THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


今日はメカニック♪

今日はメカニック♪

ここ最近クルマに乗ろうと思うと雨で、セッティングを変更しようと思うと急な要件が入り、延び延びになっていた試作品の確認作業を行いました。
ワタクシ、タイヤが外れてジャッキアップされているmyABARTH500の姿が大好きなんです。
リフトじゃダメなんです、四輪外れてウマにかかってる姿が大好きなんです♪(ヘンタイでスミマセン・・・)

スリーハンドレッド アバルト

さて、まずはTEST中のスタビライザーリンクのロット長調整。
595の車高でもスタビライザーリンクのロット調整をした方が乗り味は良いと思います。
ヒョコヒョコしている感じが消えますし、よりサスペンションがスムーズに動く印象です。
ロットを設定値より極端に短くして、車の雰囲気と異音の確認を行っています。
車高に対してロット長のDATAが大分取れてきたので、リンク長は車高別に製品の説明書に添付しようと思っています。

次はサスペンションキットの車高調整。
今週末に袖ヶ浦フォレストレースウェイを走る予定なので、フロントの車高を5mm上げて旋回性能を高める車高バランスに変えてみました。
ダンパーセッティングは決まったのですが、新しいバンプラバーと新設計のリヤダンパーの特性確認をしています。
今月いっぱい走行距離を稼いで、デリバリーを開始したいと思います。
結局スプリングもストロークを稼ぎ車高を落とすという相反した要望をクリアする為にABARTH500専用設計品を製作し、リヤダンパーも容量と作動音を消すためにABARTH500専用設計品に・・・
かなり突き詰めた商品になりました☆
しなやかで路面をつかんで離さない走行フィールは「これぞOHLINS!」と言いたくなる特性です。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »