THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お知らせ

THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way [入口変更のお知らせ]

急なお知らせで大変申し訳ございませんが、先ほどコース運営サイドから急な通達がありまして、当日の入場ゲートが変更になりました。
昨日までのご案内では「東ゲート」からの入場とお伝えしておりましたが、全参加者「西ゲート」からの入場に変わりました。
急なお知らせで大変申し訳ございませんが、西ゲートから入場後は交通整理スタッフが誘導をさせて頂きます。
確認の為に西ゲート入場後の進行順をご案内させて頂きますと共に、新たなMAPを制作しましたのでご確認をお願い致します。

①西ゲートより富士スピードウェイに入場し、真っ直ぐコース脇を進みます。
②道がクランクし、右手に見えるトンネルを右折。
③トンネルをくぐり突き当りを左折、そのままひたすら直進し、左手に大きなピットも通り越し、突き当りが会場です。

■ THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Way 場内MAP
■ 近隣からの富士スピードウェイアクセスMAP

急な変更でご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
何かご不明な点等ございましたら、お手数ですが弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。

宜しくお願い申し上げます。

ABARTH500/595用ロワリングスプリングの初荷を出荷

正直ここまで反響があるとは思わなかったです・・・
発売前から相当数のバックオーダーを頂いておりまして、正確に言いますとmemberページに開発スタートのblogを公開した瞬間から数名のオーナー様にオーダーを頂いておりまして、そちらのオーナー様分を一足先に出荷させて頂きました。

アバルト 500 595 スプリング

■ THREEHUNDRED ロワリングスプリング ABARTH500/595 商品ページ

昨日はロワリングスプリングを組み込んだデモカー299で夜の首都高を使って帰宅しましたが、スプリング交換だけのABARTH595だと忘れてしまうような軽快なフィーリングとギャップのいなしに、改めてニヤリとしてしまいました(^^ゞ
設計担当者の「シャコチョーイラズニナリマスヨ」という自信たっぷりなあの笑顔をフト思い出してしまいました。
THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayでロワリングスプリングを組み込んだデモカー299をご試乗頂けますので、スタッフまでお気軽にお声がけ頂けたらと思います。

アバルト 124 スプリング

■ THREEHUNDRED ロワリングスプリング ABARTH 124 Spider 商品ページ

また、デリバリー直後にファーストロットを完売してしまったABARTH 124 Spider用のロワリングスプリングですが、週明けの5/22にセカンドロットが入荷してきますので、バックオーダー順に順次出荷させて頂きます。
大量に入荷しますので、しばらく在庫は大丈夫だと思います♪
こちらも自信作となっておりますので、是非ご検討頂けたらと思います。

THREE HUNDRED アバルトParts

お知らせです

ここ数ヵ月ご注文件数が大幅に増えておりまして、多くの品番でバックオーダーとなっております事を心よりお詫び致します。
特にカーボンパーツに至りましては「量産クオリティだけは絶対に落としたくない」という私達と工場側の強い意向がありまして、大変申し訳ございませんが生産個数には限りがあります。
2017年度分の販売個数に到達している品番も何アイテムかありまして、ご注文をお預かりしているオーナー様におかれましては納品まで長らくお待たせしています事を心よりお詫び申し上げます。
少しでも納期が詰まるよう、製作過程以外で1日でも納期を短縮できる努力をしてまいりますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
お手数ではございますが、ご注文の際には一度納期確認をして頂いてからオーダーを頂けますと幸いです。

アバルト スリーハンドレッド

またDukes&Co.のゴールデンウィーク休業ですが、暦通りの営業となっております。
明日から連休となりまして、商品の出荷、お問い合わせのお返事は5月8日以降となります。

THREE HUNDRED アバルトParts

フロントリップスポイラー完成 (^^ゞ

お待たせしておりましたABARTH 124 Spider用のカーボンリップスポイラーが完成しました。
本日、量産試作をデモカー304にて確認をしてきました。
いつもなら幾度もカットラインの微調整や、カーボン目の打ち合わせをするのですが今回はバッチリで1発OK。

今回のような3次元形状を綺麗なカーボン目で表現するにはプリプレグはマストでして、全ての製品厚を約1.2mmでコントロールし、ドライカーボン製カーボンフロントスポイラーは抜群のフィッティングとクオリティ、そして何よりも超軽量に仕上がりました。

アバルト 124 カーボン フロントリップ

アバルト 124 カーボン フロントリップ

アバルト 124 カーボン フロントリップ
※上記の画像3枚は、製品はフィッティングサンプルなのでクリア塗装前の状態になります。

オリジナルのディティールを崩さぬよう、シンプルの中にも他とは違う存在感を随所にそっと組み込み、細かなラウンドやふくらみは是非現物を見て頂きたいです。
画像よりもひとまわりシンプル、最低地上高もノーマルバンパーから約10mm程度しか下がっていませんので、実用性も織り込み済みです(^^ゞ

装着はボルトオン装着で、ノーマルバンパーに被せる設計です。
付属の両面テープとタッピングビスで簡単に取り付けが出来、製品はドライカーボンを引き立たせる美しいクリア塗装仕上げとなります。
価格は¥150,000-(税別)で、明日からTHESTOREにて受注を開始します。

皆様のご注文をお待ちしております♪

THREE HUNDRED アバルトParts

ABARTH 124 Spider用の新商品続々と

仕事が遅くてスミマセン・・・
ABARTH 124 Spiderのパーツを続々とTHESTOREに掲載しています(^^ゞ
29日にカーボンフロントスポイラーの量産品1号をデモカー304に装着してきます。

アバルト スリーハンドレッド 124スパイダー

■ THESTORE ABARTH 124 Spider商品ページへ

現在お問い合わせの多いTuningECUもコツコツ開発をしています。
まだ気になる部分がありますので、完全な状態までもう少しお時間を頂けたらと思います。

memberページで先行受注を開始しているABARTH 124 Spider用のロワリングスプリングですが、お陰様でファーストロッドは完売しました。
急いでセカンドロッドを製作しますので、気になるオーナーまずmemberページへGO!

THREE HUNDRED アバルトParts

新型595系への製品適合です

各地で続々と新型595の納車が進んでいますね♪
デモカー305はまだまだ代車巡業中につきドノーマル(^^ゞ

さて、お問い合わせの多い「いったい新型には何がつくんだい?」というお問い合わせにお答えすべく、まだ全品番まで到達していませんが適合確認をしましのでご報告させて頂きます。
基本的には内装の一部と前後バンパーが変更点になりますので、ホボ先代のパーツを使う事が出来ます。
では一覧いきます!

アバルト 新型595 スリーハンドレッド

■ エクステリア
カーボンフロントエンブレムカバー
カーボンリヤエンブレムカバー
カーボンゲートハンドルカバー
カーボンドアミラーカバー
カーボンドアハンドルカバー
カーボンドアハンドルインナーパネル
カーボンフューエルリッド
カーボンピラー Aパーツ
カーボンピラー Bパーツ
カーボンリヤワイパーカバー

■ インテリア
カーボンエントランスパネル
カーボンシフトスイッチパネル
カーボンシフトスイッチパネル スムース
カーボンバックパネル
カーボンステッカーバックパネル
カーボンキーシリンダーパネル
ブーストメーターカーボンフード

■ フットワーク
TuningECU
サスペンションキット
ハイパフォーマンスインタークーラーキット
オイルクーラー内蔵ラジエター
スタビライザーリンク
リバウンドストップラバー
ピロアッパーマウント
スポーツブレーキライン
TH100・TH200・TH300ブレーキパット関係
ピロロアアームキット
スタットボルト&ナットセット
ブラックホイールボルト
ロワリングスプリング

■ その他
MTAアースケーブル
サイドストライプ
アルミフットレスト
チタンビスセット(各色)
トランクフレーム
トランクフレーム アイボルトモデル
レーシングマフラー(ステンレステール/チタンテール)

■ アルミ鍛造ホイール
es-02
es-03
es-04

▼ 開発予定アイテム
フロントリップスポイラー
カーボンフロントインテークカバー
カーボンフェンダーエッジ
カーボンディフューザー
ブーストメーター移設キット

全商品THESTOREとTHREEHUNDRED connectでご購入頂けます。
開発商品以外にも新製品を企画しております、また以前のモデルもまだまだやり残している事が沢山ありますので、今後のTHREEHUNDREDにご期待ください♪

THREE HUNDRED アバルトParts

日本各地にTHREEHUNDREDのベストパートナーを☆

昨日のBlogで少し触れましたが、今月よりTHREEHUNDRED connectというTHREEHUNDREDが認定した特別な販売店様網を構築します。
最近ありがたい事に全国のオーナー様からパーツやセットアップをはじめ、いろいろなお問い合わせやご相談を頂けるようになりました。

現物を見れたり、取り付け作業の相談を出来たり、いろいろなニーズが多様化しています。
ヤマグチが「ここの販売店様とは心底付き合え、オーナー様にTHREEHUNDRED商品をしっかりご提案できる」と確信した全国でも限られた販売店様をTHREEHUNDRED connectという名称でお付き合いする事になりました。

商品知識はもちろんTHREEHUNDRED connectでしか扱えない商材も今後増やしていく予定です。
例えばmemberサイトで販売しているレーシングマフラーや、これから発売されるタービンキットなどなど。
コユイアイテムからお手軽商品まで、いろいろご相談頂けると思いますので、是非お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

アバルト スリーハンドレッド パーツ

■ THREEHUNDRED connect
ROSSO Cars        〒997-0051 山形県鶴岡市荒井京田荒田248-8 TEL:0235-24-0998
スティーレ        〒334-0056 埼玉県川口市峯216-1 TEL:048-229-2280
ミスタータイヤマン三鷹店 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6 TEL:042-482-8231
Park.           〒819-0052 福岡市西区下山門1-20-8-104 TEL:092-518-5264

まずはこの4店舗からスタートです。
THREEHUNDRED商品についてはノウハウありますので、是非お問い合わせ頂けたらと思います。
ミスタータイヤマン三鷹店さんにつきましては初代デモカー301が嫁いだお店ですので、在庫からデモカーまでジックリ見て頂けます。
ROSSO Carsさんは在庫が豊富です、今後THREEHUNDREDデモカー同等スペックのデモカーを作って頂ける予定ですので、東北エリアのオーナー様は是非!
スティーレさんはヤマグチのデモカーをはじめ、THREEHUNDREDの武闘派ABARTHをメンテしてもらっていますので、走りを目指すオーナー様は是非に。
Parkさんは規模こそ小さ目ですが、ヤマグチとのコミュニケーションはかなりコユイお店です。
いろいろなノウハウをお持ちなので、九州・中国エリアのオーナー様は是非に!

以上になります。
もちろん今まで通りにヤマグチに問い合わせもモチロンOKッ!
いろいろなスタイルでTHREEHUNDREDを楽しんで頂けたら嬉しいです。

宜しくお願い致します(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

最も距離を共にしたデモカー303

今朝の通勤途中のこと、キリ番こそ撮り損ねましたがデモカー303が弊社にやってきて丁度1年、本日2万キロの大台にのりました。
ヤマグチ的には歴代デモカーの中で一番距離を乗っていないイメージなんですが、最も走行距離を共にしたデモカーとなりました。
コイツと一緒に過ごすのもあと1週間で、今週末の東北出張が最後のミッション。
帰りは積載車で東京まで戻ってきて、メンテナンスとお化粧直しをしてから、新しいオーナーの元に嫁ぎます。

アバルト スリーハンドレッド

あぁぁ、寂しい。
毎年の事ですが、愛した我が子が旅立つのは本当にツライ。
仕事柄仕方なのない事なんですが、やっぱり寂しい。

思い返せばデモカー303はTHREEHUNDREDに新しい風を吹き込んでくれました。
ビアンコガーラにオレンジというシャレオツサワヤ系の風貌は、女性とチビッ子には大人気でした。
交差点で信号待ちをしていると、かなりの確率で「あのクルマ、カワイイイッ!」という黄色い声が聞こえてきます♪
この時こそカスタムの真骨頂!、最高に自己満足MAXの時間ではないでしょうか(^^)v

新しいオーナー様もTHREEHUNDREDとは長いお付き合いで、ABARTH595を2台乗り継ぐというなかなかのABARTHフリーク(^^)
今度は横浜ナンバーになりますので、ご近隣の皆様、宜しくお願い致します。

そういえば、先日千葉方面を家族でのんびり出かけた際、デモカー303の燃費計は14.5km/lをさしました。
高速を多用した区間では15.3km/lを記録☆
ギャレットタービン仕様のTuningECUは圧倒的なパワーを誇りながら、IHI仕様に劣らないストリートでの実用性を兼ね備えています。

やっぱり楽しいぞッ、ABARTHカスタム(^^)/

THREE HUNDRED アバルトParts

新型ABARTH 595のPERFORMANCE PACKッ!

ギョーカイの大先輩は全国に沢山いるヤマグチですが、関東には特に多く、どこの販売店にお邪魔してもアタマが上がらない状況です(笑)
そして特にアタマの上がらない超老舗イタ車販売店ガレージエストのナカヤマパイセンと朝から長話をしておりまして、とても興味深いクルマが入荷したので思わずヤマグチがリークします(^^ゞ

今月デリバリーされた新型ABARTH 595ですが、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが本国では去年から売っております。
ガレージエストさんでは既に沢山の販売実績がありまして、MTモデルにはPERFORMANCE PACKという走り好きにはとても気になるオプション設定が存在していて、そのリストの中にはMechanical Limited Slip Differential(MTモデルのみ設定)という項目があります。
先月から「新型ABARTH 595には機械式LSDが純正装着なの?」というとお問い合わせを相当頂いておりますが、残念ながら日本仕様にはこのオプションは設定されていないです。

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

アバルト スリーハンドレッド

しかしながらガレージエストさんにはこのPERFORMANCE PACKを装備したABARTH 595 competioneが先日入庫しました。
しかもBLU PODIO(369)という美しいボディーカラーと、とても魅力的な368万円というスペシャルプライスで♪
新型ABARTH 595 competizioneを検討中のオーナー様は、PERFORMANCE PACKという選択肢もアリかもしれませんね(^^)v
気になる方は是非ガレージエストさんに問い合わせをされては如何でしょうか?

ガレージエスト http://www.garage-est.co.jp/

カーボンシフトスイッチパネル

本日のご紹介はカーボンシフトスイッチパネルです。

純正のシフトスイッチパネルに被せるだけの簡単取り付けの商品で、カーボンパーツの上質な雰囲気で車内を彩ることが出来ます。

 

装着雰囲気はまさにイタリアンスーパーカー。小さい車体にスーパーカースピリッツを沢山含んでいるABARTHにはぴったりの商品となっております。

 

スイッチボタンホールの端は切りっぱなしではなく、しっかりカーボンを内側に織り込むひと手間を加える事により質感が大きく向上しています。こういうひと手間はTHREEHUNDRED商品ならではのコダワリポイントです。

 

また、通常タイプとスムースタイプの2つのモデルが御座います。通常タイプはABARTHマークが見えるようホールが開いており、スムースタイプではホールが開いていない商品となっておりますので、お好みに応じて選択して頂ければと思います。

(スムースタイプ)

 

常に目の見えるところや触れる部分にカーボンパーツがあると非常にテンションが上がります(^^♪

MTAユーザーには必見のおススメカーボンパーツです。

 

商品ページはこちら↓

カーボンシフトスイッチパネル

カーボンシフトスイッチパネル(スムースタイプ)

 

Yuhsuke Ito

 

THREE HUNDRED アバルトParts