THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


製品情報

ウラメンにも拘る

いよいよ2年越しで作り上げたカーボンボンネットのひとつめの商品が間もなく出来上がります。
THREEHUNDREDのパーツ群の中でブッチギリに開発期間と開発費がかかった思い出タップリの商品であります(^^ゞ

アバルト カーボンボンネット

表面はもちろん綾織のプリプレグで抜群の仕上がり、やめておけばいいのに裏骨も平目ですがプリプレグで仕上げました。
先ほど裏面の最終確認を工場でしてきまして、仕上がり、雨水をさける裏フタの脱着確認もバッチリでした。
来週の16日からTHESTOREに商品ページを掲載させて頂きます、価格は以下で確定しましたのでご検討頂けたらと思います。

アバルト カーボンボンネット

THAB1031 カーボンボンネット(塗装ベース) ¥258,000-
THAB1131 カーボンボンネット(クリア塗装) ¥338,000-
※消費税は別途

アバルト カーボンボンネット

アバルト カーボンボンネット

作ったヤツが言うのもなんですが、製品はメチャクチャ軽かったです☆
THAB1031は型から脱型したままの商品になりますので、ボディ同色や塗分けなど、塗装を前提とした商品です。
ペーパー目など残っていますのでそのままの状態ではお使いいただけませんのでご注意ください。
取り付けは純正ボンネットを再現していますので、ポン付けで取り付けが出来、ストライカーも付属していますのでボンネットピンは不要です。

THREEHUNDREDが作り上げたホンキのカーボンボンネット。
是非ご検討頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

入荷しましたよん (^^ゞ

待望のスポーツローターのファーストロッドが入荷してきました。
先日ご案内したBlog以降、沢山のオーダーをお預かりしておりまして、初品なので入荷数もそんなに多くないので既に在庫を半分以上出荷してしまいまして・・・

アバルト スリーハンドレッド ローター

これが切れると1月末納期であります。
当初サンプルではローターカラーがブラックでしたが、製品はグレーの防錆加工仕上げになります。
ノーマルキャリパーのフロント用、リヤローター用、それぞれ入荷しておりまして、本日よりTHESTOREに掲載の方させて頂きました。

■ THREEHUNDRED スポーツローター フロント 商品ページはこちらから
■ THREEHUNDRED スポーツローター リヤ 商品ページはこちらから

皆様のご注文を心よりお待ちしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDREDのスポーツローターが充実します

BREMBOキャリパー装着車両のリプレイスメントローターとしてご好評を頂いているスポーツローター。
今回新しくノーマルキャリパーのリプレイスメント用と、リヤローターの発売を開始します。

スリーハンドレッド ブレーキ ローター

THREEHUNDRED スポーツローター BREMBOキャリパーリプレイスメント ¥73,000-
THREEHUNDRED スポーツローター フロントノーマルキャリパー ¥38,000-
THREEHUNDRED スポーツローター リヤ ¥29,000-
※価格は2枚1SETの価格で税別になります。

スリーハンドレッド ブレーキ ローター

こんな感じで、フロントとリヤをコーディネートして頂くと、デザイナーのヤマジが泣いて喜びます(^^)v
来週から順次出荷をしていき、THESTOREにも掲載させて頂きます。

スリーハンドレッド ブレーキ ローター

安心して下さい595シリーズ4オーナー様。
皆さんのフロントローターがシリーズ3まで2Pだったのに、シリーズ4から1Pになったのをヤマグチは知っています☆
目ざとい方はデモカー305のフロントローターが2Pになっている事をご存知かと思いますが、2Pローターも企画していまして、現在走行テストの最終段階まできています。
こちらも今月からデリバリーを開始しますので、楽しみにお待ち頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ブーストメーター移設キット 595シリーズ4

お待たせしました、595シリーズ4用のブーストメーター移設キットが完成しまして、先ほどTHESTOREに掲載を完了しました。
掲載後3分で最初のオーダーが入るという人気ぶりです(笑)

アバルト スリーハンドレッド 移設キット

■ THREEHUNDRED ブーストメーター移設キット 595シリーズ4 商品ページはコチラから

毎度の事で大変申し訳ありませんが、先輩のカーボン職人が毎日コツコツハンドメイドしておりまして、毎月作れる数が限られております。
シリーズ3に適合するブーストメーター移設でも納期は相当ご迷惑をお掛けしておりまして、タイミングによっては半年待ちから1年待ちという状況もありました。
この商品も当初はオーダーが集中する事が予想されていますので、ご注文のタイミング次第では納品までお時間を頂くと思います事をお詫び申しげます。

何卒、宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

kiwamono (^^ゞ

タブン、間違いなく、THREEHUNDREDの商品群の中で最もトンガッタ商品であるピロロアアーム。
デモカー302でタイムアタックを必死にやっていた時、強いブレーキングの際にトーが開いてしまう動きを嫌い、コーナーでのシャープなハンドリングを求めて開発した商品です。

アバルト スリーハンドレッド ピロボール

今でも戦うABARTHオーナーさにはコツコツ売れておりまして、距離も出てきてアームやブッシュ類のリフレッシュを行う際などに同時交換すると、激変する走りに感動して頂けると思います。
サスペンションストローク時のアライメント変化が無くなるだけで、とてもナチュラルで扱いやすいクルマに変化します。

アバルト スリーハンドレッド ピロボール

■ THREEHUNDRED ピロロアアーム 商品ページはコチラから

ピロボールになる事で懸念される作動音などは皆無です。
お値段は少々はりますが、そのパフォーマンスはニヤリであります(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

THREEHUNDREDの新しいアシモト

少し前からご案内していますが、THREEHUNDREDのサスペンションがこの秋から大きく変わります。
従来の商品からふたつのラインナップに分かれ、ストリートからワインディングでのフィーリングを重視した「サスペンションキット Street」と、貴方だけのオンリーワンを提供するオートクチュールダンパー「サスペンションキット Pro」をリリースします。

アバルト サスペンション

■ THREEHUNDRED サスペンションキット Street 商品ページはコチラから

前者のサスペンションキット Streetを先ほどTHESTOREに掲載させて頂きました。
現在デモカー305に製品を装着しておりまして、ご試乗頂いたオーナー様からは抜群にシナヤカなフィーリングに感動のお言葉を頂いており、かなりの走り込みをして作り上げたかいがありました☆

アバルト サスペンション

追って12月を目途に、THREEHUNDREDの最高峰サスペンションであるサスペンションキット Proをリリースします。
日本の職人魂と技術が詰まったオールメイドインジャパンのクオリティとそのフィーリング、走りに拘るABARTHオーナーの心を必ずつかむと思っております(^^ゞ

アバルト サスペンション
※上記画像はサスペンションキットProになります

THREE HUNDRED アバルトParts

MTAの定番アイテム

THESTOREでも安定して売れているカーボンシフトスイッチパネル。
シフトスイッチ周辺にペタンと被せるカーボンパーツで、簡単にインテリアのイメージを変える事が出来ます。
発売以来MTAユーザーにご好評頂いております(^^ゞ

■ THREEHUNDRED カーボンシフトスイッチパネル商品ページ 
■ THREEHUNDRED カーボンシフトスイッチパネル スムース商品ページ

アバルト カーボン シフトスイッチパネル

車体側にあるABARTHという文字を残す商品と、そこを埋めて全てカーボンで覆うスムースタイプの設定があります。
お好みに応じて商品を選択して頂けたらと思います。

皆様のご注文を心よりお待ちしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

シリーズ4の外装パーツ

オリジナルバンパーに被せであります。
ディティール若干変えてます。
全長10mm伸びます。

アバルト シリーズ4 カーボン

製品は綾織カーボンで、超絶カッコイイ予定です(^^ゞ
フロントは、カーボンリップスポイラーとカーボンリップカバーを先行して開発しています。
カーボンフォグライトカバーは今日から追ってマスターモデルの進行を進めています。
リヤディフューザーも開発をしていますが、まずはチョロット雰囲気を変えられるパーツを先に発売します。
それぞれ組み合わせてお使い頂けます。

カーボンインテリアパネルの問い合わせが物凄いです。
こちらも順次開発をしていますので、随時membaerサイトにお知らせしていきたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

とりあえず試作完成☆

THREEHUNDREDのGReddyタービンを取り付けるためにどうしても必要だったので・・・
既製品で上手くサイズが合わないので作っちゃいました。
どうせ作るならIHIタービンやギャレットタービン用にも作っちゃおうと思いまして♪

アバルト スリーハンドレッド

とりあえず試作品が完成してきたので、これから装着確認をしたいと思います。
イベント後、またしでもデモカー達は慌ただしく工場へ旅立ってしまったので、お客様のABARTHをお借りして取り付け確認をしようと思います(^^ゞ

■ THREEHUNDRED meeting TSUKUBA忘れ物情報
以下のサンシェイドとラバーマットとレジャーシートをお預かりしています。
弊社にご連絡いただけましたら送らせて頂きます。

アバルト スリーハンドレッド

THREE HUNDRED アバルトParts

ホンマルトウチャク(^^ゞ

キタッ!
構想2年、遂にTHREEHUNDREDがイメージする最高のレイアウトを持ったダンパーキットが完成しました☆
ABARTH500系のアシを研究し、追求し、全国の道を沢山走った結果が、今まさに行っているサスペンションキットのフルモデルチェンジです。

一足先にデリバリーがはじまったサスペンションキットは、ド定番のド真ん中をいくこれぞTHREEHUNDREDという最高のドッチツカズノ商品。
今回ご紹介するサスペンションキットProは、THREEHUNDREDというよりもヤマグチが欲しかった最高のカタチ。
構成パーツ全てがオールジャパンメイド、パーツとしての美しさ、魅力ある機構、セットアップはオートクチュールで、オーナー様のご意向を聞きながらひとつひとつダンパーを組み立てます。
こんなダンパー魅力ないですか?

アバルト サスペンション

何もかもがTHREEHUNDREDフルオリジナル。
フロントは正立式を採用し、ショックシャフトを特注しまし通常流通品より2倍近い太さになりました。
ダンパーも二回り大きくなり46Φピストンを採用し、内部構造は復筒式となりましたのでセッティングの幅が広がりました。
全長調整を採用するかは非常に悩んでいまして、容量を大切にしたいので全長調整は装備しない方向で検討しています。
その代わりスプリングを専用設計にしていますので、ベストなプリロードと車高で組めるように準備させて頂く予定です。

アバルト サスペンション

リヤはサブタンク付きフルアルミ削り出しケースになります。
ノーマルダンパー比で約2.5倍の容量を持ち、その加工精度は日本の職人技術の塊です(^^ゞ

まだ走らせていないので、まずはヤマグチ基本スペックをセットアップしたいと思います。
皆様へのデリバリーは12月頃からを予定しています。
明後日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAで現物をお披露目させて頂きます☆

THREE HUNDRED アバルトParts