THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ありがとう、いよいよお別れだね・・・

ありがとう、いよいよお別れだね・・・

今月末でデモカー302号が新なオーナーの元に旅立つことが決まりました。
去年の7月に弊社にやってきて10ヵ月、数字にするとまだ1年も経っていない事に驚きますが、302号と過ごした時間は相当にコユイ日々でした。

THREEHUNDREDの立ち上げとベースを築きあげた301号、少し気持ちにも余裕が出てきていろいろな事に挑戦した302号。
特にABARTH500のポテンシャルの高さを証明すべく、ノーマルタービン+ノーマル吸排気+ノーマルシートを基本に、ドがつくストリート仕様でも十分に戦える事を証明すべく作り上げたABARTH500でありました。
ECUのセッティングとストリート重視のサスペンションで、各地のワインディングやサーキットを走り、且つ娘の送り迎えをこなすという相反するセットアップを詰める作業はとても楽しかったです(^^)/

スリーハンドレッド アバルト デモカー

去年はアルファロメオチャレンジに1年間参戦し、12月の全国統一戦ではライバルのアルファロメオ勢を押さえてポールトゥウィンを達成し、総合優勝できた事は本当に嬉しかったです。
大切に大切に仕上げた302号、いつもヤマグチのABARTHをメンテナンスしてくれている埼玉県川口市にあるスティーレさんのお客様へ旅立ちます。
今の仕様で大切に乗って頂け、引き続きスティーレさんのメンテナンスなので安心して302号を送り出す事が出来ます☆
イベントにも積極的に参加して頂けるようなので、イベント会場でも引き続き302号を見て頂けると思います。

今までオフィシャルに公開はしていませんでしたが、サーキットを楽しむABARTHオーナー様のベンチマークになればと思い、302が記録した各サーキットでのベストタイムを公開させて頂きます。
ライトチューンでもここまでやれるというお手本かと思いますので、参考にして頂けたらと思います。

富士スピードウェイ 2:06:887
袖ヶ浦フォレストレースウェイ 1:19:554
筑波サーキット 1:09:319
岡山国際サーキット 1:55:345
※タイヤは全てブリヂストン・71R(215/40-17)
※デモカー302号のスペックとセッティングはコチラから

あと数日、302号との時間を思いっきり楽しみ、次のオーナー様が快く乗って頂けるようにクルマを仕上げようと思います(^^)
そしてTHREEHUNDREDのデモカー物語は303号へと引き継がれていきます。

スリーハンドレッド アバルト デモカー

303号では今までと違ったテイストを盛り込んでいこうと思いますので、303号の進化にご期待ください(^^)/
先日のTHREEHUNDRED meeting TUKUBAでは、302号と303号で良い素材が沢山撮影出来ました。
現在世界配信用のTHREEHUNDREDムービーを絶賛制作中です、6月の中旬頃にTHREEHUNDRED YouTubeチャンネルで公開予定ですので楽しみにしていて下さいね♪

THREE HUNDRED アバルトPartsTHREEHUNDRED meeting TUKUBA

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »