THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Yhusuke Ito

カーボンドアミラーカバー

本日のご紹介はカーボンドアミラーカバーです。

ドライカーボンにクリア塗装を施し、カーボンの折り目がとっても素敵なアイテムです。

ABARTHに取り付けるアイテムですが、そこはカーボンパーツ。やはり商品開封後は、穴が開くぐらい製品を見つめてウットリしてしまいませんか?(もしかしてワタシだけ…?)

そんな魅力的なカーボンパーツ。THREEHUNDREDではさらにそのカーボンパーツを魅力的にするために、沢山のコダワリポイントがあるのはご存知でしょうか?

ワタクシイトウもカーボンパーツ勉強中で御座いまして、個人的に気になった部分をヤマグチサンに質問させて頂いたので、その部分を抜粋してご紹介させて頂きます(^^♪

 

イトウ 「本製品はドライカーボン製ですが、何故ドライカーボンでの製造となったのでしょうか?」

 

ヤマグチサン 「カーボンドアミラーカバーは被せる商品だから、どうしても製品の厚さをコントロールしないといけなかったんだ。出来るだけ薄く、厚みのコントロールをする為にはドライカーボンでの製造が必須だし、何よりドアミラーの球面に対して綺麗にカーボンを張り込むにはドライカーボンじゃないと折り目を綺麗に出せなかったから、ドライカーボンでの製造を進めたんだよ。」

 

イトウ 「そうだったんですね!確かに被せた部分が浮いてしまっていたらカッコもつかないですもんね…あ、もしかして裏面の若干盛り上がっている部分も、製品を浮かせないためのコダワリポイントなのですか?!」

 

ヤマグチサン「そう!気づいたね。そこの盛り上がりがあるおかげで、両面テープを0.2mmでタッチさせることが出来るんだ。それによって隙間が無いように見せる。そういう小さなポイントを押さえるからこそ、取り付けたときにアフターパーツとは思えない絶妙なフィッティングが可能なんだ。自分でカッコイイと思うものではないとオーナー様にも響かないと思うから。その点では職人さんに無理を言っているから、感謝しないとだね」

イトウ 「製品一つ一つにコダワリが沢山あるからこそ、オーナー様にご満足して頂くことが出来るのですね!とても勉強になりました!」

 

 

ワタクシイトウの知らないコダワリポイントが沢山でした・・・またこれからも、ことあるごとにヤマグチサンにご質問させて頂き、私にも、オーナー様にも製品情報をフィードバックさせて頂ければと思います(^^♪

 

そんなコダワリのカーボンドアミラーカバー、商品ページはこちら!↓

カーボンドアミラーカバー

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

es Wheel es-03

「es」とは、「emotivo sportiva」の略称で、ABARTHの為に設計されたAll made in Japan  Forged Wheel となります。

このes-03は「戦う全ての蠍達へ」送るホイールです。

他の追随を許さない鍛造軽量ホイール、どこか懐かしさを覚えつつも進化の足を緩めることのない7本スポークの織りなす美しさ、極限状態の走行においても絶対的信頼のおける強度。

などなど、ホイールが大好きな私から見ても、かっこいいコンセプトのもと誕生してきたホイールなのですが、じゃあ具体的にes-02と何が違うの?という所をイトウなりの解釈を加えてみたいと思います(^^♪

 

es-02はオールラウンダーホイールであるため、あらゆる状況でも対応できるような作りになっていまが、それに比べes-03はサーキット走行においてコンマ1秒のタイムを削っていくため、ホイール全体において軽量化を施しています。

この軽量化こそ、es-03ホイール一番の真髄だとイトウは思っております!

フェイスの厚さとリムの厚さもes-02と比べ薄いのですが、一番分かりやすいいのがこのハブの裏の部分・・・

es-03

es-02

 

es-03の方がだいぶ肉抜きされているのが分かると思います(^^♪

このような、見えない部分に施されている軽量化によって、17×7.5Jで6kg台という驚異的な軽さを誇っているのですね!

勿論、軽いことはサーキットでタイムを出す!という所では良いでしょうが、ワインディングなどではまず違いは判らないほどes-02も軽いホイールです。私がes-03に注目しているのはそのデザインで、狙った上でのデザインではなく、全ての機能において妥協を許さない結果、このホイールのデザインが産まれてきたと言う所です。やはり、極限まで研ぎ澄まされた機能美は、どこか惹かれる所がありますね。

 

エッジの立ったそのスポークには思わず触れたくなってしまう程の仕上がりで、スーッと指でなぞりたくなってしまう程です(^^♪

工業製品ゆえのその質感、男心くすぐられること間違いなしです!

また、インセットはフリーインセットで、ET38~ET29まで1mm単位でお選び頂くことが出来、オーナー様一人一人に合わせたセッティングが可能となっております。

 

 

「人は極限の機能美に心を奪われる」

クルマやカメラなどにおいても共通しているところの一つにこの「機能美」というものがあるのではないかとイトウは思います。

ホイールの説明が始まるとキリが無いほど話が終わらない私たちではありますが、うんちく云々とはまた別に、この機能美があるからこそ、ストレートにカッコイイ!と思って頂けるホイールなのではないかと感じております。

 

イベント等では実際に車両に履いているケースが多いので、色々なホイールと見比べてみるのも楽しいですね♪

 

そんなes-03、商品ページにも、ヤマグチサンの熱い想いが書かれていますので、是非ご覧になってみて下さい(^^♪

 

商品ページはこちら↓

es-03 GrigioMetallico

es-03 NeroScorpione

es-03 CorsaBianco

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

ABARTH500系 サイドストライプ

本日のご紹介はABARTH500系 サイドストライプです。

ウエストラインに沿って続く一本のラインは、サイドディティールを彩り、より一層ABARTHの美しさを際立ててくれるアイテムです。

基本的に、純正のデカールライン以外のラインを入れてしまうと、どうしても浮き気味になってしまいますが、何度も何度もトライ&エラーを繰り返したこのサイドストライプは違和感なくABARTHとマッチします。もし、ABARTH純正の限定車で「THREEHUNDRED仕様車」というものがあったとしたら、間違いなくアイコンとして採用されるであろうデカールデザインではないでしょうか?

 

また、デモカー303では、大胆にオレンジを使い、カーボンミラーを惜しげもなくオレンジに塗装しサイドストライプとマッチさせることによって独特の世界観を作り上げています。

デカールデザインとは面白いもので、十人十色のイメージがあり、「自分らしさをABARTHに反映する」といった意味では、このサイドストライプは素晴らしく効果を発揮してくれると感じています。

カスタムの可能性は無限大です。自分のライフスタイルや憧れ、カッコイイ、カワイイ、とにかく何でも良いのです。自分の思い描いたABARTHが出来たとき、より一層愛情が生まれることは間違いないでしょう。

サイドストライプも正に自分のスタイルを貫く為に開発されたと言っても過言ではないとイトウは思っております。そんなTHREEHUNDREDでは、オーナー様のキラッキラの笑顔を見たいため、ABARTHカスタムのお手伝いが出来ればと思っています。サイドストライプではなくとも、カスタムのことであれば、お気軽にお問い合わせください(^^♪ ヤマグチサン、ヤマジさん、イトウが全力でお手伝いいたします!

 

サイドストライプから始まるカスタム、絶対あっても良いと思います!

商品ページはこちら↓

THREEHUNDRED サイドストライプ

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンポジションライトカバー

本日のご紹介はカーボンポジションライトカバーです。

 

 

 

ポジションカバーの上から被せ、美しいカーボン柄とクリア処理、抜群のフィッティングにより、違和感なくフェイスに溶け込むアイテムです(^^♪

 

アイラインとは違い、フェイスのイメージを崩さないということが一番のポイントです、このさりげなくワンポイント、それでいてフェイスがシュッと引き締まるようなイメージです。

商品ページの説明で、「目元をはっきりさせるアイシャドーのような感覚でしょうか」という一行があるのですが、まさに言い得て妙な言葉で御座います(^^♪

 

ドレスアップというのは女性にとってお化粧なようなものだとワタクシイトウは感じております。

ベース(すっぴん)が可愛ければドレスアップ(お化粧)すればもっとカッコよく(可愛く)なるのは当然のことですね!

ABARTHも着飾ってこその最高のクルマだと感じております(^^♪

是非、ABARTH500,595,695のフェイスを着飾ってみては如何でしょうか?

 

商品ページはこちら↓

カーボンポジションライトカバー

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

カーボンキーシリンダーパネル

本日のご紹介はカーボンキーシリンダーパネルです。

この商品はTHREEHUNDREDのカーボン&表面処理の美しさをまず知って頂こう!という想いから生まれましたカーボンパーツのエントリーアイテムでもあります。

 

しかしここはTHREEHUNDRED、300円の商品でも、300万円の商品であろうと商品に対する想いは同じ!このカーボンキーシリンダーパネルにおいても、他のカーボンパーツ同様の工程にて製造、研ぎ澄まされた表面処理には思わずウットリせざるをえません。

 

カーボンキーシリンダーパネルはキー差込口付近のドレスアップと共に、ふとしたときの傷防止にも一躍を買っています。

プロテクター的な意味を込めていますので、長年の使用で傷がついてしまっても、交換して頂きやすい価格設定となっております。

 

まずはここからTHREEHUNDREDを体感して頂いては如何でしょうか?イトウが今一番おススメできるカーボンパーツです!

イベント時でも、毎回持っていかせて頂いているパーツですので、現物を見たいオーナー様がいらっしゃいましたら、是非イトウまでお声掛け下さい(^^♪

 

商品ページはこちら↓

カーボンキーシリンダーパネル

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

カーボンバックパネル&カーボンステッカーバックパネル

本日のご紹介はカーボンバックパネル&カーボンステッカーバックパネルです。

 

ABARTH500系のリアシート背面(以後バックパネル)に取り付けるアイテムです。
このバックパネル部分、鉄板むき出しで、すぐに傷が付いてしまった思い出はありませんか?

ワタクシイトウはよくトランクにカメラ機材を乗っけているので、すぐ傷が・・・

 

そんな傷を防止する役割半分、リアゲートをガバっと開けたときにもニヤリと出来る半分の実用&ドレスアップが出来てしまうハイブリッドなアイテムです!

・カーボンバックパネル

・カーボンステッカーバックパネル

 

カーボンバックパネルはその名の通り、リアルカーボンを使用していますので、表面はツルツルとした見た目のアイテムとなり、カーボンステッカーバックパネルは3M製カーボンシートをFRPベースに張り込んだアイテムです。

勿論、リアルカーボンはその美しさもひとしおですが、クリア処理をしているので、硬い荷物が当たったりしてしまうと当たり前ではありますが、傷が入ってしまいます。

その分、カーボンステッカーバックパネルは価格が抑えられるだけではなく、ハードな使用でボロボロになってきたら張り替えることが出来るという部分が利点として挙げられます。

私のようにカメラバック、三脚等硬いものをトランクいっぱいに載せて移動をするよ!というオーナー様には是非、カーボンステッカーバックパネルをおススメしたいです。

※張替はお預かりにて施工させて頂くことも可能です。

 

また、カーボンステッカーバックパネルの艶消しの雰囲気は、ドライカーボンのクリア処理の無い、素のカーボンのような雰囲気なので、お客様のお好みによってリアルカーボンか3Mカーボンステッカーを選んで頂いても面白いかも知れません(^^♪

 

このアイテムを使えば、今まで以上にトランクルームに気を遣うこともなく、リアゲートを開けたときの高揚感もひとしおです!やっぱり、見た目も大事ですが、実用性はもっと大事ですね♪おススメのアイテムです!

是非、商品ページにてご覧になって頂ければと思います(^^)/

 

商品ページはこちら↓

カーボンバックパネル

カーボンステッカーバックパネル

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDREDの伊藤デス!

 

本日はTHREEHUNDRED設立3周年です!

 

12月よりDukes&Co.に入社させて頂き、あっというまの2ヶ月でした。

日々、沢山のことを勉強させて頂き、まだまだまだまだやるべきことは沢山ですが、何とか一歩一歩前に進めればと、日々もがいております。
いつの日か、ヤマグチサンの夢を叶えるお手伝いをすることが私の夢になりました。

 

全国のABARTHオーナー様と目一杯の笑顔で遊べるように精一杯勉強していきたいと思っています。

 

全ては「オーナー様の楽しいをカタチに」するために。

 

まだまだ頼りない私では御座いますが、これからも宜しくお願い致します。

Dukes&Co. 伊藤優甫

 

 

 

LEDルームランプ

本日のご紹介はABARTH500.595用LEDルームランプのご紹介です。

皆様、ABARTHのポジションランプをもっと明るくしたいと思ったことはありますか?また、取り付けたいと思ったけど適合が無い・・・と思われた方はいらっしゃいますか?

ご安心ください。THREEHUNDREDではLEDルームランプ、取り扱っています。

 

LEDルームランプ自体も、既製品の名前を変えての販売ではなく、ABARTH500.595為だけの専用設計で御座います!

LED自体はアメリカ最大手のクリー社のLED素子を使用し、抜群の明るさと信頼性を誇ります。

また、LEDルームランプに変えたとき、チェックランプが付かないよう、受け止める基盤と抵抗はゼロから開発しました。

 

LEDランプは非常に明るく、夜間でも充分に手元を照らしてくれる為、駐車場に停めた際、荷物を取ったり、忘れ物が無いかを確認するには最適です。

また、ドアの開閉や鍵の開け閉めの際でも、純正ランプと同じようにジワーと光が立ち上がります。

 

その様子を動画にしてみましたので、立ち上がり方が気になる!というオーナー様は是非ご確認をお願い致します(^^♪

 

痒い所に手が届く商品をTHREEHUNDREDでは日夜開発を続けています。LEDルームランプも「オーナー様、そして自分達ですら欲しいと思う商品」に仕上がったと確信しております。是非、興味のあるオーナー様はご確認をお願い致します(^^♪

 

商品ページはこちら↓

LEDルームランプ ※6500K相当

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

 

カーボンリップスポイラー

本日のご紹介はカーボンリップスポイラーです。

 

「さりげなく彩る」そんな言葉が正に似あう一品ではないでしょうか?

 

元々、ABARTH500のフェイスは完成されたものであり、それを崩さず、より強調するアイテムがこのカーボンリップスポイラーです。

純正のディティールを崩さずに、各部にボリュームを持たせ全長方向に約10mmスポイラーを伸ばすことにより、カーボンがより強調され、フロント周りのドレスアップに効果を発揮します。

 

また、大掛かりな取り付けを有さないというのも、THREEHUNDREDならではの拘りです。両面テープで貼り付けるだけの簡単取り付けです。抜群のフィッティング感の為、後付け感を一切漂わせません。

また、クリアゲルコートも第三世代へと進化を遂げ、クリア塗装をしたかのような仕上がりかつ、紫外線による黄ばみを防いでくれる効果があります。THREEHUNDREDのカーボンパーツは材料、工程、仕上がり全てにおいて拘りをもって製造しているため、非常に美しい出来映えとフィッティングです。写真で表現出来ない部分は是非、イベント等で実物を見て頂き、ご納得して頂ければ幸いです。

 

たった10mmのボリュームアップでは御座いますが、まるで別物になったような存在感さえ出ています。しかも、最低地上高もオリジナルのバンパーとほぼ相違は無いため、安心して乗って頂けることの出来る欲張りアイテムです(^^♪

 

また、本商品はお客様の御要望に出来るだけ対応すべく、塗装のご相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談頂けれればと思います。

 

商品ページはこちら↓

カーボンリップスポイラー

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンステアリング

本日のご紹介はカーボンステアリングです。

コンセプトは「もし、限定車にしか与えられないスペシャルなステアリングがあったとしたら」

今まで、ステアリングを変えようとするとどうしても社外品のステアリングボス&社外ステアリングの組み合わせしかなく、尚且つエアバックを殺さずに使えるステアリングと考えると、選択肢が極端に狭くなるばかりでした。

 

そこでTHREEHUNDREDでは、ノーマルステアリングをベースにエアバックも殺さず、安全性にも妥協しない「スペシャルなステアリング」の開発に乗り出しました。

まず必要とされたのは、カーボンとレザー巻きのコンビネーション、さらには情熱的なレッドステッチでした。

レザーにも妥協したくないと考えた結果、「本場イタリアからナチュラルレザーを取り寄せる」という拘りを発揮しています。

 

また、製造にも一切の妥協を許せない為、ヨーロッパ車のカーボンステアリングを手掛ける大手工場さんに製作を依頼し、ひとつひとつハンドメイドでの制作をお願いし、一度スケルトンにしたステアリングを綾織りカーボンとイタリアンレザーで巻き直すという非常に手間をかけた作業を行っております。

また綾織カーボン部分は、純正ステアリングに採用される手法と全く同じですので、その仕上がりは抜群です。

 

ほぼ、フルオーダーに近い拘りの一品です。車内に取り付けた存在感はとても大きいです。ABARTHに乗る以上必ず握るステアリング。自慢のABARTHの車内を「スペシャルなステアリング」で彩ってみては如何でしょうか?

 

商品ページはこちら↓

カーボンステアリング

※この商品はステアリング一式でのアイテムとなり、ノーマルステアリング下取りでのお値段となっています。

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts