THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


新しいコト、少しずつ。

新しいコト、少しずつ。

最新のフライヤーが印刷から上がってきたようです。来週あたりからは、皆様のお手元に届くかもですね。コレ、山口のコダワリ、そして僕なりの解釈が詰まっています。現在のペースですと、だいたい3ヶ月毎の刷新ですので、よくよく紐解いてみるとTHREEHUNDREDマインドみたいなものの移り変わりすら読み解けるかもしれません、ちょっと大げさかもですが。

frier

 

さて、先日の事。ちょっと気になる車を発見。

ちょくちょく色んな媒体で見かけていたのですが、ナマは初めてでした。このアシンメトリー具合が新しいなあ、なんて思っていたのです。実はまだ301号時代、サイドストライプデザインを山口に提案中に広〜く解釈すれば、これ方向の案があったんですよね。もっと狭くピンポイントでの「混沌」の表現みたいなもの。

 

アバルト スリーハンドレッド パーツ

 

ちなみにこの車両を見かけた際、近くにいたイタリア〜ンな仲間たちに「これどう?」と聞いてみると、「うむぅ〜。。。」な返答が大半でした。ダメかなぁ。。。

個人的にはビビッとくるものがあったんですけどね。。。けど、ぼちぼち303が来るじゃないですか! 再提案! してみようかしらん。タイミング的には九州ツアーあたりでほぼ、フルパッケージ状態の303が完成しているのかな? 九州の皆さ〜ん、もし新しいサイドストライプが付いていたら評価・ご意見は山口まで。

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »