THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お客様インプレッション

595シリーズ4のカーボンパーツ好評です☆

大阪で595シリーズ4にお乗りのオーナー様から装着画像とインプレッションを頂戴しましたのでご紹介します。
カーボンリップスポイラーカーボンバンパーインサート(フロント)カーボンテールレンズパネルカーボンフェンダーエッジ、そしてロワリングスプリングというTHREEHUNDREDの鉄板アイテムで固めた595シリーズ4になります。

ノーマルホイールでもカーボンパーツと低く構えた車高で、ここまでステキな雰囲気なります。
やはり500系はオリジナルのディティールが良いので、カスタム映えもバッチリであります(^^ゞ

———————————————————————-

THREE HUNDREDさんの製品はカーボンフェンダーエッジ、カーボンテールレンズパネルが最初でした。
値段は少々お高いですがその品質や精度の高さを考えると納得の価格です。
その後、装着したロワリングスプリングは前後共約30mmのダウンで少し腰高感があった595がきれいにローダウンされました。

アバルト カーボン シリーズ4 595

アバルト カーボン シリーズ4 595

また驚くべきは巷によくあるローダウンスプリングは車高こそ下がるものの、乗り心地が悪化したり、突き上げ感が増したりしますが、THREE HUNDREDさんのロワリングスプリングは車高は下がるが乗り心地は悪化せず、逆にコンフォート性が増した気さえします。
そして最近発売されたカーボンリップスポイラー、カーボンバンパーインサートですが、これはもう素晴らしいの一言ですね。

アバルト カーボン シリーズ4 595

アバルト カーボン シリーズ4 595

製品の品質、精度もさることながら、ノーマル然としたデザインでありながら圧倒的な存在感を醸し出してます。
春にはリアカーボンディフューザーもリリースされるとのこと。
こちらも大変楽しみです。
これからもTHREE HUNDREDさんらしい製品のリリースを期待しております。

———————————————————————-

オーナー様、ありがとうございます。
次はカーボンディフューザーですね、楽しみにしていて下さい(^^)v

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンフロントリップスポイラー続々と!

先日の出荷開始から595シリーズ4用のカーボンリップスポイラー、カーボンバンパーインサートが大変ご好評いただいております。
本日沢山再入荷しましたが、ありがたい事にDT3はタッチアンドゴーで通過して、全てオーナー様の元に旅立っていく予定です。

早速カーボンリップスポイラーとバンパーインサート(フロント)をご購入頂いたオーナー様から装着画像を頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ビアンコなボディに美しい綾織カーボンがとても良く映えています♪
フィッティングも気に入って頂けて良かったです。

■ THREEHUNDRED 595シリーズ4系のパーツはコチラから

——————————————————————-

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

私はこの車の可愛らしいデザインも好みですので、
スタイルが大きく変わるパーツは好みません。

見る人が見れば判る! そんな、さりげなくお洒落でカッコイイ
パーツ、これからもリリース宜しくお願いします。

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

アバルト 595 シリーズ4 カーボン

——————————————————————-

オーナー様ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

お客様インプレッション [TuningECU]

ストリートからサーキットを楽しまれているABARTH595オーナー様に、TuningECUのインプレッションを頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ギャレットタービン車の低回転モッサリと、全域でのピックアップ感がポイントのTuningECU。
その辺りも体感して頂けていてとても良かったです。

——————————————————————-

アバルト コンピューター

○ノーマルモード
低回転から高回転まできれいに回ります。
チューニングECUの方が低中回転のトルク、特に中回転域が増している様に感じました。
また、低回転からのブーストの立ち上がりが良くなったのでレスポンスが良くなり、街乗りでは扱いやすくなりました。
燃調データを変更しているので、低回転でかぶったりしないか心配でしたが、
書き換え前と変わらず安定していて渋滞でも問題無かったので、安心して乗っていられます。
中回転域でのトルクが増しているので、高回転ではパワーの出方は穏やかに感じます。

○スポーツモード
全域でパワー・トルクが増しています。
シグナルスタートで高回転まで引っ張ってみましたが、中回転域のトルクを強く感じます。
TTCをOFFにして2速で踏み込むとノーマルタイヤではホイールスピンする程です。
街乗りでは十分過ぎるパワーで、力強い加速は自分の体を慣らす必要があると思いました。
高速道路での追い越しはストレス無く、前より運転が楽になりました。
マフラーを変えているせいか、シフトアップ時にアフターファイヤーが出ているようです。

以前はスロコンを使用していましたが、アクセルを戻しても回転の落ち方が不自然など、ぎこちない感じが好きになれませんでした。
サーキットではエンジンの警告灯も点灯してしまったので、ディーラーでエラー解除後にスロコンは外しました。

チューニングECUは純正と変わらず自然で、運転していて違和感はありません。
スロコンもまあまあな値段しますから、最初から書き換えECUを選んでおけば良かったなと、ちょっと後悔してます。
費用対効果が大きいと思うので、もしスロコンと悩んでいたら、こちらをお薦めしたいです。
サーキット走る方にもお薦めです。

次のステージとしてインタークーラーキットを入れてECUによるエンジンの性能を引き出し、レスポンス向上を目指します。
どの様に変わるのか、今から楽しみです。

——————————————————————-

オーナー様ありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

ご好評頂いております(^^ゞ

先月のデリバリー開始以降ありがたいことにご好評を頂いておりますサスペンションキット Street、ストリートからワインディングまで幅広くお使い頂けるサスペンションに仕上がっていると思います。
減衰力のクリック次第ではワインディングも軽快に乗って頂けます☆
オーナー様からコメントを頂きましたのご紹介させて頂きます。

■ THREEHUNDRED サスペンションキット Street 商品ページはコチラ

———————————————————————-

アバルト スリーハンドレッド

とりあえず組み込んで300キロほど街中から山も走ってきました。セッティングも推奨値のままからまだ動かしてはいませんが、たまーに流す多摩湖でもノーマルの時より全然踏ん張りアクセル開けれそうですしコーナースピードもあがりそうです。
車高も一番下げてあり、もしかしたら擦るのかなぁと心配してましたが今のところ全然問題なくて見た目も良くなりよかったです。

———————————————————————-

オーナー様ありがとうございます。

オーナー様インプレッション

スミマセン、まだTHESTOREに商品ページをup出来ていないんですが、やってますABARTH 124 SpiderのTuningECU
オリジナルのモッサリした加速フィーリングを改善し、トップエンドまで伸びるDATAになっています。
ABARTH500/595系のようなキビキビ感で、痛快なFRスポーツを実現します☆

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場でテストインストールさせて頂き、スポーツ走行1本目はノーマルDATA、2本目をTuningECUを施工して走って頂きました。
そのパフォーマンスにご納得いただきまして、そのままご購入頂きました(^^ゞ
価格は¥150,000-と消費税になります、是非お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

—————————————————————————-

THREE HUNDRED meeting TSUKUBA ありがとうございました

ABARTH124Spider(AT)に乗り換え
ノーマルでワインディングを楽しく走れれば良いやと
595Compから乗り換えたのですが

ワインディングを少しハイペースで走るとアクセルのツキや
キックダウンのもたつき、頭の中のスピード感と実速度の違和感が

確かに良いエンジンですがATだと低回転のトルクが細いのは
カバーしてくれますが全体的に線が細い印象があり普通

それなりに走れるので良いかと思っていたら
あるじゃないですかTHREEHUNDRED ECU Tuning for 124!

さっそく筑波のミーティングでテストインストール

アバルト 124スパイダー ECU

走行会にも申し込んでいたのでフィーリングの違いを確かめるべく
走行1回目はノーマル、2回目はインストール後で走ってみました

ノーマルではやはり一般のワインディングを走っているときと同じ
特にサーキットではアクセルのツキが特に悪く感じました
(山口さんの304に2回ラップされたかな 笑)

インストール後では、皆さん二回目でペースが上がったのか
腕もヘボなので追い越しラインには入れず走行ラインの前走車に
着いて走ることになりワインディングをイメージし
走行感を重視し確認をすることに…

パワーアップ感(170ps25.5kg→192ps29.1kg)は
サーキット上ではなかなか背中に感じることは鈍感で難しかったのですが、
アクセルのツキは格段に良いと感じましたし
各ギヤの伸びが良くなっているのを確認できました

ちなみに走行2回目チューニング後に駐車していた濡れた芝生から出る時
チューニング前によりアクセルワークがシビア(滑る)になったのと
燃調のせいでレコモンの排気音が少し野太くなっていましたね

これでますますワインディングをオープンエアーで( ̄ー ̄)ニヤリですね

—————————————————————————-

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション

es-02と、先月からデリバリーを開始したサスペンションキットご購入第一号のオーナー様よりインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。
サスペンションキットは大好評頂いておりまして、ファーストロッドは瞬時に完売し、現在セカンドロッドも残りわずかとなってきました。
その販売の全てがTHREEHUNDRED connectのミスタータイヤマン三鷹という驚異の数字。
もはや店主のマツモトクンには頭が上がりませぬ(^^)
既に装着ノウハウかなりありますので、商品の事や取り付け工賃の事などお気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。
もちろん全国のTHREEHUNDRED connectでも取り扱いありますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

ではドーゾ(^^ゞ

——————————————————————–

アバルトのメイクアップといえばTHREEHUNDREDです。

今回ご報告するのは、我が家の愛車アバルト595コンペテツィオーネ グルジオメタリコに装着したTHREEHUNDREDのホイールes-02と新しくリリースされた新型のサスペンションキットです。

<まずは、ホイールから>
es-02は、色やホイール(タイヤ)の張り出し具合のインセットをオーダーできると言う優れもの。他のどこにもないと思います。
色のオーダーについては、散々悩んだ結果、既存のグルジオ系より黒味と輝きを足してもらった色をチョイス。
他社さん(BB●)の色で設定のあったダイヤモンドブラックと言う色の近似色で注文しました。
張り出し具合も多少悩みましたが、車検を通ることを前提とし、ちょうどいい張りだし具合にというなんとも感覚的な話になり、わがままを言わせてもらいました。

THREEHUNDREDさんはこれに絶妙にこたえ、色は車体にベストマッチし、燻し銀のような光沢をはなち凄みを増した感じに仕上がりました。世の中でここにしかないという優越感にしたれる色です。

純正ホイールより、隙間が多いのでブレンボのキャリパーがより目立ちます。
信号待ちなどでは、隣の車の人の視線がタイヤやホイールに集中しているのがわかるくらいです。

走った感じは、乗り心地はオリジナルの感じのまま違和感がまったくありません。ハンドルの切れは小気味よく、向上した感があります。

<続いて新サスペンションキット>
まずとにかく素晴らしいの一言に尽きる車高になりました。
これも、あまり派手ではないように「大人の車高」と名づけましたが、個人的な意見ですが一番きれいに見える車高にしていただきました。もちろんもう少し落とそうと思えば落ちるようですが、満足な高さです。

アバルトの場合、出来合い(つるしの)車高調では、後ろが落ちにくいという話ですが、さすがこのNEWサスペンションキットの落ち幅は納得です。
肝心の乗り心地ですが、減衰調整は20段というどちらのオーナーにも対応可能なもので、私は推奨の13段目で乗っています。
街での段差も信じられないくらい滑らかで、車高を落としたからには乗り心地は劣るかなと思っていましたが、それはみごとに当たりませんでした。コンフォートそのものです。

また、高速でもロールも安定し車もぶれない感じで、チープな表現で申し訳ありませんが、高速でも吸い付き感があり安定していました。
今後、乗り味を変えたければエンジンルーム以内と後ろのトランク下のつまみをハードかソフトに回すだけで自分で出来ることから、いろいろ試して見たいと楽しみが増えました。
保証期間も1年と言うことでありアグレッシブなオーナーの対応もバッチリだなと思いました。

<まとめ>
当たり前というすごさに感動しました。
es-02もNEWサスペンションキットも、アバルトを研究し、アバルトに特化された製品ですから、ドンピシャに決まっているわけで当たり前と言えば当たり前です。
しかし、そこにはTHREEHUNDREDの心意気を感じる物で、違和感無くすっと入ってくる当たり前に感激しました。
私は、単なる物と言う製品を買ったのではなく、そこにある信頼とか心意気も一緒に手に入れた感じがします。
金額に多少抵抗は少々ありましたが(笑)、いまはつけて本当によかったと言うのが素直なインプレッション=評価です。

また、この成功には確かなショップとの関係が必要です。
ミスタータイヤマン三鷹店のマツモト店長さんの知識と技量に基づくアドバイスは安心して任せられました。
この場を借りて感謝申し上げます。

——————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション TuningECU

先日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayの会場で施工させて頂いた大変珍しいボディカラーのABARTH595さんです。
スポーツ走行にもエントリーされていて、そのパフォーマンスはコース上でもストリートでもご満足頂けた様子でとても嬉しいです(^^)v

—————————————————————

THREE HUNDRED meeting Fuji Speed Wayに参加して、前からインストールして頂きたかったTuning ECUをお願いしました。

アバルト スリーハンドレッド

Fuji Speed Wayを数週走ってみて、パワーがかなり上がったなぁ。

アクセル踏んだ出だしから力があるなぁ。

暑いなぁ・・・・・今日は暑いなぁ・・・

アバルト スリーハンドレッド

しかし事件は意外と早くすぐ前で起きていました。
Fuji Speed Way走行2日後に、車の掃除しながら(虫の知らせなのか)いつもは開けた事無いボンネットを開けましたら、キノコ型エアークリーナが すっポリと外れて暴れてました。

多分、今思えば喜び興奮しながら数週した後の富士のストレートで、振動で外れたんだと思います。
それが、エンジンルーム内で『カラ カラ』って言ってた音だった気がします。

その時はタイヤカス等フェンダーの中で当たる音とか振動等で、何の音だろ?ぐらいしか思いませんでしたが、
あの音がこれだ!! と

外れた後は少しアクセルワーク微妙だったイキツキ等が激しかった気がします。
しかし、ターボも壊れる事無くそのまま家まで帰ってこれました。

掃除後、無事取り付け近所を走ってみたら、さらなるパワー感があり、アクセルワークのピックアップもいい感じでノーマル時より断然乗りやすく Fuji Speed Wayでは、かなりパワーが落ちていた事にも気づきました。

アバルト スリーハンドレッド

それでも多分ノーマル時よりはパワーはあったと思いますが(汗
 Fuji Speed Way は10年ぶりくらいの走行だったので、タイムは気にせず、脚とブレーキがノーマルなので『オットット・・・・』と戦いながら、楽しく過ごせました。 

『久々でしたが かなり 楽しかったです。』

Tuning ECUをインストールしてみて、さらにこの車に長く乗りたくなりました。
次に何をするかは 『要相談』 が必要ですが、Fuji Speed Wayをもっと楽しむなら、アレとアレとアレが・・・・

アバルト スリーハンドレッド

妄想が膨らむばかりです。

また、楽しいイベントをお願いします。

今後もよろしくおねがいします。

—————————————————————

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション TuningECU

数年前にTuningECUをインストールさせて頂き、長くお乗り頂いてのインプレッションを頂きました。
佐野のミーティング、とても懐かしいワードが出てきておりますネ(^^)

——————————————————————–

チューニングECUインプレ。
以前、インストール時に聞かれた印象ですが、いろいろ問題もあり・・
(スロコン、レデューサー、K&Nタイフーンインテークキット段階的に外して)
今更ですが・・・

アバルト コンピューター

2年ぶりにエアクリーナーもノーマルに戻し部品交換時に比較で使うテストコース?などでしばらく乗っておりますが、
ノーマルモードでもトルクの盛り上がりが以前のスポーツクリーナーの時より感じられます。
*吸気温度計で見るとノーマルの方がスポーツクリーナーより5℃位低いのが確認できます。ボンネット裏からの吸気は温度的には不利なようです。負圧の原理もあまり確認できずで・・・。

アバルト コンピューター

実際にアクセルとターボの付きもリニアで、一般道で使う1800~2800回転辺りからしっかりブーストが掛かっているのが確認できます。
アクセルの開け方にもよりますがブースト圧は0.8から1.25位です。
そして高速道路でスポーツモードにして急加速をして見たところ、一瞬リミッターがかかる事が有るほどトルクフルです。
*上の伸びもスポーツクリーナーとさほど変わらないような気もします。

アバルト コンピューター

通常は、スポーツモードは必要を感じないほどです。
以前、佐野のミーティングで試乗した301号で感じた低速からのトルク感を思い出しました。
同時期に、各社のデモカーを試乗しましたが通常使用でのトルク感は1番かと今更ながら実感いたしました。
やはり、余計なことは・・・・ですね。

——————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。

ロワリングスプリングのインプレッション☆

先日初荷を送り出したばかりのABARTH500/595用のロワリングスプリングですが、装着第一号のオーナー様から早速インプレッションを頂きましたので掲載させて頂きます♪
ヤマグチ狙い通りの雰囲気をオーナー様にもお感じ頂けたようで、ひとまずヨカッタです(^^ゞ

—————————————————————–

こんにちは。先週ミスタータイヤマン三鷹店の松本さんにLowering Spring を組み込んでもらいました。
私のように街乗りメインで乗っている者からすれば、とても良いものだと実感しています。
ノーマル状態のゴツゴツ感が低減し、バタついていたリアサスがしっとり動くようになった印象があります。
嫁がリアシートに乗りましたが、“乗り心地が良くなった!!”と言っていました。
週末の富士楽しみにしています。
またよろしくお願いします。

アバルト スプリング

—————————————————————–

オーナー様、いつもありがとうございます。

■ THREEHUNDRD ロワリングスプリング ABARTH500/595/695 商品ページ

オーナー様インプレッション ABARTH595

昨晩の最終便で東京に戻りました。
何やら冬のピーカン2Datsで相当日焼けしたようで、お顔がイタイです・・・

今日はいつもお世話になっていおるABARTH595に乗られているオーナー様から、コメントと沢山の画像を頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ここ最近THREEHUNDREDのテッパンメニューとなりつつある内容で、まさに303パッケージですね(^^)v

———————————————————————
THREE HUNDRED様

いつも素晴らしい製品をありがとうございます。
もうジジイ予備軍で身体が一部不自由なこともあり、
でもまたクルマでスポーツしたいと購入したABARTH595でした。

ノーマルでも十分と思いつつ昔のクルマいじりの虫が騒ぎちょっとだけと思い
出会ったのはTHREE HUNDRED定番のカーボンキーシリンダーパネルでした。

アバルト パーツ

カーボン製品は結構当たり外れが多く取り付けても隙間があったり厚みがありすぎて
逆にかっこわるくなったりした経験があったのでどうだろう?と購入し取り付けてみて
この型どりの精度とドライカーボンの薄さにすっかり参ってしまいました。

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

先に書きましたように身体が一部不自由なため技術が必要なパーツは自分での取り付けは諦めて
ご紹介いただいたミスタータイヤマン三鷹店様にお願いしたのですが
店長がTHREE HUNDREDの製品は現物合わせなどしなくてもバッチリ取り付けが出来ると
おっしゃっておられました。

自信トランクフレームやカーボンエントランスパネルなどは自分で取り付けましたが
寸分の狂いも無く取り付けができました。
歳柄目立つエクステリアには手を付けないつもりでしたが
Grigio Recordのボディカラーにカーボンパーツはシックな大人のドレスアップにもお勧めです。
これからも素晴らしい製品開発をよろしくお願いいたします。

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

———————————————————————

オーナー様、いつもありがとうございます!

ヤマグチがやりたくて出来ていなかった、LEDポジションランプのビフォーアフターも頂きました♪
何から何まで、ありがとうございます(^^ゞ

アバルト パーツ

アバルト パーツ