THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


製品情報

進化を続けるということ

THREEHUNDREDは商品開発の過程で、常に次のステップを模索しています。
お客様の声を具現化する事はもちろんですが、次期開発や定番商品にも常にアップデートの努力を重ねています。
特にカーボンパーツは紫外線はあまり喜ばしい相手ではありませんし、長年車両に装着をすれば経年劣化はどうしても避けられません。
現状の商品でも自社基準はクリアしているもの、もっと商品を良くする事は出来ないか?と、使う樹脂や製造工程を日々研究しています。

そしてそのカーボンパーツに、7月デリバリー新商品から新たな挑戦を開始しました。
圧倒的なクオリティと、誰もが「イイネッ!」と言って頂ける商品力をつけるために、ブランド発足当初からやりたかったハンドレイアップの「ウラツル仕様」を遂に実践投入しました。
いきなり全部の品番へ展開するのは難しいですが、新規商品からコツコツ投入していきたいと思います。

スリーハンドレッド アバルト カーボン

通常ですとひとつの型にCARBONやFRPを積層して脱型しますが、THREEHUNDREDの試みは表型と裏型を製作し、それぞれのパーツを製作し、それらを重ね合わせる製作方法を実現しました。
これによりハンドレイアップではなかなか難しかった製品厚のコントロールがより細かく管理でき、両面テープの定着も安定できますし、何より製品がキレイです(^^ゞ
因みに製品厚が既存商品より厚くなる事はありません☆

ヤマグチ的な事をお伝えすると型代は単純に倍かかりますが、工数は増えるので確実にコストアップではあるのですが、良い製品を作り上げるためにはこの投資は惜しみません。
こういう細かな積み重ねが、THREEHUNDREDをご指示頂けるオーナー様への満足度への貢献だと信じていますし、更にコツコツ研究・開発をしていきたいと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

仕様変更しますッ(^^ゞ

発売以来ご好評を頂いておりますABARTH500/595(右ハンドル)用のアルミフットレスト
純正のABCペダルと雰囲気が合いますし、アルミ削り出しの質感はニヤリです。

そんなアルミフットレストですが、ABARTH 124 Spider用のアルミフットレストにはTHREEHUNDREDのステンレスプレートを埋め込んでいます。
ここのところ「ABARTH500/595用にもTHREEHUNDREDプレートを埋め込んだアルミフットレストを作って欲しい!」というお声を大変多く頂きまして・・・

アバルト スリーハンドレッド

「オーナー様のお声は直ちに製品化ッ!」という事で、作っちゃいました!(まだ図面段階ですがぁ・・・)
7月末からデリバリーを開始しますので、宜しくお願い致します(^^ゞ
■ THREEHUNDRED THAB1115 アルミフットレスト THREEHUNDREDプレート入り ¥16,000-(税抜)

595(シリーズ4)用新作カーボンパーツ登場

シリーズ4用のカーボンフロントインテークカバーが完成しました。
ドライカーボンの圧倒的クオリティと、薄い製品厚から実現される一体感溢れるフィッティングを実現しており、カーボンフロントエンブレムカバーと合わせて装着すると、キリリと引き締まったフロントフェイスはニヤリです♪
先日よりTHESTOREに商品を掲載させて頂いております(^^ゞ

アバルト カーボン シリーズ4

■ THREEHUNDRED カーボンフロントインテークカバー 595(シリーズ4)¥43,000-

ありがたい事に既にB/Oを多数頂戴しておりまして、いよいよ初品を今週から出荷致します。
ご検討中のオーナー様、是非宜しくお願い致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

カーボンフロントエンブレムカバーの追加品番

ABARTH595(シリーズ4)用のカーボンフロントエンブレムカバーを新たに開発しました。
極僅かですが、従来品と形状が変わっていて、取り付け位置で許容出来てしまうんですが、ここはTHREEHUNDREDらしく専用品番を設けました。
カーボンフロントエンブレムカバーはフェイスの印象が大きく変わりますのでとても人気があり、これに合わせてカーボンリヤエンブレムカバーカーボンゲートハンドルカバーは、THREEHUNDREDカーボンパーツのド定番商品となっております。

アバルト カーボン 595

アバルト カーボン 595

■ THREEHUNDRED THAB1103 ABARTH595(シリーズ4)カーボンフロントエンブレムカバー ¥24,500-(税抜)

7月1日より順次発送を開始させて頂きます。
カーボンフロントエンブレムカバーをバックオーダーでお待ち頂いているオーナー様に595(シリーズ4)の方がいらっしゃいましたら、こちらの専用品番へ変更させて頂きます。

皆様のご注文を心よりお待ちしております。

THREE HUNDRED アバルトParts

今日はTest Day

開発中のTHREEHUNDREDのタービンキット。
悩みに悩んだセットアップも、ようやくGReddyタービンと会話が出来るようになってきました☆

アバルト タービン交換

ストリートでのフィーリングはホボ完成品の領域まできました。
あとは、今週の土曜日に富士スピードウェイでゼンカイにしてきます。

お買い物から、ワインディング、サーキットゼンカイアタックまでをこなすタービンキットが間も無く完成です( ̄^ ̄)ゞ

ABARTH 124 Spiderのサスペンションキット遂に

デモカー304が納車されたのが2016年10月初旬。
直ぐに試作品を車両に取り付け約9ヵ月間、沢山の道を走り込みました。
サーキット走行を上手に走る方が乗るFRセットアップと、ストリートからワインディングを楽しく走る方ではセットアップの方向性が大きく異なります。
この考え方はABARTH500系でも同じで、THREEHUNDREDは渋谷発のオシャレブランドですので当然後者寄りのセットアップ。

アバルト スリーハンドレッド 124 サスペンション

■ THREEHUNDRED サスペンションキット ABARTH 124 Spider商品ページ

女性をナビシートに乗せて走るマナーだったり、車高の自由度だったり、商品の持つ美しさやクオリティを大切にしています。
走り好きのヤマグチの事ですから俗にいう「ファッションシャコチョー」にする訳は無く、ストリートでのマナーはもちろん、ワインディングやスポーツ走行レベルではとても乗り易いフィーリングに仕立てています。
先日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでも、沢山のABARTH 124 Spiderオーナー様に試乗して頂き、絶賛のお声を頂戴しました。
7/17に開催するTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEでも、デモカー304の試乗が出来ますので、その実力を是非試して頂けたらと思います(^^ゞ

超々ジュラルミンから削り出されるシェルケースはウルトラライトウェイで、商品をお手に取って頂けると分かると思いますが、ピストンのシム1枚に至るまで全ての構成パーツをメイドインジャパンに拘り、圧倒的クオリティの製品に仕上がっております。
前後正立式、20段減衰力調整機構、全長調整式ダンパー、前後スタビライザーリンクと光軸リンクを付属しております。

※タイムを狙うサーキット仕様をご希望のオーナー様は、別セッティングを用意していますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

苦節3年と少し・・・

デリバリー当初はホント売れませんでした。
多分1年くらいは大苦戦をして、残りの2年と少しはかなり地道なコツコツを積み上げてきました。。。
でも真面目に商品を開発して、真っ正面からオーナー様にes wheelの魅力をお伝えして、ABARTH専用に生み出されたこの鍛造ホイールたちが、いまほんの少しずつですが全国のオーナー様に認められ始めている手応えを感じています。

自分たちが企画・開発し、メイドインハママツの職人さんの手から生み出されるes wheel。
最高峰のジャパンクオリティを、ご自身のABARTHで感じて頂けたらと思います。

今日からはみ出しタイヤの法解釈が改定になりました☆
陸運支局に問い合わせを行い、新しいコンプライアンスを理解していますので、今までとは少し違うホイールサイズのご提案ができると思います。
今回の法改定、私達クルマを愛する人間にとっては良い方向への改定です(^^ゞ
es wheelは全てのモデルでフリーインセットです、こういったコンプライアンスの変更にも直ぐにベストサイズで対応が可能です。

今日はヤマグチのカメラロールに入っているes wheelの装着画像をズラリどーぞ♪

■ es-02
アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

■ es-03
アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

■ es-04
アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

アバルト 鍛造 ホイール

■ es-05
アバルト 鍛造 ホイール

無難なサイズからホンキのツライチまで、ABARTHのマッチングはかなりノウハウあります(*^^)v
ホイールサイズはお気軽にご連絡頂けたらと思います。

> es wheelの商品ページはコチラからご覧頂けたらと思います。

カーボントランクスポイラー発売開始です☆

先日のTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでお披露目させて頂きました、ABARTH 124 Spider用のカーボントランクスポイラーの製品情報をTHESTOREに掲載させて頂きました。
当日持ち込んだのは試作品の試作品でして、かなりフィッティングが悪く、製品に取り付け金具を埋め込み頑張って装着していました。。。(見栄えが悪くて申し訳ありませんでした)
もちろん製品ではそこは改善しまして、他のカーボンパーツと同じく両面テープでガッチリ固定できますので、クオリティは万全ですのでご安心下さい。

アバルト 124 スパイダー カーボン

■ THREEHUNDRED カーボントランクスポイラー 商品ページ

カーボンフロントスポイラーと同じくプリプレグを使ったドライカーボン製品になりまして、形状的にも綾織カーボンが非常に美しい商品です☆
大きすぎず、小さすぎず、でもほんの少しだけABARTH 124 Spiderのヤンチャなキャラを引き立てるようなディティールで作り込みをさせて頂きました。

価格は¥95,000-/1台(税抜)で、クリア塗装済みの製品になりますのでドライカーボンでも日焼け対策はバッチリです。
付属の両面テープで何方でも簡単に取り付けをして頂けます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

新型595(シリーズⅣ)のブーストメーター移設キット

物凄くお問い合わせ頂いております新型595(シリーズ4)に、ブーストメーター移設キットの取り付け確認を行ってきましたので速報をお届けします。
まず通常のブーストメーター移設キット(THAB1013)は予想通りエアコンの吹き出し口に干渉して取り付け不可でした。

アバルト 595 ブーストメーター 移設

続いてTHAB1113のナビゲーション対応モデルですが、こちらはギリギリ取り付けができました。
正確に言うと、今回オーディオのナビパネルがエアコン吹き出し口と一体になっていまして、移設キットはすんなり取り付くのですが、戻すときにコツがいります。
また従来品も配線がギリギリの設計なのですが、新型になってからはこの配線が全く届きません。
ここは延長して頂く必要があり、工場さんであればよくお持ちいわゆる配線というヤツで15cmも延長して頂ければ取り付けが出来ます。
ただTHAB1113は年内の販売分を完売しておりまして、例え今日ご注文を頂いても年明けの納品になります・・・ゴメンナサイ。。。

アバルト 595 ブーストメーター 移設

そこで新型595(シリーズ4)に専用品番THAB1213を設けます。
組み立てる際に少しでもナビ枠を戻しやすいように、ステー形状を若干変更し、配線を付属させるか現在検討中です。
これからマスターモデルと製品型の開発を行いますので、専用品番は9月末頃からのデリバリーになるかと思います。
詳細は追ってご案内させて頂きます。

アバルト 595 ブーストメーター 移設

今回の取り付け確認用に新型595(シリーズⅣ)のMTAをお借りしまた。
久々にいわゆる「現行」のMTAに乗りましたが、デモカー303が納車になった際にも「MTAが凄く進化したなぁ」と思いましたが、今回も更に進化をしていました。
クラッチのミート感は自然だし、半クラ感もかなり軽減していました。
シフトチェンジは今までより早くスパッと変わる感じで、凄く軽快感を感じました(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

リバウンドストップラバーの次なる一手

当初の予定より遅れる事半年、凄くお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。
超がつくジュラルミンのインゴットから削り出し、オールメイドインジャパンの職人魂ヤドル、素晴らしいクオリティのピロアッパーマウントが完成しました。

アバルト ピロアッパーマウント

アバルト ピロアッパーマウント

■ THREEHUNDRED ピロアッパーマウント(ノーマルダンパー用)商品ページ

このBlogをお読みになられているオーナー様の多くは、リバウンドストップラバーを装着されてニヤリとされたはず。
そのニヤリをはるかに超えるフィーリングは、リバウンドストップラバーの次のステップとして自信をもってオススメ出来る商品に仕上がりました(^^ゞ

ファーストロットは他社製車高調などにお取り付けなご注文が多いのかと思いきや、意外や意外でロワリングスプリングと同時装着頂くご注文が目立ちます♪
ノーマルアッパーマウントよりシャープに伸びと縮みのパワーを受け止められますので、乗り味とステアリングフィールへの恩恵は大です。

THREE HUNDRED アバルトParts