THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


2015年

ありがとうございました

2015年もあと数時間。。。
今年もいろいろあった1年でした。

301号から302号にデモカーが変わりました。
カーボンパーツ以外のパーツも沢山商品群に加える事が出来ました。
念願のオンラインストア(THE STORE)をOPENさせる事が出来ました。
関東と関西でTHREEHUNDRED meetingを開催する事が出来ました。
海外との取引が本格的にはじまりました。
富士スピードウェイのベストラップを大幅に更新し、ABARTH初のポールトゥウィンを達成出来ました。

アバルト カスタム パーツ

書き出したらきりがないほど出てきます(^^)
こんなに沢山の良い思い出が作れたのも、全国のオーナー様に支えられ、大切なパートナー企業様に助けられ、家族の理解があったからだと思います。

全ての方々に心から感謝しています。
来年はお世話になった全ての方々に、ヤマグチが心を込めて恩返しをする番だと思っています。
今年以上にオーナー様にワクワクして頂けるTHREEHUNDREDでいれるように努力させて頂きますので、2016年も何卒宜しくお願い申し上げます。

良い年をお迎えください。

THREEHUNDRED Touring関東&af impロケ

思い起こせば関東ツーリングを企画したのは2014年の夏頃、THREEHUNDREDはじまって初のイベントに、オーナー様が集まるかドキドキしながら寝れずに当日をむかえた記憶があります。
あの時集まって頂いたオーナー様全員と、今でも良いお付き合いをさせて頂いています(^^)
イベント企画は、今も変わらず毎度ドキドキしますが、お陰様で前日は熟睡できるようになりました。

アバルト ツーリング

さてさて、久々に地元関東でツーリング開催です、しかも午後からはafimpさんの取材つき!
先日「ホイールが変わっていないと取材対象ではない」とお伝えしましたが、何かしらカスタムしてあればオッケーとの事です☆
なので、恐らく、タブン、皆さん何かしらアフターパーツがついているでしょう♪
だから全員参加OKッ!
誌面に掲載される事なんてなかなか無いと思いますので「おもひでつくり」だと思って一緒に楽しみませんか!?

全体感としては、小田原厚木道路の戸塚PAに集合し、箱根を軽く抜けて最近話題の三島スカイウォークを見学した後、ときのすみかで少し早目の昼食をとり、御殿場インターすぐ横のアウトスペックさんにてafimpの取材を受け、撮影が終わったオーナー様から流れ解散というイメージです。
この時期なので、皆様の安全を考慮して前日や当日のお天気次第では若干ルート変更をする可能性がありますのでご了承ください。

■ スケジュール
2016年1月17日 日曜日

8:00~8:30 小田原厚木道路・平塚PA集合(下り)
9:30~   三島スカイウォーク到着(自由行動・ヤマグチ高い所怖い・・・)
10:45頃   三島スカイウォーク出発
11:30~   ときのすみか着(昼食はグランテーブルかレモングラスを予定)
13:00頃   ときのすみか出発
13:30    アウトスペックさん到着・afimp取材開始
取材が終わられた方から流れ解散(名残惜しい方は最後一緒に帰りましょう♪)

■ 参加方法
お名前・参加人数を明記頂きcontact@threehundred.jpにメールをお願いします。
タイトルに「関東ツーリング参加希望」と明記頂くと、とても集計が楽になり助かります。
ランチまでの参加でももちろんOKですので、2016年1発目のイベント、ドシドシご応募ください。
ドタ参もOKですが、レストランのお席確保が出来なかったらゴメンナサイ。。。

■ 締め切りと申し込み先
1月13日までcontact@threehundred.jpへメールをお願い致します。
※弊社からの返信メールをもって参加申し込み完了となります。

以上、関東ツーリングについてご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
楽しい1日に出来るように頑張りますので、沢山の参加申し込みお待ちしております。

※タイスケは暫定です、参加人数と天候次第では変更の可能性があります。
※レストランは参加人数次第で、ときのすみか内のグランテーブルかレモングラスのどちらかに決めさせて頂きます。

2015年最終営業日が間もなく終了・・・

出来そうもありません(^^)
どうやら今日も午前様になりそうなので、正確には30日が営業終了日かな?

今日午前様になる理由は、昨日upしたes-02・ポリッシュ仕様のせいです(^^)
ありがたい事にお問い合わせをかなり頂きまして・・・
ヤマグチとやり取りをした事がある方はお分かり頂けると思いますが、ワタクシ質問のお返事パッなく長いです♪
特にホイールやサスペンション等は開発時間も長かった事もあり想い入れが相当でして、力が入り過ぎてついつい文面が長くなってしまいます。
そんなお返事を何十通も書いていると、あっという間に3~4時間経ってしまいます。
でも作り手の想いをしっかり伝える事で、商品の見え方も違ってくると思いますから、ここは寝る時間を削ってでもしっかりお返事を書いていきたいと思っています。

アバルト パーツ カーボン

さてさて、思いおこせば2015年もあっという間の1年でした。
お陰様で今年は去年以上に充実した忙しい1年を過ごさせて頂き、今年も素晴らしいオーナー様との出会いが沢山あり、念願だった海外進出のファーストステップも踏む事が出来ました。
そして嬉しい事につい先ほどN.Y.の取引先から目玉が飛び出るほどのオーダーを頂き、どうやって納めるか悩みながらこのBlogを書いています(^^)v

2016年のTHREEHUNDREDは、ただのゼンカイではなく、床が抜けるほどゼンカイ踏んでいきたいと思っています。
中途半端な事はしません、業界に呆れられるようなブッ飛んだ企画やサービスを打ち立てていきたいと思いますので、また来年も少しだけヤマグチにお付き合い頂ければと思います。

1年間ありがとうございました。
そしてまた来年も、宜しくお願い致します。
新年は1月5日からスタートさせて頂きます。

有限会社デュークス 山口明人

別注という誘惑☆

THREEHUNDREDをスタートさせて、来年の2月で丁度2年になります。
この期間で様々な商品を企画・開発・販売してきましたが、その中でも最も脳みそ使って、時間使って、お金使って開発したのがes-02です。
よく「何処のホイールですか?」と聞かれますが、これは「es Wheels」というヤマグチがゼロから作り上げた鍛造カスタムホイールブランドです。

国内の王手ホイールメーカーさんでも、自社工場でホイールを製作しているところはそんなに多くありません。
グループ工場さんであったり、提携工場さんで製作しているケースがほとんどです。
「es Wheels」はその大手さんが使っている提携工場さんを口説き落とし、商品の製作をお願いしています。
今後THREEHUNDREDと共にes Wheelsというブランドを、2016年はかなり本腰入れて世界にだそうと日々もがいております。。。

今回es Wheelsのモノ作りに、デモカー301号が嫁いだミスタータイヤマン三鷹の松本店長が賛同して下さり、別注モデルを仕立てさせて頂きましたのでご紹介します。
特別な塗装色であればes-02のオプションで選択できますが、今回別注モデルとして企画させて頂いたのは「BBFバフポリッシュ」になります。
鍛造ホイールは鋳造ホイールと比べ、アルミの密度が全く違いますので、磨き込むと独特な雰囲気で美しく光り、その質感は鍛造ホイールでしか表現できませんし、日本が世界に誇るBBFバフフィニッシュを採用していますので、そのクオリティはダントツです☆

アバルト 鍛造ホイール

ミスタータイヤマン三鷹店 別注es-02紹介ページ http://taiyaman.exblog.jp/25111908/

BBFバフフィニッシュとアルミヘアラインの2種類をミスタータイヤマン三鷹店の別注モデルとしてお取り扱い頂く事になりました。
詳細はミスタータイヤマン三鷹店のWebサイトをご覧頂きたいのですが、301号用にお作りしたホイールが、お店に到着して数時間も経たないうちに商品をご覧になられたABARTHオーナー様が即買いされたと聞きました(^^)/
ここ最近ABARTHユーザーが急増していて、ノウハウもかなり蓄積されていますので、インセットや細かなホイール仕様を松本店長と打ち合わせしながら、世界にただ一つのes-02を仕立てて頂けたらと思います(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

サソリの走り納め

今日はABARTHな皆様と袖ヶ浦フォレストレースウェイに2015年の走り納めに行ってきました(ヤマグチはまだ30日のツインリンク茂木がありますが・・・)
気が付けば見学の方も含め10台のABARTHが集まり、2本のスポーツ走行枠を皆でチキチキバトルさせて頂きました☆
レースも好きですが、同じくらいのポテンシャルの車が沢山集まって一斉に走ると楽しいですね☆
35台の走行枠に10台近いABARTHが走ってますので、たまたま来ていた取引先社長に「外から見てるとABARTHの走行会かと思ったよ」と言われるほど、今日のコース上はサソリが群れていました♪

アバルト サーキット

丁度去年の今日に袖ヶ浦のコースライセンスを取得して以来、4回しかスポーツ走行をしていなかった事に驚きましたが、久々の袖ヶ浦フォレストレースウェイはとてもチャレンジングで、楽しいコースでした(^^)/
流石に年末の日曜日なので、コースは大混雑でしたが、最後の走行枠は若干空いていて存分に走行を楽しむ事が出来ました。

アバルト パーツ サーキット

アバルト パーツ サーキット

アバルト パーツ サーキット

アバルト パーツ サーキット

来年はスポーツ走行も含め、今年以上にホンワカムードのサーキットイベントを企画していきますので、多くのオーナー様と笑顔あふれる良い時間を過ごせたらと思っております。
いっぱい走ったので満タンのガソリンは空っぽ、ドライバーのお腹も空っぽなので、残れるメンバーで夕飯を食べながらの楽しい反省会をして解散となりました。

アバルト サーキット

参加された皆様お疲れ様でした。
また来年も遊びましょう♪

THREE HUNDRED アバルトParts

無いと思ったら・・・

レースや練習の時には、セッティングツールとしてデータロガーをいつも搭載して走行をしているのですが、先日の最終戦の時にABARTHに取り付けようとカバンを探すと、いつもはいっているはずのカバンの中に何故か無く、何処かに忘れてきたのかと本気で凹んでいたのですが、昨晩娘のオモチャを片付けていると・・・

アバルト パーツ

タイヘン見慣れた装置が彼女の流しにポツンとあるような。。。
どういう心理でこれをオヤジのカバンから出して、ここにあるのか理解に苦しみますが、タブン遊びたかったのでしょう。
とりあえず覚悟していた予定外出費が無くなりましたので、新年のバーゲンで思いっきり使いたいと思います♪

THREE HUNDRED アバルトParts

リクエストにお応えしてデモカー302の全貌をドーゾ☆

ここのところデモカーについての質問をチョコチョコ頂きまして、是非装着パーツの一覧やセッティングについて教えて欲しいと。
確かに自分が国産チューニングカーに乗っていた時は、毎日憧れのチューナーさんのカタログと掲載誌を穴があくほど読んでいた事を思い出し、ジブンも即行動に(^^)/
ありのままを書きますので、皆様のカスタムのお手本になれたら嬉しいです。
セッティングについては先日の富士スピードウェイ(12/19)のベストラップ時(2’08.863)のセットアップになります。
少し長いですがドーゾ☆

アバルト パーツ カーボン カスタム

■ ベース車両
2015y ABARTH500 MTA M/Cモデル(TFTメーター)

■ 装着パーツ一覧・エクステリア
カーボンフロントスポイラー ¥55,000-
カーボンフロントエンブレムカバー ¥24,500-
カーボンポジションライトカバー ¥28,000-
カーボンドアハンドルカバー ¥25,000-
カーボンドアハンドルインナーパネル ¥17,000-
カーボンリヤエンブレムカバー ¥9,000-
カーボンゲートハンドルカバー ¥25,000-
カーボンフェンダーエッジ ¥14,000-
カーボンゲートスポイラー ¥47,000-

■ 装着パーツ一覧・インテリア
ブーストメーター移設キット ¥18,000-
カーボンキーシリンダーパネル ¥5,500-
カーボンシフトスイッチパネル ¥15,000-
カーボンエントランスパネル ¥95,000-
カーボンバックパネル ¥60,000-

■ 装着パーツ一覧・フットワーク
TuningECU(アップデートプログラム) ¥160,000-
スタビライザーリンク カーボンver ¥38,000-
リバウンドストップラバー ¥5,800-
サスペンションキット by OHLINS(F/7kg・R/4,85kg) ¥368,000-
TH300 フロントブレーキパット ¥31,000-
TH300 リヤブレーキパット ¥28,000-
ステンレスブレーキライン ¥33,000-

■ 装着パーツ一覧・es Wheels
es-02 17x7J ET35 4/98 特注色(ブルー) ¥264,000-/¥66,000(1本)
ブラックホイールボルト ¥12,800/¥800(1本)

■ 装着パーツ一覧・パフォーマンス
ピロロアアームキット ¥210,000-
ハイパフォーマンスインタークーラーキット ¥290,000-
オイルクーラー内蔵ラジエター ¥258,000-

■ 装着パーツ一覧・エレクトリックパーツ
MTAアースケーブル ¥3,500-
LEDルームランプ ¥4,500-
LEDポジションランプ ¥11,000-

■ 装着パーツ一覧・アクセサリー
THREEHUNDRED サイドストライプ ¥38,000-
チタンビスセット ¥3,980-

スリーハンドレッド アバルト

■ 社外パーツ
BRIDGESTONE RE-71R 215/40-17
ATS カーボンLSD
ENDLESS RF-650 ブレーキフルード
MOTUL COMPETITION 15W-50
MOTUL GEAR FF-LSD TYPE-2 75W-90
CLOS トーイングフック
BMC リプレイスメントエアフィルター
NGK レーシングプラグ 9番

■ セッティング
フロント車高 545mm
リヤ車高 548mm
フロント減衰クリック 「2」
リヤ減衰クリック 「4」
フロントタイヤ内圧 2.45(温間)
リヤタイヤ内圧 2.4(温間)
フロントキャンバー -3.2°
リヤキャンバー -1.0°
フロントトー -0°1(TOTAL)
リヤトー +0°5(TOTAL)

アバルト サスペンション

一覧にするとなかなかイジリたおしている感じを受けますが、外見は意外とノーマル然としていますしライトチューニング仕様です。
この仕様が車に最小のストレスで、最もABARTH500のパフォーマンスを引き出せる構成ではないかとヤマグチは思っています。
今後手を入れたい箇所は吸排気で、ここについてはまだ手付かずなので2016年に展開をしていきたいと思っています。
因みにこの仕様は全て車検適合になりますので、安心して公道を走行して頂ける仕様です。

以上デモカー302号の車両仕様でした。
ご質問やお問い合わせなどございましたら、contact@threehundred.jpにご連絡頂けたらと思います。
オフィシャルにお伝えした事がありませんが、新車や中古車を弊社でご用意して、THREEHUNDREDコンプリート状態でABARTHをお納車する事も可能です。
これからABARTHオーナーになる方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談頂けたらと思います。

Tanti auguri di Buon Natale!

お客様インプレッション TuningECU スタンダード編

先日のTHREEHUNDRED meeting OKAYAMAでTuningECUをインストールさせて頂きました595オーナー様よりインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。
デモカー302号も新たな試みに挑戦する為、今週末は袖ヶ浦フォレストレースウェイで今までとは全く違うDATAを試してみる予定です。
良いか悪いかはまだ分かりませんが、いろんな方向でテストを繰り返し、ABARTH500の特性をより一層把握していきたいと思っています☆

THREEHUNDRED TuningECU商品紹介ページ http://shop.threehundred.jp/?pid=87681848

————————————————————————————

11月23日に開催されました、THREEHUNDRED meeting OKAYAMAに参加させて頂いた時に、TuningECUをインストールしました。それから1ヶ月間、じっくり走り込んだ感想です。
私の車はマニュアルの595コンペです。この1ヶ月の走行の内訳は、高速/自動車専用道2割、一般道8割です。ですので、インストール後の実力が充分発揮出来る状況ではなかったかとは思いますが、普段市街地での走行が多い方のご参考になればと思います。

アバルト コンピューター

先ず一番驚いたのが、0発進時からの加速の良さ。他の方のインプレッションにもある通り、車が軽くなった感じがします。そして、インストール以前には聞いた事がなかった、「ヒューン」というタービンの回転音が発進直後から聞こえて来るようになりました。以前は2000回転以下だとトルクが細い感じで市街地の走行だと若干乗りづらさを感じていましたが、インストール後はトルクが増した感じで、逆にアクセルを踏み込む量が減りました。2000回転を越えてからは気を抜くと瞬時にブーストメーターの針が振り抜け、あっという間に4000回転超まで吹け上がります。慣れてしまえばアクセルワークとシフトチェンジが楽しくて最高ですが、気を付けていないと、思わぬ速度になっていたりします(最初の頃はノーマルでのその吹き上がりにビビってしまいました)。何気なく走る普段の通勤の道でこそ、その違いが体感出来ると思います。

そして、スポーツスイッチを押してからの走りは、まるで別の車です。インストール時に山口さんが仰ったパワーアップの数値は、この走りを体感して初めて理解できました。スイッチを押した時の余りの変貌ぶりに、両手でしっかりとハンドルを握っていないとどこへ飛んで行くか解らない気がする程です。機能パーツと違い眼には見えない商品でしたので、鈍い自分が果たして判るだろうかと、正直一抹の不安がありましたが、毎日の通勤、休日のドライブで走れば走る程、インストール前との違いがジワジワと、またハッキリと判るようになるにつれて、今では「こりゃいい買い物したわ~!」と、笑みが止まりません。燃費に関しては、調子に乗って回しすぎなければ確かにインストール後の方が若干良くなった感じです。只し、1つだけ問題が。スポーツスイッチを押すと余りにも鋭い走りになるので、せっかくインストールしたのに思い切って走らせる場所が無い、というのが悩ましいところでして…。
山口さん、スタッフの方、改めてありがとうございました!

————————————————————————————

オーナー様、ありがとうございました。

予断ですが、ABARTH PUNTO EVO用も市販化がスタートしています。
近日中にTHESTOREの方にも掲載をスタートしますので、ABARTH PUNTO EVOオーナー様のお問い合わせもお待ちしております(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

遅ればせながらMOVIE出来ました☆

先日開催させて頂いたTHREEHUNDRED meeting TUKUBAの模様を動画にまとめてみました。
36台のABARTHがズラリと並んだmeeting風景と、とても美味しかったケータリング風景を撮り忘れてしまったのが残念ですが、お時間のある際に見て頂けたら嬉しいです。

午前中のスポーツ走行②、お昼のスポーツ走行①、最後はABARTHオンリーのパレードランと続きます。
改めて映像で見返すと「沢山ABARTHが走っていたんだな」と嬉しくなります(^^)/
来年もTHREEHUNDRED meetingを各地で開催したいと思っておりますので、ご都合合う際には是非ご参加頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

アップ完了(^^)/

昨日ご案内したステンレスプレートですが物凄い反響で、正直こんなにも喜んで頂けるとは驚きました。
反響を頂きこんなジャストタイミングで「THESTOREに商品をアップしました!」なんて、思いっきりいやらしい感じがして恐縮ではありますが、かなり良いクオリティに仕上がりましたので、良かったら覗いてやって下さい♪

THREEHUNDRED ヘアラインステンレスプレート http://shop.threehundred.jp/?pid=97002891

アバルト パーツ

画像は先日の富士スピードウェイでのカット。
素材を整理していたら302号をサーキットで撮影して頂いたの初めてでした。
ズットTHREEHUNDREDのデモカーのような感じがしますが、思い返せば今年の7月に納車になったばかりのニューフェイスなんです(因みに301号は1年4か月の在籍でした)

この半年間、302号とはコユイお付き合いをしてきました。
ヤマグチなりのアップデートを繰り返し、ストリートもワインディングもサーキットも、車と会話ができる仕上がりになったと思います。
先月の岡山国際のレース以降「302号スペックを教えて欲しい」というリクエストを多々頂いておりまして、近日中に全ての車両DATAを公開させて頂きたいと思います。
皆様の参考になれば幸いかと。

THREE HUNDRED アバルトParts