THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


2014年

Thanks to everyone

東京の街はゴーストタウンで、道もオールクリアなのでとても走りやすいです(^^)
あっという間の2014年も今日で終わりですね。

2月1日にTHREEHUNDREDを立ち上げ、
どんなパーツがABARTHオーナーに受け入れて頂けるかを考え、ひたすら商品開発とプロモーションに没頭し、
4月2日には今の相棒であるABARTH500が我が社にやってきて、
5月10日にはABARTH500で初のレース参戦、ドライとウエットが目まぐるしく変わる難しいレース、
7月5日には集まって頂けるかドキドキではじめた雨の関東ツーリングでは素晴らしいオーナー様方に出会い、
この頃からありがたい事に、沢山のご注文を頂くようになり生産と管理に追われ、
9月14日には、13台もお集まり頂き素敵なABARTH仲間が大きく増えた中部ツーリング、
9月23日からTHREEHUNDRED memberのサービスを開始し、
10月26日はFIAT&ABARTH全国オフに参加し、終日喋りっぱなしという初体験も経験させて頂き、
11月30日は関西ツーリングを開催し、最高のツーリングルートとオーナー様方と走れ、66kmもの渋滞を経験した貴重な日、
12月20日、大雨の中、関東・中部・関西から28台ものオーナー様にお集まりいただき、感謝感謝のTHREEHUNDRED meeting。

スリーハンドレッド アバルト

思い返して改めて思った事は、本当に全国のオーナー様に支えて頂いた1年だったのだと。
ワタシは車が、ABARTHが大好きです、単純に同じ車に乗られているオーナー様とお話するのが楽しくて、同じ車が沢山集まるシーンを見るとワクワクします。
また、街で自分が作り上げたアイテムを装着しているABARTHを見かけると、嬉しすぎて小さくガッツポーズしたりします☆
ただのクルマ馬鹿なんだと・・・

そんな車バカのワタシとTHREEHUNDREDを支えて頂いたオーナー様方に感謝しています。
ワタシの仕事は、独創的で魅力的なアイテムを世に生み出し、皆さんの物欲を刺激する事です☆
そして商品を購入した後、車に取り付けをした後に、ニヤリとした表情を浮かべて頂けたら、そんな幸せな事はありません。

2015年はとにかく攻めようと思っています。
「アイツの商品カッコイイよね」と言って頂けるよう、ニヤリとする部品開発・プロモーションに全力で取り組みたいと思います。

本年は大変お世話になりました、来年も何卒宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。

THREE HUNDRED アバルトParts

年末恒例の大掃除

仕事場は毎日掃除しているので比較的綺麗なんですが、myABARTH500は毎日そこかしこを元気に走りまわっていまして、こまめに洗ってはいますが大分汚いです。。。
ヤマグチの年末恒例行事に車の大掃除があり、今日は朝から数字とテキスト作りをしていて頭がパツパツになったので、午後から本気の洗車をしてみました。

まずはいつも通りたっぷりの水をかけて砂やほこりを出来るだけ落とし、愛用しているソナックスカーシャンプーを少し濃いめに作ります。
なぜこのカーシャンプーかと言いますと、泡の立ち方がハンパなくブクブクになり洗っていて気持ちいので10年は愛用しています。
多分他にも良いシャンプーは沢山あると思うのですが、値段とブクブク加減が大好きなんです。
そして簡単に外せるものは全部外します、ナンバー、アンテナ。

スリーハンドレッド アバルト

お客様から頂いたお気に入りのタオルは相変わらず凄い吸水性で気持ち良いです。
拭き上げが終わったら、これまたお客様から頂いたモールや樹脂パーツを黒光りさせる液体をウェスにとり、ドアモールやディフューザーなど全てのゴムと樹脂パーツに塗り込みます。
ゴムや樹脂パーツを綺麗にケアするという事は、これらの差材を守る事にもなりますし、何よりこの辺のパーツが白っちゃけていると車が急に古臭く見えますよね。
綺麗な車って、ボディはもちろん綺麗なんですが、黒い部分は黒く、光る部分は光る、メリハリが効いていると思うんです。
なのでめん棒も使い細かい所まで徹底的に掃除します。

スリーハンドレッド アバルト

アバルト ホイール

そしてお次は先日の2週連続サーキット走行でドロドロのホイールを外し、ホイールの裏側も溶剤を使ってピカピカに洗いました。
折角ホイールが外れてるので、インナーフェンダーやダンパーも溶剤を使って綺麗に掃除。
インナーフェンダーまで綺麗にしたのだから、当然エンジンルームもビカビカに磨き上げてフィニッシュ♪

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

因みにヤマグチは潔癖症とかではありません、お会いした事ある方ならわかるかと思うのですがドがつくO型です。。。
ただ道具を手入れするのが好きで、汚れたものを綺麗にする事に喜びを感じる、ただの車オタクなんです☆
でも私の職業だとこれくらい車を愛していて、車と向き合わないと良いものは作り出せないと思っていますし、やりだしたら止まらない性格でして(^^)y

1年の汚れを綺麗にしてあげて、また年明けからガンガン走りたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

2014年の業務が本日で終了です

2014年は2月にTHREEHUNDREDを旗揚げし、あっという間の1年でした。
そして全国のABARTHオーナー様に支えられて、なんとかここまで商品群を増やしてくることが出来ました。

ただTHREEHUNDREDは大きな問題を抱えておりまして、ほぼ全商品で生産キャパに対してそれを大幅に上回る相当数のご注文をお預かりしておりまして、商品をお待ち頂いているお客様におかれましては、多大なご迷惑をおかけしています事を心よりお詫び申し上げます。
ただ、THREEHUNDREDの企業ポリシーでもある「他を圧倒する絶対的な商品クオリティとフィッティング」を実現するには製作時間はとても大切です。
いくつか製作工程を削ったり、最終の品質チェックを多少甘くすれば量産性は格段に上がるのですが、それはTHREEHUNDREDを選んで下さるお客様は望まないとスタッフ一同思っております。
現在工場はフル生産で年末も31日まで稼働し、お待ち頂いているお客様の商品を製作しております。
生産型を増やしたり、無駄なタイムラグを少しでも削るべく最大限努力をしておりますので、ご迷惑をおかけしておりまして本当に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜れましたら幸いです。

スリーハンドレッド アバルト

お休み中もお問い合わせやご注文はお受けしておりますが、お返事や発送は新年1月5日より再開させて頂きます。
2015年はデリバリーの改善から、新製品・ツーリング・イベントなど、2014年よりも沢山のオーナー様とお会いし、楽しんで頂けるような企画を考えてまいりますので、楽しみにして頂けたらと思います。

今年のお正月休みは雪模様の地域もあるようです、帰省やご旅行に出掛けられる皆様の道中が安全に走行されるよう、スタッフ一同お祈りしています。

今年一年ありがとうございました、良いお年をお迎えください。

                                      有限会社デュークス 山口明人

今年の走り納め

今日は先日のTHREEHUNDRED meetingのスポーツ走行枠にご参加頂いたお客様と、袖ヶ浦フォレストレースウェイのスポーツ走行に行ってきました。
ワタシとお一方はライセンスを持っていなかったので、朝から一緒に講習を受けてコースライセンスを取得しました。
今まで自転車ではコースを走行したことがありましたが自動車で走るのは初めてです。

スリーハンドレッド アバルト

富士スピードウェイ慣れしているワタシには、壁が近くて最初は少々ビビリましたが、30分の走行枠を2本走り目標タイムはクリアしましたので良かったのかと。
今回走行した一番の目的は、開発中のOHLINSサスペンションのサーキットフィーリングを確認する事でした。
ストリートではワタシが思い描いている以上のフィーリングを実現していますので、残される課題は限界付近の動きのみです。
先日の富士スピードウェイでウエットでの動きは確認していましたので、富士スピードウェイ以外でのドライグリップ確かめたかったのです。

車高、減衰力、いろいろ変更しながら走り、少々改善点はありそうですが概ねバランスは良好でした。
THREEHUNDREDが追求する「ストリートで良いアシはサーキットでも速い」という理論を実現できるだけのタイムとフィーリングでしたので、これで量産を開始出来そうな手応えです。

ご一緒したオーナー様方とも和気藹々と車談義をしながらサーキット走行を楽しめ、見学にいらっしゃったオーナー様いらっしゃりと、2014年の最後を締めるとても良い時間を過ごす事が出来ました☆

THREE HUNDRED アバルトParts

アルミフットレスト大量入荷

今日は朝からズッート、アルミフットレストの梱包作業をしていまして、先ほど100SETようやく終わりました。
右ハンドルユーザーの定番アイテムとなりつつあるこの商品、地味なパーツなんですが装着するとABCペダルと雰囲気が揃い、足元が少し上質なイメージに変わります。

アバルト パーツ

アルミフットレスト商品ページ http://www.threehundred.jp/archives/product/thab1015

アシで踏ん張るパーツなんですが、惜しげもなくアルミ削り出し。
泥んこの靴で踏んだら直ぐにドロドロになりますが、シルバーアルマイトを施した商品をさらに半艶のアルマイトをかけて質感を出すオタクな商品です☆
通常アルマイトは水槽につけて電着するのですが、本来商品をフックに吊るして水槽に浮かべるんですが、ご覧のとおりアルミフットレストにはフックするところがどこにもありません。
専用の治具を作り、そこにほんの製品を引っかけて水槽につけるのですが、どうしてもこの際にほんの少しアルマイトが乗らない部分があるのは、製造工程上どうにもならない事なので許して下さい。(車体に取り付けをしたらもちろん見えません)

今度は全国のお客様に出荷作業です。
明日はCARBONパーツが今年最後の出来上がり日となっていまして、これまた沢山の梱包作業が待っています・・・

とりあえずこれから頂いたどら焼き食べてみます。

THREE HUNDRED アバルトParts

メリークリスマス

都内はそこかしこでイルミネーションが綺麗です。
ヤマグチは先程お客様に納車を終え、首都高で全く動かない事故渋滞のイルミネーションを見ております。。。

image

皆様素敵なクリスマスをお過ごし下さい☆

冬季休業のお知らせ

日頃弊社商品をご愛顧頂きありがとうございます。
下記日程にて、誠に勝手ながら冬期休暇とさせて頂きますのでご案内申し上げます。

12月29日(月)年内最終営業
12月30日(火)~1月4日(日)冬季休業
1月5日(月)通常営業

アバルト カーボン

休業期間中ですが、Webからの商品受注・問い合わせ等は受け付けておりますが、お返事は1月5日以降となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

                                      有限会社デュークス

THREEHUNDRED meetingの画像集

昨日に引き続きTHREEHUNDRED meetingの模様を画像中心にお届け致します。
ここでご紹介させて頂く画像は、イベントに参加頂いたABARTHオーナー様方に撮影して頂いた画像になります。
S様、B様、本当にありがとうございます。
ご参加頂きましたオーナー様には、後程メールにて頂いた全画像のダウンロードURLをご案内致します。
ABARTHが元気に富士スピードウェイを走る姿をご覧ください☆

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

悪天候の中、沢山のオーナー様にご参加頂きました事を、重ね重ね御礼申し上げます。
2015年も楽しい企画を沢山考えていきますので、楽しみにしていて下さい。

THREE HUNDRED アバルトParts

ありがとうございました!

12月20日はTHREEHUNDRED meetingを富士スピードウェイで開催させて頂きました。
朝は綺麗な富士山も見えていたのですが、残念ながらその絶景も一瞬で生憎のお天気となってしまいましたが、事前にエントリー頂いたオーナー様全員にご参加頂き、急遽参加できるようになったオーナー様もいらっしゃり、24台のABARTHと2台のFIAT500、それにStaff側のABARTH2台で総勢28台ものファニーフェイスが揃いました☆
関東のオーナー様が半分以上でしたが、遠路はるばる中部や関西からもご参加頂き本当にありがとうございました。
色とりどりのABARTHがパドックに並ぶ姿を見ると、それだけでもニヤリとしてしまいますが、半分以上のABARTHがスポーツ走行枠で全開で走る姿は圧巻でした。

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

ワタシはイベント進行と自身のレースで朝からドタバタしてしまい、細かな配慮が行き届かず申し訳ありませんでした。
しかしながら、参加された半分以上のオーナー様とは「はじめまして」でしたが、同じ車に乗っているだけで昔から知っているかのような感覚になるのは何とも不思議です。

スポーツ走行では、20分の走行枠を2本走行して頂きました。
トラックのコンディションはウエット、路面温度も低くグリップがとても低い中、皆さんとても慎重に且つ上手に走行されていたのが印象に残りました。
本来ならばドライで思いっきり走って頂きたかったですが、ウェットはウエットで車の感覚をつかむ練習になりますし、ABARTHのESPはこういうコンディションでは威力を発揮し、よほどラフな事をしない限りスピンをしないので安心です。

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

お昼からは、先導車つきの体験走行を走って頂きました。
この走行枠はヘルメットやグローブ等は不要で、富士スピードウェイをどなたでも体験して頂けます。
グレード1規格の美しいサーキットは、はじめてコースインすると外から見るよりはるかに広いコース幅に、どこを走って良いか分からない程だと思います。
世界で最も長いストレートは、ドライであればABARTHでも200kmを超えます。
お天気が良ければ後半セクションの登り坂は富士山を見ながら走れ、その景色はとても絶景なんですが、生憎の雨だったので残念でした。
でも走行後の皆さんの笑顔は忘れられないものがありました。

スリーハンドレッド

2本目のスポーツ走行は、更にコンディションは悪化してしまいましたが、事故やトラブル無く全員が無事に走行を終えられたのは、参加されたオーナー様の意識がとても高かったからだと思います。
私自身のレースは、予選総合6位、決勝総合3位というなんとも中途半端な結果でしたが、開発中のOHLINSダンパーの挙動がヘビーウエットでも頗る良かったので、終始安定して走行する事が出来ました。
ワタシのレース結果についての独り言は、後程memberのページにUpしたいと思います。

イベント終了後には、全参加者の皆様に記念品のお土産と、少しでしたがTHREEHUNDRED商品が当たるじゃんけん大会をさせて頂きました。
今年の2月からTHREEHUNDREDを立ち上げさせて頂き今月で約10ヵ月が終わろうとしています、自分が思い描いていた展開よりはるかに早いスピードで物事が進み、こんなにも多くのオーナー様にお集まり頂けた事に心から感謝しています。
THREEHUNDREDのモットーである「どんな些細な事でもオーナー様の声に耳を傾け、それを具現化する」、全て具現化するにはワタシのスキルが足らない事もあると思うのですが、お聞きしたご要望には出来る限り対応させて頂きます。
何よりも私は大の車好きであり「自分が買うならこういう商品が欲しい!」という、実に自分勝手なブランド展開でTHREEHUNDREDを運営しておりますが、でもこの部分はクルマイジリには大切なセンサーなんではないかなと思っています。
最近気づいた事は、ABARTHオーナーにはワタシを上回るクルマ好きな方々がとても多く、ツーリングやミーティングを通じてその方々からパワーを頂き、頂いたパワーをブランド展開にチャッカリ生かさせて頂いています☆

2015年はもう少し活動の幅を広げて、日本各地てツーリングやミーティングが出来たらと思っています。
もし皆様のお近くでツーリングやミーティングが開催される事がございましたら、是非お気軽にご参加頂けたらと思います。
最後になりましたが、雨の中ご参加頂いたオーナー様とお連れ様、寒い中お手伝いをして頂いた運営スタッフさん、雨の中終日撮影をして頂いたオーナーのSさん、そしてご協力いただいた全ての皆様に、、、

「ありがとうございました!!!」

p.s.
画像が沢山ありますので、明日はTHREEHUNDRED meetingの雰囲気とオーナー様の走行画像を中心にお届け致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

お客様紹介

山口県にお住いの595Cオーナー様より、es-02の装着画像を頂きましたので紹介させて頂きます。
ホイールサイズは、205/40-17・215/40-17どちらのタイヤサイズを選択しても、車検適合する17x7J ET35でお作りいたしました。
THREEHUNDREDデモカーもこのサイズでes-02を装着しています。

スリーハンドレッド ホイール

スリーハンドレッド ホイール

ホイールカラーはやっぱり人気のGrigioMetallicoで、ホイールボルトにワンポイントアクセントを加えられているのが良いですね☆
es-02専用オプション品の、カーボンセンターキャップも装着されています。

es-02商品紹介ページ http://www.threehundred.jp/archives/product/es-02

スリーハンドレッド ホイール

スリーハンドレッド ホイール

スリーハンドレッド ホイール

es-02は鍛造ワンピースホイールで、ABARTHの為だけにTHREEHUNDREDがゼロから作り上げた専用設計ホイールです。
インセットもミリ単位でオーダーできるカスタムメイドホイールです。

THREE HUNDRED アバルトParts