THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


新しい足元とアライメント調整

新しい足元とアライメント調整

今日はデモカーの足元をリフレッシュしてきました。
ADVAN Neova AD08Rを愛用していましたが、今回からDunlop Z2☆にタイヤ銘柄を変更しました。
理由は昨日のBlogにも書きましたが、NeovaよりもZ2の方がショルダーが丸いので、フェンダークリアランスが生まれインセットを若干ですが外に出せるからです(もちろん車検対応の範囲内で)
タイヤを履き替えクルマを着地すると、今までよりも確実にタイヤが内側に入った印象です。

そして幾度も付け外しを繰り返したOHLINSダンパーも、ある程度セッティングの方向性が見えたので、ここで正確なアライメントを計測していよいよ製品化まで大詰めとなってきました。

スリーハンドレット アバルト

3月1日には富士スピードウェイでのRACEもありますので、少しサーキット寄りのアライメントDATAに変更しました。
アライメントをキッチリ計測して調整すると、走りもピシッとして気持ちが良いです☆
サスペンションキットの製品版では、ノーマルアッパーマウントでもフロントキャンバーを数段階に調整できる機構をつけてリリースしますので、アライメント調整でクルマの雰囲気を変える事が可能です。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »