THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


近い将来のハナシ。

近い将来のハナシ。

代表である山口と時には電話、時には顔を突き合わせて色んなアイデアを出し合う事は僕にとっても充実した時間です。そんな中でできるだけ速い段階で実現したい企画の一つがTHREEHUNDREDが提案できる世界をアウトプットすること。各アイテムやデモカーだけではないこのブランドの持つ世界観、例えば季節ごとのおすすめドライビングルートやそのルート沿いにあるレストラン。時間帯によるBGMや撮影スポット。便利なドライビンググッズやウェア。そんな希望や天望に限りはなく、ハナシは尽きません。

ivent

乗って元気になる、見て浸れる、語って輪が広がるこのクルマだからこそ、その世界の広がりや充実感は計り知れないはずです。ゆくゆくはそういったところまで提案できるTHREEHUNDREDでありたいと考えています。

そういう意味では明日のDriving Experience NIKKOも、僕らにとっては大きな実験という側面もあります。ドライビングを緩くも激しくも突き詰めたところに現れるオーナーさん達の表情、きっとそのテンションの上がった口から吐き出される言葉。その一つ一つにTHREEHUNDREDにとって大切なヒントが隠されているはずだと思うからです。

そんな“生”の声、リアルな声を掻き集め、理解し、咀嚼することから僕らの次の指標ができ上がるのだと信じているんです。頼むから晴れてよ!今夜はそんな遠足前の子供みたいな願いだけを胸に、ちょっと早めに寝床に入るとしましょう。

日光サーキットにて皆様の弾ける笑顔をお待ちしてますね!

 

Takeshi Yamaji

 

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »