THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お客様インプレッション

オーナー様インプレッション TuningECU

先日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayの会場で施工させて頂いた大変珍しいボディカラーのABARTH595さんです。
スポーツ走行にもエントリーされていて、そのパフォーマンスはコース上でもストリートでもご満足頂けた様子でとても嬉しいです(^^)v

—————————————————————

THREE HUNDRED meeting Fuji Speed Wayに参加して、前からインストールして頂きたかったTuning ECUをお願いしました。

アバルト スリーハンドレッド

Fuji Speed Wayを数週走ってみて、パワーがかなり上がったなぁ。

アクセル踏んだ出だしから力があるなぁ。

暑いなぁ・・・・・今日は暑いなぁ・・・

アバルト スリーハンドレッド

しかし事件は意外と早くすぐ前で起きていました。
Fuji Speed Way走行2日後に、車の掃除しながら(虫の知らせなのか)いつもは開けた事無いボンネットを開けましたら、キノコ型エアークリーナが すっポリと外れて暴れてました。

多分、今思えば喜び興奮しながら数週した後の富士のストレートで、振動で外れたんだと思います。
それが、エンジンルーム内で『カラ カラ』って言ってた音だった気がします。

その時はタイヤカス等フェンダーの中で当たる音とか振動等で、何の音だろ?ぐらいしか思いませんでしたが、
あの音がこれだ!! と

外れた後は少しアクセルワーク微妙だったイキツキ等が激しかった気がします。
しかし、ターボも壊れる事無くそのまま家まで帰ってこれました。

掃除後、無事取り付け近所を走ってみたら、さらなるパワー感があり、アクセルワークのピックアップもいい感じでノーマル時より断然乗りやすく Fuji Speed Wayでは、かなりパワーが落ちていた事にも気づきました。

アバルト スリーハンドレッド

それでも多分ノーマル時よりはパワーはあったと思いますが(汗
 Fuji Speed Way は10年ぶりくらいの走行だったので、タイムは気にせず、脚とブレーキがノーマルなので『オットット・・・・』と戦いながら、楽しく過ごせました。 

『久々でしたが かなり 楽しかったです。』

Tuning ECUをインストールしてみて、さらにこの車に長く乗りたくなりました。
次に何をするかは 『要相談』 が必要ですが、Fuji Speed Wayをもっと楽しむなら、アレとアレとアレが・・・・

アバルト スリーハンドレッド

妄想が膨らむばかりです。

また、楽しいイベントをお願いします。

今後もよろしくおねがいします。

—————————————————————

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション TuningECU

数年前にTuningECUをインストールさせて頂き、長くお乗り頂いてのインプレッションを頂きました。
佐野のミーティング、とても懐かしいワードが出てきておりますネ(^^)

——————————————————————–

チューニングECUインプレ。
以前、インストール時に聞かれた印象ですが、いろいろ問題もあり・・
(スロコン、レデューサー、K&Nタイフーンインテークキット段階的に外して)
今更ですが・・・

アバルト コンピューター

2年ぶりにエアクリーナーもノーマルに戻し部品交換時に比較で使うテストコース?などでしばらく乗っておりますが、
ノーマルモードでもトルクの盛り上がりが以前のスポーツクリーナーの時より感じられます。
*吸気温度計で見るとノーマルの方がスポーツクリーナーより5℃位低いのが確認できます。ボンネット裏からの吸気は温度的には不利なようです。負圧の原理もあまり確認できずで・・・。

アバルト コンピューター

実際にアクセルとターボの付きもリニアで、一般道で使う1800~2800回転辺りからしっかりブーストが掛かっているのが確認できます。
アクセルの開け方にもよりますがブースト圧は0.8から1.25位です。
そして高速道路でスポーツモードにして急加速をして見たところ、一瞬リミッターがかかる事が有るほどトルクフルです。
*上の伸びもスポーツクリーナーとさほど変わらないような気もします。

アバルト コンピューター

通常は、スポーツモードは必要を感じないほどです。
以前、佐野のミーティングで試乗した301号で感じた低速からのトルク感を思い出しました。
同時期に、各社のデモカーを試乗しましたが通常使用でのトルク感は1番かと今更ながら実感いたしました。
やはり、余計なことは・・・・ですね。

——————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。

ロワリングスプリングのインプレッション☆

先日初荷を送り出したばかりのABARTH500/595用のロワリングスプリングですが、装着第一号のオーナー様から早速インプレッションを頂きましたので掲載させて頂きます♪
ヤマグチ狙い通りの雰囲気をオーナー様にもお感じ頂けたようで、ひとまずヨカッタです(^^ゞ

—————————————————————–

こんにちは。先週ミスタータイヤマン三鷹店の松本さんにLowering Spring を組み込んでもらいました。
私のように街乗りメインで乗っている者からすれば、とても良いものだと実感しています。
ノーマル状態のゴツゴツ感が低減し、バタついていたリアサスがしっとり動くようになった印象があります。
嫁がリアシートに乗りましたが、“乗り心地が良くなった!!”と言っていました。
週末の富士楽しみにしています。
またよろしくお願いします。

アバルト スプリング

—————————————————————–

オーナー様、いつもありがとうございます。

■ THREEHUNDRD ロワリングスプリング ABARTH500/595/695 商品ページ

オーナー様インプレッション ABARTH595

昨晩の最終便で東京に戻りました。
何やら冬のピーカン2Datsで相当日焼けしたようで、お顔がイタイです・・・

今日はいつもお世話になっていおるABARTH595に乗られているオーナー様から、コメントと沢山の画像を頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。
ここ最近THREEHUNDREDのテッパンメニューとなりつつある内容で、まさに303パッケージですね(^^)v

———————————————————————
THREE HUNDRED様

いつも素晴らしい製品をありがとうございます。
もうジジイ予備軍で身体が一部不自由なこともあり、
でもまたクルマでスポーツしたいと購入したABARTH595でした。

ノーマルでも十分と思いつつ昔のクルマいじりの虫が騒ぎちょっとだけと思い
出会ったのはTHREE HUNDRED定番のカーボンキーシリンダーパネルでした。

アバルト パーツ

カーボン製品は結構当たり外れが多く取り付けても隙間があったり厚みがありすぎて
逆にかっこわるくなったりした経験があったのでどうだろう?と購入し取り付けてみて
この型どりの精度とドライカーボンの薄さにすっかり参ってしまいました。

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

先に書きましたように身体が一部不自由なため技術が必要なパーツは自分での取り付けは諦めて
ご紹介いただいたミスタータイヤマン三鷹店様にお願いしたのですが
店長がTHREE HUNDREDの製品は現物合わせなどしなくてもバッチリ取り付けが出来ると
おっしゃっておられました。

自信トランクフレームやカーボンエントランスパネルなどは自分で取り付けましたが
寸分の狂いも無く取り付けができました。
歳柄目立つエクステリアには手を付けないつもりでしたが
Grigio Recordのボディカラーにカーボンパーツはシックな大人のドレスアップにもお勧めです。
これからも素晴らしい製品開発をよろしくお願いいたします。

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

———————————————————————

オーナー様、いつもありがとうございます!

ヤマグチがやりたくて出来ていなかった、LEDポジションランプのビフォーアフターも頂きました♪
何から何まで、ありがとうございます(^^ゞ

アバルト パーツ

アバルト パーツ

オーナー様インプレッション TuningECU

先日DT3でTuningECUをインストールさせて頂いたオーナー様のレビューになります。
カーボンパーツをはじめ、かなり多くのTHREEHUNDRED商品をご購入頂いております(^^)/

TuningECUは全国のオーナー様から高評価を頂き嬉しい限りです。
11/23のTHREEHUNDRED meeting OKAYAMAでは、中国・近畿エリアのオーナー様から非常にリクエストの多かったテストインストールを行いますので、どうかその圧倒的フィーリングをまずは体感して頂けたらと思います。
会場で商品を購入して頂く事も可能です(クレジットカード決済になります)

——————————————————————

素敵な商品の開発&販売をしていただき大変ありがとうございます。
そして、本日は念願のTuning ECUの施工インストールをしていただきありがとうございました。

アバルト パーツ

大人の秘密基地的な、カフェ的なオシャレな事務所が大変心地よかったです。
(…個人的にはもうちょっと行きやすい立地だといいのですが。それだと秘密基地にはなりませんね。)

帰路はDT3よりあまりにも短くて勿体無いので、普段走り慣れている都内のドライブコースを巡って音楽も無しにして、Tuning ECUの威力を確認してみました。

結果は…すごいですね!
赤信号から青信号に変わるタイミングで、いつもの通りアクセルペダルを踏み込むとSPORTモードだっけ?みたいな勘違いをまず、しました。

005

アバルト パーツ

それから、2000回転まであっという間。それから3000回転が一つの山なのですが、今までも3000回転過ぎから急激に元気になる走りがさらに凄まじい加速を見せてくれました。今までのような山ではなくて、下の方から一気に盛り上がっていく感じですね。

ゆっくり走るなら、今まで4速で走っていた道を5速で走れたり、今まで2速で引っ張るところを早めに3速にしないと加速しすぎたり(笑)

納車以来、運転が楽しくてしょうがない車でしたが、今日はそれが倍増しました。
排気音もほんの少し変わった印象です。アイドリングで低音が増して、回転が上がるにつれて、絞り出すような感じでしょうか。

商品の特性上、見た目には何にも変わらないので、写真も撮れませんが走り始めると笑顔でいっぱいになれますね。
まさに、商品説明文の通りで、自分のようなストリート、ドライブを楽しく走りたい向きにはぴったりの商品でした。

これから少し遠出も交えて、さらに楽しい乗り方を探してみたいです。

006

アバルト パーツ

ちなみに、
リバウンドストップラバー
MTAアースケーブル
チタンビスセット/レッド(限定)
アルミフットレスト
も、すごくいいですよ。外からわかんないとこが大人っぽくて。

——————————————————————

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

サスペンションキットインプレッション☆

ここ数ヵ月、九州方面からサスペンションキットのご注文が多いです☆
今回ご紹介させて頂くオーナー様も九州のオーナー様です。
8月に開催させて頂いた恋の浦のイベントで、303にご試乗頂き、お話させて頂いたのがキッカケでした。

サスペンションは本当に難しい商品です。
好みも、100人いらっしゃれば100通り。

でも、意外と自信あります(^^)v

——————————————————————-

お世話になっております。オーリンズについて少しインプレ?します。

まずとにかく佇まいがカッコイイ!これにつきます。
山口さんがこだわったと言うだけあり、ストリートのしなやかな乗り味とサーキット走行での路面の追従性の両立はこれまでの車高調とはまるで違います。
自分もこれまでサーキット走行を趣味にしてきましたが、これらを両立できていることが素晴らしいと思います。

アバルト サスペンション 車高調

そしてそんな足回りを装着しているからこその「本物感」な佇まいだと思います!
最高に気に入りました。

アバルト サスペンション 車高調

アバルト サスペンション 車高調

また、その他にも取り付けに関するフォローや減衰調整のアドバイスにも丁寧に回答いただけて、製品に対する誠実さという面でも図抜けていると感じています。
今後ともよろしくお願いします。

——————————————————————-

チョット褒めすぎですね・・・(@_@)
ここは拘りでもあるのですが、車高ベタベタでも、乗り心地や走りを犠牲にしない努力を随所にしています。
やっぱり低いクルマはカッコイイので♪

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

お客様インプレッションのご紹介

昨日アバルト大宮様でABARTH595にTuningECUと、リバウンドストップラバー、MTAアースケーブルという、THREEHUNDREDのニヤリ系鉄板メニューを販売させて頂きました。
そのオーナー様よりインプレッションをお預かりしましたのでご紹介させて頂きます。

—————————————————————-

昨夜乗り回してみました。
結果は大正解です。
ノーマルとは全く別物です。

簡単なレビューです。
自らの感覚ですが・・・

スリーハンドレッド アバルト ECU 書き換え

TuningECU
スポーツモード。
ゼロスタートが速くなる。
出だしのレスポンスと吹け上りが速くなる。
もっさり感は無くなりましたが、過激とまではいかない。
ちょうどいい感じ。
3000~4000rpm位から以前よりパワーの盛り上がりを実感できる。
これは速い!チョット危険。
シフトチェンジはアクセルを抜く必要は全く無し。
ノーマルモードはスポーツモードが楽しすぎで使用せず。

リバウンドストップラバー
ギャップショックの角が取れた感じ。
効果はオーナーしか分からないかと。
コスパからすると合格。
優等生かな?

MTAアースケーブルよくわからない。
TuningECUと合わせて、このシフトスピードなら絶対やるべき。
効果の切り分けができていないませんが・・・
一回外してみようかな。
面倒で多分やらないけど。

スリーハンドレットさん、とても真面目に商品開発をされているんですね。
ちょー真面目なエンジニアな私にはわかる。

—————————————————————-

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様インプレッション

春先くらいから、カーボンフロントエンブレムカバーカーボンリヤエンブレムカバーカーボンゲートハンドルカバーのご注文が特に多いです。
傾向として年末や年度末の新車登録が多くなる時期に受注が集中する傾向ですが、ここのところズット大量受注です(^^)v
180psモデルへのお乗り換えや、ABARTHの販売ディーラーが増えた事も関係しているのかもしれません。

これらの商品はTHREEHUNDREDのCARBON Partsの中でも定番となる商品で、やはり前後のメッキエンブレムがカーボン柄でシマル事により、見た目の雰囲気がググッと変わります。
180psモデルはブラックの樹脂パーツですが、やっぱりここをCARBONにする事でニヤリとする事間違いなしです。
ここのところよくお問い合わせ頂く、180psのブラックアウトされた樹脂パーツにも、弊社の両面テープはしっかりつきますのでご安心下さい。

——————————————————————————–

カーボンカバー早速取り付けまして、はや一か月がたちました。
会社の同僚たちの評判もよく、大変満足しております。
取り付けも簡単で、フィッティングもばっちりです、
カバーを購入する前は、3Mのカーボンシールを貼っていましたが
ツヤ感が全然違い、かっこいいです。

スリーハンドレッド カーボン

スリーハンドレッド カーボン

リップもつけたくなりました。
これからも、ABRTH乗りのためにいい商品を作ってください。

——————————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。

オーナー様インプレッション TuningECU

今やTHREEHUNDREDの屋台骨に成長したTuningECU。
ヤマグチが全国の道や高速道路、幼稚園の送り迎えからサーキットまで、あらゆるシーンでオールラウンドに使える乗りやすさを兼ね備えながら、パンチの効いた刺激的なABARTHに豹変させるプログラムです。

お会いしてお話を伺うと、「興味はあるけど実際に体感しないと分からない・・・」というオーナー様が殆どです。
THREEHUNDREDではTuningECUをまずは体感して頂く、テストインストールというお試し企画を用意しています。
今回ご紹介させて頂くオーナー様も、先日のTHREEHUNDRED meeting TUKUBAでテストインストールさせて頂きました。

次は7月18日に箱根ターンパイクで開催させて頂くイベントでテストインストールを行いますので、是非お気軽にTuningECUのパフォーマンスを体感して頂けたらと思います。

———————————————————————————

5月15日(日)のTHREEHUNDRED TSUKUBA meetingにて、Tuning ECUをインストールしていただいた感想を送らせていただきます。
グレードは、500C seesesse(MTA)

アバルト ECU コンピューター

まず作業の簡単さに驚き!
今時のクルマって本当に電子制御なんだなと変なところから最初に感じ入りました。

ノーマルモードでの第一印象は、パートスロットル時のトルクの太さです。
普通に交通の流れに乗って走る分には何の不便も無くなります。
ブーストメーターの針も反応が格段に良くなりました。

アバルト ECU コンピューター

スポーツモードにするとまた更にトルクが増える感じがすると共に、アクセルペダルの反応が一層鋭さを増します。
空いた一般道で、2速から全開加速を試みてみましたが、私には恐怖を感じるほどの加速です。
全く別物になりました。

少し慣れてくると逆に、少しのアクセル操作でクルマが反応するので運転も楽になりました。
ゆっくり走っていても、スゴいクルマに乗ってる感じがします。
他の方が、『常に体重が爪先に乗って、何時でも飛び出せる状態』とコメントされていましたが、良い表現と思います。

自分的には、マニュアル操作でスポーツモード、混雑時はオートマでノーマルモードと言う使い分けが気に入っています。。

様々なメーカーのTuningECUの馬力&トルクのグラフを見ますが、全開時だけの性能を見ても、実際に使うパートスロットル時の過渡特性は分かりませんよね?
各社のHPを見たり、何件か実際に話を聴いて比較させていただきましたが、山口さんのこだわりや熱意に引かれて選んで大正解だと思っています。

アバルト ECU コンピューター

これをきっかけにTHREEHUNDREDさんとのお付き合いよろしくお願いします。
次回のイベント楽しみにしています!

———————————————————————————

オーナー様、ありがとうございます。

カーボンパーツのオーナー様インプレッション

先月くらいからでしょうか、カーボンパーツフルセットでの受注を多く頂いております。
ヤマグチもそうですが、ABARTH500や160psモデルの595から、180psモデルのABARTH595へ乗り換えられているオーナー様が多いようです。
特にカーボンリップスポイラーとカーボンピラーは過去最高出荷量を毎月更新しています(^^)/
嬉しいオーナー様インプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

——————————————————————–

あまりにも嬉しくなってしまい、画像を添付させて頂きました。
ついでに、先にFLATOUTさんで購入して取り付けていたパーツの取り付け後の画像も一緒に添付いたしまた。
リップスポイラーは意外と簡単に取り付けできました。

アバルト カーボン

フェンダエッジセットは、ディーラーに点検で行った際についでにサービスで取り付けてもらいましたので手間無しです。
一番苦戦したのは、ピラーパネルBパーツでした。
車体のゴム部分との境目ですが、慣れてないので調整に少し時間がかかってしまいました。
というか私が神経質すぎるだけなんですけどf^_^;)
しかし、その甲斐あって一体感が出てすごくいい感じに仕上がりました。
試行錯誤の上、貼り付け時にゴムの部分に細い棒状のものを挟み込んで、ゴムとピラーの間に隙間を開けて作業すると、うまく貼ることができました。

IMG_1506

アバルト カーボン

次からは時間はかからないと思います。
今回どのパーツも、商品を初めて手にした時もそうなんですけど、取り付け後はもっと「ニヤリ」でした(^_^)☆
あとはディフューザーで一旦エクステリアは締めくくりかと・・・。
THREE HUNDREDさんのパーツはどれもクオリティーが高いことが分かりましたので、そういう風にはいかないかもしれませんね(^_-)-☆

アバルト カーボン スリーハンドレッド

——————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。