THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


イベントと虫。

イベントと虫。

ABARTHではなくALFA ROMEOですが、週末は友人の主催するイベントのちょっとしたお手伝いへ行ってきました。916系、エンリコ・フミアのスパイダー/GTVが集う年に一度のアットホームなお祭りです。

今年で確か4回目。まだまだ若いイベントなのですが、ココは僕らTHREE HUNDREDも見習わなきゃ!なポイントは、年を重ねるごとに女性の参加者が増え続けているコト。

彼女、奥様、そして見ていて嬉しくなってしまうのは、50代のオーナーさんとその娘さん。「たまにはお父さんの趣味にも付き合ってやるか、今度バックおねだりする予定だし。」なノリだとしても、景品争奪のじゃんけん大会で大物ゲットして、お父さんとハイタッチ!なんて見せられると、やっぱりホッコリしちゃいますよね。

916eve

気軽に女性も子供たちも参加しやすいイベント。どこかにヒントが転がっているはず!と、会場の片隅でそうした初見の女性同士が数人で固まって話をしていたりするのを目にすると、いったいこの場でどういったハナシに華が咲いているのかすごく気になったりもするのですが、さすがに聞き耳をたてる訳にもいかず。。。

写真撮りながらフラフラしていると、子供の頃の記憶を強烈に刺激するコヤツに遭遇。逃げ足の速さに振り回されながらも「何だっけ? 何て虫だっけ??」とまだ雨雫の残る苔の上を四つん這いで追いかけ回し、パシャリ!

hanmyou

「ミョウ・・ミョウバ・・・ン・・??」なんか違う。

夜、幼い頃に昆虫採集に付き合ってくれた親父に電話をして、「ほら、虹色の足の速い虫」と尋ねると「ハンミョウのことか?」ですです!!! あぁ〜スッキリ。今度の正月にでも帰省できたら、お礼にドライブにでも連れ出してみようかしらん。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »