☆

今日はお休みを頂いておりました、4月からは当分お休みが無さそうなので、今月はしっかりお休みしてリフレッシュ。
お天気が良かったので早起きして、娘と二人でカメラ片手に都内をフラフラしてきました。

スリーハンドレッド アバルト

ベイエリアを中心に撮影しましたが、今日は良いポイントを見つけました(^^)/
しばらく素材には困らないですみそうです☆
やはり車好きは考える事が同じなのか、何人か同じポイントで一生懸命愛車を撮影している方を見かけました。

今日改めて思った事は、渋谷区・世田谷区は再開発が進んでいて、新しい道が出来たりと、古き良き町並みがドンドン無くなっていますね。
便利になるのは嬉しい事ですが、幼少時代から慣れ親しんだ景色が大きく変わるのは寂しいし、少しくらい不便でも良いのにな、と思うのはジブンだけでしょうか。。。

THREE HUNDRED アバルトParts

今日はこれから北関東方面へ

朝からお役所と銀行をまわり、現在はお問い合わせの返信とお見積もりをひたすら書いております(^^)/
ここ最近のフト思う事が、1年前と問い合わせの幅がかなり広がり、相変わらずCARBONパーツが中心ではあるのですが、TuningECUとサスペンションの質問が目立ちます。
季節的なものもあるのかもしれませんが・・・。

面白いのは、毎日メールを頂くオーナー様もいらっしゃいますし、毎日のように電話をして下さるオーナー様もいらっしゃいます(笑)
部品の事ももちろんなんですが、他社様のパーツの意見を求められたり、なんで君はそんなに車を洗うの?と聞かれたり、昔の彼女の話をされたり、内容は多岐にわたります(^^)
どんな内容でもTHREEHUNDREDにご連絡を頂けるのは嬉しい事ですね☆

スリーハンドレッド アバルト

今日はこれからいつもお世話になっている販売店様へ、TuningECUを複数台施工しに行ってきます。
現地ではオーナー様ともお会いする予定なので楽しみです♪

THREE HUNDRED アバルトParts