THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ひとりごと

たぶんプレゼント、きっと贈り物。

茂木での耐久レース、関係者の多大なサポートもあって無事に終えることができました。

ただ僕の2スティント目、中盤からABSエラーが出てしまいブレーキング時に少し舵を入れるコーナー全てでスピンモードに陥る事態。(ドライビング中は左リアタイヤブロックが剥離したと思い込んでいましたが・・)なんとか規定周回数をこなし、フラフラになってパドックに戻ってみると僕のバックの上に見慣れない箱が。

梱包ビニールの上からよく見てみると、旧124スパイダーの1/43スケールミニカーです。

キョロキョロ辺りを見回しても、皆ピットに出払っていて誰もいません。

ちなみにこの日のレーシング車両はアルファロメオです。当然関係者やドライバーはほぼアルファロメオつながりの方々ばかりです。が、どうにも僕宛という確証が持てなかったのでそのまま僕のバックの上に置いておくことにしました。そして夜8時のチェッカー。まだ124スパイダーは僕のバックの上に佇んでいました。

ふと、応援に駆けつけてくれた仲良くさせていただいているABARTHオーナーのTさん、もしくはおそらく僕がドライビング中で顔を合わせる時間はなかったDさんか!? とも思いましたがお二人ともすでにお帰りになられた後。。。。

うむむ。。。。と・り・あ・え・ず、持って帰ってきちゃいました。

「DT3に飾ろ〜よ〜」を連発する四国帰りのヤマグチとも推理ゲームをしてみましたが、送り主はわからず終いです。

ですので、一旦事務所に飾らせていただきます!(未開封ですよ)

 

お心当たりのある方は、ぜひご一報を。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

まとまらないはなし。

先日のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEにてブヨに足をヤられました。未だに痒いです。そうそう持ち込んだ124の新しい足、フロント es-03 17X8J    リア 17X9J  プラスADVAN Neovaのグリップは鮮烈で、僕の未熟な峠レベルごときでは全くブレイクしませんでした。まさにオン・ザ・レール感覚。かと言って超軽量es-03ですから、8J-9Jからイメージする〝重い〟足下に引っ張られる感覚は皆無です。ご試乗いただけたお客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか?

当日は新型595とグレッディタービン装着車両の集中するのかな・・と思いきや、124ご試乗の依頼も多く嬉しい限りでした。

そんな感じで夏場はイベント寄りのお仕事が増えるのですが、特に今年はデュークスとして受けているクリエイティブ系のご依頼で外出が多い印象です。

結果、焼けます。刺されます。ちょっと痩せます。例年になく真っ黒です(ヤマグチには及びませんが)。

箱根イベント後もバタバタと外仕事が続き今日、久しぶりにDT3に出社しました。遅れていたTシャツデザインを詰め、ヤマグチは午後には四国へ飛び立っていきました。僕は今週末はお休みをいただき、THREEHUNDRED conectでもあるスティーレさんのチームから毎年何かしらのカタチで参加させていただいている茂木での12耐に行ってきます。

スタートドライバーですって。。。。。 はぁ。レース中に足の痒みに襲われたらどうしたらいいですかね。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

いや、かなり嬉しかったコト。

普段からとてもお世話になっているお客様のABARTH。

つい先日、そのお車のBピラーにおそらく自作のこんなプレートを発見してしまいました。

IT’S TIME TO MAKE A CHANGE.

 

これ、僕が本格的にTHREEHUNDREDに携わるようになった最初のイベント時に作ったコピーなんです。読まれ方は「さあ今だぜ!」でも「変化を恐れるな」でも「今動かないでどうする」でも。THREEHUNDREDもようやく軌道に乗り始めた2年目。メーカーとして色んなアクションを模索していた時期でしたし、僕も山口と共に僕自身の“何か”を変えていかなきゃ、な思いが被さり生まれたコピーでした。

それをこんな場所で目にすることができるなんて。

なんだかちょっとウルっときてしまいました。愛ですね、愛!

 

 

ごくごく稀に訪れる、この仕事していて良かった!って思える瞬間でした。

 

Takeshi Yamaji

記憶に付箋。

フジのホームストレート、スターティンググリッドからは最後尾が見えないほどの隊列に。

通称ダンロップを切り返すと、日本一の霊峰がお出迎え。

ちびっ子たちは再現度MAXのFSWスロットカーに夢中になり

素敵なマダムはプロのメイクさんに癒されてみたり

お腹空かせた大きな子供(失礼)たちはドーミーイン様のケータリングにかぶり付き

スペシャルなじゃんけん大会で盛り上がり

はたまたドライビングレッスンでは一転、皆さん真剣な表情に。

ふと気づくと、僕らが生み出したアイテムをオーナーさん流に履きこなしている車両に目が止まったり。たくさんの参加いただいた方々から「楽しかったよ〜」って言葉をいただいたり。

もしTHREEHUNDREDの思い出帳なんてあったとしたら、いつでも見返せるように付箋貼っとくくらいの大切な1日になりました。

 

Takeshi Yamaji

唸るAD。

う〜ん。ビジュアルは決して強力だとは思えませんが、いざ気付いちゃうと唸ってしまいますね。

「BUCKLE UP STAY ALIVE」ですって。

ふと、『2015-』とかでベビー服とかだったら・・・とも想像したりしましたが、ちと悪趣味ですね。

只今次期リリース製作奮闘中。アイデア枯渇しないように今夜は納豆食べます! 含まれるレシチンとやらが脳にいいんですって。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

いい場所。

暮れからあまりクルマに乗れていないせいか、ふと車輪のついたモノに乗りたくなって自転車でフラフラしてきました。

豊洲ララポート裏手のデッキです。着いた時にはちょうど風もなくポカポカ陽気につられてウトウトしてしまったら、2時間! 身体が冷え切って目を覚ましてしまいました。

すると目の前の東京湾には何とも素敵な夕日が。

それでも併設された公園にはまだまだ子供たちの嬌声が響いていて、ちらほらお迎えに来たらしいお父さんお母さんの姿も。くるりと見回すと愛犬と散歩を楽しむ老夫婦や、ベンチに肩を並べて寄り添うカップル。ああ、なんかいい場所。

ほっこりした気持ちで、温かいコーヒーを求めて退散しました。

さて今日は祝日明けの火曜日。朝から某社の広告原稿1本、画像2000点と格闘中。早くも目がチカチカしていますが、ちょっとリラックスさせすぎたオツムを締め上げながら頑張りまっす!

 

Takeshi Yamaji

食いに食い飲みに飲み。

あけましておめでとうございます。

THREE HUNDRED、本日より仕事はじめです。正月中は郷里の宮崎でたっぷり羽を伸ばしてきました。デカくなった姪っ子二人に「おじちゃ〜んお帰りっ!」とベッタリ張り付かれながら、ひたすら飲み・食べてきました。

静岡に較べると知名度は低いのかもしれませんが、入れないお店「入船」でも有名な宮崎うなぎ。関東からするとかなり甘めなタレですが、これはこれで懐かし美味しくいただきました。添えられるお椀は決まって呉汁です。

こちらは有名になってしまったチキン南蛮。おじさんになった今では胸焼けの元と解ってはいるのですが帰省して食べないわけには行かず、「ゲフっ」となりながらも完食しました。

飲みの席ではひたすら地鶏の炭火焼を芋焼酎で胃の中に放り込みながら、そういえば年男だったことに気付いてみたり。深夜、酔いでフラフラになりながら実家に帰り着いて、広く高い満天の星空に「ああそうだったなぁ」なんてちょっとセンチになってみたり。

久しぶりに再会した旧友たちの、活躍する場は違えど皆頑張っている様子に心地よい刺激を受け、おそらく3kgほど太って昨日、東京へ戻ってまいりました。

さてさて新年のDuke’sは初っ端からクリエイティブ部門の仕事もてんこ盛りです。蓄えた贅肉を削ぎ落とす勢いのお仕事モード全開で突っ走りたいと思っています。

2017。本年度もよろしくお願いいたします。

 

Takeshi Yamaji

1日遅れにて。

ヤマグチ、イトーに1日遅れて本日が仕事納めのヤマジです。

二人に大掃除を任せてしまって、小綺麗になったDT3での某ドライバーさんとの打ち合わせが2016年最後のお仕事になりました。自分も含めてのハナシですが、彼もこの一年は色んな大きな変化があった年だった気がします。そういった意味で僕も彼も、来年は〝勝負の年〟になりそうな気配バリバリです。

お互いに「気合入れていかなきゃだね〜!」と、励ましあって先ほど打ち合わせを終えたところです。

この夏にDT3ができ、ほぼ毎日ヤマグチと顔を突き合わせて仕事をする環境になり、一月前には新人イトーも入社し、活気があふれ賑やかになってきたTHREE HUNDRED。支えていただいた皆様には感謝感謝です。

来年はTHREE HUNDRED史上最も大きなプロジェクトを抱えての発進になります。この年末は九州に久しぶりの帰省の予定でいますが、その数日の間に肩の力を抜いてもう一度しっかり自分を見つめ直し、東京に戻る飛行機に乗る頃には〝勝負の年〟に備え、気を引き締めて帰ってきたいと思っています。

ではでは皆様、本年度は大変お世話になりました。良いお年をお迎えくださいね!

 

Takeshi Yamaji

クリスマスなのにやっぱりね。

明日は24日。世間はクリスマスですね。

ヤマグチとイトーは西へ店舗イベントに、僕は僕でフジスピードウェイ。アルファロメオチャレンジ全国統一戦へジングルベルそっちのけで戦うオトーサン達のサポートに行ってきます。

ありがたいことにこの時期は頂けるお仕事も多く、今週の平均睡眠時間は2時間くらいにまで落ち込んでしまったのでかなりバテバテなのですが、やはりサーキットに一歩足を踏みれるとスイッチ入っちゃうので今から楽しみです。やはり1年通して見ていると色んなドラマもありますしね。

個人的には、長く付き合わせていただいている友人から、乗り換えたABARTH500のお化粧を頼まれたり。

長いお付き合いのStileさんで制作された車両を預かって、気合い全開で施工してきました。施工2日目の夕方には、かなり足腰から悲鳴が上がりかけていましたが、ちゃっかりTHREEHUNDREDロゴも入れさせていただいてます。

このマシン、今の所ボディと足回りが中心に開発されていて、個人的にも気になるパワーに関しては来年から色々と開発に着手していくそう。今後の進展も楽しみな一台ですね。

 

ではでは、明日は300の3人揃って早起きの予定。早めに寝るとしま〜す。

FSWでお会いできる方は、1日宜しくお願い致します!

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

顔と尻。

数日前、ヤマグチより指令が下りました。

この娘の顔とお尻をなんとかしましょ!と。

正面、真後ろから見てもなかなか複雑な形状をしていますが、下から覗いてみてもその印象は変わらず。。。です。124のシャシーはM社任せだったのでスタイリング、頑張っちゃったんですかね。かなり、厄介です。上からクレイ被せて削れればまだ楽なんでしょうけどそうもいかず、これから数日は手のひらを真っ黒にしながら紙の上で格闘することにします。

すでにかなり濃いめのキャラ付けされているTHREEHUNDREDの304。妥協せず、カッコよく進化させなきゃです。

 

Takeshi Yamaji