THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


THREEHUNDRED ECU Tuning(仮称)開発スタート

THREEHUNDRED ECU Tuning(仮称)開発スタート

CARBON Parts、Wheel、その次に挑戦したかったカスタムがあります。
それがECUのTuningです。
More Powerは車好きなら一度は憧れるカスタムだと思っていますし、ヤマグチはパワーのある車が大好きです。
しかしながら車は機械なので許容範囲があり、限界があります。

ましてそれを製品として発売するのだから責任もあり、決してデチューンになるような事は出来ません。
THREEHUNDREDはOnly ABARTHのブランドです、幸せなことにヤマグチは毎日沢山のカスタムをしたABARTHや新車に乗る機会があります。
いろいろな車に乗るという事は、いろんな事を感じるチャンスがあります。

ヤマグチが考えるECU Tuningは、ノーマルモードではオリジナル状態よりもアクセルやブーストの立ち上がりが早く、ドンクサイ感じを受けず、燃料消費はオリジナル状態よりECOなセッティング。

スポーツモードの目標は実測170ps。(myABARTH500の実馬力は121psとカタログ値まで出てませんでした)
低回転からピックアップよく立ち上がるブースト、長い全開にもきっちりフルブーストをかけ続けられるブローオフのマッピング、オリジナルより反応とコントロールの幅を上げたアクセルレスポンス。
エンジンルームは純正交換のスポーツフィルター以外は基本的には何も手を加えない。
やるとしたらエアクリーナーにフレッシュエアを吸わせる努力のみ。
THREEHUNDREDのABARTH500はカッコ良くなくてはいけないので、見た目を重視した機能アイテムも開発中です。

ただ速いだけのブーストカスタムではなく、全ての回転域で楽しめるECUを目指します。
渋滞からワインディング、高速道路の中間加速からサーキットでもパフォーマンス、日本の道路を走りまわり、究極の実用ECU Tuningを作り上げようと思っています。

7/5のツーリングでmyABARTH500を箱根のワインディングで体感して頂けるように、頑張ってセッティングを詰めていますので、参加されるお客様はお楽しみに♪

THREE HUDRED ABARTHパーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »