THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


平和な日曜日のいろいろ。

平和な日曜日のいろいろ。

月曜日ですね。ABARTHオーナーの皆さんは週末をどう楽しまれたのでしょうか? 僕は何があった訳ではないのですが、頭の中だけはなんとも充実した一日になりました。

この日、午前中に東京マラソンを避け、散歩しながら都内で見かけたオブジェ。足袋、でしょうかね?けれどシルエットが美しくて、見とれているうちに船っぽくも見えてきて、思考はその昔のFIATバルケッタへ。そこからまた飛んで新しく発売されるFIAT 124 Spiderからきっときっと出てくるハズのABARTH 124 Spiderへ。アバルトはあのちょっとアメリカンなスタイルを、どれくらい崩してくるんでしょうね。

foot

その後ちょっと珍しいこんなクルマに乗ることに。500系でもそうですが、このタコメーターがどうにも好きになれないんです。。ゴメンナサイ。レイアウト・グラフィックは格好良いなあと思えるのですが視認性が。山口くん、何か考えてみませんか?

mater

午後に入って立ち寄った喫茶店の入り口に、ぽつんと佇んだうさぎさん。こちらも午前のオブジェと同じく、なんだか目を引かれて眺めているうちに、頭のカタチがだんだんPUNTOに見えてきちゃって「やっぱりバランスだよなあ」とか呟いてみたり。

rabi

そして買い物ついでに入ったお店で、おそらく「THREE」の文字が視界の端に引っかかりふと手にとった化粧品。化粧箱に使われている紙が“しっくり”きてしまい、サンプルをゲット。難航製作中のTHREEHUNDREDカタログに活かそう!っと閃いちゃったり。

three

夕食にちょっと贅沢をして入ったお寿司屋さんで、この美しい仕事っぷりを見せられて、日々の仕事を“こなす”姿勢を反省して「その時その瞬間が勝負だぞ」などと考えてみたり。

susi

そんな展望と希望と反省に苛まれた素敵な日曜日でした。

shir

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »