THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


Akito Yamaguchi

少しだけね☆

最近ちょくちょく言われます。

「そういえばさ、デモカー306ってどーした?」

ただいま化けてます(^_-)-☆
今日そのデモカー306に履かせるホイールが出来上がってきましたので少しだけお見せしますネ。

アバルト 鍛造 ホイール 124

es-03のブラッシュド。
サイズはABARTH124SPIDERではTHREEHUNDRED定番のフロント17X8J ET35、リヤ17X9J ET35であります。
先日es-02のブラッシュドをご紹介しましたが、今回es-03で初のブラッシュドで製作をしてみました。
この仕上げは鍛造材でしかない独特な雰囲気になり、クロウトウケ間違いなしの出来栄えであります♪
ミスタータイヤマン三鷹店さんでの専売カラーとなりますので、気になる方は是非お問い合わせ頂けたらと思います。

キイロのワンポイント、ウフフフフフ。
デモカー306がどんな感じになるか、5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAをお楽しみに☆

THREE HUNDRED アバルトParts

ホンジツオールオフ。

今日は久々の終日スイッチオフ。
ここのところ何かとシゴトに追われてましたが、今日だけお休み頂きました。

休みの日はやっぱり早起きなワタクシ。
5時から家の掃除に始まり、午前中はムスメの宿題のお手伝いとプール。

午後からは幼稚園から仲のいい友達家族とスケボーとキックボードで遊び、そのまま神宮のアイススケートに。
そして夕飯を一緒に食べて先程帰宅し、子供とお風呂に入り今に至ります。

今日はたくさん遊びました(^^)
これから趣味の靴磨きで休日を〆ようと思います。
明日からしばらくお休みないので、オシゴトゼンカイで頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

そういえば先日DT3に大きな荷物が…
298用にオーダーいれてたヤツです、ウフッ♫

久々のホンキ洗車

今日はDT3でヒトリご納車ラッシュとデスクワークをこなし、予定よりいろいろ早くオシゴト終わったので久々のホンキ洗車。
3月怒涛のサーキット巡業も終わり、足元をコロガシ用のes-04に履き替え、コース上で拾ったタイヤカスを徹底的に落とし隅々まで洗車。
内装も徹底的に拭きあげて掃除機で仕上げ☆
椅子をはずしちゃおうかと思いましたが、サスガにやめました(^^)

自分で言うのもなんですが、カーボンフォグライトカバーステキです♪
マスターモデルの時は少々やりすぎたかな?と思いましたが、綾織カーボンになって見た目がシマッタ事もあり、リップスポイラーとバンパーインサートと合わせると、何とも言えない存在感にニヤリであります。
画像よりも実物の方がダンゼン良いので、早く皆さんに見て頂きたいです。

これで来週クリア塗装に出していたカーボンディフューザーを装着すればカンペキであります( ̄^ ̄)ゞ

あっ、あとハネだッ!

明日はお台場にて

オートファッションインプ・スーパーカーニバルにTHREEHUNDRED connectのロッソカーズさんがTHREEHUNDRED仕様のABARTH595Cを出展されます。
商品も持ち込んで即売も致しますので、是非お台場の臨海副都心イベントスペースP区画にご来場頂けたらと思います。
入場料は無料となっております。

アバルト スリーハンドレッド

残念ながらヤマグチは別件の仕事が入っておりまして伺えませんが、様々なカスタムカーが展示されるこのイベント、凄く行きたかったけど楽しいはずです☆
是非ロッソカーズさんのブースへ遊びに行かれてみて下さい(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

遂に完成であります(^^ゞ

595シリーズ4のカーボンディフューザーの初品が遂に完成しまして、現在工場さんで建て付けと取り付け金具の確認をしています。
トンネル部分を奥深く見せたかったので、オリジナルのディフューザーより奥が長く各パーツが横広に綾織カーボンの折り目が美しく、且つ迫力あるディティールになっていると思います。
全体的に約6mm張り出していますので、カーボンボンディフューザー自体の迫力もかなりあると思います。

取り付けはノーマルのディフューザーを外して付け替えとなります。
プリプレグならではのミリ単位で作り込んだ製品美に、ニヤリとして頂けると思います。
価格は¥198,000-(税別)となりまして、現在デリバリー前からバックオーダーを多数頂戴しておりまして、直近のオーダーで2か月以上はお待ち頂く状況をお許しください・・・

5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでデモカー305に装着してお披露目させて頂きます(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

戻ってきたのではなく・・・

先日このクルマがDT3のガレージに止まっていて、出張帰りのハラダが朝出勤し、焦って電話してきました。

「デモカー304が大阪から返品になっちゃったの???」

アバルト 124 エアロパーツ

アバルト 124 エアロパーツ

違います。

この子はデモカー304と全く同じパッケージで、オーナー様もまだ見ぬ新車がDT3に送り込まれて作り上げた1台です。
何もかも全て304と同じ仕様でお作りしました(^^)v

アバルト 124 エアロパーツ

見分けがつくのはナンバーだけで、弊社スタッフも間違える程ですからクリソツであります。
この個体を入れて304の兄弟車両は3台お作りしました。
嬉しい限りです♪

アバルト 124 エアロパーツ

このタイミングで、さきほどデモカー305のフルコピー車両のオーダーが入りました☆
「デモカーと同じ仕様にして下さい」というオーダーは飛び上がるほど嬉しいです。
来年からいよいよスタートするTHREEHUNDREDのコンプリートカービジネスも控えていますので、こういった受注は特に身が引き締まります(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

まずは速報ッ!

去年からブツブツ言っておりました。
でもなかなか実現できていませんでした。。

でも遂にやります北海道企画ッ!!!

まだ未確定事項多いですが、以下の日程でホボ決定します。

アバルト 北海道 イベント

2018年6月30日 THREEHUNDRED meeting TOKACHI
2018年7月1日 THREEHUNDRED Touring HOKKAIDO

憧れの十勝スピードウェイを北海道のABARHTオーナーと楽しみ、駐車場ではmeetingでワイワイ。
北の大地初となるTuningECUのテストインストールもやります!

今回の旅は宿泊が帯広でして、最終日のツーリングはその日の夜に千歳から東京へ帰りますので、ワタクシ都合で恐縮ですがその周辺を中心にツーリングしちゃおうと思っています。
土曜日に参加できなかったオーナー様向けに、本来はツーリングでテストインストールは行いませんが、今回特別にツーリング中にテストインストールを行います(ギャレットタービン車・シリーズ4IHIタービン車は要相談です)

東京からはワイドボディになったデモカー298を中心もしかしたら305も持っていきます。
他にも数台のABARTH仲間を引き連れて北海道に伺える予定です。
まずは北の大地の皆さん、予定確保の方お願い致します。

完全にドアウェーです。。。
ミナサン、ゼヒ、オトモダチタクサンサソッテ、サンカシテクダサイネ☆

ツーリングルートで良いアドバイスありましたらご一報頂けると嬉しいです(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

595シリーズ4 顔面カーボン化完了(^^ゞ

チョット苦戦していた595シリーズ4用のカーボンフォグライトカバーが完成しました。
お待たせして申し訳ありませんでした。

何を苦戦したかと言いますと、フィッティングです。。。
なかなか納得のいくフィッティングにならず、且つカーボンリップスポイラーと同時装着したときの製品どうしの見切りなんかも少々難しく。。。
単品で装着した時の見え方も考えながら、いろいろ悩みまくり時間がかかってしまいました。

595 シリーズ4 カーボン

595 シリーズ4 カーボン

■ THREEHUNDRED カーボンフォグライトカバー商品ページはコチラから

シリーズ3までの柔らかい表情とは違い、シリーズ4はヤルキガオであります。
オリジナルと同形状で商品を作るのではなく、ヤンチャ感を後押しするルーバーだったり、製品自体の押しの強さだったり、細かくディティールに拘りながらデザインをしました。
綾織カーボンの折り目感もかなり良いと思います☆

595 シリーズ4 カーボン

595 シリーズ4 カーボン

カーボンリップスポイラーカーボンバンパーインサート(フロント)カーボンフォグライトカバー、それぞれ単品で装着して頂けますし、3点セットで取り付けもして頂けますので、楽しみはイロイロです。

これで595シリーズ4の顔面カーボン化が完了しました。
残すはカーボンディフューザー。
これも今月末に量産1号が完成し、5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでそのスタイルを確認して頂けます。

THREE HUNDRED アバルトParts

満員御礼

昨日もお知らせしましたが、本日をもちましてTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAのスポーツ走行①が満車となりました。

これでスポーツ走行全てのクラスが満車となりましたので、本日を持ちまして募集を締め切らせて頂きました。
今回のエントリーリストを拝見して驚いたのは、全体の2割くらいがABARTH 124 Spiderのエントリー!

スポーツ走行①には初めて拝見するお名前も多く、とても嬉しい限りです☆
北は山形、西は愛知と、遠くからもエントリーを頂戴し、ご夫婦のダブルエントリーもあったりと、安心して走れるスポーツ走行にすべく、運営側も最大限努力したいと思います。

アバルト サーキット

エントリーのオーナー様には今月末頃を目途に改めてご案内をさせて頂きます。
ABARTHの事前メンテナンスは必ずお願い致します。
ご不明な点などございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ頂けたらと思います。

皆様と走れることを楽しみにしております(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

ヤマグチの拘り

THREEHUNDREDの商品群は多くの工場さんに支えられ、様々な製品が出来上がっています。
全ての商品が工場さんと直接お取引きし、全ての商品が国内で生産され、全ての商品を自社のリスクで企画・開発・販売をしています。

ミミタコですが、ヤマグチの数ある拘りの中に「100現場主義」という言葉があります。
いろんな意味を持ちますが「現場を知らないヤツが、良いものは作れない」がTHREEHUNDREDのモットーでありまして、初期導入の商品は必ず自分の手で最初の商品を確認しますし、セカンドロット以降も出来る限り工場さんに足を運びスタッフさんとコミュニケーションを取るようにしています。

アバルト 補強

■ THREEHUNDRED トランクフレーム商品ページはこちらから
■ THREEHUNDRED トランクフレーム(アイボルトモデル)商品ページはこちらから

今日は何故か春と秋によく売れるトランクフレームの最終確認と、梱包作業で夕方から工場さんにきています。
今回50SET製作していまして、ようやく1/3くらい終わりました。。。
社長の奥さんが作ってくれたお稲荷さんを食べながら現在休憩中です。
こんな時間までお付き合い頂いている現場スタッフさんに感謝しながら、もうひと頑張りしたいと思います☆

明日にはトランクフレームが大量にスタンバイ出来ますので、皆様のご注文お待ちしております!

押忍ッ(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts