THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


不思議な気持ちになるクルマ

不思議な気持ちになるクルマ

クルマのキャラクターからするとガシガシ系なんだと思うんです。
いつものヤマグチなら、直ぐにサーキット持って行って、アシがどうの、ブレーキがどうの、タイムはなんぼ・・・
なんて話になったりもするのですが、納車以降なんだかコイツにはそんな気持ちが全く無くて。
決して走るのに魅力がないという事では無くて、独特の空気感があるなと。

昨日の夜の事、DT3からオープンで自宅を目指すと、最初は「ブーン、ブーンッ」と忙しくシフトアップ・ダウンをして走っていたのですが、代々木公園の森を通過し、表参道のハロウィンパレードを見ながら走っていると、なんだか突然ゆったりとした空気感になり、頭の上を通り過ぎるネオンやビルの光を感じながら、街のニオイであったり、そこかしこから聞こえる音を感じながら走る雰囲気がとても心地よくて。。。

アバルト 124 スパイダー スリーハンドレッド

そりゃ相変わらず見られるし、声かけられるし、チョット恥ずかしいけど、少し遠回りモードになったので、大好きな丸の内のネオンでパシャリ。
THREEHUNDREDも早いもので来年2月でブランド発足3年、駆け足で、いや、全力疾走で走り抜けてきた3年だったけど、やっぱりこういった感覚がヤマグチが考えるカスタムの根っこなんだよなと。

クルマ自体のカッコ良さがあって、街や高速道路でも楽しくて、女の子にモテル要素を含むカスタムといううかクルマ遊び。
THREEHUNDREDが掲げる「3」は、こんな意味も含んでいたりします(^^)v

p.s.
本日から少しずつですが、THESTOREにABARTH 124 Spiderのアイテム販売を開始します。
ファーストアイテムは相当苦労したサイドストライプから♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »