THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ホイール

ABARTH PUNTO系もね☆

今更ですが、ABARTH PUNTO/ABARTH PUNTO EVO系のホイール選択肢、なかなか合うものが無くて皆さん苦労されると思います。
es wheelはABARTH専用設計ですので、ABARTH PUNTO/ABARTH PUNTO EVOにもモチロン製作可能であります。

ABARTH PUNTO ホイール

車格的なものなのか、オーダーの殆どがes-03に集中していますがぁ。。。
定番は7.5J ET35ですが、先日は9Jをいれたりもしました(^^)v

マッチングもノウハウありますので、是非ご気軽にご相談頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

進化中のデモカー297

先月からTHREEHUNDREDにやってきたデモカー297。
足元をes-02のコルサビアンコから、es-06のブラックブラッシュドに変更し、カーボンパーツも多数追加しました。
センパイデモカー達の様子がおかしいので、ヤマグチ的にはかなりシットリとした印象ではありますがぁ・・・
少しずつデモカーとしての存在感も出てきましたかね?

es-06はアバルトには大口径な18インチで、かつ足の長いファンデザインという事もあり、物凄くホイールが大きく見えるのが特徴です。
ABARTH 124 Spider、ABARTH PUNTO、ABARTH PUNTO EVO系はABARTH500系よりもボディが大きいのでよりマッチすると思います。
18インチなのに7kg台前半という軽量な事もあり、乗り心地も思いのほか悪くならないです。
ロワリングスプリングとの相性も宜しく、デモカー297はDT3でお気軽にご試乗頂けます(要予約)

■ es-06商品ページはこちらから

年内のイベント事もひと段落したので、しばらくこの子と過ごしたいと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ボディ同色のススメ

es-04、es-05、es-07のオーダーで、最近目立つのがボディ同色塗装です。
デモカー305でやったのが最初だったかと思いますが、組み立てホイールならではの雰囲気です☆

es wheelはいろんなカスタムのカタチをご提案できますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

5.5kg/1本

鍛造マグネシウムで新サイズが追加になるes-02。
先ほど強度評価のシミュレーションが終わり、加工完の塗装前重量が5.5kg(17×7.5J ET35)を切ろうかという数値に着地しました。
7Jとホボ同じデザインで、作り手でないと分からない僅かな形状違いくらいで発売開始となります。

アバルト マグネシウムホイール

今回熱処理の工程が素晴らしく上手くいき、鍛造アルミだと熱処理で強度や剛性を上げます。
鍛造マグネシウムは素材として硬すぎてクラックや経年劣化が進行しやすいですが、熱処理工程で素材に柔軟性を持たせABARTH専用ホイールとしてベストな強度バランスと、抜群の軽さを手に入れました。

アバルト 鍛造マグネシウムホイール

先日のBlog以降オーナー様の反響も上々でして、12月に入りましたら先行受注を開始し、年明け早々のデリバリーを予定しております。
ファーストロットは40台分です、入荷がタノシミデアリマス(^_-)-☆

THREE HUNDRED アバルトParts

次なる一手はコレッ!!

実は水面下でズット狙っていました。
memberページではお知らせしていましたが、es-02に新しいサイズが追加になります。
しかもマテリアルは鍛造マグネシウム!

2年くらい前から工場と調整を続けていまして、マテリアルテストを繰り返し、試作を繰り返していました。
ようやく安心してお使い頂けることが確認できたので、本日量産品の生産にGOを出しました。
モロク、短寿命なイメージの強いマグネシウムホイール。
現代の技術と、熱処理で、以前より製品としてのライフもかなり伸び、5~7年は安心してお使い頂けます。
通常使用でもクラックやエア漏れなどのネガティブ要因はホボ無いに等しいレベルまで向上させることが出来ました。

アバルト ホイール 鍛造 マグネシウム
※デザインは現状のes-02と同じになります。

サイズは17×7.5Jでインセットは35と32の2サイズ展開で、当初はABARTH500用からスタートです。
気になるホイール重量は、上記のサイズで5.5kg/1本になる予定です。
まずは7.5JのABARTH500用からですが、将来的には少しサイズを増やす方向です。

気になる販売価格ですが、
ネロスコルピオーネ・コルサビアンコ ¥89,000/1本
グリジオメタリコ ¥92,000-/1本
※消費税は別途
※特注カラーは別途お見積りします

es-02の追加サイズを望む声が多いので、サプライズ?で鍛造マグネシュウムで展開させて頂きます(^^ゞ
実にTHREEHUNDREDらしいニヤリなホイールが出来ました。
デリバリーは1月上旬を予定しております、楽しみにしていてくださいね!!

THREE HUNDRED アバルトParts

es-07、発進ッ!!!

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでデモカー307と合わせて発表させて頂きましたes-07.

こやつのコンセプトは「戦う3Pホイール」であります。
鍛造ディスクなのは今までのesシリーズと同じなんですが、es-04やes-05に比べディスクの肉抜き加工に小技を効かせておりまして、加工時間が倍近くなっております・・・
時間の代償はお値段でして、販売価格にもろ跳ねっ返ってしまいました・・・(ゴメンナサイ)
でも自信をもってオススメ出来ますし、ABARTHにだけ作り上げた世界一の鍛造3Pホイールだと胸をはれます(^^)!

当初予定していた鍛造リムはあまりに販売価格が高くなってしまい、17インチの組み立て3Pホイールの価格相場から大きくはずれたとんでもないホイールになってしまうので、とりあえず次のステップにする事にしました。
その代わりではありませんが、リムにはショットピーニングというひと手間を加え、リム自体の強さを上げる加工をes-07では標準仕様としました。
これにオプションのチタンピアスボルトを装着することで、17x8J ET-10の3Pホイールとしては驚異的な7.9kgという超絶軽量ホイールに仕上げる事が出来ました(^^ゞ

気になる販売価格ですが以下の設定価格になります。

■ スタンダードディスク
17x7J ¥90,000-
17×7.5J ¥92,000-
17x8J ¥94,000-
17×8.5J ¥96,000-
17x9J ¥98,000-
17×9.5J ¥100,000-
17x10J ¥102,000-

■ ビックキャリパーディスク
17x7J ¥95,000-
17×7.5J ¥97,000-
17x8J ¥99,000-
17×8.5J ¥101,000-
17x9J ¥103,000-
17×9.5J ¥105,000-
17x10J ¥107,000-

■基本カラー
グリジオメタリコ
ネロスコルピオーネ
コルサビアンコ
アバルトレッド

※上記価格はホイール1本の税抜き定価です
※チタンピアスボルトオプション ¥14,000-/1本
※es wheel リムロゴ入れ ¥5,000-/1本
※ボディ同色等の特注色は販売店にお問い合わせください
※価格は税別です

ますはTHREEHUNDRED connectのミスタータイヤマン三鷹店とDT3でオーダーを受け付けます。
ご遠方のオーナー様は、ます弊社にお問い合わせ頂けたらと思います。
適合はABARTH500/595/695、ABARTH 124 Spider、ABARTH PUNTO、ABARTH PUNTO EVOに適合します。
インセットは細かく選べますので、まずは販売店にご相談頂けたらと思います。

近日中にTHESTOREにも掲載させて頂きます。
まずはのご案内でした(^^ゞ

8月は最多出荷記録更新(^^ゞ

本当にありがたいことに、全国のABARTHオーナー様からes-03のオーダーをとても沢山いただいております。
気が付けば先月は過去最高出荷数で、予想以上の受注で素材在庫を欠品してしまいました・・・
9月のイベント前に大失敗であります、本当に申し訳ございません。

アバルト 鍛造 ホイール

悩みに悩まれてes-03をご購入頂いたオーナー様から装着画像を頂戴しました。
ビコローレにes-03がとてもステキです♪

esロゴオプションをご利用頂きロゴ入れさせて頂きました。
イエローABARTHセンターキャップ、イエローBREMBOキャリパー、イエローesロゴ。
アクセントを3点揃えた小技がとても良いですね。
軽量鍛造ホイールの走りも体感して頂けたようで、嬉しいコメントも頂戴しております。

オーナー様、ありがとうございました!

THREE HUNDRED アバルトParts

オーナー様ご紹介

昨日もBlogでご紹介させて頂きましたes wheelのブラッシュド加工。
連休前にes-04で特別なパープルブルーブラッシュドをお作りさせて頂きました。
グリジオカンポポーロなボディに良くマッチしていてステキです♪

お色はオーナー様と色板を元にお打ち合わせさせて頂き決定しました。
鍛造削り出しホイールならではの加工目も透けてステキであります(^^ゞ、
モチロンBREMBOキャリパーもバッチリかわします。

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

やっぱりes-02ッ!

何だろう、es wheelをスタートさせて一番辛かった時期を共に戦ったのがes-02です。
立ち上げ初品という事もあり、このホイールには特別な想いがある事も確か。

アバルト 鍛造 ホイール

鍛造の切削ホイールにしか表現できないエッジの効いたフェイスだったり、鍛造ホイールだから大胆に攻めれる加工だったり、車両について回っている時の美しさだったり、言い出したらきりがないほど拘りが詰まっているホイールなんです。

アバルト 鍛造 ホイール

最近はお陰様でes-03とes-04の受注がとても好調です。
でもes wheelの勢いを下支えしているのはやっぱりes-02だと思うし、地味にチャント売れています。
先日、日本で一番es wheelを販売しているミスタータイヤマン三鷹店のマツモトクンと雑談をしていとき、「もう少しes-02売りたいんだけど、どうしたらいいかな?」と問うと「サイズバリエーション増やしたらどうですか、きっとes-03くらい売れるような手応えあります」と。

大分その気になっているヤマグチです。
今年はes-06とes-07で開発予算を早くも使い切ってしまっているので(笑)、来年は各モデルのサイズバリエーションを増やす方向で計画してみようと思っています(^^ゞ

es wheelの商品ページはTHESTOREからご覧ください

es-04という選択肢

この春es wheelの受注が好調です☆
es wheelを展開した当初はホボ売れなくて、2年はかなり苦しみました(^^)
でも基本コンセプトであるメイドインハママツとABARTH専用設計だけは曲げずコツコツ積み上げてきた成果なのか、去年から今年に入って急激にご支持を頂けるようになってきました。
本当にありがとうございます。

特にes-04は「ABARTHはワンピースホイールでしょ!」という固定概念を覆し、3Pホイールの楽しさ少しでも多くのオーナー様に知って頂けたらと思い、いろいろな覚悟の元挑戦したオモヒデのホイールです。
ここ最近はありがたい事にヤマグチのアタマをグルグルさせる仕様のご注文を沢山頂き幸せな限りです。

アバルト 鍛造 ホイール

カスタムは自由であります。
es-07は「戦う3Pホイール」というコンセプトで現在開発を行っております。
新たな試みを盛り込んでいますので、製品が発表になる日を楽しみにしていて下さい。
これからもいろんな発想を大切に、カタにはまらない商品を作っていきたいなと思った日でした。

さて明日は「ゴジハンサノ」であります。
スゴーに行ってきます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts