THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


いよいよ3年目に突入ッな節目の日

いよいよ3年目に突入ッな節目の日

2014年2月1日、あの日のドキドキと、不安で逃げ出したくなるような気持ちは、今でも忘れません。
ABARTHのカスタムパーツとしてはかなり後発となるTHREEHUNDRED、全くのゼロから物事をはじめるという事は、いろいろ乗り越えなくてはいけない壁も沢山ありますしパワーも根性も必要です。
プレッシャーで何度も逃げ出したいと思った事がありました、ストレスで体重が急激に8kgも増えた事もありました、自分でも驚くほどに白髪が増えた時もありました。
ただ、どんな時もオーナー様に「欲しい!」と思って頂ける商品を考え続け、「カッコイイねッ!」と言って頂ける事だけに集中して突き進んできました(体重と白髪はなんとか戻りました(^^)

ようやくスタートラインに立てたような気がします。

アバルト パーツ カーボン

THREEHUNDREDのベースを一緒に築いたデモカー301号は、ミスタータイヤマン三鷹店のデモカーとして元気に活躍しています。
デモカー302号はABARTH500の運動性能の限界に挑戦し、その素晴らしい素性とTHREEHUNDREDのパフォーマンスパーツにより、各サーキットでベストラップを連発しています。
そしてこの春やってくるデモカー303号は、皆様に新たなABARTH500の方向性を提案しようと、コツコツ企画を練り上げています。
そして来年のどこかでやってくるであろうデモカー304号では、皆さんの度肝を抜く事をやろうと今から準備をしています(^^)/
2018年がいろんな意味でTHREEHUNDREDの集大成となる大きな節目の年になると思いますし、そこに向けて鼻の穴をふくらませて、ヤマグチが思い描くTHREEHUNDREDに向けて全力で仕事をしていきたいと思っています。

THREEHUNDREDのいまは、
全国のオーナー様に作り上げていただいた素敵なカタチ。
これからも、
今まで以上に、
楽しい事と、ワクワクする商品を作り上げていきますので、
今後とも、宜しくお願い致します。

お客様、お取引先様、納入業者様、そして支えてくれているスタッフのみんな、
こころから感謝しています。

仕事も、遊びも、アクセルも、何事もゼンカイ。

有限会社デュークス 山口明人

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »