THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


働く環境もタイセツ

働く環境もタイセツ

DT3にご来社頂いた方はお分かりかと思いますが、外見はフツーのお家風建物なオフィスです。
あえて看板は出さずに、井の頭通り沿いに並べてある植栽に紛れて「THREEHUNDRED」の文字が埋もれているだけ。。。
これが唯一の看板。

中に入るとヤマグチコダワリの空間。
コンセプトはクルマ屋を感じさせないクルマ屋のオフィス。
働く人がゆったりと、いろいろな発想が生まれるような空間、良い光の中で仕事が出来るようにと作り込んでもらいました。

家具ひとつひとつがワンオフです。
チーク材を使った天板のカスタムテーブル、ヤマグチのオヤジから失敬した20年ものYチェア、何てことないビジネス用の引き出しもカスタマイズして使っています。
これらは全てサソリのご縁がつないでくれた仲間達が作り上げてくれた空間。

Dukes&Co.はモノを作りだすシゴト。
作りだすヤツが使うモノ、いる場所にも、やはり拘りは必要じゃないかと。
準備期間も含むと3年もがいて、ようやく自分の理想空間でシゴトが出来るようになってきました(^^ゞ

これからがホンバン。
いよいよ来年の2月1日でTHREEHUNDRED発足4年目突入。

シゴト的には、ようやくスタートラインに並んだ感じです。
いよいよTHREEHUNDREDの本領が試される時がやってきた感じでしょうか。

いろいろ引き締め、感謝の気持ちを忘れずに、何事もゼンカイで、ガンバリマス。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »